藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-17,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

マイクロフォンのなっかから。

真空管式コンデンサーマイク完成!!

でーきたできた。

デモで歌とってみたらほぼ想像通りの出来になっててラッキーだこりゃ。
明日からまた制作に戻って前に進めるぞこれで!
この感じが欲しかった。いやほんと。

ケースというか中身以外の外側とかは既製品の持ってたやつ使って、中身はガラッと、使う真空管の種類を変えて設計し直した。
設計ってほどの部品点数でもないんだけど! まあ一応自分で決めた部品とか部品の定数みたいなもの組んでいったんでそう言っていいでしょう!
写真の裏に真空管があるんだよ!
初作品にしては満足だ。
トランスは今はめんどくてテープで強引に固定してるけど笑!

しかし真空管の動きの仕組み理解するのにチンタラやってたら半年以上かかったわよ。初めて仕組みネットで読んだとき全然意味わかんなかったわ。たまに読み返してもわかんなかったわ。専門書みたいな本読んだらもっとわかんなかったわ。
継続は力ですね。

TELEFUNKEN(テレフンケン)って昔のドイツのメーカーのEF804Sって真空管を使ってみた。
トランスは去年自作したDIの中に使ってるジェンセンのやつが流用できたから使った。
ほかはまあ適当に良さげなの組み合わせたらヒィーってなって音が鳴っていいねこれでね、OK!

メンバーには前に言ったんだけど、俺はシンセサイザーを今年中に作ろうと思ってた。
けどそりゃ無理だ笑!
さすがに無理でした。
シンセのアンプ部分を真空管にしたかったから、まあ寄り道と思えばいいか。
って作れると思ってるところがヤベーべ。
馬鹿だろ。

でも初めてシンセを作った偉人も、今現在新しい製品を作ってる人も、同じ人間じゃないか!

あの月をみてごらん!

アレを作ろうと思えば良いんだよ。

どうやったらできる?

誰も教えてくれないだろう。

それに比べたら人間のつくってるものなんてずっと理解しやすいじゃん!

って思いながら毎日がんばってる。

月は崇高すぎて「きれいだなあ」以上になんて言えば良いかわからん気持ちになってくるばかりだけど、クリエイティブな人たちにはリスペクトの念が絶えず湧いてくる。音楽とかだけじゃなくて全部。
全部。
逆に、ジャンル分けする思考を持ちすぎると(理系とか文系とかロックとかクラシックとか)、ほかの一切が理解しにくくなってくる。

だから俺はシンセを作りたいのです。

作らねば超えられない壁があるんだよ。それは俺自身の壁なんだけど、ほかの奴ニャー関係ねえ。
俺が越えるべき壁だ。

作るのは面白いなあ。
作りたいなあ。知らないもんを、なんでもいいから。
なー。


YES.804s/hozzy

計測器が4台壊れた日。

新しく作ってる曲をイメージ通りにデモにしていこうとしたらマジうまくいかねー。
PCの中の音って滲まなくてむかつく。

その作業をデジタルでやる技量がまだないから、現品を作っちまおうとデモ作りがたびたび中断する。

アナログで解決した方が解りやすい。
ただ時間がかかる。

駅までの道の間や、電車乗ってる間や、トイレに入っている間は、いつも頭の中で回路図を思い浮かべて、アレコレ部品をずらしてる。
計算は全部アイホンにまかしてるけど、ここ十年で一番今ノートにペンを走らせているかも。
真空管式のコンデンサーマイクを今日も長々作ってた。
いいとこまでできてきた。

一年ちょい前から、音響の世界に興味が出始めて気づけばどっぷりだ。

二年前あたりは土をいじくっていたはずなのに。

スピーカーや、マイクが、どういう理屈で動作するのかある日気になってしまったのだからしょうがない。
そしてなんで無数に、アマチュアからプロユースまでマイクや機材の種類がこの世にはあるのか、その機構の違いまで理解したくなった。

電気をいじっていると、この異常とも思える現代生活の凄まじい安定感と、人間が積み上げてきた知恵を端々に感じる。

山奥の星が奇麗で、

「都会とはやっぱ違うなー」

ってキャンプ時につぶやくこの言葉は、

量販店で作られた暖かい素材で作られたジャケットに包まれた体から発せられている。

その今ではたいしたことなくなってしまったどこかささくれてるような矛盾に、計測計に散った火花を繋げる。
かっこつけるとこういうことを思う。
酔っぱらってマス!

