藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-20,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

さそう。

信じられないことに、最近のめり込んで作っていた曲が失敗作だったって結論に至った。

この隙間をどうしたらいい。

この空しさをどうしたらいい。

これを超える輝きを感じるにはどうしたらいい。

知らん。

大変である。

が、

新しいの作りゃいいんだ。

って、パジテブにごりあげしよう。

できる。

そう、できるとしかイメージしてない。

イメージしてない。

YES.ora/hozzy

せいそうさそう。

作業部屋がだんだんと冷えてきて、足先に孤独感がかみつき始めたので、生まれて初めて「湯たんぽ」を買ってみた。

熱湯注いで3秒。

足を乗っけると、なつかしい心地。

ポワーン。

星霜誘うモーニング。

今日も一日がんばれる。

カーフィのんでgo。

YES.oyu/hozzy

戻ってしまう。

ああ、音楽ってむつかしい。

難しい

ってより

むつかしい!!

わっかんね。

すげえわかるのに、わっかんね!

なんなんだよちくそー。

YES.goback/hozzy

だけどなんで歩き出すと。

自作マイクプリアンプとうとうラッキング完了(上にのっかってんのがこないだ作ったDI)

完成した!!

3ヶ月半くらいかかったが、なんとか故障したとこの修理も一段落し、使える音がでるとこまでになった。
ノイズも許せる範囲くらいに微小に収まった。
っつーか、良い感じの音!
好きな音。

地道に作ったら、できたぜああああああああ。

面倒くせえだろうが、自慢させろおおおーん!

これは自信になるな。

このモジュールの部分の回路図とか、英語圏含めていっさいネットで拾えなかったから、マジで基盤目視して音声経路の道筋を何度も追った(前回のコラムにも書いたが、図形化して考えるのが非常に苦手なので、ひたすら実物を見た)

日本語圏のサイトだとそもそもこのモジュールの話題自体が一個もヒットしなかったんだ。

つーことは下手したら日本では、今わざわざこれ使ってんの俺だけかもしれない。

って夢見られるところがテンションあがるだろうコレ!

今日新しく作った曲をこれ使って録音しながら、構成練っていたんだけど、非常に、たのしい!!

やべえ。

間違いなく大事にするこいつ。

YES.syogouki/hozzy

皆同じ顔になるよ。

ほんとに数学をちゃんと解る人間になっとけば良かったって思う。
なんでこんなに苦手なんだろう。

計算がへたくそなのもあんだけど、やっぱわかんねえんだよ。っつーか、一瞬は理解できても、すぐに忘れちゃう。

中学レベルで俺は完璧挫折した人間なので、高校入って3ヶ月目で数学の時間はひたすら寝るのみ。
頭、先生に叩かれても寝たふりするのみ。

わかんねえんだもん。

整数と正数って同じ響きがでてきた一回目くらいの授業で、もう混乱した笑。
どっちがどっち。
ってあせってたらもう次のとこ行っちゃって、俺だけおいてかれてる気分だった。

中学のとき、連立方程式ってやつが出てきたときに、もうそこでひたすら考えた。

Y=2X+4
2Y=X+5

となる場合のXとYの値を求めよ。
ってやつ。

今、これ自分でつくったから、ちゃんと答えはでるはず。
ってこんな風に誰かがつくった問題が、しっかりとこの世の法則になりうるのかってさ、思っちゃったわけ。つーか、思うだろうが、反自然すぎて!

すげえ悩んだ!
なんでこの二つの式に、共通の答えが生まれるんだろうって!

今なら解る。
答えは簡単で、先生がそうなるようにつくっているから!

それがさ、今でも信じがたい。

それならば、そもそも連立方程式ってなんのためにあるんだ?

なんか、未知の答え、人間の知らない答えにたどり着くためのツールであるはずなんだろう?って思うんだけど。
その発展系が現代天文学とかになってるんだろうか。
わかんね。

って、ごろーんとつまずいて今に至る。


去年やっと微分と積分の概念を理解したのだが、すっかり今は忘れている。

式もあるじゃん定式っぽい変な固まりの記号たち?

