藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-23,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

僕は何につきあってるんだろう。

プリアンプの故障した部分がやっと特定できた。

予想していたとこでじゃなかった。

もっと奥。

もう解体するかぁって、わかんなすぎて諦めた瞬間に答えが見えた。

機械には、壊れる原因があっていいね。

人間は、なくてもなんだか壊れちゃう。

負のなんとなくが、もわわわわーってのんでくる。

その負も、さっきまで正だったものかもしれないからよけいにいみわかんねー!

話し飛ぶけど、

昔、好きだった女の子と初めてデートした日、大好きだった彼女と映画に行く(ベタだけど)その空気感に、俺はなんかまいってしまって、彼女のことが嫌いになってしまったことがあった。

意味わかんねーだろ笑?
特に女の人は。

俺にもよくわかんなかった。

好きだった子が、別になんか変なことしたわけでもないのに、電車の窓から外を眺めていたその横顔に、俺はまいってしまったんだ。

さめてしまった。

未だになんでなのかわからない。

好きってなんですか笑?

この感情の不可解さに、俺はなかなか「愛」たるものを理解しきることが難しかった。

はれた、ほれたが、苦手だった。

女の人は好きだったけど、好きになることは山ほどあったけど。

ものすごく器が小さかったんだろうな笑。

今はさすがにそんなことはないけど、正直ちょっと悩んだね。

よくふられたしな。

つーか俺ふられたことしかねーや。

猫が良いのは、俺をふらないとこだよね。

つんとしやがっても。

負と、正。

プラス、マイナス。

俺は常に反転するこの感情を知っている。

反転するのに、理由なんてない。

こじつけることはいくらでもできるけれど。

月がぎらぎら光ってる日にあがる心のありようは、

プラスの方向でもあり、マイナスの方向でもある。

酔ってる感じにしては、さめすぎている。

なのに陶酔している。

満月の日に、事故が増えるって都市伝説みたなやつはほんとなのかな。

俺は、願わくば、中心よりもプラスよりのマイナスにも引っ張られた精神状態でいつもいたい。

そこが私の心のベストポジションだ。

ニューシングルの「星霜、誘う」

情報でてきました。

恒例の年末のライブもでてきました。

まじで良いね!

なんか最近の曲どれも良くて麻痺してきてんだけど、なんでこんなセールスなんだろうって笑、改めて思っちゃうよね!

俺ら良い音楽やってるわ。

次のやつも、聞いてご覧よ。

絶対、損はしねえからよ。

つーかなんかピョーンってくるって絶対。

歩く道は、草ぼーぼー。

年末は、さらに新曲とかもやるかも。

結構やったことないこととかも、やってみるかも。

かも。

なんか楽しいぜさいきん。

YES.1503/hozzy

猫は眠るやっぱり丸くなって。

ジャンクで叩き売ってたアッテネーターって機械の部品を手に入れた。
そしたら刻印されてた製造年月日が昭和24年だった。

西暦にすると1949年。

戦後からたった4年めに生まれた。

自分の父親よりも年上の部品。

思わず匂いを深くかぐ。

たんなる鉄の匂いがする。

けどこの「たんなる」がすごい。

まだ鉄の匂いがする。

いいガラクタを手に入れた。

もちろん、こいつを組み込んでアンプの音量調整に使う。

音楽作業部屋の、機械の部品たちと生き物たちの対比感が奇妙で笑える。

この感じをもっと表現に融合したい。

無機有機。

どっちも人間の側面で、反発し合うことなんてほんとはないはず。

現に、屋久島と秋葉原が同じくらい今好きだ。

それでいいんだ。って。
理由は後で考えれば良い。

人間万歳!neko万歳!

