藍坊主 | 9月
0
archive,date,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_background_opacity, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive

9月 2017

小田原イズムと東京コーリングとブラッドオレンジと群静’17。

はい。もう一週間以上経ってしまいましたが、16日は地元小田原開催のライブイベント小田原イズムに今年も出させてもらいました。

俺らはこれで3回目の参加でした。

主催者の木部ってやつは、凄く前から知っていて、気づけば地元のライブハウスで小田原を盛り上げようと色んなバンドをブッキングしたり、自分でやってるバンドでイベントを切ったりってずっと何かやってて、年末年始はよく俺の自宅までベロベロになった僕を車で送ってくれていたものだった。

年初めのう○こみたいな地元イベント(毎年やってるんだよこりずに今も)の帰りに2人で幸楽苑でラーメン食うのが俺とあいつの繋がりみたいなものだった。

だんだんこのイベントがク○すぎて、木部も寄り付かなくなってから、あいつと幸楽苑に行かなくなった気がするけど、まあそれが正解だと思う。

だって○んこだもんあれは。それがライオット。

 

ライオットの話はどうでもいいんだ笑。

 

小田原イズム。今年もすごく楽しかったです。

 

そしてこの日木部ちゃんのバンドのソライアオが解散してしまって、ベースの山田とかのステージングも、あいつらのコンビはもう見れないのかって、ちょっとだけ寂しい気もするけど、たぶんまたどっかであいつらライブしたりしそうだなって気がするし、しなくても小田原帰れば顔を合わす事は無くならないと思うので、とりあえずお疲れ様でした。

幸楽苑いこうぜ。

 

そして18日の東京コーリング。我々は新宿ロフトで出演させてもらいました。

雨が、新宿の雨が中々やっかいだったけど、そんな中会場に足を運んでくれた皆様ありがとうございました。

とても良いライブができたように思います。テールランプも久々演奏して改めて良い曲だなと笑。

といいつつ、そこからの群青が最高だったけどね!今なんだよ、今。それこそがパッションなんだよ。

ライブみてくれた人にはわかってもらえたはず。

群青が良いって俺たちが言ってるのは、曲が良いって事だけじゃないんだ。

今だからやっとできることが詰まってるんだ。

宝石もゴミも混じった集積。

それがようやく少しずつ光ってきてるのを俺たち全員が感じているから、群青が良いって言いまくってるんだよ。

今作ってる新曲たちも凄く良いと思うぞ。

これほどいいのは今までなかったんじゃないかって、またワクワクしているぞ俺は。

前作の「Luno」も色んな思いがあった中で作ったのもあって、すごく良いと思ってるし大好きだけど、今回は三味くらい違う。

ほんと楽しみにしといてくださいな。

 

そしてそんな新曲の中から一曲、「ブラッドオレンジ」1コーラス動画で公開されましたー!

 



 

フル音源は映画のサントラと一緒にCDに収録されます。群青も一緒。

とにかく今がナウな藍坊主さん。

そんな我々のこれまた大事な今回限りのイベント「群静’17」のチケット販売が今日までだ!

群静’17についてはここに。

CDやチケットの販売場所はここ

当日券はでません!今日以降のチケット販売もないので、後悔のないように!

 

映画の撮影の話も後日書きます。

すごかったわよ笑。

 

YES.kourakuen/hozzy

あたりまえという。

最近は新曲のレコーディングを進めつつ、映画の撮影準備を監督と進めつつ(台風マジ来ないで欲しい、、、)、16日の小田原イズムと17日の東京コーリングのリハーサルをやっていました。

 

16日の小田原イズムでは、いつもサポートキーボードをお願いしているツタさんの予定が合わず、8年ぶりくらいにヤスに代打で出てもらいます。

ヤス。高橋ヤス。本名不明。

ハナミドリの頃とかにずっとメインでサポートしてもらっていたキーボーディスト。彼がマスミサイルに正式加入したぐらいのころから、一緒にやることはなくなったけど、昨日久しぶりにリハに入ったら、一瞬で今の我々の新しい雰囲気にも合わせてきたから笑いました笑。なんだか懐かしい感じで、ヤスらしい鍵盤さばきを思い出した。力強くて、とても良い顔で弾く。

ツタさんも、フォレストーンの頃からもうずっと一緒にステージに上がってもらってるメンバーのような存在で、当たり前になりすぎてて最近じゃワンマンのライブでも、ツタさんの紹介全くしなくなっているくらい笑、盟友なんですな。

ヤスの鍵盤も素晴らしいし、ツタさんの鍵盤の凄さにもまた改めて気づいた昨日でした。当たり前になってしまうんだよね。すごいことでもね。いかんいかん。あかんわ。

17日はツタさんといつもの布陣でライブに臨むので、藍坊主的にもこの二日間の違いがとても刺激的になるのは間違いなかろうかと思います。

 

小田原イズムの主催者の木部のバンド、ソライアオが、16日のイズムを最後に活動を終了するので、前に俺たちのイベントにも参加してくれた後輩の最後をしっかり見届けようと思います。

みなさんの中であいつらのことを知ってる人がいたら、是非彼らが最後にどんな音楽と言葉を残すのか観にきて欲しいです。

すごく暇だったらでいいんで笑。

まあ、俺は普通に楽しくこの日を迎えるので、「おつかれさま」って気持ちよく言えるようなライブをまず自分がしたいと思ってます。

 

