藍坊主 | 11月
0
archive,date,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_background_opacity, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive

11月 2014

こぼれた熱燗の模様に飛ぶ。

今日またアルバムに向けての情報が追加されました!


 


初回版につくB面集のダイジェストと、「バタフライ」の先行ダウンロードの情報です。


 


自分で言うのもなんですが、藍坊主のB面集は普通にフルアルバムに匹敵するクオリティーと胸を張って言えます!


今まで自分たちの音楽聞いてきてくれた人は特に、このいわんとしていることがよくわかってくれるはずだと笑、確信しております。


いうなれば、10年以上の歳月を費やして奇しくも幸運に構築されたアルバムとわたしは思ってます。


 


前にもコラムで書いたけど、ほんと普通に最近もライブでやる曲とかB面集によくはいっています。


タイミングや自分たちのその時期のやりたいモードがもし違ってたら、シングルになってた曲もぶっちゃけ数曲は散見できます。マジなんか皆で悩んだ記憶があるもんな。


こうやって改めて振り返ると、香ばしい匂いが香ってきます笑。


今回のB面集の曲順は時系列になってるから、1曲めの「冒険風」とか10年以上前の曲だし。


なんか声の感じが違うし笑。宮沢さんのフルート入ってるし、長谷川さんはまだ20代だったし、時乗さんとのレコーディングが始まった時だったし、俺は髪の毛が青かったり赤かったり金髪とかだったりしてた時だし、拓郎はたぶん大学生?で、変な青みがかかったグラサンとかかけてたりしてたりしたときだし、、(よくわかってなくて後で殴られそう笑)


 


曲順で、「ベルガモット」から「Lumo」の雰囲気の飛び方がまず第一の個人的なツボ笑。


私の最高のピークは「風の国と地上絵」のところ。


この曲順で文脈をたどってった時に、強烈に挿入してくる新しい違和感、笑。


拓郎氏の感性。


マスタリングのときにスタジオで曲順確認してたときに思わず皆笑ってしまったもんねクスリと笑。


素晴らしい個性だ。


そして全体的に藤森の曲は、やっぱB面にするのが勿体ないやつが多い。


俺の曲は、うむ、 B面。


 


B面集ほんと面白いので笑、かなりおすすめです。


勿論、「ココーノ」本編がメインよ!!


これが中心です笑、あしからず。


 


そして「バタフライ」が先行配信されます。


どんな曲なのかいち早く聴きたいって思ってくれた方は、かましてやってください!


 


YES.kurage/hozzy

くすんだつまみの愛しさよ。

今日は取材を二つやらせていただきました。


 


取材が初めてだった(密かにずっと憧れていた笑)Sound&Recording誌(通称サンレコ)で、マニアックに自分の愛するrec機材について語らせていただきました。


しゃべった分どれくらい使っていただけるのかわからないけど笑、いつもの取材とは全く違う角度から話をするのは、もの凄く楽しかったです。


家で馬鹿みたいに機械いじり続けてた甲斐がありました笑。


これでまた自信を持ってぐいぐいと潜っていける、、、。


さらなる勇気をありがとうございました、、、。


 


そして月刊Songs誌にて、こちらは藤森と来月でるアルバムの話をしっかりと笑、させていただきました。


途中藤森が、「バタフライ」の自作の譜面をいきなりクリアファイルから取り出して巻末の弾き語り用にアピールしてた笑。ほんとに使ってもらえたらモーリーさんあんた凄い。


 


またアルバムでる日が近づいてきた!


 


そして新木場ライブも近づいてきた。


今年は何をやるんでしょうな笑。


 


ps,間違て2つ前の記事昨日消してしまった笑、サーセン。戻せんのかわからないんだけど、近江さんできたら教えて栗。


 


YES.green transformer/hozzy

まるでバット。

昨日の「素敵な選TAXI」第6話凄いおもしろかったぜ!


今までで一番面白かったぜ笑!


 


筧さん、さすがでございます。


 


ちょっと遅くなりましたがCinra.netで筧さんとあたしの対談インタビュー記事あがっています。


http://www.cinra.net/interview/201411-aobozukakehi


 


バンドとはちょっと違うけど、今回は私のアピールタイムということで笑、よろしければお読みください。


 


この記事の時点から、また随分ずれてきたところに今いる気がする。


もうか笑。


興味を抱ける対象がこの世界にはありすぎて、俺は芯がねえなー、って改めて思う!