YES.koon/hozzy,image1=/file/diary/1410.jpg,image1m=/file/diary/1410_mobile.jpg

もし明日世界恐慌が起こっても。

経済がほんと不安定ですな。
というか不安感がすごいな。
今までそういういうのあんま関係なく生きてきたけど、さすがに町とか、特に電車とか、の雰囲気が違うよな。
俺らミュージシャンにとってCDが売れない時代だからとかの、実際的なところを言ってる訳じゃないよ。
なんか街の雰囲気っつーか、みんなのテンションが苛立ち越えてちょっと涅槃に10分の一歩入ってねえ?って感じの、変な終息感が立ち食いそばの10分間に似ている。
決して心底ホッとできない満腹感。
もう腹一杯っすよ、ってとりあえず納得させときたい。
いや、これ以上食っても食いたいところはここじゃないってところのつなぎ的な食事。
はっきり言って立ち食いそばめちゃくちゃうまい時あるけどね。毎日食ってたら、腹一杯になっても、ならないでしょ。
ならねえよ。けど俺一週間平気で食ってた一人暮らししてたとき。腹一杯になったけど、かあちゃんの飯食いたくなったなやっぱ。

ずっと食いたくはねえよな。
けどそれは食い物の「物」自体じゃない。
そばは、職人さんが丹誠込めて作ってる訳じゃない量産品だろうけども立ち食いそばってやつは。
だけどパートのおばちゃんとかバイトの兄さんとか、作ってくれてる「もの」は感謝すべき食べ物だ。

そういうことじゃなくて

やっぱ誰かと俺は、ゆっくり食いたい。
カップラーメンでも良いから、食ってるときぐらい焦りたくない。
毎日それはできないけれども。
つーか、それができない日々程、貧しいことはないんじゃないかってことも思っちゃうんだよ最近。
働かなきゃ食えねえんだよ。とかそういうことじゃなくて。
忙しく今動かないで未来があるのか?とかそういうことじゃなくて。
飯ぐらい、ゆっくり食わせろよ経済社会のクソ野郎。
誰のために忙しく。
なんのために汗をかくのか。

俺は幸せのために歌を歌うのだ。
生きる喜びのために飯を食うのだ。
それは決して早送り再生のなかで実現されることじゃない。
家族と飯をゆっくり食うのが悪い訳がない。
誰にも文句は言わせない。

なのにね、立ち食いそばっすよ。
こんな幸せさえ軽視されかねない今の雰囲気。

もう一回、考えなきゃだめなんじゃねえの大人も子供も日本人みんな。

経済成長に頭打ちがくるのなんてあたりまえじゃん。

永遠のメソッドなんてないんだよ。
けどどこまでもその幻想に寄り添っていた方が楽だよな。
勝手に考えなくても、日々が更新されていくもんな。
そこに景気がいいとか、もの買ってゴージャスになれるとかの時期が重なれば、よっかっかっちゃうよな。
信じちゃうよな。
これがずっと続くって。

良いときに、悪いこと言うやつなんて嫌われるだけだしな。
実際、楽しいときに明日のやなこと考えるやつは損だしな。

損だ。それはそん。

全部つまんなくなるしな。

だから良いときは思い切り快感の渦にのまれりゃいいんだろうが。

永遠の法則というもんはねえんだ、俺たちが生まれてしまったこの世界には。

光でさえ進路を変えちまうんだぜ?

時間でさえ歪むってことになってんだろ?人間はとっくにそこに理解が到達しているんだろ?

なのに、経済の頭打ちを信じないのかい?

まだ続くのかなこれは。

俺は専門家でも何でもないからよくわかんねえんだけどさ。

皆が平均化していくこのグローバル化社会において、経済発展している国のことを主にいってんだけど、そういう国の人たちが物質的に豊かになっていったら、必然的に独占的に物質的に豊かだった国は、スイスとかブランド持ってる国みたいじゃなきゃ停滞するよな。戦争とかやって軍需とか作んなきゃさ。

