藍坊主 | 3月
0
archive,date,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_background_opacity, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive

3月 2012

いらないものがおおすぎる。

くせで爪を噛んでしまう私は悪い。
悪いのよね。けど噛まないとうずうずするんじゃ。
それはつまり生きている事と似ていて。
食いたくなくても肉になっていたら、鶏肉を食い。
小麦を惨殺し、ミンチし、更に人工的にバクテリアを加え醗酵し(僕らがその状態に納得できなければ腐ってるという)、遠赤外線、炭、炎で焦熱したパンという物体を食い。
ケンタッキーにコネなんかあるものならばクリストマスには不純まみれなもも肉を喰い(コネなんて東電的なものはねえからケンタッキーのラインアップにそもそもない地鶏直火でまったりやきましたよ的な、事実は東京ガスパワーでさっと焼き、やすいローストチッキンを買うハメになる冬のあの日)
俺は、金は欲しい訳だが、ほしくねえ。と大人になっても思うんだよ、。ファック金暮れ健やかなやつ人間に、「よかったね」って言われたら発狂するだろう?何が良いだこの半国営保証たっぷりゲロやろうのジジ打抜き。ってさ。
いらねえよ、人間やめちまうことになるならよ。っておもうでしょやっぱ。きたねえ金で子供そだてられねえだろイースト
電気料金値上げとか言ってる東電のシャチョさんのあの目はクサッたうんこカスの魚の目って言ったら俺が飼ってる魚に失礼なほど恥ずかしい人間の底辺を物語っている(大人は法律とか持ち出して整合性のあった世界をやたら重視しなければいけないらしい存在なのだが、クソをクソと言えないこんな世の中じゃポイズン、っていえない時代の過ぎように反町、法律って。弟よこれが法律か〈マイ弟は法律やってるらしいが〉言葉を、詩とは反対方向の言葉遊びで遊ぶなジジイ、バカな俺たちを煙に撒こうとしているのが法律か?言葉でしかないのかい?気持ちはルールに勝てないのかい??もれたものは真実かもよ。
民主主義。
これがこの世の性なんかのおおおおおおおおおお団塊の親父どもお疲れさん。
ただの気弱なウンコカスなのか?はわからないが、あの名も知らぬ電気を国民の人の金で作る詐欺まがいのシャチョ(まえのやつも)の顔は死ぬまで忘れないだろうな。あれが正義の対局にある顔だ〈正義がなんであるかは定義できなくとも〉)。
擁護の余地なし!日本経済を潰す気か。って反論も当然山積するだろう。
俺以下だあれは。ヒャホー。
くそ体質をあらわしてくれるひな形がこの時代に現れくれたこの奇跡。
義務教育はかつてないほど説得力を持つだろう。
東電の体質=社会悪であると先生は分かりやすく参考文献にすればよろしい。
道徳、社会の授業により用いれば効果的だ。
責任者の顔がでているにもかかわらず、なんちゃら早苗だかかなえだかのような女みたいには氏名が印象に出てこないこの不思議(なぜなら彼らをまだ誰も犯罪者に出来ないからだ現在進行形の殺人未遂を大量に背負っているのに放射能)
ジジイの顔は思い出せるのに、なまえはなんだけ?
あっぱれJAPAN。円ぼく。
天皇陛下へは最敬礼するよ。
震災の対応に泣いたよ
東電が座布団の所、陛下は地べた。
象徴どころではない、 あの方が日本そのものであって欲しいと本気で願った。
君が代が初めて響いた。
日本国民でよかったです。
あなたの姿を見て。

234567/hozzy

文鳥はどんな夢を見てる。

私はまた知った。
人間はやはり思っている以上に高等な生き物ではないということ。
バカではない。
けれどもそんなに凄くもないってさ。
よくあるテーマだけどよ。

カメと鳥が似ている。
くちばし、目、つめ。
そして感情表現が、想像以上に豊富である。
びっくりした。

人間の方がさすがに複雑な感情を持っているのは否めないけど(芸術を愛したり、同種族を殺したり)
けれどもなかなかどうして、動物たちも単純ではない。

リクガメを飼い始めてまだ3ヶ月半くらいだけど、だんだん性格とかが解ってきた。
そして二周りくらい大きくなった(まだ警戒心を解いてくれないのが憎い)
そして白い文鳥がかわいすぎて、またこれも飼い始めた。
俺はもうペットショップに行ってはダメだ、、、。
バカになる、、、。
いや、ばかです。

