藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-13,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

勇気のための世界。

さっそく齧った音楽理論をちょっと試したくなって、作曲は当分しないとか書いときながら今日は結構ピアノをいじくってしまった。ピアノは弾けないから、指3本でベースもしくは下の和音とメインのメロを叩きながら色々覚えた事を試してみたけど、結局カオスになってしまう!


「僕は狂ってなどいない」とかああいう感じになっちゃう。そうじゃないんだ、今はそうじゃないんだよ、、、。


どのタイミングで音を移動すればいいのかが、頭じゃなんとなく解ってるんだけど、現実結果が狂っていく。


まるで人生のようだね!


さあ何度もチャレンジしようじゃないか。


死なないかぎり逃げないからね作曲は。


曲が全然できなくて死んでしまいたくなる時もあるけどね。


カオスの海。


新しい発見をどんどんしていきたいね。


良いのか悪いのか、まずは自分でしっかり決めたいね。


そうすりゃ散っても散ることはないからね。


散った自信をまた自分で大事にかき集められるからね。


自分の意志で消費して払った大事な時間と犠牲は、とてもじゃないけど捨てる事はできないし、自分の中にしっかりその気持ちがあれば、誰にも奪われる事はないしね。


つーかとれないし、とられないし。


 


ウィトゲンシュタインの言葉にあった「世界は私の世界である」。


これだけだとよくわかんねーし、超ヤバいやつの言葉だけど笑、俺は初めてこの言葉を本の流れで読んだときもの凄く感動した。そして勇気をもらった。


 


世界は世界中に存在する人たちそれぞれの世界であって、当たり前だけど、他人の心の声や他人がどんな感覚を持って世界を眺めているのかが完璧にはわからないように、自分の心も他人には完璧にはわからない。


これだけだとだだの悲しめなお話で終わっちゃうけど、


でもこれっていいかえれば、


自分の心は、自分によって他人から「守られている」とも言えるってことで、


実際自分の中の声は、聴かれる事もないし、誰にも奪えない。誰もこの自分の中に入る事はできない。つまり、


「世界は私の世界である」


すごくないこれ。


完璧に遮断されてるんだぜ自分の中の声や考えが、他の人たちとは。


 


これを孤独ととるか安住ととるか。


 


俺はとても安らげた笑。とてもね。


 


自分の生きる世界を、誰でもない自分が所有しているという絶対的な充足感。


人の価値ってすごいよね。


哲学的にはこの世界とイコールなんだぜ。


科学的にはただの世界の一部だけど笑。


 


つまるところ、しっかりと曲と向き合っていかないと自分の世界もどっかにいっちゃうってことに近い。


世界観とかの話じゃなくって、ほんとの世界そのものだからね。


だからこれが狙ってないでカオスってると、やっぱ不安になってくるよ笑。


 


イメージに少しづつ近づいていくために、


 


続けます。


 


YES.roncou/hozzy



感電しない、咽せるだけ。

空気中の小さな物質を思う。


 


炭酸ガスがでる入浴剤を浴槽に入れないで、タライに入れて遊んでいたら、ガスを吸い込んで強烈にむせた。


辛抱たまらんと水中に逃げるが、当然逃げる場所を間違えているので、再浮上した際に残りガスに再度やられるはめに。


タライごと逆さに湯船に沈めて栓をして一件落着とあいなりました。


 


ガスを吸って久々思ったのが、空気にひしめく元素のことだ。


化学的に考えるとかじゃなくて、やっぱり素朴に不思議になるのが、空気って100パーセント比率のグラフが何らかの物質でちゃんと埋まってるじゃないですか?これは比率だから密度とはまた関係がないってこともわかるんだけども、普段俺たちが生活してる空間の空気って、やっぱスカスカしてるとしか思えないんだけど、このスカスカって何で出来てるんだろうって、思ってしまう。


スカスカが何かの物質でできてるって考え自体がおかしいって?