皆が幸せになったら、全員が不幸になる。

そういう幸せの価値基準にしかまだ俺たちは生きてねえってことだ。

ものじゃねえんだ。

ってところにもっと集中していくしかないと思うよマジでこれからの地球人は。

特に先進国だって言われてる国の人々は。

物じゃもうおいつかねえもん。

金じゃ追いつかない。

そういう平均化がグローバル化ってことだろう。

うんざりなんだよ、貧富の差が拡大とかよ。

それでも物質的底辺はあがってんだろう。

日本って、すげえ金持ちがいない代わりに、すげえいっぱい小金持がいるんだって。

そういう意味だと、くるところまできた民主主義国家なんじゃないんですか?
すごいことなんじゃないのかな。
経済が停滞してようがよ、小金持はいっぱいいんだとよ。
よくいう「底辺」とか言ったって、飯食ってんじゃん。
すねかじったってましだろ、砂食うよりもかはよ。
死ぬのをただ待つ、群れの一人にはなってないじゃん。
インドの河原にいっぱいいたぜ。
公園で寝てたって死ぬことなんてほとんどないじゃん。
国が守ってくれんじゃん。
警察が痴漢とかしようが、ちゃんと警察はがんばって悪いやつを捕まえてくれるじゃん。
物質的に言ったらもうマックスでしょ。
治安も良いって言われてるしさ。

だから追いつめられるんだ。

というこの逆説について、だれかちゃんとした意見を放って欲しい。

こんなに恵まれているのに。
こんなに生きれているのに。

なぜ、自殺率がいつも世界のトップクラスなのか。

なぜこんなに閉塞感を抱えながら若者が生きなきゃならなくなってるのか。

治安もいい、政治も適当だけどなんとかやってる、こんな国に生まれてラッキーなのに、

なんでこんなに苦しいのか。

この逆説、パラドックス。

矛盾。

これをそろそろ本気で俺たちは解明しなけりゃなんねえんじゃねえの。

それは日本って国に生まれて生きてる、俺たちの特権でもあると思うんだよ。

義務じゃねえ。

特権だ。

ただ、俺は俺自身が死にたくならないために。
家族が笑って暮らせるように。
友達が鬱病にならないようにするために。
若年層が、パッション全開で宇宙を圧倒できるように。

もっと、大事なもんを大事にしたい。

これってすごい当たり前で核心的なことなんだけど、これを実行するのって、すんごい俺にとって難しい。

けど、とにかく言葉が交わせる距離にいる人のことは、幸せを願いたい。

知らないひとのことはしょうがねえ。

知らねえんだもん。

無名の貧困者に情を傾けるよりもまず、本当に家族を、友人を、仲間を。

これは道徳的には間違ったことなのかもしれないけど。

思想ってのはいつも、行動を伴えない理想が多い。

思想はいつも、人間一人の限界を超えてしまう。

思想は、万人に訴えかけることはできるけども、万人がそれをもとに行動を共にすることはできない。

思想は、おそよ本質的な愛とは対局のところにある。

思想は、かっこいいが、言葉でしかない。


なんで隣人を愛せと言ったキリストの教えの教国が、戦争をやめられないのか。

なんでいつもうちにくるキリスト教会系のおばさんは、こっちの話をあんま聞かず、一方的にイエスの例えを押し付けてくるのか。

これはその思想に対する理解の熟成度とかの問題だけじゃなくて、そもそも「愛」の使い方、理解の仕方が問題なんだよ。

キリストがどんなつもりで隣人を愛せと言ったのかはわからないけども、家族をあいするように、自分を愛するように、思想や考え方が違う人のことも愛しなさい、と言ったのならば、土台無理な話だ。

家族に勝る隣人はいない。
母に勝る敵はいない。

事実聖母マリアは、聖母だ。

これは弟子以降があがめ奉ったんだろうけども、キリストにとっても、母は唯一無二だろう。

俺はキリスト教を批判したいわけじゃない。

教えは素晴らしいものだとも思ってる、くわしくわからんけど日本人の俺には興味がないから。

ただ、「愛」って、量産できるもんじゃねえだろって。

家の向いのおばさんを家族同様愛せるかっていったら無理でしょう。

好きだけどさ。

たぶんキリストが言ったレベルの愛は、そういうレベルの愛だろ?