鳥を飼うって発想が、これまで全くなかったのでイメージでしか鳥をとらえないで俺は人生を生きてきた。
スズメとかアヒルとかニワトリとか、カラスは別にしても、あんま賢いイメージはなかった。
つーかケンタッキー。
ウズラの卵。
肉団子。
焼き鳥。

正直食いもんのイメージが強い。
焼き鳥大好き。

だけども、出会った鳥さんはまるで人間のように知性を有した生き物だった。
甘えるし、嫌ならアピールするし、指を甘噛みすることができる(これは相手の存在と自分の存在を共有というか、同列に持ってくる知性がなければできないんじゃないかと思う)
びびったよマジで。
動物好きの人からしたら当たり前のテーゼなのかもしれないけど(すんません)、いままでそんなに興味の対象にしてなかった人間からすると、もの凄い衝撃です。
てゆうかとんだ勘違いしてて今までゴメン「鳥全般様」て感じだ。

カラスがよく窓の外で会話してたり、空中で戦いを繰り広げているのを見たりするが、人間には思いもつかない発想力で世界の謎を解き明かしているかも知れない。
互いに奪い合う価値は、俺たちにはわからない物質はもとより精神さえも超えた、もっと深淵なものなのかもしれない。
そんな余白さえ、広大にのびてる感性を鳥君から感じるよ。
誇張ではなく、生き物は想像以上に凄かった。
過去形にするのは変だけど笑、俺は遅れている。
彼らの事を知りもしないで、税金を納めてそれに文句言ってガソリンがたけーとか言って、世界一受けたい授業を録画で見たり、トマトに踊らされたり(京大の先生のあの発表は時期尚早、研究資金調達の魂胆見え見えじゃあないのかって思うのよ)、日々更新される新しい凶悪事件を横目で見たり。
そんな人間である自分が俺は大好きなんだけれども、同時に空しくなるのも否めない。

なんでこの空の下にいるんだろうって、やっぱ素になるんだ(ほんとに)

鶏肉を食いながら、鳥の世話をする自分。
滑稽なのに、やめられない人間。
笑っちゃったら、何もかもがつまらなくなる世界。

斜に構えたら、全部クソになる。

だから、正面から見なければ。
そしたら、たまに知らなかった物事に打たれる瞬間がやっぱあるんだ。

文鳥君は打ってくれたよ僕を。
ネコ先生も。

人間は複雑すぎるから、俺も人間でいなければやっぱ対応できない。
人間になんなくても触れ合えるのが他の動物たちなのかもしれない。
生きてる同士で出会える瞬間。
だからホッとするのかもね。
悲しいのか素晴らしいのか解らないところがまた、人間を詩的空間に押し上げる要素なのだ。

俺は当たり前のようにまた鶏肉を食うだろう。
鳥がどんなに美しくても。

YES.tori/hozzy

ああ、時の流れのように。

いつの間にか当然のようにPVが「MV」という言い方に移行している。
小さなことだけど、こんな変化の集積が、俺を更に「大人」へと押しやってゆくんだろ。
知らないうちに、知らない世界、言葉がまた増殖していく。
そしてそれに気づいた時には、理解から一歩遅れていく。
小さな、小さな、変化の連続。
わからなかったことがわかるようになり、わかってたことがわからなくなっていく。
人間のもつ「幅」について、近頃よく感じる。
「幅」は俺の思想をカバーできる範囲、感情を制御できる範囲、「記憶」とは違う、今この瞬間から今の自分の感触をさかのぼれる過去までの地点。
どこで変化は訪れている?
それは変化して数日数ヶ月数年経たなければ解らない。
その幅の連続。
ちがう。
現状態の把握から、一本に区切りを入れる事が出来る分化点の発露。
俺は塊として移行している。
この世界と関わりながらか関わり無く。
この体が私ではない。
体を超えた幅が、否応無く自分の存在を有り様を決定づけている。
それは今この瞬間を円のように取り囲んでいるとは限らない。
幅は2年4ヶ月16日前とリンクしているかも知れない。
幅は7年10ヶ月3日前とより強くリンクしているかも知れない。
時間は、正しく順序通りに俺の「幅」に刻まれてはいない。
この「幅」にいわゆる直線的な時間は関与しない。
帯状に、記憶に関与する。
「幅」は時間の束縛を超越している。
超越しなければ「幅」を持つ事などできないと俺は考える。
自分のこの「自分」は直線の時間の奴隷のままになっているのだとしたら、このような厚みは持てないだろう。
楽しかった事、苦しかった事、それは過去のバラバラの地点に散在している。
その日その日によって、そのバラバラの地点に俺の「幅」は繋がって厚みを持たせている。
時間をカウントする能力がなれば、こんな話もできないが。
過去さえも語れないが。
確かに俺には時間は直線的に流れているように感じられるが。
というよりそう考えなければ、何も語れないが。
時間はただ横に流れるってだけの代物ではないと感じるんだやっぱ。
時間のカウント能力が崩壊した瞬間、人は狂う。
その瞬間をちょっと知っている。
だから余計に。

