藍坊主 | 4月
0
archive,date,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_background_opacity, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive

4月 2012

ルノテック。

『10分で完成!組立 天体望遠鏡 クレーターもくっきり!』

って1500円くらいの学研の教材みたいな望遠鏡を30分かかって組み立て、金星がちょうどよく輝いていたのでのぞいてみた。

予想通り金星はさらによく輝いて見えるだけで笑、その丸いであろう姿はこんな安物望遠鏡じゃ捉えきれなかった。

けれど月は見えましたよクレーターがちゃんと!
うたい文句通りでほっとした。
ちゃちい装置でも見えるもんなんだな。

よく歌詞とかに「月」をだすくせに今日までクレーターなんて見た事なかったんだよ。
どうよこのエセ月マニアぐあい。

しかしなんつーかやっぱ月をみてると、心安らぐ部分と血がたぎるような隅っこの部分が酔いどれ合って、むーん、とこっちの感覚をねじ曲げてく気がして、無視できないのよねやっぱ。こないだは太陽すげえって思ったけど、月は消えない引っ掻き傷みたいだ。

満月には事故も増えるだろう。
狼男も暴れるだろう。

なんたって海ごと引っ張ってんだから、パワーがパネェ。

脳みその中身だって傾いちまうだろう。

そこでできた頭蓋骨内の隙間が、空洞が、つまりはどんな小さくとも、むなしさの正体だ。

その空洞を埋めるために人は、夢を見るか、酒を飲むか、体を求め合うか、月をまた眺めて光でそこを満たすのだ。

つまりは月に支配されたこのわたしの生態。

サンゴもある満月の日、産卵を開始する。

空洞に耐えきれず、空っぽすべてにむかうのだ。

めくれあがったその瞬間、反転した空間が、命の誕生になる。

奇跡の反転。

非連続の連続。

月のクサビは何よりも深く硬い。

えせ月マニアが語りだすと、こうなるのは、脳みそが傾いてる証拠だ。

隙間の空気の放出を待っている。

抜けない空気があくびになる。

もう曇って月も見えない。

ありがとう10分望遠鏡。

おやすみ引力。

YES.hoshinotechousha/hozzy

臓物ホリデイ。

こたつの掛け布団をはがし、ただの机にする。
いろいろしまってすっきりする。
風通しを良くする。
網戸の編み目に絡まった何かの枯れ蔓をつまむ。
晴れた一日。
いい空気の日。
ゴールデンウィークに縁がなくなった生活を初めて何年経ったろう。
たぶん、飲食店のバイトやめて以来ずっとだ。
バカみたいに混むホールの裏側で、狂ったように肉を切り分け続けていた。
忙しいよなゴールデン。
休める人たちは、いい連休を!
それを迎え撃つ人たちは、気合いの連戦を!!
わしはツアー初日に向けて訓練を。

それにしてもゴールデンウィークってカタカナで書くと金的みたいな響きだよね。

だから昔からこの言葉に少し苛つきを覚えるのかもしれない。

脳がばかなのだろう。

YES.koh/hozzy

パルコヌー。

到着。
今日は名古屋、大阪インストアライブきてくれた皆さんどうもありがとうございました!
4月後半とは思えない日差しと汗ばむ空気に、なんだか7月のクアトロでのライブの日の空気感を先取りしたような心地、、、、、暑かった。
名古屋ではラジオや取材やテレビの収録もやらせていただいたので、どこかで見かけたら(聴きかけたら)よろしくどうぞ。
近々また大阪は宣伝活動に行かせてもらうので、そんときに今日食べられなかったたこ焼きを食らってやる!
大阪は今日3時間くらいしか居られなかった、、、笑。

ひさびさ新幹線乗って、改めてあまりの移動速度のはやさに舌まきますな。

大阪のなんて近きこと。

東京と名古屋なんて、小田急の新宿から螢田駅帰るまでの時間とほとんど変わんないしな、、、。

なんか凄いかんじ。

つーことで、またライブハウスで!