じゃなきゃ神聖さなんてないだろ。

つまりだ、家族を愛するように、猫も愛しているし、亀も愛している。鳥も。

これでも、結構俺は幸せなんだけど実際。

金がなかったらそりゃ困るけど、ギスギスやるんだったら貧乏でも良い。

理想は木になることだよね。

つーか俺はこんな、不景気だー、おしまいだー、的な雰囲気につきあうつもりは、んんねねええええええええええええええええ!!

だめならもっと、楽しく生きる。

金じゃねえ、ってずっと歌ってるよな?
俺たち。

ほんと、楽しく生きれる方法なんて、いっぱいあるはず。

適当に生きる自信は、ある笑。

適当って、「テキトー!」って捉えると、駄目なイメージあるけど、本来は適材適所って意味の、ケースバイケースって意味だからね。

適当に生きるって、すげえことなんだぜ本来はきっと。

それこそ仏陀の生き方の神髄なんじゃねえの。

無駄なストイックを排除し、過度な快楽を排除し、中庸を守り、その絶妙な安定感に己の身を置く。

自分も東洋人だからか、仏教の方が、しっくりくる思想として。

ただ仏陀は家族を捨てて出家してるかならな。

そこで愛についてほざかれても、信じらんねえよな笑。

偉大な人なんだから犠牲はしょうがないとか、規格外だからとか、そんなシード権獲得的な見方はできねえおれは。

パンチ、おめえ家族捨てたろ?

って思っちゃうよね。

時代が違うから、なんとも言えねえとか、そんなの関係ない。

俺はこの時代に生まれ、その思想に触れて感応しなければならないからね。

彼は、愛を疑い、思想的な愛を手に入れたんだろうな。

家族にしたらたまったもんじゃなかったろうな。

お釈迦さん、子供ほっぽらかしてんじゃんってね。

最大級の真理を語る人物は、けれどもそういう人なんだろう。

って、ながながなんだけど、新曲が、こんな感情から出発して出来上がってるからさ。

出るまで、つらつらこんな口頭的記述で書いてくんで、わかんねーとこあると思うけど、わかりやすくなんてするつもりなし!

うんこ!

しかし良いシングルになりそうだぜ。

おやすみ。

YES.Yehoshua

猫が僕の椅子で丸く寝ている。

最近怒濤のようにやることがあって、コラムも停滞。
そんな中ようやくシングルもゴールが見え始めている。
ライブ時期とレコーディング時期が重なると酒飲む暇もねーぜ!
日付変わって昨日は久々なんもない日だったので、ぐるりと住んでる町の行ったところがないところを歩いてみた。

住宅街の中に鬱蒼としたちょっとした細い道があって、どうせ「痴漢に注意!」とかの看板がでんだろって感じの、湿度を漂わせてる場所があったんだけど、試しに入ってみたんだ。

そしたら、なんとその道の先は予想よりも広々とした日が良くさしてる公園だった。

誰もいなかったので、小一時間そこでいろいろ考えていた。

良い場所見つけた。
またいこう。

シングルのカップリングの曲のひとつをまた自分の部屋でとった。
そんとき張り切って自分で作ったマイクプリを配線剥き出しのまま使ったら、電源のところがショートしてアイロン焦がした匂いになった。
もちろん故障。

