藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-10,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

端材とかね。

さっき帰ってくる途中、闇夜の空を二羽の白い鳥が飛んでいた。


片方が片方を追いかけるように奇声をあげながら飛んでいた。


暗いから何の鳥かよくわからなかったけど(昼間でもカラスか鳩かスズメか以外はほとんど何の鳥かわからないけどね!)、たぶん鳩でもカラスでもない。


ないと思うけど白いカモみたなやつが飛んでいた。


先頭のやつはもの凄く嫌がってたな笑。たぶんあれはメスだろうな。


一生懸命逃げてたけどすぐに捕まってしまうだろうな。


今日もまた、春なんだなー、なんて人間の私は呑気に眺めていたのでした。


 


ネジを買いにホームセンターに行ったときも、苗とか鉢とか売ってる所を通り過ぎると、冬とは全然違う色合いに変わっていて見てるだけでウイッとくるよね。ばあさんが少女のように目を細めてまだ小さい苗を手にとっているのはやはりとてつもなくかわいい。


桜の苗が売っていて、思わず買いそうになっちゃったけど、よくよく考えてみたら部屋の窓の向こうに既に結構立派な桜が勝手に生えてるやんけ、とホームセンターいくといつも顔を出す「いらないものがすごい必要に見えてしまう病」をどうにか押さえ込んだけど、やっぱり最後は買いにいったネジを必要量の3倍「一応なんかあったら」って滅多に何かなんてあるわけでもないのに、結局買ってしまった春のビーバートザンでした。ビーバートザンって神奈川だけなのかな?知ってる?別にどうでもいいんだけど笑。ビーバートザンってホームセンターの名前ね。


 


ねじって凄い発明だよね。というか周りを見回してみたら恐ろしいほどにこの世はネジだらけだよね。


ねじが嫌いな人にとっては地獄のような世界。


ぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐら。


 


YES.screw/hozzy



於いてある。

ツアーファイナル無事終了し、ちょっとダラっとしながら読みかけの本とか、読んでなかった漫画とか、作りかけだった機械だとかを昨日今日と触ってました。


ココーノツアー終わってしまいましたね。


あっという間というには、思い返すと随分濃い時間だったので、もう年明けて三月も半ばだけども、良い時間の経ち方だなと思いました。


 


いやーファイナル良いライブだったなあ。


またこんな日を味わいたいね。


 


さて、ここからバンドとしてはまた制作とかもなんとなく始まるのかな、どうなのかなって感じと、またコンセプトライブをやったり(ソーダ中心のショートツアーやります)、面白そうなイベントにださせてもらったりとか、止まる事無くなんかやってると思うので笑、ちらちらとチェックしてみてくださいね。


 


俺個人としては、またなんか煮詰めて表現的な某か作ってみたいってのと、良い曲ってなんなのか未だによくわかんないけど、0からそれを見つめ直してとにかく挑戦してみたいって感じで、とりあえず本格的に春になることだし、どうしようもなくならない程度に笑、またそういういうのに接近を試みてみたいって感じです。


 


まずは花見してえな、初夏にはホタルも絶対みたいし、山が暖かくなったらキャンプもいきたい。


それ以外は、とにかく脳みそを酷使したい。わからないことに挑みたい。それは哲学じゃなくても、工学じゃなくても、音楽理論じゃなくてもいい。やっぱり何かを真剣に考える事、それは自分にとっての制作や生き方の源になるものだって、自分の魂がいっている。魂って心と違うよね。ずっと遠くにあって、なのになぜか心より近くにある。従うべきだねこういうやつの轟にはね。feelだね。なのに、脳みそを使いたいって思ってしまうこの矛盾のような希求が、自分を自分たらしめている固有性だと強く確信するこの宵です。面倒くさいなほんと。


 


とにかく、何度も言いましたが、コラムではこれで最後↓


 


今回のツアー本当にありがとうございました!


 


 


YES.soul/hozzy



継続。

今日で4年目になりましたが、それぞれ出来る範囲で継続してみんなで協力していこう。


原発の事故の処理状況も、その先のたくさんの不確定要素も、事実把握をぼやかしながら忘れたふりをしてはいけないね。


難しい問題だから断定的な事は言えないけど、考える事をやめないのは間違った事ではないと思うから、俺も出来る事を考えながら自分の方法で応援していきます。


 


今日はすごく疲れてしまった。


もっと疲れたのが整体をしてくれた友達だと思うけど、ごめん俺も疲れたわ。


風呂浸かって寝ます。


 


明日は明後日に備えて、コラムは更新しません。寝ます!