どうもありがとうございました。

YES.coume/hozzy

骨がはずれた光学人間。

サンキューレタス。
甲羅のない花たちよ。
君たちが隠れたらずいぶん寒々しい坂だ。
唇のない鳥たちのさえずりは澄む直角。
芽のでない種を待つ、沈黙は浮いている。
サンキューなレタス。
キューピーなマヨネーズ!
神が与えた試練は、卵の中にある。
すべての始まり、ぼくらの宇宙。

生田緑地のプラネタリウムに行ってみたい。

どっかで畑かりてーずら。

レタス育てたい。

YES.ikuta/hozzy

ウォーターヘッドバッド。

今日は空いた時間ができたので夕方に近所のホームセンターに行ってきた。
ツアーも始まるし、なんか必要な物でもあるかもしれないと思ったけど、結局何も思い浮かばなかった。
機材詰め込むプラケースも、無駄に増やしてもしょうがねえしなって手に取って戻して買うのやめた。
唯一惹かれたのが、チェーンソウ。

アンプをぶった切ってやる!!

って目的ではなく、
ノコギリをこないだ買ってがたついた木のイスを解体して捨てたんだけど切るのにえらい骨が折れた、、、。
小型チェーンソウとかあったら便利だろうと。かっちょいいし。
集合住宅のベランダで使うにはちょっと勇気いるけどな。事件性匂わせちゃうかもね最近だとね。
拓郎が昨日ラジオの放送でホームセンターの話をしていたから、行きたくなっただけだったのかもしれない。

そんで最近「園芸」とか、昭和の団地の匂いがする響きのホビーにも興味が出ちゃって、おばさんたちに混じって花の苗をじっくり眺めていた。
それがやっぱちょっと恥ずかしいんだよね。
俺くらいの年の男ってこういう場所にあんまいないんだよなやっぱ。
いても奥さんとか、彼女の付き添い的な感じ、相づち打ってる距離感のナイスガイ。
なんかそれもよくわかる。
50くらいのおじさんとかなら少数ながらいるけど、それでも眺めてるのはナスとかトマトとかキュウリのほんと食うやつの苗とかなんだよ。
食えねえ花なんぞは、男の見るもんじゃあねえっ。
その価値観もよくわかる。
けどよ花はおばさんばっか楽しそうで、ずるい。
俺も楽しくなりたいんだよ。
ばばあって言わないから俺も混ぜてけろ。

「摘心」って園芸用語を今日覚えた。
「てきしん」
先端の芽をわざと摘む事らしい。

そんなトリッキーな技を使うと、花の数を増やせるらしいのだ。
明日あさライブリハの前に、やろうと思ってる。
はいでやる!

何週間かまえにばらまいた「チンゲンサイ」の種は、着実に芽を出してきてる。
他にも、ルッコラ、パセリ、バジル、なんて食えるハーブの種なんかも芽を出してきてる。

てゆうか、ハーブなんて、まるでロハスじゃないか!!!

おぉ。ファック!

ちげえんだ、いろはすは好きだが、ロハスはちがうんだ。

ここではっきりしとかないと、つまらんギャグがほんとになってしまいそうで自分でも怖いっ、、、。

ああ、なんていえばいいんだろう、、、、、。
俺がやってる事は、なんなんだ。
うーむ。

昼下がりに木陰でハーブティーすするとか、麻の服きてたるんとしたい、とかじゃねえんだ。
なんていうのかな、、、、、。

土の匂いだ、、、。

ちがう。

小学生の夏休みのアサガオに近いかも!

それか?!

それか?

なんかひたすら成長日記をつけるみたいな、あの徒労感を、やらされてる感を抜きにしたアサガオのやつだ。

ハーブティーが目的じゃない!自分で作ったやつ飲みたいけどね笑

まあ、むずかしいよね。端から見たら一緒だよな。まあ、つらいけどいろはす飲んで頑張ろう。

花は美し。

日本っぽい山野草系のやつが好きだ。

淡い色のやつ。

土の匂いかぐとちょっと寂しくなる。
そして落ち着く。

いつか自分が還る場所だからかもな!