壊れた部品の見当をつけてただいま部品取り寄せ中、、、、。

古い機械使ってるから現状売ってる部品じゃなくて、結構探した。
こうやって電子の世界にはまっていくんだろうね笑。

とにかく、直さなきゃ。

しかし、かなり詳しくなってきたぜ。

回路図もそれなりに読めるようになってきた。

自分が欲しい自分の声をのせるマシンを、自分で作れるかもしれないこの期待感笑。

一号機が故障中だけど、二号機の試作案を今練っている。

もう生産中止の機械を、復元させてみようじゃないか。

そんな俺をよそに、今日も猫は丸くなる。

おやすみ。

YES.1073/hozzy


NEVE8108。

本命のマイクプリアンプ制作。
なんと、もう音が出るところまできてしまった。

部品はむき出し状態だけど、マイク繋いで声だしたらしっかりとライン出力されてパソコンの録音ソフトにて波形が生まれた。

でやがった音が!
ぱねえ感動。

ひさびさ震えたぜ笑。
ちびりそうになった。

つーか1年ぐらい音だすまでかかると思ってたけど、意外にできんじゃねえかよ。
わかんねえと思ってぼろうとしやがってあの店め笑。

けれどもとりあえず音でたはいいが、いい音じゃなきゃもちろん意味ないので、劣化してそうな細かい部品とか、今適当に使っちゃってるよくわからん配線材とか徐々に取り替えていこう。
あとちゃんとアルミケースにもいれないとな。

ホワイトノイズみたいのも乗っちゃってるからこれをまず消さなければ。

どうしたらいいかわからんが、調べればわかる。
調べれば恐ろしいほどわかる。
ネットは情報の宝庫だなほんと。
こええ。


今日の学園祭よろしく!
おやすみ。

YES.toroidal/hozzy

エキバ。

フランスで頼んだマイクプリの部品が今日届いた。
この国のある店に、俺が欲しかった部品が奇跡的に存在していた。
日本ではすでに探しまくったけどないモジュールだった(厳密に言えば組み立て方まで分かりやすく指示されてるものがない。部品は腐るほどアキバにあれども)
英語本気で駆使して手に入れたぜ部品。
フランス語なんてわかんねえ。
サンキュウ、karim!

今手元にある部品は、アメリカのオークションで落としたイギリス製のモジュール(特に大事な部品)、フランスで手に入れた二番目に大事な部品、そしてアキバで手に入れた電源部の部品と勇気、、、笑。

4国の空気をミックスして、音出すところまで持っていくぞ!!

燃えているぞよ。

そして今自分がやってる事を、プロのメンテナンス屋さんに頼むと「どひゃー」って値段はいきそうである。
見積もり依頼も一応だしてもらったが、アホくせえってあきらめた。
機材って高いな。
それはしょうがない。
プロの腕はすごいしな。

しかし、そこに甘んじていてはこっちもプロの意地ださなきゃよ。素人電子工作者でもできるってとこ見せなきゃ俺のこだわりは遂行できん。
知りたいのである。
何がすげえのか。何が音を良くしているのか。俺が何やって電気を音楽に変えているのか。原発に何も知らずにどっぷりお世話になっていた「電気」ってどんなもんなのか。何してんのか知りたいんだよ俺は。
無駄なものと、そうではないもの。

ほんの一ヶ月で、大げさだと思うかもしれないけど、電源のコンセントにさえ俺は尊敬と愛着をもてるようになった。当たり前だった風景が、半端ない高度な仕組みの上に立っている(というよりもよくよくデザインされた基盤の上に俺らは寝食しているんだ)っつーのが、すげえわかったんだよな。

家にある扇風機見ても今なら見え方変わっちまうもんな。
電源アダプターの中身も、どんななってんのか想像してしまう。重いトランスをみたい。分解してみたくなる。

今フランスの部品売ってくれた店からちょうどメールが来た。
すげえいい人なんだよここのエンジニアの人。
おフランすとかさ、気取ってるとかよく聞くからビビってたけど、すげえ親切なんだね。
細かく指示もくれるし。
これもこんなプリアンプ作りを始めなければ感じれなかった雰囲気だ。何書いてあるかぱっと見全然わかんねえけど笑、ゆっくり解読していこう。

そして歪み系エフェクターが完成した!!
写真のやつ。
歪みはぶりぶり。
ケースは100均の灰皿。
LIVEじゃ怖くて使えないけど笑、今度のリハに持っていこう。

そして歌詞を、締め上げなければ。

バッコーン!!

