藍坊主 | 3月
0
archive,date,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_background_opacity, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive

3月 2015

岡山のサングラス。

曲作りの音作りにはまり込んでしまって気がつけば、25日を過ぎていた。


 


そう。今月3月の25日きっかりで、記録に残ってるコラムの始まりからちょうど10年と言うほんとなにかにつけて「10年」を引き合いに出すけど笑、これすごいライトな感じで、10年も経ったよということがただ、また言いたい。


 


今度ソーダの時の曲中心のツアーやるけど、コラムの始まりもちょうどソーダ作ってた時だったな。


名前も変えた頃だ笑。


村上春樹にはまったのもこの頃。哲学にはまだはまっていなかった。ボウズにしたのもこの頃。ウズラのPVは今見るとすごい笑える。俺ボウズだよ笑。高校時代もボウズだった。だからブルーボーズってバンド名だった。もう相当な事が無い限りボウズとかしないんだろうな。とんでもない過ちを犯したときだろうな次やるとしたら笑。そうならないように気をつけよう。


 


しかしあれだな。


周りはみんな大人になっていくな。


俺もそうなってるかな。なってないかな。


ただひとつ言えるのは、社会に対する不満とか大人への反発とかはもう完璧そのまま全部自分に返ってくる感じがすごいするな。


文句言ってりゃ良かったのが笑、だんだんそれがやまびこのように空しく響くようになってる。


この空しさはいったいなんなんだろう。ただ年取るとこうなるとかじゃなんかない気がするな


。その正体はなんなんだろう。


 


いつになっても問う事があるというのは、人生の暇つぶしにはもってこいだけども笑、ここから本当にものになるものを作れるかどうか、人生の野郎に試されている気がしてならないこのごろ。


 


明日はリハだ。


ねよう。


 


YES.column/hozzy



はねるはね。

サッカー日本代表の新監督、いまさらだけど親近感がはんぱねえ。


ハリルホジッチ。


ホジッちって言われた事はないけど(呼ばれたらツバ吐く)、ケンチってあだ名はあったのでね昔。


是非共、最強のチームにまとめあげて欲しいですね。


楽しみだな。


 


鳥かごの掃除をしたら文鳥に本気でつつかれた。


いてえ。


困った愛情表現だ。


すごい凶器だ。


 


くちばしをもし持つ事が出来たら、水をのんでみたい。


鳥が水飲んでる姿を思い起こせる?


めっちゃうまそうに飲むんだよ。


あの飲み方で水を味わってみたい。


のどの奥が喜びで満ちているように波打ってるあれをしてみたい。


半目になりながら。


 


YES.kagonome/hozzy



泡となった睡眠。

今日はなかなかの二日酔い。


水を大量に飲んでも喉がまた渇く。


昨日藤森とちょっとした作業をやって、そのあと飲みにいった。


そのあとも駅から帰るときも缶ハイボールをよくのんだ。


家についてからどうやって寝たのか覚えていない。


布団の横に缶が転がっていた。


何か嫌な事でもあったのだろうかと疑いたくなってしまったけど、


どう思い出してみても楽しかったはず。


体がちょっと筋肉痛。


明日は月曜日。


けどこんな俺には曜日なんて関係ない。


さっき作った曲録音してたら、なぜかキーがよくわかんなくなってなんだなんだと思っていたら、打ち込んだベースのピッチが4分の一音ぐらいぐいっと上がっていた。


まだ酔っていたんだな。テンションあげたかったんだな。


明日は月曜日。


デートの最終回。


首痛い。


 


YES.bucchigiri/hozzy



管をすする。

胃カメラ、デビュー。


 


先日病院にいってちょっと健康診断みたいなのやったってコラムでもかきましたが(血抜いたやつ)、続きまして今日は予約しておいた胃カメラ検査をやりに病院に行ってきました。


 


病気でもないのにあんまこんなこと書くの、かっこいい系のミュージシャンとかだったらNGなんだろうけど笑、俺は違うと己を認識してるので、


 


かっこつけてんじゃねーよ糞ども。って感じで、私は淡々といかせてもらいます。


 


だってさ、もうかっこよすぎる早世は、できないじゃないか。


10年もコラムかいてしまってさ(完璧にひがみだねかっこよく散っていった魂に対する!)