じゃあ空気として物質が無いところは、なんて認識すればいいんだろう。隙間ってどういうイメージでいればいいんだろう。真空でいいのかな。そこに何もものがないって、ちょっと冷静に想像すると、すごく恐ろしくなるよぼかあ。そこには力が、電子が働いている、とか、磁力みたいな力が働いているとか、いつだかなんかで読んだ本に書いてあった気がするんだけど、そこに俺たちはどうやって関わっているんだろうって、触れているってレベルじゃなくて、吸ってるからさそれをさ。吸って吐き出してる中の空気のそれの、その中に力とか、真空とかみたいなもの、何にも無い空間みたいなもの、そんなのが俺の体の中を出たり入ったりしているだなんて考えちゃうと、恐ろしくってワクワクしてしまうね。そのワクワクを拡張してくと、俺たち自身にも何もない空間が内在していて、それは比喩的な空虚感って意味での「ぽっかり」なんかじゃなくて、ほんとに俺たちはぽっかりしまくっている状態で、訳の分からない空気なるものを吸って生きているって、怖くて心もすーっと遠くへ飛んでく気持ちになって、やっぱり月は綺麗だなって思うんだよ。


科学の考え方はさっぱりだけど、炭酸ガスを吸った時は、空気の実態感があふれたよね。


素人臭い疑問をまたまき散らしてしまう、いつも大量の塵を吸い込みながら歌うほかない、私です!


 


花粉は超巨大ということだ。


 


今日も今日に間に合った。


 


続けろ。


 


YES.bukubuku/hozzy



どっちが美味しいの。

今日も観ました「デート~恋とはどんなものかしら~」。


うちのマネージャーの近江にそっくりの(というか近江がそっくりというべきですか笑


長谷川博己さん。


 


ほんと似すぎてて。


 


思わずいつもより文字が大きくなっちゃうよ。


長谷川さんが目を見開いた時の顔が、近江が見開いたときとクリソツすぎて笑うところじゃないのに、思わず「いいぞー近江ー!」って笑っちゃう。


このドラマのおかげで、月曜日が楽しみです。


テレビが楽しみなのは、素敵な選TAXI以来だな。


 


あまちゃんとか、他の人気がありそうなやつとか、普段TVあんまちゃんと見てないから全然わからないんだけど、つーか「デート」とかタイトルだけとったら俺なんて絶対観そうにないでしょこれ笑、たまたま観て好きになってしまった。食わず嫌いはダメですねほんと。


 


いやーしかし近江似てるわ!


近江に会いたくなっちゃうもんね。


ウナギとドジョウ~、をうをうをーだな。


 


今日は、近江を知らない方には全く伝わらない話でごめんなさいね。


 


続け。


 


YES.omi/hozzy



All need is てきとう。

ツイキャスなんとか終わりまして、ほっと一安心です。


途中通信途切れたりして、これぞ藍坊主、みたいな書き込み見たけど笑、そう言う感じでまたフラっとこういう企画できたら良いですな。


何事も真面目腐ってやると、結果いいことにならないことの方が多いってさんざん学んだからネっ!


って言い訳っぽく適当こいてるわけじゃなく、ほんと肩の力を抜いてりらーっくす、これがうまくできなくなっちゃうと、病院行きになっちゃうよ!


お前十分適当だろ!って笑、言われそうですが、


適当にもランクがあってだな。


何かを創るには、いつでも隙間が必要であってだな。


俺はもっと適当な思考方法で常にいないとほんとの廃人になっちゃう自信ばりばりなんだよ!


適当ってのは適当ってことで、決して適当ってことではないのだよ。


 


拓郎も言ってたけど、一つの形で一つの意思で音楽を続けるってほんと簡単じゃないって月日が経てば経つほど思い知らされるけど、


もっと自由に、もっと適当にやっていくことも、同じぐらい難しいことで。


これがなくなっちまったらほんと音楽やってる意味さえなくなっちゃうからな。


藍坊主もそうだけど、俺ももっと自由に活動させてもらうことにします。


とりあえず何も決めてないけど、何も見えてないけど、野方図にいろいろかましてもいいって免罪符をお上からも正式にもらったので笑、これだけで俺は十分やる気がぐわぐわ出る。


藍坊主にも今までより更にパッション注入率が増すでしょう!!