あしからず。


 


それでは明後日渋谷公会堂でやっちまおう。


ココーノ、ツアーファイナルを!


 


YES.tohoku!!/hozzy



緩んだ頬で見上げる。

めまぐるしい寒暖差。


天気の変わりよう。


さっきから急に足の先に冷気が這ってきて窓が開いてんのかと思ったくらい。


文鳥君のヒーターをまたつけてやらにゃ深夜に凍えてしまいそうだな。


 


リハーサルに行く道すがら、突然ビニール傘に差し込んできた光に空を見上げたら真上にぽっかり青空が。周りを見るとその天気雨に思わずみなさん空に目を細めてて、ちょっと和んだ。


すぐにまた降り出して一気に寒くなったから駅までダッシュしたよ。それなのに遅刻した笑。すみませんでした。


 


蟻がもう地中から現れて活動してますね!


公園の木にワラワラと行列を作っていて、それが愛おしくってなんか腹の奥が落ち着かなくなって、いっそ踏みつぶしてしまおうかって衝動がぬるっとわいてきたけど、可哀想だから見るだけにしておいた。


クロアリのけつが酸っぱいって、小学4年生の時担任の先生が言っていたから試しに舐めてみた事があるけど、本当にすっぱいのね。


今じゃまずやってみようと思わないけど、すっぱかったなあ。


 


もしよかったらどうぞ。


 


モーリー誕生日おめでとう!


 


YES.plastic umbrella/hozzy



小声でねこ。

猫ってしゃべるのでしょうか、、、。


また人のような形態をとることがあったりするのでしょうか、、、。


 


今日部屋で作業していたら、何回も隣の部屋からこっちに向けてヒソヒソとした声が聞こえる気がするんですよ。


何回かそっちに顔だすんだけど誰もいない。


そのとき家には自分しかいなくて、TVもついてない。


いるとしたらちょうど放していた猫が一匹。もう一匹はケージの中。


「まさかな」


と思って、また部屋で作業をしていると、


 


「パ、パ、、、、、、」


 


って、完璧俺の事呼んでるひそひそ声が聞こえてきて!!!


 


思わず、「だ、だ、誰だっ!!」


 


って叫んでしまってさ。


で、隣の部屋とか、玄関とか、トイレとか、ぐるぐる回っておそるおそる確認してみるんだけど、誰もいないの。


いるとすれば、猫一匹。


こっちをじっと見てる猫が一匹、、。


 


ちなみにこの時の猫がクレーって言って諸事情があって今自分のツイッターのアカウント写真になっちゃってるやつなんだけど、「おはよう」は喋れるのよこのひと。


「おあよー」ってこっちが朝「おはよう」っていうと言うんだよ。猫バカなわけじゃないよ笑。ほんと言うんだから。


 


もう一匹の猫はピカソというんだけど、こいつは人間になってる時が絶対ある!


うちの実家で父親がピカソがジャケット着て歩いてたとか言ってたし笑(若い男の姿をしていたらしい)、俺も天井から下におりてくる人間大の物体を視界にとらえて「なんだ!?」と思って、そっち見たらピカソが着地した姿勢でじっとこっちを見てたこともあった。


 


俺の頭がおかしいのでしょうか笑。


たぶんそうだろうね。


 


割と見えちゃダメなやつとかチビの頃から見たりしてきたので、自分はちょっとそういう気があるけど、猫はほんと化けられる気がしてならない。


ああ見えてすごい空気に敏感な生き物だから、きっといつも人間に気を使ってただの猫のふりをしてくれているんだろうと。ね。


 


クレーのアピールをずっと無視してかまわなかったら、いきなり背中に飛びついてきて見事に「おんぶ」状態になって、「うお!」と思ったら、そんとき耳元で「にゃあああ」って言われた時の事は、ずっと忘れられない衝撃です。


 


鳥肌もんだよ化け猫どもめ笑。


 


YES.hisohiso…/hozzy



音の垢。

今日も今日中の更新間に合いそうにない!!


だはあああーーー。神の手!


 


今回のツアーでいただいた手紙をまた改めて読ませてもらいました。


心強くなれるメッセージいつもありがとうございます、、。


ここ最近特に感じるのが、手紙の内容もだけど、たまにくれる「作ってみました!」っていってくれる創作アイテムのレベルがみんな高すぎる笑。どうした。腕を上げてどうしたってんだい!