確固とした「自分」の硬くない具合に、恐怖を覚える。

たまたま時間をカウントできているだけだったらどうしようって。
卵をかき混ぜた後みたいに、すべてが同じ色に染まったら、きっと自分は消える。
俺たちの精神はそれほど、危ういものだ。
最近話題だったマインドコントロールが可能なのも、思っている以上に俺たちの精神は柔いからだ。
いったん崩れるとそっからが早い。

時間の本質を言葉で語った人間はまだいない。
悟ったとされる人間は何人もおられるようだけど。
それは言葉では語れないものらしい。

時間って、考えだすと、神経が縮こまる感触がすごい。
遠くなる。
そして「幅」を感じるんだ。

はば、はば、はば、ばばあ。
幅の基軸がだんだんと世界から離れていったとき、俺は時代遅れとなり、「最近の若者がわからない」とじじいの言葉を胸の内に溶かすようになるのだろう。
こわい。
「最近の若者、、、、、」という文句が浮かんだとき、俺はその言葉にどれだけ嫌悪を感じたのかを思い出さなければならない。

まだだいじょうぶ笑。

音楽やってたら当然だけど、なるべく感度高くいようと思ったら避けては通れない道である事は確か。
ごまかせないったらありゃしない。
自分だけ客観的になるなんて、そんな神のごとく姿勢はできない。
時代を超越したものを目指すっつっても。
それがわかるのも最低50年くらい経ってからだろうか笑。
そんときゃそれこそもうじじいになってる。ファック。

別に「ノクティルカ」に関連づけてこの話をしているわけではない。
なんか「ホタル」が青春の歌だから、その距離感に思いを巡らせた結果こうなったのだ。
PVもといMVはとてもきゅんとくる仕上がりになったです。
協力してくれた彼ら&彼女に感謝!!

YES.haba/hozzy

螢的安息、夜光虫的光明。

日付はもう変わってしまったけど、震災からちょうど一年経った昨日、新しいアルバムのマスタリングが終わりました。
複雑な気分。
とても辛い一年だったけどなんかアルバムの完成は過去最高の出来になったと思う。
毎回言うけど、過去最高って。
ほんとに大変な一年だったなみんな。
まだこれで終われるほど甘くないけど、また次を乗り超えるための一年って区切りはやっぱ特別だ。
昨日一日何も起こらないようにってやっぱちょっと怖かったもんな。
一生忘れられない一年。
消しちゃいけない一年だ。
そして終わらせられない一年。
変えていく一年。

アルバムができた。
今回はやっぱ一味二味違うぜ。
なんて言ったら良いのかわかんねんだけど。
高密度で詰まってる、自画自賛しちゃうけど、また俺ら成長できた気がしてしょうがない。
そんな感触しかしねえ。

自信を持つって大事ですから。

けどね、ほんとにすごくいいよ。
聴いたらビビるよ。
売れるかどうかはまたよくわかんねえけどさ笑。
俺は最高だっていつも信じてる。

生命のシンバル作った辺りから、このアルバムの制作にだんだんと着手し始めて、だいたい半年弱かな。
曲数は前回に比べて3曲少ない10曲だけど、シングル除いた8曲は全部新曲です(涙が滲む理由は武道館のDVDに入ってるけど)
カップリングも参入なし。
気合いの10曲!!
ノクティルカ。

ノクティルカって造語っぽくない?

