藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-14,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

草原に渡る笛。

雨は降ってないのに、雨が降ってるみたいな気がした。

風が吹いてるのに、風はここには届かないみたいな気がした。

気のせいでもある。


宇宙は広い。

本当に絶望的に広いらしい。

どうしよう、いざ地球を出たら全部ハリボテだったら、、、。


とかたまに考えてしまったりするよね。


火星の情報が嘘だったら、、、、とか。


俺は実は機械なんじゃね?

なんかのテストのリファレンスなんじゃね、、、とか(マジ)


この世界にどっぷりと安住しようと「する」一般的慣行に俺は染まらねえぜ、今も。ねーわ。

この景色が、神様のホログラムだったら、とか。

その疑問に対する反証、を俺は出来ないが故にそう思う。


なかなか完璧に大人になれんの。


なんかたまに、「やべ、景色を間違っちゃった」みたいないつも見てる風景のうにょうにょを見せられて、日常ってっやつとのズレを感じるんだけど、

これにすげえわくわくすんだよ。


おめえもっとこいや、この変態世界!

どうせくそみてえな時間なんだからもったいぶってんじゃねーよ糞が。


言っとくけど俺は変なクスリとかやってねーよ笑。


アレはダメよ、だめだめ。


脳内麻薬で勝負しなきゃ不公平。


ドロドロこいや俺の頭蓋内!

 


YES.YA/hozzy

二匹の猫。

一週間くらい経っちゃったけど、下北沢屋根裏のライブありがとうございました!

最近毎年なんかの10周年やってるけど笑、なんにしても10年って何かひとつを続けるにはなかなか長い時間だと思うのでね、許してください笑。


屋根裏久々ステージ立たせてもらったけど、ほんとなんも変わってねーってくらい(空調が若干涼しくなってた気がするくらいかな、、笑)下屋根でした。

念願のワンマンの夢も叶い、あの日の酒はうまかったです。


さて、そしてこれから何をやっていこう。


どんなものを作っていこう。


ちょっとここ数日また考えてみたけど、結局なんもわかんね。


今日出来たものを、また明日出来上げていくってことしかわからーーーん!


量子力学ってやつの概要を、一時期一生懸命理解しようとしていたんだけどよくわかんなくって飽きちゃって笑、ずっとほっぽってたんだけど、こりゃやっぱすごい人間の本質的な部分に踏み込んでいる可能性があるお話なんじゃないかと、押し入れから転げ落ちて来たそれ関係の本をパラパラ読んでたら改めて思った。


量子力学(笑)


字面がすげー頭良さそうじゃね?


はじっこだけ、かじってまーす!


数式とかでてくると一切わかんないんだけど笑、その理論みたいなやつは凄い面白い。

科学ってより哲学だな。つーかオカルトだな。

幽霊の話にも通ずるし、脳科学よりずっと人間の「意識」の問題に近い。

そういや最近脳科学ってどうなってるんだろう。あの似非「新しいです的」学問は。


人間の意識や心の問題、しいては存在に関しての問い、、、、。


すげー前に電気と関連づけて考えていこうとしてから、気がつけば実際的な電気を扱うことに向かってしまって笑、ハンダの匂い嗅ぐ作業の方に夢中になってしまっていた!


そう、電気反応と人の心。


これをまたゆっくり考察していこうじゃないか。

まだ読んでない本が押し入れにいっぱいあった笑。

忘れてたぜ、お前たちを。


ああああああ、いつになったらこの世界の謎を解き明かす理論を誰かが発表してくれるんだろう!!!

解りやすくなんてしなくていいから、放ってほしい、決定的な言葉を。


とりあえず仕事しよう笑。


つっても音楽つくって遊んでるみたいなもんだけどね。


ひとまず10年、ありがとうございました!


そしてこれ書いてる最中にHPが新しくなった。


まえより文字がでかくなった?? 


まあいっか。


それと、会員制サイト(こうかくとなんか怪しいな)っつーか金払って見られるサイト(直接的、笑?)、つまりファンサイト的な?やつを始めました!