 


ということで、30超えて初めての、っつーか生まれてからまともにうけるの始めての健康診断。


鼻からぶちこんでもらうパターンにしてもらいました。


 


完全無防備でヨダレだらだら流しながら、リアルタイムで自分の内側をモニターするってすごいエキサイティングだね!なんか変なのっぽいの見つけたらショック死しそうになるよね!だよね!どきどきするよね!こわかったわー。


 


とりあえず、特になんも変なのみあたらなかったらしく(よかった!!せんせいーあざす)前回の血液検査の結果はまだわからないけども、たぶんだいじょうぶだろうと自分の内側の意外なピンクさを見ておもった笑。


 


まだまだ追い込みがたんねーんだな。


 


最近いっぱい寝てるからね。健康になってきたのかな。いや、健康をより目指すべきでもあるな。


 


心と体がつながっているって当たり前のことを、ここ数年嫌という程感じてきたからさ。


 


ということは体が良ければ心も良いってことで、それはつまり素敵なアイディアを産み出す土壌は良い身体であるからして、やはり体は、なるべくいいところにいつもおいときたい。


 


整体的解釈としては自分は腰骨がガタガタみたいだけど笑、これも自分の才能として受け入れていくしか無い(整形外科とかの医療機関いくとヘルニアにでもならんかぎり、おかしい身体は問題なしになってしまう。この自分の実体感と診断との間の齟齬は、西洋医学への偏重的権力委譲と、東洋医学的アプローチが未だに軽く見られてることに起因しすぎているとしか思えなくて、正直言って、いつまでかかってんだよ、さっさと滅びてしまえこの構造、っていつもおもうよ。欠けてる人間としては。


例えば首が痛くて呼吸がしづらいとなったとしても、病院いってレントゲンとったら異常なしってことがよくある。そうなる前に息がもっとできていたとしても。


よって湿布を処方するだけ、って、ドラッグストアと一緒じゃないかって、病院いくといつも後悔していた。


その後整体でその方向から見てもらったときに、初めて首の異常が認識されて、治療に向かうってことがままあったので、整形外科の先生のこっちの顔も見ないでPCにカタカタ情報打ち込みながら、型にはまった受け答えするのを見て、骨折しないかぎり行く必要ねえなこの科、って強くおもったいつだったっけなあれ。今もきっとそのままだだよね)


 


めっちゃディスかましたいわけでもなく、骨折ったらやっぱり整骨院か整形外科いくと思うけど笑、その間ってのがやっぱあるんだよね、人間にはね。


友達にその東洋的に治す技を持ってるやつがいるんだけど、ほんとに医者より俺にとっては効くことが多くあるので、この世の仕組みはまだ万全ではないんだなって、そんな胃カメラのんだ日の感想でした。


 


これにまた目に見えない世界が加わってくると、この生まれた世界は虹色すぎて、心がどこにいればいいのかわからなくなるよね。毎日だけど。


 


ああ、また肩が痛い。きっと腰がきてる。


ゆうだいカモン。


 


それよりも、まず今日の暖かさが嬉しい。感謝しよう。


明日もいい日でありますように。


 


YES,i/hozzy



通電した光景を想うと、、、。

ツアー中にたしか仙台で、その日きてたお客さんから熱い手紙と一緒にいただいたVOCA展という今まさに上野でやってる展覧会のチケット握りしめて、今日は今年初の上野公園に行ってきた(ありがとうチケット!)