忘れた。

そもそもアレ、微分積分を概念としてセットにするの無理があるよ。
逆になってないもん。
理屈じゃなってんだろうが、現実的じゃなくない?

もうあれがなんだったか思い出せない。

ただ歴史的な哲学者って人種は、みんな数学が得意、もしくは数学者兼任だったりする。
特に俺が好きな思想家たちは、数学の天才ばかり。

くっそー。

図形を頭の中で回転できないのが致命的。

ある日、立体の絵がたまたまかけるようになったのも、平面的に空間を見たときの色の違いをただ意識したからにすぎない。

理論はわからない。

しかし、俺は数学の限界を知っている。

俺の名前を数学で表すことは可能だが、俺の存在を数学で表すことは完全に不可能だ!ひゃっほ。

同時に、すべての人間の個性を数学で表すことは100歩譲ってあらわせるとしても、その固有の存在を表記することはできない。

数学的言語は可能だが、言語の本質を数学で表記することはできない。

言語、それすなわち、人間の本質に密接する原子的な核。

ウィトゲンシュタインが偉大なのは、

人間の本質の、数学的表記においての不可能性を限界まであらわしたこと。

俺の苦手な数学的思考の、天才的駆使者。

うらやますい。

くっそ。

YES.cuso/hozzya

息をのむ夕焼けには。

寒くなってきたー。
おはようございます。

日も短くなって、朝も遅いから眠さが増す。
バイオのリズムたちが夏に比べて緩やかな正弦波へ。

秋冬の曇りの日は寂しすぎて小学生の頃によく行った湿った公園を思い出す。
土が黒く、固い。
海苔に近いコケの匂いがする靴のこすれた跡。
広がる枯れ葉が銀杏だったら、少しは明るい気持ちになれたかもしれない。
いつもそこの落ち葉は、ふやけて地面に張り付いていた。

蛍光灯の光がいつもより目に刺ささるんだよねこんな日は。
青白さが増すのかな。
よけいに寂しいから、なるべく電気は付けたくない。

周期的な、地球と太陽の位置のせいで、冬は寒くなるって今なら皆知ることができるけど、寒いから太陽が逃げていくって考えてた人も昔はいたのかな。
夏は暖かいから、光も長く居座る、みたいな。

けれども問題なのは、どっちで理解していようと、寒いもんは寒いってことだ。

寒い!

コーヒー飲んで今日も一日やってやろう。

YES.sin/hozzy

母と娘がつなぐその手と手。

宅録bass用にDIを作ってみた。

パッシブタイプって、電気使わないタイプのやつだから回路は至ってシンプル。

音に関しては、いつも使ってるオーディオインターフェースってパソコンに音を送る機械に内蔵されてるやつとキャラが違いすぎて、ぶっちゃけ良いのか悪いのかわからない、、、、笑。

DI(ディーアイ)ってバンドとか、楽器やってる人じゃなきゃまずなんだかわからないものだろうけど、ぶっちゃけ俺も最近まで何のためにベーシストとかがDI使ってるのかよくわかってなかった笑。
ライブでアコギもDIにケーブル差してつかうんだけど、一体それがなんなのためなのかわかんなかったぜ。

名前は知ってたけどね!

それで、そのDI君が割と簡単に作れそうだったんで今日はちょいと早起きして午前中いっぱいで仕上げてみた。

こいつがあると色々便利な事に最近気づいたので笑、これからちょこちょこ宅録で使ってみるぞ。

電気使わないから、ショートしないし安全。

YES.direct injection box/hozzy

見ろよ町の排気ガスの向こうで。

よく車が好きな人とかで、古いやつにあえて乗ってる人なんかが

「今日はこいつご機嫌だな」

とか

「今日はすねてやがる」

とか、

なかなかこんなべたなこと言う人には直接あわないけど笑、イメージとしてなんかあるじゃん。

まるで生きている本物の相棒のようにマシンに愛情を注いでいる。

残念ながら、俺は車には興味がない人間なのでそのテンションにはなりづらいけれど、その気持ちはよくわかる。

自分ももう4年ぐらい一本のペットボトルを愛用している。

水槽の水換えとか、蒸発した分のみず足しとか、植物のみずやりとか、夏にはベランダの打ち水とかに使っている。

なんか、これじゃなきゃやなんだよ。ってやつがなぜか一本だけある。
ただの鏡月の空きボトルなんだけど笑。

まあこれと一緒にしてしまったら車好きの人には失礼だけれど、なんか愛情を物にもつってよくわかる(俺の場合は愛着か)