YES.LF353/hozzy

アキバ!

自分でマイクプリアンプを組み立てるって、こないだ言ったんだが本当にやろうと思っている。
マイクプリアンプって何だっていう人がほとんどだろうけども、音を好みの質感ででっかくしたいときに使うもんだって思ってもらっていいです。
マニアのじじいどもの意見は知らん。
特に俺の場合、自宅でデモ録るときに歌とかギターとかベースとか、はたまたキーボード系とかドラムのバスドラとか、ほぼいろんな音源に絡ませたいって思ったわけですマイクプリアンプを!
全部にゃ必要ないんだけれども、遊びたいんだ音楽でよ。

ってわけで、本命のマイクプリアンプ(海外のオークションでモジュールって部品の集まりを激安で落とした、円高さいこー)をいじり出す前に、知識と腕を上げなきゃならんってことで(はんだ付けとか)、まずステレオアンプを作ってみる事にした。

初心者が組み立てるようなキットを秋葉原行って買い(700円)それをハンダ付けとかしてふたつ分組み立ててステレオにし、これまた押し入れに眠っていたスピーカー(高3の時バイトで買ったonkyoのスピーカー、CDプレーヤーんとこは壊れて捨てた)を引っぱり出してケーブルで繋ぎ(秋葉でベルデン8460ってとりあえず良いって言われてるやつを2メートル600円くらいで買った)、先ほど音楽がちゃんと鳴ってることを確認し、「すっげええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!」ってなった。

すげえよ、ほんとに音がでやがった笑。

これに調子をこき、ボリューム調整をつけて、電源スイッチをつけて、スイッチ確認のLEDもつけて、回路は完璧に完成した。

あとはこのアンプ部分をケースにおさめるだけ。

値段だけでいったらメーカーものに比べたらクソ安く仕上がる。すご。


そんで謎だった、音がスピーカーから出る仕組みがわかってきちゃったよ!

で、秋葉原に日付変わって昨日も行ったんだけど、エフェクターを作ってみようと思ってかなり街を徘徊した。
部品集めるのが大変だった、むかつく店のじじいにも出会った。
「ないよそんな部品は!ほとんど製造されてないの!わかる?!」
って、近くの店行ったらあったりとかよ。
素人丸出しな時はいつもこうだ。
よく怒られるんだよなおれ笑。

でもアキバ楽しかった。

「もえもえ」な方向はまだおれレベルじゃ同調できなんだが、、、、笑。

みんな楽しそうで良い街だね。

YES.sengoku/hozzy

ふてえアンビエンス。

今、silent poets という人たちの音楽をレコードで聴いてる。
「to come」ってアルバム。
なんかたまたま家にあったんだけど、久々かけてみたらすげえ良い、、、、。
音も良いし、音楽ももの凄く手間がかかってて聴いてて損する事がない。
しっかしレコードってほんと音がふてえな。
ドラムのバス、スネアがやばい。
金属系はデジタルの方が個人的には好きだけど、皮使ってる部分はアナログの感じパネエな。

この音楽データ化時代だからこそ、あえてレコードちゃんと聴いてみることに意味がある気がして、こないだ重い腰あげて押し入れ整理して再生機本体引っぱり出してみたんだけども、予想以上の収穫をもたらしてくれたぜ。

物事ってのは、よくできてんだな笑。

便利さとか、手軽さとか、普及率を上げていく代償ってのは、ほんとにあるのかもって思い知らされたぜ。
CDとかデータ化音源が失った部分は音質に関してはよく言われてるけれども、結構でかいかもしれない、って俺も思った。
便利さが、「簡単さ」になっちゃったらやっぱだめなんだな(つってもその便利さからはもう俺も抜けられないだろうけども)