桜が咲き始めたなんて情報もちらっと聞いて、ちょっと浮き浮きしながらいったんだけど、どこの桜が咲いたんだろう。まだまだ肌寒そうな枝と、あいかわらずグロい幹だけをむき出しにしたノーマル桜達しか見当たらなかったぞ。


で、予定よりちょっと到着が遅くなってしまって、ようやく、さあ、その展覧会に突入だって時にやっぱり大好きな国立科学博物館の事がふと頭の片隅に浮かんできてしまって、これじゃあせっかくチケットもらったのに、集中できないんじゃ失礼じゃないかと、まずは国立科学博物館に行って心を落ち着かせようってことで、行き先を変更してそこへ行ってしまった。まずはね!そういう気持ちでね、いきました。


 


久しぶりの科学博物館!


テンションは小学生のそれと変わらないほど、心は盛り上がってしまいます。


実際小学生に一瞬混じりながらチケット買ったしね。


 


いや、しかし今回は一部、っつーか半分くらい改修工事してて見れない会場が多かったんだけれどもさ、やっぱり私の心の襞の奥の方にあの建物の空気感は見事にしみ込んでくる。


なんか顕微鏡をずらっと並べて、顕微鏡の歴史みたいなのを展示してるコーナーとかあって、すっげえマニアックだなおい、誰がこんなの喜びながらみんだよ、なんて心の中でちょっと悪態ついてみたりしたけど、気がつけばすげえ真剣にあの美しい造形物をバカみたいなツラしながら俺も眺めてしまっていたよ笑。真鍮みたいなので作られた古い顕微鏡は、野口英世が使ってたやつとか北里博士が使ってたやつとかも展示してあって、あんまその人物たちの事は正直よく知らないのだけど、その顕微鏡の造形が!かっこいいのなんのって、味が出てるとかのレベルじゃなくて美術品だよねあれ。うつくしいのな。あれで微生物とか鉱物見てたら、レンズに集中できねえんじゃないか、本体がたまらなすぎて。顕微鏡ってこんな萌える要素があるなんて思いもよらなかったっす。


 


あと、さらに強烈だったのが、富士フイルムの技術者が昔レンズ設計の計算のために作ったっていう真空管式計算機!


あれは作ったひと絶対頭可笑しいよほんと。10分ぐらい動けなかったぞそれ見て衝撃うけて笑。


FUJICって名前のきちがいマシン、ほんと壁から真空管が生えまくってるかのごとく、おびただしい数のチューブがずらっと並んでた。冒頭の下手糞な写真がそれね(ちなみに博物館は写真撮影ほとんどの部屋がOKです!)。しかもさっきWikiしたらさ、当時ではこれまだ真空管少ないほうだって書いてあって死ぬかと思った。もっとすんげえ数の真空管使ってコンピューターみたいなの動かしてたんだね。


夏は大変だったろうなー。熱半端ねえだろうな。


こんだけ(真空管2000本弱)装備して、人力で計算するよりも2000倍くらい効率よくなったってぐらいしか効果がない(それでも当時は画期的!)ってのが、馬鹿みたいとかじゃなくて、逆にどんだけ才能あって忍耐強い技術者たちだったんだろうって、自分がそこにいたらきっとやろうとか、仮にそう思っても、絶対できない、作り上げられないとおもうわ。あの発想も、それを突き通す意思も、持てないんじゃないかって思う。そんだけ恐ろしい機械が、ボロっとした感じでたたずんでる博物館。今日もコテンパンに叩きのめされてしまった気分です。と同時に、人の本気の創造力に触れられまくれて、幸せな一日でした。ほんとに。


 


って、すっかり悦に入っていたら、あっという間に退館時間になってしまって、その後行こうと思っていた当初の目的!の展覧会に時間間に合わなくて入れなくなるという事態に、、、。


 


またいこう。期日までなら、逃げないからね上野は、、、、。


 


チケット絶対無駄にはしません。


事実おかげで今日は良い一日でした笑。


再度、ありがとう!