鳥も。リクガメも。猫も毎日元気に俺の部屋で生きている。

機械も、まるで生き物のように人間の感覚を愛撫してくれている。

LEDに変えたメインの電球を、あえてアンチエコな白熱灯にまた戻しちまった。

いいだろう一カ所ぐらいさ、LEDはやっぱ冷たいよ。

YES.EF804s/hozzy

ひび割れの向こう側へ。

スノーマリー楽しく聴いてもらえたようでうれしいです!
コメントもたくさんありがとうございました。

ツアーも来年決まりました。
冬って今まであんまやったことないからここにきてまた新鮮だな。
楽しみ。

早速曲もまた作ってます!
濃い曲を目指してじっくりやってます。
一曲が形になるに従ってわくわくして時間が経つのも忘れる瞬間が、まだまだくる。最近さらにきてる気がする。
世の中的にはいい曲なのかどうなのかはわからないけど、俺は自分の曲が大好きだ笑。胸はって言えるッス。だからもっと好きになれるように、いろいろがんばりたい。そして人にも好きになってもらえるように。
つーか作ってて楽しいときはほんと楽だなー。
一日があっという間に終わって、次の日の朝にそれをまた崩して、また上塗っていくつらいときには地獄のような作業が笑、ノってくると子供の頃の夕暮れのように楽しい。
そして世界中にはすばらしい音楽がまだまだたくさんあるね!
探せば聴いたことなかった音が、出会ったときにハッとなる曲が転がっているね!
なんか今日は前向きだな。

今日は友達の曲の歌をうちでとった。
とても良い感じ。
出来上がりが楽しみ。

YES.yuuugure/hozzy

スノーマリー。

今日、スノーマリー発売です。
今年最後の音源リリースかな。
是非ゆっくり、時間あるとき聴いてください!
よろしく。

イランイランって結構きつめの甘いお香を焚いて今PCのデータ整理をやっとる。
一段落ついたらいつも残すもんを選別していらんものをすべて消す。
この匂いは、友達のマイケルとソーダ(2ndアルバム)のジャケとかデザイン詰めてたときに焚いてた煙だ。
あんときからずいぶん時間が経った。
知らなくていいことも知ったし、知った方がいいことにはそうと気づけた。
女はババアになり、男はおっさんになった。
子供は若者になり、じいさんは星にかえった。
俺は俺のままだと言うのは、うそくせえから言わない。
ってとこからの、バーか!!

俺はおれだこのやろう!!!!!!!!!!!

あああーーーーーーーーー

ファック!!!!

なにファックって!うぜえな!ぽぽぽぽーん!

何年経った。
まあずいぶん経ったCD公に出さしてもらってから。

変わるわな、時間は空気の読めない輪転機だ。

刷ってんじゃねーよくそやろう。
時間さん。
あんた強すぎます。

そんな私は、ササキともうします。

「hozzy」ってある日酔っぱらって改名?したときもマイケル君が側にいて、ふざけながら「いいねxew!!」って俺にカンチョーしてた。
イランイランの匂いが2005年よ。
マイp-、上海?はおもろいかい。
連絡しろや、おっさん。

友達の結婚式が先日あって、そいつはもう10年ぐらいの付き合いがあって、菩薩みたいな優しいやつなんだけど、音楽やっててCDもだしてる地元の後輩。
酔っぱらうと面倒くさいって地元仲間の間では随分うざがられているぼくちん!とは、誰も一緒にセッションとかしてくれない(木部とか津久井とか)んだけど、鍵和田だけは2回も笑顔で俺と一緒にやってくれた。
愛しのカギちゃん。
SOARINGってエレクトロニカのグループで今は音楽やってる。
被災地のボランティアにも一緒にいってくれた俺のソウルメイトの一人だ。
これからもいい音楽つくってくれるだろう。
きべ(ソライアオ)と津久井(アンモフライト)も、俺をうざがっても音楽は素敵なので笑!、偉そうに先輩ぶってコラムに書くのは初めてだけど、今更だけど、もしよかったらふらっと聴いてみてください。同郷の小田原のバンドの人たちです。