アナログレコーディングなんて、もうできないっしょ。

ただ、現状存在してるレコードはいろいろ聴いてみたいと思った。

ビートルズなんて、10倍いいよレコードの方が!
ポールのベースが広く聴こえてきて、曲の全体像がもの凄くよくわかる。
声の幅も、広くて迫力がある。
レコード用にレックされてるものはその再生機で聴いた方が絶対いいんだな。

デジタルリマスタリング版より、レコードのビートルズの方がすげえ。

これはしゃあねえな。好みの問題もあるし(つって、絶対レコードの方が良いって思ってる俺)

レコード、ドラムの音がとにかくいい、、、、。
ベースもぱねえが、デジタルも良い。
うわもの系は現代システムも負けてない!
声の質感は好み。最終的な持ってきかたの問題か?! よくわかんねえ!!

ってマイ結論。

そして、

夏の魔物たのしかった!

ありがとうございました!

YES.record/hozzy

鳥も爆睡する。

文鳥とカメがずいぶんでかくなった。

今んとこ病気もせず、かなり元気。

普通の動物病院に連れてっても、ちゃんとは診てもらえないらしいので(だいたいが犬猫専門で、カメとか鳥はまた違う知識とか技術が必要らしい先生にも)このままなるべく健康に生きていて欲しい。

いざというときのために、一応近所にそういうちょっとマニアックな動物を診てくれる病院もピックアップしといたけど、なるべくならお世話になってほしくはない。
それには飼育者のやる気がかなり比重を占めてくるんだろうけど。

やる気はすげえあるので大丈夫。

猫も二匹居るから、朝は掃除とか重なると30分じゃきかない。
下手すりゃ1時間はかかる(植物の水やりもある)

けど生き物はやはり良い。
手間以上の何かをくれる。

結局気合い入れて世話してた睡蓮は、一輪も花を咲かさず。

多分日照時間がすくねーんだろうな(コイツはかなり太陽を浴びたい種族らしい)

蓮も花を咲かせられなかった。

蓮!

これも今年の夏に間近で花が見てみたくて、水張ったプラケースに植えてみたんだけどうまくいかなかった。くっそー。

「睡蓮」と「蓮」って違うんだけど、その違いがわかる人はいるかい?!

たぶんあんまいないと思うので、

説明しよう。

蓮(はす)は、水面よりも高く葉を伸ばし、花も水面よりも高くつける。そして大抵が深夜から午前中に花を咲かし、午後には閉じる。レンコンを作る。根っこが蓮根。葉っぱは撥水性があって水をよく弾く。丸い。サイズがでかい。

睡蓮(すいれん)は、水面に葉をつけて、花も大抵水面に浮かべるように咲く。花が咲く時間帯はよく知らん。根っこは蓮根みたいに太くならない。普通の植物の根っこっぽい形態。葉っぱに切れ込みが入ってて、水の弾きもマイルド。サイズは蓮に比べて小さいandさらに姫睡蓮って種類は女子サイズにミニマム。


という違いがあるらしいのだが、いかんせん花を咲かせられなかった敗北者なので、話7割くらいできいておいてほしい。多分そんな違いだった気がする(花の特徴以外は自信あり!)

泥にまみれて咲く可憐な花なので、お釈迦さんが座って、そんな仏教的な象徴になってるっぽいよ。

来年の夏まで持ち越しだぜ。花みてえなーーーーーーーーーーーーーーー。

夏はベランダ植物栽培において本当に鬼門だ。
ちょうどいいって所を、自然ニャまかせられん。暑すぎるし、睡蓮にとっちゃ陰が多すぎる。

本気の園芸1年目。

環境によっての植物のチョイスの重要さを知ったのでした(つまるとこ農業もこれと一緒なのかな、、、??)