 


 


YES.Fujic/hozz



端材とかね。

さっき帰ってくる途中、闇夜の空を二羽の白い鳥が飛んでいた。


片方が片方を追いかけるように奇声をあげながら飛んでいた。


暗いから何の鳥かよくわからなかったけど(昼間でもカラスか鳩かスズメか以外はほとんど何の鳥かわからないけどね!)、たぶん鳩でもカラスでもない。


ないと思うけど白いカモみたなやつが飛んでいた。


先頭のやつはもの凄く嫌がってたな笑。たぶんあれはメスだろうな。


一生懸命逃げてたけどすぐに捕まってしまうだろうな。


今日もまた、春なんだなー、なんて人間の私は呑気に眺めていたのでした。


 


ネジを買いにホームセンターに行ったときも、苗とか鉢とか売ってる所を通り過ぎると、冬とは全然違う色合いに変わっていて見てるだけでウイッとくるよね。ばあさんが少女のように目を細めてまだ小さい苗を手にとっているのはやはりとてつもなくかわいい。


桜の苗が売っていて、思わず買いそうになっちゃったけど、よくよく考えてみたら部屋の窓の向こうに既に結構立派な桜が勝手に生えてるやんけ、とホームセンターいくといつも顔を出す「いらないものがすごい必要に見えてしまう病」をどうにか押さえ込んだけど、やっぱり最後は買いにいったネジを必要量の3倍「一応なんかあったら」って滅多に何かなんてあるわけでもないのに、結局買ってしまった春のビーバートザンでした。ビーバートザンって神奈川だけなのかな?知ってる?別にどうでもいいんだけど笑。ビーバートザンってホームセンターの名前ね。


 


ねじって凄い発明だよね。というか周りを見回してみたら恐ろしいほどにこの世はネジだらけだよね。


ねじが嫌いな人にとっては地獄のような世界。


ぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐら。


 


YES.screw/hozzy



於いてある。

ツアーファイナル無事終了し、ちょっとダラっとしながら読みかけの本とか、読んでなかった漫画とか、作りかけだった機械だとかを昨日今日と触ってました。


ココーノツアー終わってしまいましたね。


あっという間というには、思い返すと随分濃い時間だったので、もう年明けて三月も半ばだけども、良い時間の経ち方だなと思いました。


 


いやーファイナル良いライブだったなあ。


またこんな日を味わいたいね。


 


さて、ここからバンドとしてはまた制作とかもなんとなく始まるのかな、どうなのかなって感じと、またコンセプトライブをやったり(ソーダ中心のショートツアーやります)、面白そうなイベントにださせてもらったりとか、止まる事無くなんかやってると思うので笑、ちらちらとチェックしてみてくださいね。


 


俺個人としては、またなんか煮詰めて表現的な某か作ってみたいってのと、良い曲ってなんなのか未だによくわかんないけど、0からそれを見つめ直してとにかく挑戦してみたいって感じで、とりあえず本格的に春になることだし、どうしようもなくならない程度に笑、またそういういうのに接近を試みてみたいって感じです。


 


まずは花見してえな、初夏にはホタルも絶対みたいし、山が暖かくなったらキャンプもいきたい。


それ以外は、とにかく脳みそを酷使したい。わからないことに挑みたい。それは哲学じゃなくても、工学じゃなくても、音楽理論じゃなくてもいい。やっぱり何かを真剣に考える事、それは自分にとっての制作や生き方の源になるものだって、自分の魂がいっている。魂って心と違うよね。ずっと遠くにあって、なのになぜか心より近くにある。従うべきだねこういうやつの轟にはね。feelだね。なのに、脳みそを使いたいって思ってしまうこの矛盾のような希求が、自分を自分たらしめている固有性だと強く確信するこの宵です。面倒くさいなほんと。


 


とにかく、何度も言いましたが、コラムではこれで最後↓


 


今回のツアー本当にありがとうございました!


 


 


YES.soul/hozzy



継続。

今日で4年目になりましたが、それぞれ出来る範囲で継続してみんなで協力していこう。


原発の事故の処理状況も、その先のたくさんの不確定要素も、事実把握をぼやかしながら忘れたふりをしてはいけないね。


難しい問題だから断定的な事は言えないけど、考える事をやめないのは間違った事ではないと思うから、俺も出来る事を考えながら自分の方法で応援していきます。


 


今日はすごく疲れてしまった。


もっと疲れたのが整体をしてくれた友達だと思うけど、ごめん俺も疲れたわ。


風呂浸かって寝ます。


 


明日は明後日に備えて、コラムは更新しません。寝ます!