おまけ。
あと小田原じゃないけど、sandlot(サンドラット)ってバンドも割とよかですよ。こいつはただの友達です。がんばれー。

あとパーティーズの頭がすんげえ異常にボンバーしてる人の新曲がやばかった。やばかった。

で、

スノーマリーよろしくです。
きいてね。

YES.nightparade/hozzy

顎を引いて膝下に反る鼓動。

もうそろそろでミニアルバムが出ます。
スノーマリー。
MVもアップされたみたいでアルバムの一部分を聴いてもらえます。
なんか白黒でカッコイい感じになって良かった。
すげー頭ボンバってるけどオレ笑。
台風近辺で風が強かったからね、、、、って、髪切れってね。
しかしなかなか猟奇的な雰囲気もありつつで、白いのに包まれた謎の物体(生物?)も色んな意味でギリギリな感じが笑、いい。
表現の自由が守られてる感じが、いい。
うるせー時はうるせーからね、いろいろね。
末吉監督は骨折治りかけで松葉杖つきつつ頑張ってもらいました。みんな大好きe-sakuさん笑も、今回も多分不眠で頑張ってもらったと思います、多謝!
ここの撮影チームの現場は雰囲気よくて好きです笑、独特。みなさん今回もありがとうございました。
この曲はオレmixだ!
故にいろいろ荒れてるだ、、笑。
vocalをshureの58で録ったって言ったら割と「マジで?」って言ってもらえるので、ここでも書こう。マジだ!
バンドやってるor、DTMやってる人ならわかってもらえると思う、このある意味な冒険、そして苦労、笑。
遊ばせてもらいました。
ミニアルバム全体はまた色んなタイプの曲、雰囲気があるので、楽しみにしていてください!

YES.58/hozzy

少し引いて前屈みに文を読む。

哲学をやる余裕がちょっとでてきた。
余裕がなきゃ哲学なんてのはできない。
日々めまぐるしく生活する、もしくは破壊された生活を再生させるために必死に生きる人たちに、哲学なんて必要もなく、遠い銀河のカスの塵みたいなものだ。
ギリシアで発生したフィロソフィーが、奴隷制度の上に発展して行った経緯がそれを物語っている。
働かなくて良い、安全な時間の中、雲と空の色のコントラストに安らぎながら焦燥を感じ、生を思考する事に更なる意義を、使命を勝手に感じ、少ない共同体のなかでも限定的に高度な、現実以上の価値を与えられる許諾、それを許された資格がある人物が喚き呻いて人々につばを飛ばして自論を展開してこそ、その時間があってこそ、哲学は発展する。
比較的経済的に許された暇人であり、周りに学術的に一目置かれた若者ほど、その思考に、生活を落とし込む資格を有する。
そんな病的な牢屋に閉じこもりたがる人間に、天才が入り込む事なんてごくごく稀だ。
この無限のテクノロジー文明の中にあってはさらにその牢屋にわざわざ閉じこもる天才バカボンはいない。
ものすごく多岐に渡って思想が展開している。
展開しすぎていて誰が「誰」か、そんなことさえよくなってしまっている。
名前に意味があるだろうか?
匿名のまとめサイトのほうがブルっちゃうときもある。

哲学!
もう現代では、無用の長物となってしまっているが、それもそんな条件があると知れば納得がいく。

でもね、俺はやっぱ好きよ。
よくわかんねー日本語訳を乗り越えて海外の人間の思考に触れるのは面白い。

機械を今毎日いじれるのは、哲学に論理的思考の訓練を義務教育時代よりも厳しく仕込まれたからだと思う。
1から2へ。2から3へ。
この地道な作業を、音楽やっていながら平行に哲学に強制的に訓練され続けた。
「このくそ野郎、バカかお前は、1の次はなんだ?!2だろうがボケ!」
「順序を追って、憶測をするな。お前のなんとなくは、彼の表現には続かない。ちゃんと読め、しかし感じろ」
こんなのが哲学との毎日だった。

はっきりいって強制的とかいって、自分で勝手にそうしてただけだけどたのしかったんだよ。
合ってんのかはわかんねーけど。
そんなもんだろう。
書いてる奴だってわかっちゃいねーんじゃねーかって笑、思うときもあるし。
訳す人は特に大変だろう。
ほとんど意味わかんねーもん。日本語なのに、、、、。


文鳥が前よりも近くなって、俺を本気でパートナーだと思っている。

舌打ちすると返事をする。
うまく言えないけど、ちょっとした感情の交流ができるようになったよマジ。
笑ってもいいけど。

YES.dack/hozzy

中心の卵。

さて、そろそろ色々つくるぞ。
機械以外の物を。

スノーマリーのレコーディングは本当勉強になった。
今まで味わった事のない経験をさせてもらった。
違った角度から音楽に触れさせてもらえた。
反省点もたくさんあるけど、いいところもあった。
できないことがわかった分、研究できる事が見つかって嬉しくなった。
探す事があるってわかることは最高だ。
理想のなんか想像を固まりにしたようなやつをもっと現実に持ってくるにはどうしたら良いのか、また考える。