 


適当にやらせてくれれば、それだけでいいんだ。


 


とりあえず、3/13の渋谷公会堂、最高のツアーファイナルに絶対するぞ。


「ココーノ」の全部と、藍坊主の魂を伝えきれるように、いちにちいちにち大事に生きます。


 


今日で更新6連続だ笑。


 


続く。


 


YES.te-ki-to—/hozz



剥がれていくのねまた。

明日はツイキャスをやるいうことで、またちょっと弾き語りもさせてもらいます。


なんの曲やろうかまだ迷っているんだけど笑、だいたい二曲に絞り込めた。


どっちをやるかは、本番で決めよう、、、。なんとなくその時の空気でね。


ってことで事務所でギター抱えながらちょっと悩んで、さっき帰ってきた。


 


今日は月が朧げていて、帰り道なんだかぼわっとした気分になれましたよ。


鉄塔に反射した月の光をみて、やっぱり人の好みというのは根本的にはなかなか変わるものではないんだなーと思った。属性的なそれね。


10年前のコラムでもよく月の話題を書いてた気がするし、やっぱりふとした月の立ち居姿に私は惚れてしまうんだな。


鉄に映った月とか、水に浮かんだ月とか、枯れた柿の木に透けてる月だとか、信号待ちしてる月だとか、駅からの帰り道、空ばかり、見てしまうよ、、、、なんて、、、ネ。


なんだかほんと段々と春になってきているのだなとちょっと変に寂しくなりつつ、花見がまた待ち遠しくなってきちゃうワクワクもでてきちゃったりしてよぉ!


 


こないだアキバで小型ドリルの歯も新調したし、また何か作ってみたくなってる春の宵でござんした。


 


明日はツアーで撮りためた映像なんかも流したり?するみたいなので、ココーノツアーの振り返りツイキャス是非ご覧ください。


 


YES.yoyoinoyoi/hozzy



滑空する転調。

音楽理論ってやつを作曲を始めてこのかたまともに勉強した事がなかったので、ちょっとやってみようと思い立ってからもう1年が経ってしまった。


それ用の本を買ったんだけど、まったく進んでいない笑。


さあやろう、と思ってページを開くと、およそ音楽とは無関係に思える言葉の羅列に目眩がし、3分たつと眠くなる。つーか昨日の図書館にも持参したんだけど、すぐ飽きてしまいました、、、。


トランジスタの本の方がずっと集中して読めるのだよ。


けれども頑張って最近1ページずつ読み進めていくうちに、今まで知らないで使っていたコードの展開とか、ハーモニーの作り方とかが、案外そんな間違ってなかった(理屈としてね)のとかわかったりして、まあまあ楽しいっちゃ楽しい?のかな。


音楽だけはあんまり理屈で考えないようにしようと、いままで理論なんて気にもしなかったんだけど(音符もドミソの位置から数えなきゃ未だに読めないんだ、、、!!)、知らなかったこともやっぱり山ほどあるらしく、ちょっと知るのも怖いけど、頭で分解してみるのも新しい発見のためにはそろそろ必要なのかなと、眠くなるまではまた勉強してみようと思いましてんな。


作ってみたい曲の雰囲気はあるのに、それのやり方がわからないのは勿体ないよね。


 


けどすっげー音楽の理屈って眠くなるんだよほんと、これだけは辛い。


国語辞典読んでるような気分になる、、、。


すっごい入門編みたいな良いって評判の本なんだけどね、amazonでね。


 


ここまで読んでいただいて、ピアノのフレーズとかお前どうやって作ってんだよって不思議に思う人もいるかもしれないけど、それこそ感覚で作ってんですよ。怖いだろ?不協和音もガンガンいくわよ。


今回のココーノでいうと、エチカのピアノとか最高じゃないか?!


譜面も読めないのに、音符を作る事はできるもんなんですね。


この間の穴埋めを、そろそろ頭で行ってもいいような気がする笑。


作りたいイメージをもっと作る方法をみにつけたいものです。


 


YES.tritone/hozzy



雨に入りたい日。

雨が降っていたので、久々に図書館に行って面白そうな本をつまみ読みしようと家をでた。


雨がふっている時は本を読みたくなる。


なかなかゆっくり読むこともないのだけど、今日は違った。


雨と傘と本って何かが起きそうな予感がしないか。


やっぱり何も起きなかったけど、図書館ってたまにいくと面白い。


人がたくさんいるのに、みんな音をたてるのを我慢している。


集団でいるのに、みんな独りを強烈に求めている。


たまに誰かが漏らす独り言や変な咳払いに、2、3人がふと顔を上げて、思い出したように深い息を吐く。


咳しちゃいけないと思うと、でますよね咳って。


電車とかほぼ100%でるんだけど、普段30%くらいなのに。


みんな何の本を読んでいたんだろう。


何の勉強をしていたんだろう。


 