メンバーもよく言ってるけど、どうやって作ったのかよく方法がわからないやつとかもたまにあったりして感心してしまっている。負けてられぬよのお。


 


アルコールが切れてしまった。


飲む方のじゃなくて、エタノールの方。


機械の部品とか、汚れて黒ずんできてしまうキーボードとかを掃除するときによく使ってるんだけど、これで磨くと気持ちいいのよ。


古すぎて油がガチガチに固まってるロータリースイッチ(ボリューム調整とかしたりするスイッチ)の接続部分なんかを、綿棒にじわっとしみ込ませたエタノールでゆっくり溶かすように撫でていく。するとですね、時間の堆積が崩れて何ともいえない色をしてた金属がだんだんと輝きを取り戻していくわけだ!この過程は、はっきりいって快感だね。


しかも溶け出したそれの匂いを絶対かいでしまう。


アルコールのツンとした匂いと、グリスとか煙草のヤニとか埃とかが混じり合って、普通だったらオエッて絶対なる組み合わせなんだろうけど、それが時間のおかげで、見事に味のある匂いに調合されているんだよね。熟成だね。


昔の機材は大抵中身をあけて匂いを嗅ぐと古い煙草の匂いがする。


 


疲れてやる気が出なくなったら、エタノールで古いところをキュッキュとする。


これ結構気分転換になります。


 


YES.rotary switch/hozzy



水の匂い。

今日は渋公ツアーファイナルのリハーサル。


リクエストをもらった曲もなにやるか決定しました。


送ってくれたみなさんどうもありがとうございました。


曲が何かは本番のお楽しみという事で!


 


ツアー前に作ったエフェクターも途中でバグって改修した後はなんとかファイナルまで持ちこたえてくれそう。素人が思いつきで作ったやつをいきなり本番のステージで使うって、よくよく思えばかなりヤバいよね笑。いやあ、楽しいツアーだった。


 


もうちょっとで終わってしまうね。


 


ココーノはどうだったろう。


良いアルバムだったかな。


すげえ良い出来だったかな。


想いはたくさん込めたけど、それはちゃんと形になったのかな。


ツアー最後のライブが終わったら、それがじわっと心の奥で答えになってくれるかしらん。


 


今日は雨が降ったから、明日晴れだったらまたクシャミがでそうだよ。


本番までには髪の毛を切ろう笑。


モサモサ過ぎて頭がちょっと重くなってきた。


雨の日は特に、なにか、吸い込んでしまってる気がする。


3回カラスと目が合った気がする。


見てるのかい。


見てるよ、僕も。


 


YES.pink led/hozzy



針の精度。

採血をした。


特にどこかが悪いという訳ではないんだけど笑、健康診断もちゃんと受けたことないので血液くらいはたまに状態見てもらった方がいいかなと思ったりして、ぷらっと行ってみた。


チューッと血がチューブを通っていくのを見ると、俺もちゃんと赤い血を持った人間なんだなとちょっと他人事みたいに感心したりして、病院が少しほっとしてる空いてる時間帯の緑色の廊下をぼーっと見てた。


血管がすこし細いらしく、二回三回刺し直しはよくあることで、今日も合計三回刺されてしまった。


うち、二回目は同じ刺し穴に二度刺しという、こういうの苦手な人からしたらちょっと「うっ」とする展開もあったり、、、、「うっ」としたらごめんね。


数日後に結果が出るらしいから、どうか何事もありませんように笑!


 


拓郎とかたまに献血のボランティアみたいなやつやってるとか言ってたけど、よくできるなーとその話聞くたびにちょっと尊敬する。


俺は人様に差し上げられるような健康的な血液を所持している自信がほんと無いから汗、それが申し訳なくてマジ無理だ。なんかこええ。


自分が血液を欲するときは当然のように何の違和感無く輸血を受けるだろうに、ほんと勝手な人間ですね。


 


今日は20分ぐらい更新が間に合わなかった、、、。


ということでずるして昨日に時間を戻します笑。


 


それではまた明日。


 


YES.tube/hozzy



キャベツを千切ってるだけなのに。

=

春といえば村上春樹。


名前に春が入ってるからってだけじゃなく笑、春になると個人的にすごく読みたくなる小説家。つーか大好きです。


特に初期からダンスダンスダンス辺りまでの話が、春の感じととても同調する感覚がする。


物語の中は冬だったり、夏だったりたくさんの季節が勿論あるんだけどな。


なんか文体が春っぽくて、とにかく目玉焼きがおいしいそうで、バーでカティーサークを飲んでみたくなる、なんであんなに料理の描写が素敵なんだろうって、多分読んだ事ある人は少なからず思ったことがあるはずでしょう笑、ほんとなんであんなに魅力的に個性的に書けるんだろうね。サンドイッチなんか反則だよ。いつもレタスが瑞々しくって本当にシャキシャキしてそうだもんな。