藍坊主を長年知っていてくれている人はご存知だと思うけど、よく造語とか勝手に作って楽しんでるんだわたくし。
シータムンとか、フィーウェルヲンヲンとか、ローウィンとか。

ノクティルカって、始め見たとき「来たコレ!!」って思った訳さやっぱ。

しかも夜光虫って(ノクティルカは英語で夜光虫の意味です)

もし時間あったら、
夜光虫ってインターネットで打って画像検索してみて欲しい。
凄まじく綺麗な画がたくさんある。
まるで魂が発色してるみたいな幻想。

これを地元小田原の海で19の時に見たんだ(ちょうど10年前の夏)
たまたま友達連中と浜辺で夜更かししてて見てしまった。
そんでテンション上がって服着たまま海に飛び込んでその蒼い光りの中を泳いだ。
手を漕ぐたびにその軌道が蒼くざわめいて俺死んでんのかと思うくらい非現実的な海にいた。
掬ってちょっとすると消えちゃうんだよ光りが。
けどまた掬うたびに光りだす神秘!
ありえない光景だった夢のような。

なんか今回のアルバムのタイトル考えてる時にそれを思い出したのよなんか。
「夜光虫」って歌詞に出てくる曲もアルバムの中に入ってるから余計にそう思ったのかも知れない。

まあ聴いてもらえればこのタイトルのぴったり具合が理解してもらえると思います!

そしてその前にシングル「ホタル」がでます。
アルバムともの凄く発売日が近接してるから特別感はあるのかどうかぶっちゃけわかんねえけど(そういうこといったらほんとはいけないんだろうけどしょうがねえじゃんほんとなんだから)
いち早くアルバムの予感が知りたい方。
特典のライブ映像が見たい方(これとてもカッコ良く仕上がってておすすめ度高し)
とにかく新曲聴きたい方(カップリング2曲も完成度高く仕上がってるのでこれもおすすめ度非常に高し)
そしてジャケが半端なくいい!!
デザイナー石川さんの腕は更に磨きがかかってます。さいこう。
「ホタル」も素晴らしい出来になってるので楽しみにしていて下さい!
先日録ったPVも日付変わって今日確認します。
どんな風になってるのか、事情があり撮影に立ち会えなかった場面もあるので、全体像が非常に気になります、、、。

と、とにかく今日はアルバム完成と、震災からの1年を噛み締めてちょっと夜深くまで色んな想いに耽っていようと思います。

みんなまたこっから頑張っていこう。
俺はポジティブ。
ネガティブなのにポジティブ。

なぜならビールがうまいから。

頑張る。

YES.kansei/hozzy

うねるばばあ。

よし。

とりあえず全部歌録ったぞぉーーーーー!!!

こからまた変更点もあるかも知れないけど、、、とりあえず第一回目のアルバム製作用の歌録りが終わった、、、、、。

いやーー。

今回はシングル曲(生命のシンバルとホタル)以外は、完璧全部自分たちででやってるぴょん。
楽器も歌も、全部藍坊主君たちのさじ加減!!
いい感じよ!
今までもアルバムとか、プロデューサー的な人はいなかったけど音作りとか歌のチョイスとかプレイの判断とかコーラスラインを一緒に考えてくれるとか、そういうのはやってくれる人がいたんだ。時乗さんという師匠が。
けど、今回は俺たちだけで音楽的な事に関しては全部作っとるんだ。うむ。
シングル曲に関してはご存知野間さんという強力なプロデューサーにアイディア色々もらって一緒に作ってみたりとかして、前回のミズカネ、ベストだした辺りまでとはちょっと違う環境に。
なんか極端だな笑。改めて思うとなんかいつもそうだ。

そんなわけで、せっかく俺らで完結できるような状態になってきているならとアルバム曲とかカップリング曲とかは、今回全部自宅で歌をとってみたりとかしたのだ!
自宅だからって関係なく、本気で歌ってます、、、、。
たまに「ドン」ってどっかから壁を叩く音がします!!
小学生が外でかくれんぼやってる声とか聴こえるとちょっとひやひやします。
飛行機が上空を飛ぶとREC中断です!
けどある意味楽なんだこっちのほうが。
自分のペースでできるからね。

しかしよ、とてもいいのができちゃうんじゃないかと、恐いのさ。
ぶるるるるるばばばあああ。

今度のシングルもすげえいいんだけど。
アルバムもすっかりやべえよ。

いつもやべえっていってるけど、おれの「ヤベエ」を疑う奴にこそ聴いて欲しいね。
俺のヤベエは実験的な方向に思われがちになってるんじゃないかとおもうが、この矢部は、聴けば解るさ。
実直に良いのさ。

ミズカネの時とは違う俺らを見せられるんじゃねえかと思うのぜー。

ベスト後の、藍坊主のベストアルバム。
そんな感じのノクティルカ。

期待して、いいと思います!!

ファッキ!!

YES.myroom/hozzy