 


しんがなーい。


 


あるけど、なーい。


 


どうでも、いーい。


 


全部繋がってるって思ってるんだけどね、何かが何かにまた繋がるまでがほんと遠いし、自分にしかわからん中で結局生きてるからな、言うよりも、10年後の自分を見上げる。


 


あっちいったり こっちいたり。


 


俺はもはや「究極の器用貧乏」を今目指している笑。


 


100を10に包括して1に集約する方法。


無からは何も作れないし。


有の連鎖はありものしか作れないし。


なんとなくやってるやつになるのはいやんだし。


もしそれで↑うまくいったとしても、俺には絶えられないそんなの。


 


ソフトもハードも自分で作りたい最終的には。


まじもんのオリジナリティを獲得するためにはな。


ラジカルに。


 


開拓の繰り返しとそれを反芻した解釈の連続の途中で、いつかブレイクスルーが起こると信じているんだ。あたいは。


 


ずっとエラーの繰り返し、しかもそのエラーが、プログラミングの場合みたいにちゃんと厳密に表示されないエラー。


 


人間的エラー。


 


思考的エラー。


 


エラー。


 


人間は難い。


 


最近コンピューターのプログラミングを勉強し始めた。


0か1かだから、人間よりもかは簡単だなって思いながら、コード打ってる。


難しいけど、究極の器用貧乏への新たな試練なので笑、やってる。


今んとこ楽しい、これ結構性に合う。


コード打って反応する、とてもくせになる。


 


とりあえずこっからC言語の人を目指す笑。


わけわからないよな。


あはー。


 


イッツマイウェイ。


 


環れ、戻れ、そしてまた行け、って、感性の上昇を信じる霜月中盤後期。


 


いつか自分もあそこへいけるんだろうかと、今日もウィスキー呑んでます。


 


YES.c/hozzy

マイウェイ。

昨日の「素敵な選TAXI」第6話凄いおもしろかったぜ!


今までで一番面白かったぜ笑!


 


筧さん、さすがでございます。


 


ちょっと遅くなりましたがCinra.netで筧さんとあたしの対談インタビュー記事あがっています。


http://www.cinra.net/interview/201411-aobozukakehi


 


バンドとはちょっと違うけど、今回は私のアピールタイムということで笑、よろしければお読みください。


 


この記事の時点から、また随分ずれてきたところに今いる気がする。


もうか笑。


興味を抱ける対象がこの世界にはありすぎて、俺は芯がねえなー、って改めて思う!


 


しんがなーい。


 


あるけど、なーい。


 


どうでも、いーい。


 


全部繋がってるって思ってるんだけどね、何かが何かにまた繋がるまでがほんと遠いし、自分にしかわからん中で結局生きてるからな、言うよりも、10年後の自分を見上げる。


 


あっちいったり こっちいたり。


 


俺はもはや「究極の器用貧乏」を今目指している笑。


 


100を10に包括して1に集約する方法。


無からは何も作れないし。


有の連鎖はありものしか作れないし。


なんとなくやってるやつになるのはいやんだし。


もしそれで↑うまくいったとしても、俺には絶えられないそんなの。


 


ソフトもハードも自分で作りたい最終的には。


まじもんのオリジナリティを獲得するためにはな。


ラジカルに。


 


開拓の繰り返しとそれを反芻した解釈の連続の途中で、いつかブレイクスルーが起こると信じているんだ。あたいは。


 


ずっとエラーの繰り返し、しかもそのエラーが、プログラミングの場合みたいにちゃんと厳密に表示されないエラー。


 


人間的エラー。


 


思考的エラー。


 


エラー。


 


人間は難い。


 


最近コンピューターのプログラミングを勉強し始めた笑。


0か1かだから、人間よりもかは簡単だなって思いながら、コード打ってる。むずー。


ちょい辛だけど、究極の器用貧乏への新たな試練なので笑、やってる。


今んとこ楽しい、これ結構性に合う。


コード打って反応する、とてもくせになる。コンピューターは嘘がねえな。


 


とりあえずこっからC言語の人を目指す!


なんでこうなんだー。


わけわからないよなー。


ふはーいいんだ、


 


イッツマイウェイ。


 


環れ、戻れ、そしてまた行け、って、感性の上昇を信じる霜月中盤後期。


 


いつか自分もあそこへいけるんだろうかと、遠回りの方をみてるーん。


 


YES.c/hozzy

この地面の裏を知りたい。

昨日の「素敵な選TAXI」第6話凄いおもしろかったぜ!


