藍坊主 | 6月
0
archive,date,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_background_opacity, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive

6月 2013

刻印があるならば。

子供の頃によく連れてってもらった「祭り」について考える。

とゆうか、思い出す。

俺は地元は小田原(神奈川)ってことにしてるけど、ずっと小田原にいたわけでもなく(生まれは小田原です)父の仕事の都合で結構数年単位で色んな場所で暮らした。

もはや今住んでる町の方が、小田原住んでた時間より長くなってるかもしれない笑。
結構長く暮らしてるなそう思うと(同地帯で2回引っ越したけど、、)

なもので神輿を担ぐ機会も今までなく、とけ込もうともっと思えばできたんだろうけども、それもできず、祭りはいつも見物する側で過ごしてきた。

従兄弟で凄い祭り好きな子が居て、見越し担ぐ話とか聞いてるとすげえ楽しそうだなって思う。

でも、自分はチャンスがきても見てるんだろうなってまた思いつつ、、、。

情景を思い出すと、射的のワクワク感とハッカパイプの衝撃が一番脳みそに映り込んでくる。

母方の祖不母の町は海辺にあって、港で毎年祭りをしてた。
よくお小遣いもらってドキドキしながら夜の夏を体験させてもらった。
作家の川上弘美がモロこの町の地名をタイトルに小説書いてて、その内容がなかなかおどろおどろしい、奇怪な世界観なんだけど、納得のピッタリ感の雰囲気を俺も子供の頃から感じたほど笑、独特のグルーヴがあって「祭り」の感じが際立つ場所だった。

ものすごく良い場所だし、大好きだし、夏なんか海は岩場系の自然観満載で最高だけど、夜は怖かったなあなんか、、。

お盆に、「火の玉」らしきものを見たしマジ笑。

今年はここの祭り行けると思ったんだけどなあ、、、予定が合わなかった!

血の記憶。

サッカー、同い年のGK川島選手がどうみても年上に見える笑。
サッカーやるのが好きだった。そこに無謀な夢を見ていた少年時代の自分にとって、イタリアと戦った今日の試合は、Jリーグチップスとか買ってサッカーで遊びながら手に入れたカードで一喜一憂してた、熱されたコンクリートの匂いとかを全部包んでくれる光景だった。

3-4で負けたけど、試合も観てたけど、あんな風に戦ったってほんとすげえことだと俺は思う。

どんだけ意識したらここまでたどり着けるんだろうって、ほんと尊敬ですわ。

川島選手が自分と同じ時間軸に存在していたって、信じられないもんな。

俺もほんとはサッカー続けたかったけど、うまくできなすぎて中学の時ハードロックに首を突っ込んで「どうにかしてくれ」ってジミーペイジに救いを求めた。

ただそれだけだったな。
やめてしまった。

あきらめて、そんで作ろうと思った。

ローリングストーンズはあんまよくわかんなかった当時。

そんとき稲穂が青くってざわざわしてたのだけはよく覚えてる。

オレンジ色の東名高速の明かりも遠くにいつも見えた。

最高のライブだな、サッカーって。

YES.tokeru/hozzy

重さと軽さ、固さと柔さ。

押して気持ちいいボタンと、指先でなまってるようなもさいボタンがある。
押し上げて心にまで反響するスイッチと、風情のない景色みたいなスイッチがある。

これは比喩ではなくて、現実的なボタンとスイッチの話です。

人間工学ってのはとても大切なものなんだなって思う。

ずっと押していたいボタンって、子供の頃に手放せなかった毛布のはじっこの、いわゆる「みみ」ってとこ?そう俺は親に教わったんだけど、はじっこの生地ってゆうか仕上げるための縫い止めみたいな部分のやつ。

これを指の間に挟んで眠るのが幸せだった。
というより、これがなけりゃ眠れなかった気がする。

思えば今まで、自分に合う椅子に一度もであった事がないんだけど!今も適当なの我慢して使ってる笑。

なんか「人間工学的に最高です」ってちょっと先進的な製品ににぴったりと自分の身体が合った事が一度もないんだけど、そういうもんなのかな?
俺だけかな、、、。

いつも、なんかずれてる気がするんだけど、出会いたい!椅子には特に。

平均値って怖い。

一時期ほんと不眠症みたくなって、マジやべえってことで、眠れる枕を専門家の先生に作ってもらったことがあった(これほんと泣きそうになるくらい辛いのね、なるまで知らなかった)

なんか計測とかして、すごい期待してたんだけど、届いた物体を使ってさあ寝るぞってやったら、あんまよく眠れなかった笑。

意識しすぎたんだろうな。

今は、あんま気にしないで使ってたら、ほか諸々の効果が相まって良く眠れるようになった気がするけど、ベストフィットしてる感じはしない、、、。
お医者みたいな、多分しっかりしたとこの枕だのに。

ぺ。

とりあえず宅録用に使ってるキーボードのアサイン用のボタンが気持ちよすぎる。
それと自作の電源供給機にたまたま使った秋葉で買ったスイッチが非常に滑らかで、「on!」ってやると
やる気がでる。