発売されてないここ最近の楽曲のスコアブック(予定)だったり、拓郎のドラム捌き自慢だったり笑、限定サイトじゃないとなかなか出来ないことばっかなので、興味ある方は是非どうぞ。


俺は絵を描いてPCでスマートフォンのサイズの壁紙作ってみました。


これからは裏で壁紙職人目指して頑張ります笑!これ楽しいね。どんどんクオリティー上げていくので期待しといてください。


という、ちょっと新しくなっていっているという藍坊主情報でした。


よろしくー。


Yes.dengeki/hozzy


 

角度のつけかたつけられかた。

ようやく例の展示用の絵が描けた、、。

そしてMIX作業も現時点の力量ででできることは全部やってみた、、。

まだあと一個試してみたいことが残ってるけど、もうこれはあんま効果的じゃなさそうなので、主に次の曲でぶつけてみよう、、、。



終わったー。



ってなりたいところだけど、

まだまだやるべき作業の全体は、ほぼ始まったばかり、、、。

濃密だ、、、、。



絵は、結局デザイン的なことは一切やらず(っつーかできねー、、、笑!)いつも通りアナログ全開で指定のスペースサイズにキャンバスをカットして直接絵の具でかきこんでいきました。

これだけじゃなんのこっちゃわからないだろうけど、説明すんのもめんどくさいのでそんな感じのやつ作ったよ!って書かしてもらいます!

ほんとはPCとかに絵を取り込んでこの機会に俺もデザイナーぶって笑、作ってみたかったんですがいかんせん素材を取り込みきれるでかい機械も持ってないし、ちゃんと出力できるプリンターみたいなの?もないからね、俺のような素人レベルじゃお手あげっつーことで、もうね、やれる方法でやった。パッションよ。パッションオンリーよ。

時間あって且つそんな音楽のアートワークとかに興味がある人がいたら、観に来てみてください。

凄い作品だらけだよきっと!



もう明後日、屋根裏か。

どんなライブになるんだろう、、、。



今日はもう寝る。



YES.ginkei/hozzy

どうかくべ。

引き続き部屋にこもってやってます。

自分の新曲のミックスをもう毎日色んなパターン試してやりすぎて、地獄というか天国というか現実のような夢の中のような今だ。
たいした違いじゃないのかもしれないけど、信号が通るパターンとか、デジタルをさすのかここはアナログにするのか、とか結果はあんま変わらない気もするんだけど、いっこいっこ試験して微妙な感触の違いを体験して、「うはーーーーーーーーーーーーーーーーー」とか「あかーーーーーーーーーーーーん」とかダイナミックな毎日送ってみています。
こんなことやってる暇あったらもっとほかにできることあんじゃねーかって案もでてくるんだけど。それは、逃げね。俺にとっては逃げね毎日好きなことやってる俺の今日が何月何日か(ほんと日付がよくわからなくなる)、昨日の感触がなんだったかよくわからない自分からの逃避。
もう逃げてるね、効率性とか生産性とかのあやふやさを正当化する経済的観念にね。
藍坊主やってる限り俺は非効率性を選ぶね。作品だからね。
パッションだからね。
ってゆーか、一人になってもそうするしかないね。
とかいって、時間かけたくせに出来上がりがたいしたことないものにもなりかねないこのリスクね。
混乱、焦燥、ここ最近よく感じるね。そろそろ締め切りやっべーって。
「こだわり」ってうまくコントロールしないと、おそろしく客観性を欠いたつまらない自己満足なりかねないからね。
知ってるですよ。
しかしながら、そこをいつも通っていかないと主体性はいつまで経っても伴わないからね。
主観ってやつね。
客観性を著しく欠いたせまい主観作品は、俺も認めざるえないが悲しくなるほどつまらないってなっちゃうみたいだね。
しかしそこ通らんで、どう通るのかってとこですよ。
なんとなくから入ってつくられたもんほど糞つまらねーもんはねーだろがよ。
ぽうっ!
ミックスしながら機材の重要なコンデンサー部分2回ハンダ付けし直したわ。
俺にしかわからない主体性です。曲単位で聴いたらたいして変わってねーって話だろうがな笑!!!!

なんか絵を描いてそれを展示させていただける機会をいただきました!
「スノーマリー」のジャケきっかけでやらせてもらえるようになったみたいです。嬉しいな。
あのジャケのポスターサイズのやついいよね笑。自画自賛。
HPでも更新されたけど、「MUSIC ILLUSTRATION AWARDS 2014」って展示会に出させてもらいます。
過去の出展作品ネットで見たけど、すげー作品ばっか!
ひゃっほー!
つっても俺に出来ることは決まっているので、いつも通りやります!まだ一滴も描いてねーけどなーー!
絵は描いたことあってもいわゆるしっかりとした「デザイン」はしたことないので、多分ひどいやつになるかもしれんが笑、まあ、いつものことだし、それも含めて楽しんじゃおうと思います、、、、YES!!