 


立て付けの悪い本棚から崩れてとりにくいところに落ちたままだった本の固まりたちを昨日、手を伸ばして何冊かもとに戻す途中で「村上春樹にご用心」って本に久しぶりに再会して。


内田樹さんの本。ユウイチがたしか好きだったんだじゃなかったかな。藤森もかな。


パラパラめくっていたらさ、春だしさ、くしゃみとかしていたらやっぱり村上春樹が無性に読みたくなってきてしまってさ。


良く読み返すのは、どメジャーなやつばっかりだけど、やっぱ「ノルウェイの森」は最強だよね。初めて読んでから年もとって、あまりにも読みすぎたもんだから、もうさすがに登場人物の誰にも共感も感情移入もできなくなってるけど笑、この本の空気感はずっと変わらないないつ読んでも。


あと「納屋を焼く」って短編集も好きだな。「パン屋再襲撃」もいいな。その中の「ねじまき鳥と火曜日の女たち」が、短編の中では一番好きだな。ねじまき鳥クロニクル本編よりなんか印象に強烈に残ってしまって英語のペイパーバック版でも読んでみようと翻訳機片手にかつて挑んでみたというはまりっぷり。


 


春の春樹を色々落ち着いたら心ゆくまでまた堪能しよう。


 


YES.spaghetti/hozzy



勇気のための世界。

さっそく齧った音楽理論をちょっと試したくなって、作曲は当分しないとか書いときながら今日は結構ピアノをいじくってしまった。ピアノは弾けないから、指3本でベースもしくは下の和音とメインのメロを叩きながら色々覚えた事を試してみたけど、結局カオスになってしまう!


「僕は狂ってなどいない」とかああいう感じになっちゃう。そうじゃないんだ、今はそうじゃないんだよ、、、。


どのタイミングで音を移動すればいいのかが、頭じゃなんとなく解ってるんだけど、現実結果が狂っていく。


まるで人生のようだね!


さあ何度もチャレンジしようじゃないか。


死なないかぎり逃げないからね作曲は。


曲が全然できなくて死んでしまいたくなる時もあるけどね。


カオスの海。


新しい発見をどんどんしていきたいね。


良いのか悪いのか、まずは自分でしっかり決めたいね。


そうすりゃ散っても散ることはないからね。


散った自信をまた自分で大事にかき集められるからね。


自分の意志で消費して払った大事な時間と犠牲は、とてもじゃないけど捨てる事はできないし、自分の中にしっかりその気持ちがあれば、誰にも奪われる事はないしね。


つーかとれないし、とられないし。


 


ウィトゲンシュタインの言葉にあった「世界は私の世界である」。


これだけだとよくわかんねーし、超ヤバいやつの言葉だけど笑、俺は初めてこの言葉を本の流れで読んだときもの凄く感動した。そして勇気をもらった。


 


世界は世界中に存在する人たちそれぞれの世界であって、当たり前だけど、他人の心の声や他人がどんな感覚を持って世界を眺めているのかが完璧にはわからないように、自分の心も他人には完璧にはわからない。


これだけだとだだの悲しめなお話で終わっちゃうけど、


でもこれっていいかえれば、


自分の心は、自分によって他人から「守られている」とも言えるってことで、


実際自分の中の声は、聴かれる事もないし、誰にも奪えない。誰もこの自分の中に入る事はできない。つまり、


「世界は私の世界である」


すごくないこれ。


完璧に遮断されてるんだぜ自分の中の声や考えが、他の人たちとは。


 


これを孤独ととるか安住ととるか。


 


俺はとても安らげた笑。とてもね。


 


自分の生きる世界を、誰でもない自分が所有しているという絶対的な充足感。


人の価値ってすごいよね。


哲学的にはこの世界とイコールなんだぜ。


科学的にはただの世界の一部だけど笑。


 


つまるところ、しっかりと曲と向き合っていかないと自分の世界もどっかにいっちゃうってことに近い。


世界観とかの話じゃなくって、ほんとの世界そのものだからね。


だからこれが狙ってないでカオスってると、やっぱ不安になってくるよ笑。


 


イメージに少しづつ近づいていくために、


 


続けます。


 


YES.roncou/hozzy