で、実際に車にも心があるんじゃないかって思うときがある。
古ければふるいだけ。

物に心が宿るって、九十九神ってやつが昔からあるけど、時間が経つ程心をもつ可能性ってあがるんじゃないか。

その理由は電気だ。

激しく、もしくは長く電気的な特性を持つところに、心に似た意識空間ができあがるって、俺思ってる。

かなりオカルティックだが笑、なんかそう思ってる。

人間も電気反応で体を動かしているのは周知の通り。

神経を通る電気信号が、指を動かし、鼓動を早くしたりするって、なってるよね?

そこの「電気が流れること」に伴う副産物が心なんじゃないかって思ってんだ。


まあその論拠は、いつか細かく考えていくとして、その考えに沿っていくと、車にも心ないし、意識みたいな物が生まれていてもおかしくはない。

論拠もはっきりしないのに、進めることはできない話だけれども、大事にした物って、やっぱこっちと反応し合うじゃないですか。

その反応ってこっち側だけの勝手な思い込みだけじゃあ成立しないと思うんだよね。
物もこっちに反応してくれるから、こっちも反応できるんじゃないのかな。

俺の愛用ペットボトルは、きっとウマがあうんんだ。
やつにも、微弱な電気信号がたえず流れている。
原子レベルで見るならば必ず。
それのなんかが、俺の原子と反応しているんじゃなかろうか。
持ったときに、しっくりくるんだよやっぱ。

神社とか、いわゆるパワースポットとかも、長年の一定的な帯電で、もともとが微弱だった意識空間が、更なる帯電を呼び込む働きを続けて、電気的性質を強化or質の変化をし、その場所ならではの空気感を発する場所に変わっていったのではないか、、、、。

なんて真面目に書いたらヤヴァイな笑。

けど、御神木とかって、若木じゃ絶対なれないじゃない。

長い年月を生きた木じゃないと御神木になれない理由はなんなんだって考えたら、電気に触れた時間の多さなんじゃ、、、、、って思ったのだ。

寺にはあんま興味ないけど、神社は行くと異次元感があって面白い。

なんか練られた意識がそこにあるきがする。

それすなわち電気的な作用=意識がそこにある気がする。

イギリスのストーンサークルって、有名なパワースポットで電気の計器の針が振れまくってる映像をいつだか見たし。

たいていそういう不思議な遺跡では磁場が狂ってたりするらしい。
磁場が狂うと、電気も狂う。
逆言うと、電気が狂えば、磁場が狂う。

今日は、ムー感たっぷりの文章になった笑。

電子部品と、神社が俺の中でつながってる。
この感じは、人間の内面にもつながってる気がする。

戯れ言だと思ってください笑。

おやすみ。

YES.PET/hozzy

それよりも高い木々に見守られて。

今日は、歩いた。
行ったことがないところまで歩いた。
行き止まりにも何度か当たった。

狐の神社を見つけて参った。

お稲荷さんは、下手するとなんか怖いイメージだが(こっくりさんとか)、三カ所も見つけてしまって全部お参りした。

あぶらげ持っていたらと、スーパーも探したけど、そんな都合良くある訳もなく、深くお辞儀をして深く息を吸った。


誰もいない神社は、木の匂いがよくして倒れたくなる。

がらんがらんの鈴も、予想以上に響いてびっくりする。

誰もいないのに誰かがそばにいる気配がする。

今度は油揚げもって行ってみようと思う。

気配が近くなるかもしれない笑。

不思議な空間だ。

YES.inari/hozzy