よく触っといて損はない。

YES.kasumisou/hozzy

人間工学にはずれる骨。

平行四辺形は歪んでいるのか、正しい形なのか。
正方形からしたら、歪んでいる。
それが建築物だったら、不安でしょうがない。
しかしながら、俺が紙に書いた四角よりはずっと正しく安定している。
僕は平行を素で描ける職人技など持っていないからだ。

歪んでいるのか、正しいのか。

いよいよもって、基準は消失しているに等しい。

桜は美しかったか、醜いか。

咲けば美し、冬の幹はグロし。

ほぼ通年、桜、グロし、もしくは路傍の石相当の無関心さに傾く私の心が悪し。

その時の欲望、状況に左右されすぎる美の感覚。

ひとの心そのものなんてものの場合はなおさらだ。

怒ってんのか、喜んでのか、しにてえのか、いきてえのか。

全部が混じりすぎて、いつもわからない。

これはきっと歪んでいると言えばそうなんだろうが、当たり前っちゃ当たり前の人間の心なんだろう、、、、、って結局わからない。

ペットボトルの原料の「樹脂」っていったいなんなのかよくわかんないけど、いったん気になると、いろはすが何を減らしてロハスってるのか、って調べるのが歪んでいる気がしてならないって、別に思ってもない。

いろはす。

あれの味がついてるやつ、りんごとかみかんとか、ジュース未満でさっぱりしてて意外に好物なんだよなんか、今日もリハで飲んだ。

そんであれってぺこぺこ具合がすごいんだけど、あの樹脂減らしてるって書いてあるあれなんだ樹脂ってプラスチック?

樹脂って、樹の脂?

なのにペットボトル燃やしちゃ喉いたくなりそうな悪い煙とか出てきそうな感じが不思議。
樹だったら燃やしていいじゃん。
樹脂ってあぶらってこたあめっちゃ燃えそうだしなんか難しいぜばばば。

こういうのって三段階ぐらいの化学変化の式とかが出てきそうなにおいがするな。

ぶばあ。

よくわかんねえけどぺこぺこすんだよ。

ガラスしか知らなかった人類が、樹脂を見たらどう思うんだろうって。
透明で、しかもぺこぺこで、水を通さない。
宇宙人に出会うレベルの衝撃なんじゃねえの本当は。
って、いろはす飲みながら休憩中に思ったんだよね、ガラスよりも軽くて丈夫で凄いってね!

どうでもいいか、ああ。
俺は凄いと思うんだが。

ちなみに平行四辺形は歪んでないと俺は思う。
水が上から下へ流れる途中のような不思議な安定感を感じる。
家ならヤバい安定感だけど、水で家は建てないから問題ない。
100年後くらいにそんな水の技術があったら、死ぬのがもったいなくなるな。

380°ぐらいの四角形くらい見て、感動したい。
歪んでるって笑いたい。

ヨガマットでのびたい。

YES.pet/hozzy

沈む無重力。

ひさびさドビュッシーの曲聴いたら、相変わらず目ん玉が内側にひっくり返るくらい高度が落ちる。
下がる。
テンションはあがるのに、胸の位置が下がるという不思議なランデブー。
下がるのに軽くなる。
かんぺきだ。

「さよならドビュッシー」って小説をタイトル買いしてさっき読み終わって、そしたら聴きたくなって、結果、首の後ろが広がったような気がして眠い。

本の中でも書いてあったけど、音の情景描写能力がすごすぎて、相変わらず人間の限界超えてるとしか思えない感覚の表現力にゲロ吐きたくなる。
神様に違いなかったんじゃないかと思う「月の光」の転調のとこあれなにあれって、オイ!ってよくわかんねえけど飛んでゆきたくなるんだよ。
ピアノが弾けたらなあ。

クラシックって専門的な知識をある程度持ってないと楽しめないらしいのだが(よくおじさんたちがうんちくを語っているだろう)、ロック、パンク好きにも響くもんは響くんだ。
歴史も理論もよくわからん。
けどいろんなジャンル含めてもやっぱクラシックの作曲家たちの音楽構築力がずば抜けて高いのはよくわかる。
毎度ビックリ!