あとは古い機材の「カチ、カチっ」って動くノック型のボリュームが毛布の「みみ」に通ずる心地よさを与えてくれる。

今日っつーか昨日の三時台が暑すぎて、ストックしてたスダレを作業部屋の窓にかけた。
このすえたような、ちょっと酸っぱい匂いが懐かしくて、人間工学的に好意的だな、っておもいました笑。

ずっとかいでるとくせえ。

けど、ちょっと涼しくなった。

YES.sleep/hozzy

不在による存在感の妙。

今更だけど、映画の「桐島、部活やめるってよ」をユウイチが良いって言ってたのがよくわかった。
こないだ観たけど、ほんと凄い良かったなあ。
あのトーン(ストーリーが淡々としてる)の話を、全く飽きさせないで、妙な緊張感を常に伴って、しかも面白いって生半可じゃないパッションかけて作ったんだろうなって、見終わって幸せになった。
勝手に震えた。
日本で賞とってたけど、この映画にちゃんと賞を与えた日本の映画界ってなんか凄いな。
いや、勿論穫って然るべき作品だって俺も感動して思いましたが、なんか凄いその価値観がいいなって思った。

海外映画もちょくちょく観るけど、日本の作品ってすげえやつほんと凄いな。

凄いって言いまくってる、俺のこの時間のテンションも凄い面倒くさいな。

つーかこれ書いてて突如脳裏に浮かんできた。
インシディアスってアメリカの映画、1年か2年くらい前のやつだった思うけど、観たら体調おかしくなるくらい怖かった笑。
個人的に精神的な相性最悪で、ホラーとしては最高だった。アナザーワールドがあるとしたらこんな感触なのかなってのをドカンと感じちゃいました。
ナイトシャマランの「シックスセンス」とちょっと日本的なホラー感と、とにかくキモ怖いのが混じり合って、もうすぐ夏だし、一人で夜観たらきっと寝苦しくなって、冒険者にはおすすめしちゃうゾ笑。

クロユリ団地も映画館に観に行った。

俺はホラーが好きなのか。

大好きです!

YES.kirishima/hozzy

快を生む線の伝い。

毎日、毎日、飽きもせず音楽を聴けているこの環境に恐ろしくなりますこのごろ。

ここ1年弱ほど趣味と仕事(音楽を『仕事』ってほんとに思えた事はあんまないけど良い意味で)がほんとに丸かぶりした時期がやってきてて、こええなコレ。

趣味、もううざったいほどここで書きまくってるから、ごめんすまん、ご存知頂いていると思いますが、すなわちソレ音響にはまっちゃってるってことなんだけど、一日中、音聴いて、遊んでるみたいな気分になってるから、俺こんなんで大丈夫かなって思ってるちょっと。

結果としては、新曲にがんがん取り組んでるからたぶん問題ないんだけど、わかるかなこのうまく言えない感じ、、。

もうねバカだー、バカ。
バカだこいつ。

そしてより混乱してくるのが、マイクとかの機材を色々調べていくと、だいたいネットのレビューとか使用した人の感想なんかを手当たり次第読んでいって、なるほどなるほどなんて納得したりするんだけど、やっぱり個人でちゃんとしたマイクを買うとなると非常に馬鹿みたいな値段になってくるのね。
俺個人じゃとても買えない高級品が、プロの現場用(商業スタジオ用)なのよやっぱ。くそー。

でも試聴とかするとすごい良さげなわけだ。

で、ヤキモキしながらいつも我にかえるのが、そんなレビューを書いてくれてる人でさえもが、もしかしたら体験した事ないだろうレコーディングスタジオで、俺は何度もレコーディングしたことがあったじゃん、ってこと、、、。

うおい!!

って、これわかるかな?
この感じなのよ、これのこれ。

もう完全にプロスタジオ用機材に憧れる一人の小僧になってしまった俺にとって、レコーディングスタジオが幻のような場所になっている今。

新曲さえ作れば、ほぼ無条件でその場に到達できるというこのチート的ポジション!!

ずるい!

俺、ずるい!

ネットの中でしか見た事のない(たぶん見た事、使った事あるんだろうけど、全く今まで気にしてなかったぜ、アハ!)マイクやハード機材にも、出会える確率が大な訳だ。
実際この間のレコーディングで、エンジニアさんが持ってきた機材見て、目眩したからね「はわわ、本物じゃん!」って感じで(復刻版はあれど、本当の本物はとても高額で希少、、)。

「高い機材使えば良い音でたり、良い音楽ができるわけではない。勘違いするな小僧ども、、、っ!」

って昔から耳にタコができるくらい色んなところで聞いてきた定番の台詞だけれども、

確かにそれもそうだ、俺なんもちゃんとわかってなかったわ。
今もわからん。
だから知りたい。

もっとよくできるはずな気がすごいしてる。
頑張りますほんと。
曲も良いのできてるぞ!って思ってる。

もうすっかり頭が次作品のみに行っちゃってる風だけど笑、

来月のツアーもちゃんと気合い入ってるのであしからず笑。

やったろう。

世界は驚きの連続だ!

YES.recording/hozzy