新曲のミックス早く終わらせて(しかしじっくりやります)、今また同時に別進行でやってる個人的制作(前にコラムで書いた新しいこと)とも結びつけられたらすごいエクセレントだと思いながら、脳みそがぐるぐるしてる。
最近ずっとこの言葉を思い浮かべて作業してる。

自分の才能は疑わねばならない。だが、自分の霊感(インスピレーション)を疑ってはならない。

YES.e/hozzy

葉桜2.5。

やってます。

新曲3曲の仮歌を昨日今日で色々試して家で録ってみました。
全部藤森の曲。
メロディーの移動が当たり前のように難しい、、、。
がんばります。

デモ録ってみてね、マイクとかプリアンプとかコンプとか、やったことない組み合わせでそれぞれ試してみて思ったことが、真空管はやっぱいいねえ。
トランジスタも間に挟んでいくといいけど、よく出来た真空管はほんとイイな。
すなわち、自作したマイクを褒めているんだけどな笑。
改訂したいところがまた解ってきてデータ収集に有意義な時間になった。

新曲もすごく良いし、まだ全体像が見えぬ作品だけど、やりたいことやらせてもらってるうちにしかできないもんができるんじゃないかって感じしかしねえっす。

なんかたくさん遠回りすることばっかだけど、やりたいことやるって時間がかかるのだねええええん、って毎日思うわ。

これがまとまってきたら、人生悔いなし状態になれるんだろうかな。
多分なんねえな。

ヒロシゲから10年経っても、パッションほんとかわらん。
わからん。
知るかボケ。

やってやるぜ。
やるしかねえぜ。

YES.surari/hozzy

古びた中身は薬の臭い。

今日は明日の新曲のリズムRECに持っていくわたくしこだわりの笑、機材たちのチェックしてた(つーかなんかハンダ握った日にコラム更新するのが多くなってきてるな)
動かなかったやつは動くようにしたし、ステレオマッチングが極端に悪かった奴はなるべくバランスが近づくように部品変えて調整したりした(わざわざオリジナルのや、その時代の部品を極力探して、、、)
すげえ機械で計測してプロのメンテ屋さんみたいに厳密にできるわけじゃないから、結局ステレオ録音じゃ使わないと思うけど、気分的には自分で調整した方がやっぱ良い。
ドラムの音を録音するってのはほんと難しそう。
一回拓郎にお願いしてスタジオでデモ用のやつ自分で録音させてもらったけど、テンションばっか上がるだけで笑、なかなか客観的にその場で音像がどうなってんのかちゃんと把握しきれなかった。
これできたらかなりすげーんだけどなあ、当たり前だけどその道のプロの技だからなあ、いきなりうまくできるわけがねえんだな。
でもいつか出来るようになりたいな。
明日も、間近でエンジニアさんのマイキングとか見て勉強させてもらおう。

いい感じの雰囲気な音が録れますように!

拓郎さんよろしくお願いします。押忍。

今回も自曲は自分でMIXする予定。
前より進歩してるかな笑。

YES.v672/hozzy

耳。

今日はニュースでも震災を取り上げる番組がほとんどだったけど、3年経ったのが信じられないね。
俺は直接被害を受けた訳じゃないけど、やっぱ311以降色んなことが変わった。
今年も微々たるものだけど、なんかできることをやろう。
日本にいる限りいつ自分が被災者になるかもわからないから、ちゃんと覚悟もしとかないとな。
とりあえず鉄板入りの長靴と耐油耐突手袋は俺の中のマストアイテム。
もし街が壊れたらほんと外歩けなくなっちゃうし、軍手はおっかねーし。
都心の大地震とかマジ想像もしたくないね。
非常食とかも大事だけど、装備品も同じぐらい大事だと思うわほんと。
被災地にこっちから何かしてあげるってよりも、教訓として与えられるものの方がすごいでかい。
プラスマイナスの計り方はもちろん間違ってるけど、ちょっとでもプラスに変えないとやってられないべ。たいして関わってない俺でも、たまに現地の夢今でも見るもんな。地元の人たちの心中ほんとお察しします。トラウマになるよ、、、。
原発事故もね。この状況のままで再稼働とかマジかよって、ほんと思うんだけど、、、。
小泉さんが支持してたあの立候補者系の輩には全然シンパシー感じられないけど、もっと違う方法あるんじゃねーか、とかね、あんま個人が政治系の話書くのはこういう実名でやってるとこではなんかやめた方がいいらしいので笑、だからまあまあでやめとくけど笑、
再稼働に当たっての原発の安全性の保証とか、現状見て嘘以上の何かにどう解釈したら理解できるのか、頭の悪い俺にはほんとわからん!誰か納得させて与太話なしのデータとかでわかりやすく!
廃炉までに何十年も管理しなけりゃいけないリアルにかかる金ってどんくらいなんだろうね。リスクとか実際おこってる産業被害とか国民の生活へのストレスとかもね。価値換算すると、経済負担減よりも普通にでけーんじゃね?って思っちゃうんだけど、、、。
色んな価値観がこの世を動かしているのだね。