特にドビュッシーは俺が現代のこの環境に生きてるせいもあってか(クラシックの中じゃ最近の人らしい)、それとも趣味的な問題なのか、いつ聴いても、古くさく感じない(サティも)
ただああいう感じが好きなだけなのかもしれないけど笑。

私は皆に大人気なモーツァルトはなんかお好きじゃない。
一時期アルファー波がよく出るって話題になってたけど、おれは出ない気がする笑。
天の邪鬼な訳じゃなくて、そういうお耳なんだろう。
夕焼けにバッハのアリア聴いた方がαでる絶対。

趣味の問題だね、、、。

春にドビュッシーってとても沈んで広がってさざめいてクール。

ロックに飽きたら、たまにはクラシックとかもどうだい。
意外と悪くないと思うよ。
特にドビュッシーやサティのピアノ曲は、俺ら気に入ってくれているならなんかわかってもらえる気がする気がする。

YES.Mr.Claude/hozzy

耳も深い。

アルバム発売して、いろんな感想を聞いて、なんかみんなすげえよく聴いてくれていて、その熱に私も襟元ただす心境であります、、、。
予想以上に深く聞き込んでくれているんだなみんな、、、、。
って、なんかよ、なめてるんじゃないよ。
やっと一方通行じゃない感じがして、こんな日がくるなんてって、きたって。
嬉しいです。

今だから言うが、
何年か前は
「そうじゃねえ!!」
「ちげえんだよ!!」
「うるせえ、やめろ!!」
「うるせえ、うるせえ」
「もぉおーーーーーのんでやる!!吐いてやる!!!」
ってさ、なんか自分たちの捉えられ方に、そのイメージに戦闘を申し込む姿勢で過ごしていた訳よ毎日。
他のメンバーも少なからずあったと思うけど、間違いなく俺はそうだったのよめちゃくちゃ。
くやしかったっつーかさ。
青いのよ。
真っ青。
どす黒くさえあったんじゃないか。
いや、酒焼けて真っ赤だった。
吐きまくったよ下北で。
そんときだけはスーパーマンになった気分だったよ。
浮かんだもん。

今も色んなことが悔しかったり、とくに自分に納得いかない日なんて10中8割だけど、もっとなんかそれ以外の事が悲しくて「やってやる」って、無駄な事ばっか考えてなにやってんのかよくわかんねえけど、プリプリしてた。

みんなの真剣具合が、こんなに俺は嬉しい。ありがとうございます。

むしろこれが欲しかったんだよな、
それだけじゃねえけど、売れたいけどさ笑、でも中身が無いてっぺんなんて意味ないじゃん(青いかな)。
そこにいけるかは俺たち次第だけど、その前に一番重要な地点に、今回完璧立てたって、すげえ思えたよ。

俺がなにより欲しかったものだ。ほんと。

アルバム聴いてくれた皆のマジさに、俺は何度も言うが一方通行じゃないレスポンスを感じてたまらん。

究極今回の音源をクソだと思ってくれてもかまわないんだよ。
本気で向き合ってくれたのだったら。

だからさ、ある一点に、そんな人間たちが本気で向き合う瞬間が、俺たちのためにあるって、すごくねえ?マジホジ。

それを目指して、16の時に藤森と一緒に音楽作り始めたんだ。

だから、今回ノクティルカにおいては、俺はもう今の時点でなんか、そんな人たちが俺たちのためにいてくれるってスーパー響かされて、吞んだ。(今までにも勿論凄い理解力で臨んでくれている人はいたんだ、俺は知ってる笑、ただなんかいいてえことおめえらならわかんべ俺の表現の低さに免じて許してください、、、ヨロシク、、、)
いいこといいたくて書いてる訳じゃない(書いてます)
吞んでるから書いてるんだ。
嬉しいから書いてるんだ。
ママママママママ。ニースニース。