そんな私は、ヒドラの生態の不思議と、バッハの生涯的なやつと、ハイデガーの考察みたいなやつと、鉄拳のこんな○○は嫌だシリーズのやつと、東北の民俗誌みたいなやつと、珊瑚礁の写真集とを、全部ペラペラみながらうすーく刮げて混ぜてかき混ぜて、たまに心の中でうなづきながら「むむむ」と拾い読みをしていました。


結果、何も身になった気がしない!が、


図書館の醍醐味はこんな感じじゃなかろうかと、贅沢に時間を使って、その後いつもより静かな電車に乗って雨降りの秋葉原へ機械の部品を買いにいった。


 


雨の電気街もまた風情があって良かったです。


 


今日はようやく花粉の病院に行けた。


たっぷりクスリをもらったので、当分は大丈夫でしょう。


 


YES.tarion/hozzy



モグラの生態は知らないけど。

こないだの札幌のライブからの帰り道、携帯電話を置き忘れてしまって、もう何度目だろう、旅先で電話を忘れるのは!


今朝もう家に届きました。はええ。


北海道にももう2回、携帯置き忘れやってる、、、。


ちゃんとしないと最近は全部情報詰まっちゃってるから恐ろしいね。ダメだねこれは。いかんね。


送ってくれた名も知らぬ係の方、素早い発送ありがとうございました!


 


記憶ってのはいったいどうなってんのか、最近物忘れがやばい。


というか色々新しい事やろうとして、その分いろいろなものが別の穴から蒸発しちゃってる感じといいましょうか。


マスクしたまま、家出るときにまたマスクつけようとしたりとか。よくある眼鏡つけたまま眼鏡探すみたいなこと、やっちゃってますよく。


 


オートマチックに何かをやりながら、違う事に集中しようとすること。


これって集中って言わないのかもしれないけれど、オートモードが無きゃいろいろ困ってしまう。


ぼーっとしてるのとも違う気がするんだけど、何かを半歩遅れて聞き返さなきゃならない時に思うのは、やっぱり自分は何を考えていたんだろうっていうこと。


半歩も、一歩も、二歩も、遅れて現実を生きている時がある。


いかん。麻痺ってる。


それとも何か想像以上の出来事を感じているのだろうかッ?!


それが何かわからないんだけど。


 


大事なもの、携帯電話もだけど、普通に忘れちゃいけないことを平気で忘れてしまって自分でも恐ろしくなる事がある。


 


とにかく目的地無く穴をそこら中に掘りまくってるモグラ。


そのうち穴が崩れて、土ごと埋まるモグラ。


けどモグラだから、またなんの労も無く、そこから穴を掘り始めるモグラ。


そんな感じのモグラ感。


 


携帯とか記憶とか全部無線で腰にぶら下げられたら、、、、とか書き始めてから、いかん、と思った。きっとその無線を操る機械をおれはどっかに忘れるだろうって思った。


そしてそんな忘れた事さえ忘れて、いつか別の形で思い出すまで、モグラの感覚も忘れたままだ。


 


ツアーも後半になると、ギターのピックもどこいっちゃったんだろうってくらいなくなってる笑。


そしてある日気がつくと、自分の部屋から大量に出てくるんだよ。どこからともなく!


ちょっと怖いです。


明日花粉の病院に行こう。


 


YES.mogura/hozzy



バラバラなのにつながっているふゆのゆらゆらどん!!

ツアーもとうとう残すところ渋谷公会堂のみとなってしまいました!


今回おかげさまでとても充実したものになりました。


千葉から始まり、札幌までこんなに思い出というか記憶に刻まれそうなツアーは今まで個人的になかった気がします!


ライブに遊びにきてくれた皆さん、各地にはしごして観に来てくれた皆さん、本当にありがとう。


心から感謝を、、、!!