今までで一番面白かったぜ笑!


 


筧さん、さすがでございます。


 


ちょっと遅くなりましたがCinra.netで筧さんとあたしの対談インタビュー記事あがっています。


 


http://www.cinra.net/interview/201411-aobozukakehi


 


バンドとはちょっと違うけど、今回は私のアピールタイムということで笑、よろしければお読みください。


 


この記事の時点から、また随分ずれてきたところに今いる気がする。


もうか笑。


興味を抱ける対象がこの世界にはありすぎて、俺は芯がねえなー、って改めて思う!


 


しんがなーい。


 


あるけど、なーい。


 


どうでも、いーい。


 


全部繋がってるって思ってるんだけどね、何かが何かにまた繋がるまでがほんと遠いし、自分にしかわからん中で結局生きてるからな、言うよりも、10年後の自分を見上げる。


 


あっちいったり こっちいたり。


 


俺はもはや「究極の器用貧乏」を今目指している笑。


 


100を10に包括して1に集約する方法。


無からは何も作れないし。


有の連鎖はありものしか作れないし。


なんとなくやってるやつになるのはいやんだし。


もしそれで↑うまくいったとしても、俺には絶えられないそんなの。


 


ソフトもハードも自分で作りたい最終的には。


まじもんのオリジナリティを獲得するためにはな。


ラジカルに。


 


開拓の繰り返しとそれを反芻した解釈の連続の途中で、いつかブレイクスルーが起こると信じているんだ。あたいは。


 


ずっとエラーの繰り返し、しかもそのエラーが、プログラミングの場合みたいにちゃんと厳密に表示されないエラー。


 


人間的エラー。


 


思考的エラー。


 


エラー。


 


人間は難い。


 


最近コンピューターのプログラミングを勉強し始めた笑。


0か1かだから、人間よりもかは簡単だなって思いながら、コード打ってる。むずー。


ちょい辛だけど、究極の器用貧乏への新たな試練なので笑、やってる。


今んとこ楽しい、これ結構性に合う。


コード打って反応する、とてもくせになる。コンピューターは嘘がねえな。


 


とりあえずこっからC言語の人を目指す!


なんでこうなんだー。


わけわからないよなー。


ふはーいいんだ、


 


イッツマイウェイ。


 


環れ、戻れ、そしてまた行け、って、感性の上昇を信じる霜月中盤後期。


 


いつか自分もあそこへいけるんだろうかと。


強いものを作りたいです。


 


YES.cman/hozzy

オレンジドロップ0.222。

新しい情報が結構たくさんUPされました!


 


アルバムの曲「バタフライ」のリリックムービー一番までだけど凄いいい感じなので是非よろしくどうぞ。


曲の感じも聴いてみてください。


ジャケットもでました!今回もCentral67の木村さんに最高のデザインしてもらいました。


人間味があるとても良いジャケットです!初の紙ジャケというのも相まって実物は質感含めもっといいですぞ。


発売まであと1ヶ月切った。


 


なんか今日は昨日よりも寒い。


 


冬になってきたのだネ。


 


ウイスキーでも飲みますか、、、。


 


YES.Butterfly/hozzy 


 

スカイルート。

ここ一週間絵を色々描いて、本を色々読んで、ギター弾いてます。


上野と、本屋とヘッドホンが聖地です。


う、え、の。


前回もコラムで書きました。


子供連れのお母さんと浮浪者が隣り合って噴水のショーを楽しめるところです。


美術館がいっぱいあるだけあって空気が自由です。


 


で、また行きたくなってこないだ行ったら、連休明けで、全部施設が休館だった、、、。


国立科学博物館いこうと思ってたのに!!糞ー。


 


神社とか池とか行ってみたけど、興味が無い自分としてはあんま面白くなかったわい、、。


 


しょうがないので、近場にあったスカイツリーに初めて行ってみました。


今更ながら、押上へ。


 


で、着いてみて思ったのが、「独りでくるところじゃねーな」でしたー。


 


ただ、タワーはどかーんで、下から見上げたら、んんんっ、おっきい!


 


パチリとあおりで写真を撮って、そのままくるっと回って地下鉄で帰りましたとさ。


 


上野リベンジ、次はいつ行こう。


 


骨が見てえんだ、骨が。


化石になった骨の匂いに近づきたい。


 


YES.whale/hozz