あと映画のポストカード用に描いたイメージがWIZYで公開されました。

https://wizy.jp/project/37/report/221/#report_link

女の人の絵。

この人は劇中に登場する「山下聖子」という人物の僕のイメージ像。

これみせたら監督も、「そう!これが山下聖子!」って賛同してくれたので、たぶんぴったり合ってるんだと思っています笑。

この目線が聖子さん。

紙に印刷されるとまた味わいが出ていい感じになると思うので、お楽しみに。

 

YES.yasu/hozzy

映画の話④

今日も映画製作についての話を。

 

先月8/20のコラムでこんな話を書かせてもらいました↓

 

”実は勝又監督とこの映画製作の発表の前に、本番のイメージの擦り合わせと意思確認を含めて、ひとつ別で映像作品を作ってみませんか?という話になり、それを先日個人活動の展示会場で上映させていただきました。

勝又さんの映像から代名詞である”制服”を極力排除した作品です。

群青の空気感をよりはっきり共有するため。

あえて制服に焦点を合わせないで、”夏の記憶”をテーマにした映像を作ってもらったのでした。

俺もその映像に音楽を付けさせてもらって、すごく楽しかったです!

この映像がまたセンチメンタルで、、、!台詞もないし、主人公もいないし、ほんとイメージのような映像なんだけども、夏の感じがぐっと伝わってくる素敵な作品なんですよ。

この感じをベースにして、一緒に目指す方向を共有した上で、ストーリー、台詞、キャストが加わっていったら、間違いなく”群青”の世界観が映画に注入されると確信しました。

後日webでもその映像も公開するっぽいので(監督次第)、是非みてみてほしいです!”

 

転載元リンク

 

その映像を勝又さんに公開していただきました、、、!

タイトルは『夏の記憶』です。

 



 

この雰囲気に最高のストーリーと、キャストさんの演技がのっかってきます!

 

ちなみに意外に多く耳にするのが、「藍坊主のメンバーはどんな役をやるんですか?」という話。

勘違いさせてしまっていたら大変申し訳ないんだけど、俺らは基本出ないよ笑。

演技とかできないでしょ、こんなど素人共が、どう考えても!

俺らがずいずい出て演技なんかしたら、それこそ「群青」の世界観が台無しですよ笑。

 

そして今回はバンドのドキュメント映画でもありません!これも言われた気がするので、否定します。

 

本物の、ガチの、群青をテーマにした映画作品を作ろうとしているのであります。

 

ただ、俺らは映像には映らないけど、根っこの部分からがっちり勝又さんと真剣に制作しているので、それこそ出演しているのと同じくらい、俺らは俺らの得意分野でこの映画に関わっていくだけです。パッション。

音楽とかも勿論だけど、藍坊主の世界観をどれだけ勝又さんの感性と掛け合わせて完成にもっていけるかってところですよ!

我々がやっていくことは。

 

でもたまに、どっかで登場するかもしれません笑。それも作品が良くなるのならありえるでしょう。たぶんないと思うけど笑。

 

まだ未発表ですが、映画のタイトルも決まって(めっちゃ良いタイトル)、撮影開始まで、監督、メンバー、スタッフで更に内容が濃くなるように煮込みまくっていきます。

 

あああパッション!!

 

※追記

 

タイトルと中心となるキャスト、そして本編の物語の冒頭部分のプロットが、公開されました!

詳しくはこちらで↓!

 

https://wizy.jp/project/37/report/214/#report_link

 

YES.sun/hozzy

SOUTH BLOW。

9/1に大阪で久しぶりにサウスブロウのと対バンしました。

彼らのイベントに呼んでもらって、めっちゃ良いライブをみせてもらった、、、。

 

すごい前、まだ俺らがパンクバンドと呼ばれていた頃の話。

大阪の江坂ブーミンホール(今はミューズ)ってところで初めて対バンして、彼らのライブをみたとき、あまりにも曲が格好良過ぎて、楽屋で握手を求めたくらい一目惚れしてしまった。

当時俺はバンドマンに話しかけるのがとても苦手だったんだけど(今でもだけど笑)、勇気を振り絞ってボーカルのせきしんに話しかけたのを覚えているよ。

 

で、そっから当時のうちのマネージャーさんにサウスのこと「いいっす!いいっす!」って言いまくってたら笑、ある日東京の事務所で彼らに会って、次に会った時にはもう所属事務所が一緒になっていた!すごく嬉しかった。

年も同い年と1つ上のメンバーたちだったから、彼らが東京に住んでいた時期はしょっちゅう会って色んな話をしていた。

いつだかの春、ギターのはじめの家遊びに行って、なんだかよくわからないテンションになって、ふたりでノートに手形を押した記憶がある笑。ただの友達。

 

そんな彼らが、メンバーが変わったり、一時期活動を休止したりしていたのを経て、またバンド活動を再開したのが本当に嬉しかったし、ドラムのタロウがまたサウスでリズム刻んでるのとか、こう、ぐっときてしまいましたね。

久しぶりの対バン。

マジで楽しかったぜ。

またやりたいですやん。

あの日のライブを見てくれた皆様にも感謝致します。

 

Yes.SOUTH BLOW/hozzy