 


そして関東に戻ってきてから気づいたのは、毎年の定番!すっかり花粉が飛び回っているという残酷な現実、、、。


暖かくなって風が少しやさしい夜、、、!ゆるやかな気分になりたいのに、、、な!


今年は去年よりも飛散量が多いみたいで参っちゃうね。


早速室内でもやつらを弾くらしい謎のスプレー、マスクの上からババアッと吹きかけてます。


うちの猫も今日は毛がよく抜けていたな。また色々新しくなっていくね!


もうほんとやになっちゃうくらいずっと固まって溶けそうにない奥の方の部分、どうにか本気で熱湯ぶっかけてでももう一回届きたいって、


なんのことか解りづらいかと思いますが、なんかわかんべ。今回のツアーでまた更に激しく思ったのでした。


楽しみたい。楽しくなりたい。楽しんでもいいという風にもっとなりたい。


音楽の神様がもしいるのなら、その裾をもう一回、見えたような気にさせて欲しい。


気にさせてくれるだけで十分だから、パッションがどうにかなっちゃいそうな衝動や、なんだか良くわからないけど目の前が明るくなるようなあの匂いみたいなやつでまた、もっとずっとこんなもんじゃねえぞコラあ!!って気が狂うほどわき上がらせて欲しい。


信じているぞ。もう信じちゃってるぞ。言葉の力ももう一回信じたよ、ぼかぁ。


 


実は来月いっぱいでコラムかき始めてちょうど10年経ちます。


もう10ねんだよ笑。ネタももうあんのかないのかよくわかんねーよ笑!うっひょー。


ぶっちゃけもう誰か別のメンバーに書いてもらいたいとか思ってたけど(マジ)、やっぱりごめん、これからも書かせて下さいね。


書かせてね♪


 


音楽と言葉はもっと調和できる。


というかする方向でもっとずっと研究を重ねてみよう。


実験!実験!実験!


 


楽しくおかしくおそろしく!


空気に蠅が止まっちゃうくらい!瞬間と瞬間を途切らす反対をにらむんだ!


にらむんだよおれのハート。


明後日花粉の病院行こうね。


 


YES.kiiroi bus/hozzy



流れる瞬間の泳ぎ方。

ツアーも4本終わり、次から中盤戦です。


ライブでやって改めてココーノの曲がどんな曲だったのか、自分たちメンバーも新鮮に感じてます。


自作エフェクターは早速ライブ4本目にして変な挙動をし始めちゃったので!、このインターバルで修理しました苦。


ツアーの移動とか、結構がちゃがちゃ運ぶからそういうのもしっかり考えないといけないのだなー、なんて想像通りの事を経験して再度挑戦です。


ぶっちゃけあんまこのエフェクターの登場率ないんだけどね笑、モチベーションがぐいっと上がる。


 


さて、週末に向けてのリセットモードから再起動。


 


最高のライブへの再試行。


トランジスタ回路の初歩的な設計への挑戦。


C言語の習得。


 


これをまた進める。


 


音楽制作は当分しない。


すると止まんなくなっちゃってゲロはきたくなっちゃうからね。


 


トランジスタに関連して、ココーノに今回入ってる「ネガティブフィードバック」って曲のタイトルなんですが、これマイナス評価とか、嫌な事思い出しちゃうみたいなイメージの意味とかあると思うんだけども、


もう一個電子工学用語の意味でもこの「ネガティブフィードバック」って言う言葉があります(日本語だと「負帰還」って呼ばれてる)


実はタイトルの意味はここからとってます。


その意味は、簡単に言うと「出力を安定させて綺麗にする」働きがある回路です。


その言葉の響きとは裏腹に、プラスに働く作用をもっている。しかも回路はループみたいな形を作ってる。


ってのが気に入りまして、あの曲のタイトルにしました。歌詞の内容にもぴったりきてるときた。


 


って、ちょっと思い出したので書かしてもらいました。


 


1月の壁紙もちょうどさっき完成しました。


ので近々UPしてもらいます。


 


長野、新潟。


また新しい感覚が生まれる事を期待して全力でいきます!


最高のライブへ。


よろしくお願いします!!


 


YES.negative feedback/hozzy