YES.lotus/hozzy

懐古主義にだけはなりたくねえな。

なんかよ。

止まっちまってるみてえだよ。

俺の中でなんかが止まっちまってるみてえだyo。

買った本についてた、PCで遊べる電子回路シュミレーターはwindowsでしか動かせないらしく(なんだか見た目がカッコいいから7年くらいMacユーザー、ばかくせえが、windows正直アがんねえ)

押し入れに押し込んでいた7年ぶりのwindowsデスクトップを取り出した。

これはそういやユウイチにカスタマイズしてもらって、アルバムのソーダあたりの頃よく使っていたな(もう7年前!)

久しぶりに電源入れたら、もの凄い機械の回転音を見せてくれたが、モニター画面にはしっかり当時のまんまにデータが浮き出てきた!

ありえねえ数のフォルダ。よくわかんねえアプリケイションの数々。

じじい、夜中にうるせえくしゃみすんな。

近所のじじいのくしゃみがうるせえ。

パッションだね。

今、俺にパッションがあるんだろうか。

こないだ、屋久島に行ったんだ。

ずっと行きたかった場所だった。

実は去年の3/11に屋久島行きのチケットとったんだよ。

そしたらその15分後ぐらいにあのでっかい地震が来た。

そんで気分的にも物理的にもキャンセル。

去年は、こっちにまだくんなってことだったんだろう。

そう。

これはもう、俺がアレルギー起こしそうだった、「自分探しの旅」というフレーズそのものの旅行に近い。

何年かまえは「自分探しの旅」じゃねえよ、くそやろう。って思ってたんだけど(このフレーズすげえ人を馬鹿にしてるよマジ。真剣にそれやってる奴に失礼、無礼、おまえ仏陀か)

ライトに思われちゃうんじゃないかって、俺も俗物だから恥ずかしくなっちゃうんだけど、ほんとは「自分探し」ってさ、馬鹿にできないことじゃん、ほんとはさ。


アジアをバックパックしたら。やれ「自分探し」。

ニートだ何だと言われるが、ニートじゃねえ奴だってやるんだよ「自分探し」。

馬鹿にすんじゃねえよてめえ。

お前は誰だ。

誰かか、もしくは誰にもなれなくて(じぶんをありのままに信じられる人間がいたとしたら、この世で最も信じられないものの一つに俺は数える。だから仏陀はアメイジングなんだろう)

社会的ステータスが貴様を守ってくれると思っているか、もしくは、あらゆるものごとを排除して、貴様の優位性を保てるところまで他者を貶めた末に、確かに存在するんだろう薄い静寂な安堵の次元、その中で呼吸する聖人、貴様に聞く。

お前は誰だ?

他者とは何だ?

他者、それは、お前や、俺自身だろう??

くだらなくそれが見えるから、お前はそれをくだらないと思うにすぎない。

俺がマクロな科学理論をくだらないと思ってるのと同じように。

星や、月が、くだらくないのはなんでなんだろうか。

それを言ってくれる奴が、おれにとっての本当の英雄だ。

自分がどう生きるかで、他者の有り様は変わり続ける(俺は今、スティービーワンダーに会うよりも、中学の頃の塾の講師、宮崎先生に会いたい)

俺の中のばばあ。

うるせえ、うるせえ、うるせえ、くそ。

俺はどこにいる。

どこにいる。



でも、島の牛床詣所(うしどこもいしょ)って所行ってから、 俺のぼんぼんしちゃうとこは、クソはクソでも、ちっと角が取れた気がするんだ。

ここ、屋久島でもちょっとマイナーなところだけど、ここに行くために去年の3/11にもチケットとった。

迷ったいくまで。

けど、「自分探し」のパーツがまた一つ見つかった。


自分がなんなのか、俺はほんとにわからない。

正直言って。

人間についての考察も、今日ちょっとだけ更新できた。

文字で書くと仰々しいけど。なんかやっぱ不思議すぎるよ俺たちの存在は。

マジで、自宅REC用プリアンプ自作してやる。

決めたんだ。ビス!!

YES.BELCLARE/hozzy