5月 2007

もうあったんだ。

ところでさ、カンディンスキー知ってる?

なんだっけそれ。

アマデウスは?

モーツァルト?

ミルキーは?

ママの味のやつ?

トリケラトプスは?

恐竜?

スフィンクスは?

エジプトのなんかでかいやつ。

じゃあ、エジプトってなに?

エジプト?エジプトはあのエジプトだよ。ミイラで有名な国。アフリカの上の方の国。

じゃあさ、国ってなに?

国?国は、くに、国だよ。ほら、ここの僕らが今いる場所。足で踏んでみ。この踏んでるところが国。日本。

僕が踏んでるの土じゃん。雑草じゃん。ねえ国ってなに?

だからこの空間のことだよ。

さっきは地面のこと国って言っていたのにな。おかしいな。

おいおい、普通にひろーく考えろよ。

うーん。土は土で、雑草は雑草で、土は国で、雑草は国ってこと?ねえ、なんか変じゃない?土は土だし雑草は雑草だもの。あのさ、国ってなに?

あのね、土も雑草も国なんだよ。国の一部で空も雲も土も雑草も全部「国」。一緒なの。そういう風になってるの。

それ、だれがきめたの?

そんなの知らないよ。気づいた時にはあったんだ。

ふやけてるねー。

おまえの頭がふやけてるんだ。

おまえってだれ?

おまえはおまえだ。

ぼくは、ぼくだよ。やめてくれよ。

おまえはおまえだろ。

違うよ。てゆうかきみはだれ?

ぼくはぼくだ。

ちょっと待ってよ。ぼくが「ぼく」だよ。

ああ!ねえ、ぼくも「ぼく」だし、きみも「ぼく」なんだ。習わなかったの?

だって変じゃない?ぼくが「ぼく」なのに、きみも「ぼく」だなんて滅茶苦茶じゃないか?じゃあもう一度聞くけど、きみは「ぼく」?

ぼくはぼくだ!

ほら、へんだ。ぼくがぼくだよ。

この野郎。

野郎じゃない。僕だ。

ああ面倒くせえ。じゃあもういいよ。きみが「ぼく」で。勝手にしてくれ。

言っちゃった。本当にいいの?

いいよ。

じゃあきみはあのトラックに乗らなくちゃ。

なにそれ。

工場にいくんだよ。

そうなの?。

ほら、あの運転手と助手。意味わかるだろ?

わからないよ。

とりあえず、あのトラックに乗るんだよ。

ドナドナみたいに?

そう、あの悲しい歌みたいに。

それはちょっとさみしいな。

さみいしいよ。

やっぱぼくのぼくかえしてくれよ。

ババロアが食いたいんだ。

YES.dona/hozzy