あしからず。


 


それでは明後日渋谷公会堂でやっちまおう。


ココーノ、ツアーファイナルを!


 


YES.tohoku!!/hozzy



緩んだ頬で見上げる。

めまぐるしい寒暖差。


天気の変わりよう。


さっきから急に足の先に冷気が這ってきて窓が開いてんのかと思ったくらい。


文鳥君のヒーターをまたつけてやらにゃ深夜に凍えてしまいそうだな。


 


リハーサルに行く道すがら、突然ビニール傘に差し込んできた光に空を見上げたら真上にぽっかり青空が。周りを見るとその天気雨に思わずみなさん空に目を細めてて、ちょっと和んだ。


すぐにまた降り出して一気に寒くなったから駅までダッシュしたよ。それなのに遅刻した笑。すみませんでした。


 


蟻がもう地中から現れて活動してますね!


公園の木にワラワラと行列を作っていて、それが愛おしくってなんか腹の奥が落ち着かなくなって、いっそ踏みつぶしてしまおうかって衝動がぬるっとわいてきたけど、可哀想だから見るだけにしておいた。


クロアリのけつが酸っぱいって、小学4年生の時担任の先生が言っていたから試しに舐めてみた事があるけど、本当にすっぱいのね。


今じゃまずやってみようと思わないけど、すっぱかったなあ。


 


もしよかったらどうぞ。


 


モーリー誕生日おめでとう!


 


YES.plastic umbrella/hozzy



小声でねこ。

猫ってしゃべるのでしょうか、、、。


また人のような形態をとることがあったりするのでしょうか、、、。


 


今日部屋で作業していたら、何回も隣の部屋からこっちに向けてヒソヒソとした声が聞こえる気がするんですよ。


何回かそっちに顔だすんだけど誰もいない。


そのとき家には自分しかいなくて、TVもついてない。


いるとしたらちょうど放していた猫が一匹。もう一匹はケージの中。


「まさかな」


と思って、また部屋で作業をしていると、


 


「パ、パ、、、、、、」


 


って、完璧俺の事呼んでるひそひそ声が聞こえてきて!!!


 


思わず、「だ、だ、誰だっ!!」


 


って叫んでしまってさ。


で、隣の部屋とか、玄関とか、トイレとか、ぐるぐる回っておそるおそる確認してみるんだけど、誰もいないの。


いるとすれば、猫一匹。


こっちをじっと見てる猫が一匹、、。


 


ちなみにこの時の猫がクレーって言って諸事情があって今自分のツイッターのアカウント写真になっちゃってるやつなんだけど、「おはよう」は喋れるのよこのひと。


「おあよー」ってこっちが朝「おはよう」っていうと言うんだよ。猫バカなわけじゃないよ笑。ほんと言うんだから。


 


もう一匹の猫はピカソというんだけど、こいつは人間になってる時が絶対ある!


うちの実家で父親がピカソがジャケット着て歩いてたとか言ってたし笑(若い男の姿をしていたらしい)、俺も天井から下におりてくる人間大の物体を視界にとらえて「なんだ!?」と思って、そっち見たらピカソが着地した姿勢でじっとこっちを見てたこともあった。


 


俺の頭がおかしいのでしょうか笑。


たぶんそうだろうね。


 


割と見えちゃダメなやつとかチビの頃から見たりしてきたので、自分はちょっとそういう気があるけど、猫はほんと化けられる気がしてならない。


ああ見えてすごい空気に敏感な生き物だから、きっといつも人間に気を使ってただの猫のふりをしてくれているんだろうと。ね。


 


クレーのアピールをずっと無視してかまわなかったら、いきなり背中に飛びついてきて見事に「おんぶ」状態になって、「うお!」と思ったら、そんとき耳元で「にゃあああ」って言われた時の事は、ずっと忘れられない衝撃です。


 


鳥肌もんだよ化け猫どもめ笑。


 


YES.hisohiso…/hozzy