結構曲作ってきたけど、
考えてもわかんない笑。

わかんないんだけど、「こうすれば」「ああすれば」はまた時間が経てば自ずと出てくるから、もうずっと試してるな。

なんか。

とにかく、立ち止まる暇はない。
たまにある。
遊びたい。

でもそろそろ次の曲を作りながら見つけて行こう。

俺は絶対に捕まえるぞ。

自分の想像のモヤモヤを信じられなくなったら終わりだわーん。

待って!そのピンク色の灰みたいのが樹に降り掛かってるやつ!ってネ。

追いかけてえ追いかけてえ。

YES.yamazakura/hozzy

虫の中心。

今年も秋がやってきました。暑い台風がきてるようですが、大丈夫かな。
蝉の声が消え、夜にはコオロギか鈴虫の声がピルピルしてる。
涼むしって感じの音色に夜の気温。
世界はよくできている、、、。

約一ヶ月取り組んでいた機械製作にピリオドが生まれ!解放された魂はまたキャンプ場へと飛んで行きます。
今年最後の山遊びだ。
ブーストされた星屑を見られるだろうか。
捕われのない薪の煙を閉じた鼻へ!
最後の今回はまったりしよう。

新しく曲を作る構想も練りつつ、最高の一曲を目指してリュックにガスボンベをつめる。

清流のコケの毒気のなさに、眼球の不浄を帰依させるのだ。
目がいてえ。
俺はまた遊んでくる。
もっともっともっと遊ぶ。
イエーイ。

YES.omdoushi//hozzy

ハンダごてで焼いた親指の付け根が「Y」に見える。

title=,wright=hozzy,update_date=2013/10/01 (火),article=だんだんコラム書くペースが月1になってる。

書くパワーを遊びに充てているからだ!

先月はキャンプに2回行った。

機械を後半だけで3個作った(ボロを蘇らせた)

これだけ。

なのにすんげー疲れるぜ!

今日も回路を眺めて半田ごてをにぎっていた。

9月前半はニューミニアルバムの制作してました。

今回もジャケと中のイラスト描かしてもらってCentral67の木村さんにデザインしてもらいました。

自曲のMIXも3曲やらせてもらって、歌どりの半分は自分の部屋で自分の集めた好きな機械達でできるだけやった。
己で復活させた古い機械も使ったりした。
効果のほどはぶっちゃけ微々たるもんだがね、、、笑。

微々たる遊びよ。

けどこの遊びが音楽の神髄よ。

なんてね。

機材を自前でなんとか再制作することにおいて日本には資料がない、情報がないことがままあって、最近外国人とやり取りする事が非常に多くなった。

故に英語の資料もたくさん増えた。

たまにドイツ語も混じってるから、ドイツ語が読めるようになりたい。

俺は典型的な日本の英語教育の問題点を浴びまくっている人間の一人なのだが笑、英語がまあまあ読める(書ける)のに喋れない(聞き取れない)のだよ。

だから、メール文化の発達した現代は実に都合がいい。
ほんとはペラペラ喋りたいんだけどね。

今は教育に感謝している!
時間差はあるけど意思の疎通がたくさんの地球人とできる。
書いて読めればできる!
レアな情報をゲットできる!

ついこないだは、アメリカ人に怒った。
適用な事ばっか抜かしやがる奴がいてホントいらついた。
フランス人にありがとうって言った。
すてきな部品を送ってくれて助かった。

やっといて損になることはねえんだなっておもった。

教育ってのはよくできてんだな。

必要ないところで、活きやがった。

日本語で音楽やってる俺に、英語なんて必要ないはずなのにね笑。

一日の読字量の三分の一は最近英語見てる。
なのに一向に洋画見ても何言ってっか聴きとれねー笑。

YES.English/hozzy

ふと。

自分のパソコンのiTunesの再生回数を見てみたら「僕は狂ってなどいない」が360回でなぜか、、、?1番上に来た。

ちなみに今作業メインで使ってるPCは半年前に買い替えたばっかのやつなので360回は2位の96回をダントツでぶち抜いて1位状態。

時間計算すると22時間越えで「僕は狂ってなどいない」を再生していたことになる。

1日弱/半年間、俺のPC(もしくはipodは)は狂ってなどいないを再生していたらしい、、、。

記憶にないのがこええ。

酔っぱらってエンドレスでヘッドフォンスリーピンしていたんだろうか、、、。

、、、もっとこええ。

自分大好きだなコレ。

YES.bokuha…/hozzy