しかし地震は他人事じゃねーからなマジ。
俺は自分の周りの壊れてしまうものや人との関係をとにかく最大限に抑えたいと思う。
だから311も忘れない。
お手伝いもまた少しだけさせていただく、自分のためにも。
がんばれ日本!

YES.+/hozzy

山椒魚の午睡か知らん。

ツアーファイナルも無事終了しました。
皆さんありがとうございました!
とてもすばらしい時間になったと思います!
スノーマリー改めて良いミニアルバムだったなぁ、、、。

ライブの次の日から次なる作品に向けて早速色々動き出してます。
まだ何も具体的なことは決まってないけど、とにかくできることを一個ずつ、、、。
今の時間がいつか半端ない輝きに繋がると信じてるぜ!
最近いよいよ己の好みがわかるようになってきた。
ぼんやりよりも山の上の雲の下の方の影くらいに見えるようになってきた。
うまく言えないけど、なんか共通点みたいなものが?やっぱあるみたいだ。
どうでもいいかい笑?
つーか今更かい?
つーか前もこんな駄文書いてた気がするなぁ。
意外とわからんもんじゃないかい?
俺は最近それがいよいよよくわかってきてうれしいのです。
好きって何だね?
「嫌い」はすっげーよくわかるけどね笑。
細かく知ろうとする前に「嫌いなこと」は嫌っちゃうからね。

私はいまだにいろんなことがわかりませーん。

31歳。

今年32歳。

YES.u74/hozzy

パズルに描かれてたモネの絵。

title= ,wright=hozzy,update_date=2014/02/26 (水),article=今日は久々に一日中ハンダの匂いを嗅ぎながら攻略すべき回路を辿ってた。
が、回路図がないと無理だ。
地図なしで、太陽と星を見ながら摩周湖まで行こうとしてるに多分近い。
もうリームーだ。

なんで自分はマイクでもなく、ギターアンプでもなく、「プリアンプ」にこんなに執着してるのかがわからん。
パワーアンプじゃ駄目なんだなんか。
かすかな信号をまあまあな大きさに増幅する器官的な機械に異常に魅かれる。

世界史の近代文化史じゃ絶対扱われない音響技術の発展史、マイナーすぎる。それを音楽産業の発展と一緒に読んでいくとドラマチックすぎて萌える。

ミュージシャンは踊ってる。
スポットライトを浴びて賞賛を浴びるけど。

そのフロアを作ってる半端じゃない天才たちがほんと影にいる。
マニアックな間でしか存在しない神がいる。
奇跡の設計図がほんとにあるから、それに触れたいと思うのは、当然のことだろう。

部品が作り上げる思想の完成系は、モネの睡蓮のようにこっちより向こう側にある。
本気のパッションが詰まった機械の箱は小林秀雄の考察のようにたのしい。

費用対効果が悪く、ビジネスにならずに時代に埋もれた設計法とかがあったりする。
そんなん知りたくなるのが性であろう。

ナチスがPAシステムを作ったって都市伝説みたいな話があるけど、多分限りなく本当だと思う。
そんくらい音響技術の始まりはロックよりも古いしドイツの技術は半端なかったし、それは自分でも確認した。
そんで戦争がからむと技術の進歩ってのが異常に進むのが歴史の常だから、その頃に考案されたマイクなんかが今のレコーディングマイクの基礎になってるってのも実話だと思う。

とか、絡めて調べると止まらなくなってしまうでしょ。

ただ、蘊蓄(うんちく)を溜め込んだり、機械を動かすことは出来るようになってもそれを音楽的に扱えるかどうかってのはまた違う技術が必要になる訳で、、、、。
PAやレコーディングエンジニアさんたちの腕をどうにか手中におさめたい毎日。