勿論こっからこのアルバムをもっとよく聴いてもらうためにこっち側から訴えかけていきます。
もっと練習しよう。
インストアも楽しみです。

ありがとう。

YES.cawa/hozzy

空は深い。

太陽のエネルギーをより感じられるようになった気がするのです。
月のことばっか。
星のことばっか。
夜の中で作業をする日々が数年間続いたこともあり、暗闇の優しさばかりに主眼を置き続けてきた。
夜はやさしい。
桜が散った。
ネコの毛が抜けまくって困る。
目に入っていたくなったりする。
春は花粉のせいで、毎年窓を閉め切って、マスクして、極力息をしないように、深呼吸なんてもってのほかだったけど。
今年は花粉の量が少ないせいか、窓を開けて換気したり、ベランダにマスクなしで出て日光を浴びたりと、春を10年ぶりくらいに感じまくれた。
10年前に花粉症になったからさ。

なんか、息吹くよね色々なものが春は。
道を歩いてて雑草がさ、生き生きしてるのが今年は嬉しい。
目が痒くないから、道ばたを見る余裕がある。
野草図鑑でも買ってしまおうかと最近リハに行くのに駅に向かうたび思うんだよ。
キャラ作りとかじゃなくてほんとに思うんだ。
俺はエコでロハス好きな人間なんだ。

いろはす飲んでるし。


そんで、太陽ってなんかずっと感じてなかった。
俺は月ばっかみてた。

それが、飼ってるカメのために野菜を育てようと種をプランターにまいた訳さ。
それからというもの、日当りとか、天気とかにやたらと気を使ってきてしまって、芽が出てきた時の感動が忘れられなくて、今じゃあベランダに転がってた数個の鉢にも色んな種を蒔いたのだ。
太陽が当たって、次の日の小松菜の伸び具合に喜びを隠せないこの感じはなんだ、なんなんだ。
となった私はようやく気づいたのです。

「おてんとさんのしたあ、オラいきてる!」

30手前で、太陽のパワーを間近でやっと見たのだ。
ほんとにこんなの感じた事無かったのか!
なかったのよ。
皮膚が黒くなるのなんて、当たり前すぎて、不思議に思わないでしょやっぱ。
日光浴も、ちょっとしたら精神病になりにくいらしい。
そらそーだ。
えらくちがうだろーに太陽に当たったら。

俺のこの文章バカみたいで、バカみたい。。。

この感じって、何なんだろう。

日当りの違いでどこにどの植物を配置するかを考えるのがマイブーム。
寝る前に、寝るまで、さんざん考えて、気づけば眠りに落ちるのが、俺の今の安らぎだ。

植物への接近は始まったばかり。

君たちはどんな未知を私に見せてくれるのだ?

ノクティルカもうすぐ発売だ。

曲の練習の合間に、窓の外を確認する。

太陽は昨日も、エネルギーを降り注いでいた。

世界への無償の、メタンハイドレートや、LEDどこじゃない、究極の資源、超高効率光源。

「そこにあったじゃん」

って思っちゃった。すごいのが(ほんとバカだおれ)
おれはよく忘れられたもんだ。
とにかく、パワーが半端無いね太陽。
この感じ、うまくいえねえんだけど。
まあいいや。

アルバムよろしくね。
聴いてね。

YES.sun/hozzy

かわにな。

title=,wright=hozzy,update_date=2012/04/05 (木),article=日付変わってしまった。
シングル「ホタル」発売しました!
カップリング曲も好評なようで嬉しいでござります。
タイトル曲以外もいつも手を抜けないのが藍坊主スタイルです、、、笑。
なのでいつも大変です。
けれどそこを聴いてもらえたら、つぎもつぎもと更に燃えてくるのです。
わかってくれてありがとう。

この作品を聴いて、アルバム出るまで期待感あげて待ってて下さい。
きっと応えられると思います。

夜ro詩ck!

YES.hotalu/hozzy