下積みとかしなきゃ本当は機材のツマミにも触っちゃいけないような厳しい掟とかあるに決まってるんだけど、あいにく俺にはそんなことする暇はないので、すっ飛ばして機械をいじらせてもらう。
それをするためにもとにかく眠れるレジェンドアイテムを探し出して、回路図に従って自分で電気を繋げて起こしてやらなくてはならない。

そしていつかmade in japanオンリーの部品で、心底納得のいく自分のためのマイクプリアンプを死ぬまでに作るのが目標になりました。
 
とにかく慣れだな。
やり続けるが吉と見た。

YES.pin7/hozzy

額に飾られたパズル。

残すところ横浜一カ所のスノーマリーツアー。

なんか行程が過去最高にvoパートの自分にとってジェントルなスケジュールだったので、岡山なんか初めて駅の方に500メートルぐらい進んで歩いた。
岡山城も初めて目視した。
もうちょい気温が高かったら目の前まで行って写真とか撮ってたな。
福岡では久々一人でラーメン屋に入ったし(めんどくさくていつもコンビニに行く)、京都では近江と拓郎とツッターとやさし~い味の昼食を食いにいったりした。神戸では今年初めての降雪を見た。
浜松はハンバーグを食べにいき夜遅くまで球技をし、熊谷は初日でバタバタしてたけど仙台でスタッフ含めてみんなで呑みにいった。北海道は雪と塩ホルモン、近江とジェロさんと楽しんだ。

ぶっちゃけ初めてだわ、このツアー感。
これをもっと早く味わってたら、俺のバンド観も今よりずっと違ったものになってたかもしれない。

いつもツアー中はあんま部屋から出なかったからね。
だってきびしいんだ門。
遊んでたらライブできなくなっチャウヨ。
今まで何回も風邪とか引いて、見に来てくれた人をがっかりさせたことがあると思うし、申し訳ないと今でも思ってる。
だからね余計にじっとしてた。
俺は人間よりも人間なのだよ。
無理すると無理になる。
札幌のとき風邪気味だったのよ。
ほんとごめん、鼻詰まってたわ。
でもすげえライブは良かったと思ってる。
気持ちがなまら乗った。

ぶっちゃけバンドマンじゃ俺はないからね思考が、例えば、うちだとユウイチとかと違って。
俺って、信じられないことにほとんど人のライブを見に行くとかしないのよ。
映画とか絵の展覧会は見に行くのに、
人のライブいかないのよ。
すごい良いお誘いいただいても、家で色んなジャンルの制作してる方が100倍有意義だと思ってる。
95パーセントいかん。
後輩とか誘ってくれたりしても、どんなに仲良かったりしてもいかね。
すげえ憧れレベルで好きじゃないといかね。
カラオケとかもう死んでも一生いかね。
結婚式とかで歌ってって言われてもほんとは歌いたくなんてねえ。
飲んでみんなと一緒に花嫁を祝福できたら一番幸せ。

バンドマン失格!!
おれにとっちゃどうでもいいカテゴライズ昔っから「ロック」とか!
知ってる人は知ってると思いますが、俺はロックとかとっくに信じてない。
嘘じゃん。
俺がやりたいのはロックじゃねえ。
音楽だ。
好きだけどね、精神的なパンクは。

ロック、なんてほんと微かな一瞬なんだよ。
リアルなロックなんて、絵画には及ばない精神だと思ってる。
残せないんだ。
残らないし。
だからいいってのもわかるけど、
継続するロックなんてどこにある?
結局自分が鳥肌が立つのは、自分の感性に合ったときしかない。
残るものってなんなんだろう。
俺は日本人だし。
ロックって?
そういうことよ。

周りに迎合するな 己の道を貫徹せよ

これが理想でないならば、どこに理想があるというのか。

とにかく俺は表現したい。
バンドってカテゴリーが呪縛になるなら俺はもう嫌だな、、、。

ただ藤森が最近作ってきた新曲(オーケストラじゃない別の)は、すげえテンション上がった、っていうかあいつの何かが回復した上に強くなって俺が好きな藤森が帰ってきたって思って俺もまた頑張ろうと思った。

この関係が、藍坊主やってる俺のリアル。

つまりいつでも絶望したいんだ。音楽的にひれ伏されて。

そっから先に行く原動力を俺はバンドにただ求めてるんだねってことなんだね。
それだけが俺のバンド観だ。

つまり、散々今まで
「自分らしく生きろ」的なうた歌ってるやつでさえ、そう生きるのは難しいってことよ。

できあがった世界に生きたくないなら、やるしかない。

今もこの先も。

YES.X-GUN/hozzy