藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-30,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

原発、水、差別。

とうとうフランスのアレバ社からの原発の汚染水浄化のビジネスに東電(政府?)は応じたようで、さっきニュースで金髪の女性が早期契約うんぬん言っておられるのを見て、この大災害も世界からみたら当然そういう経済的目線も十二分にあるのだと妙に現実的だと思い知った。
どんなに日本が大変でも、世界は広く、そして人々は幸福を追求し続けている。これは裏返せば、日本が逆側でもあったということであって、地球で人間として生きるということは、映画「ダーウィンの悪夢」のごとく(これはアフリカのヴィクトリア湖の生態系破壊をちょっとやり過ぎに極端にピックアップしたドキュメント映画)、知らない遠い国の日常を歪ませて俺たちが食ってるほか弁の「白身魚フライ」のようなことなのかもしれない。あの白身魚はナイルパーチってでかいアロワナとナマズ合体させたみたいな醜い魚のお肉だ。うまいから別にもとは関係ないけど、「~ダラ」とかタラ風に書いてある白身はナイルパーチって遠い国のお魚さんらしい。たまに熱帯魚屋に養魚が売ってる。飼育用に。

で、今回の福島原発もアレバにとっちゃビジネスだ。
そして日本全体、特に福島の人たちにとっては本当に早急にビジネス的に汚染水を処理できるならそっちの方が絶対に良い。
なぜなら、ビジネスの方がモチベーションは当然のごとく圧倒的に高い。
絶対にやるとなったらフランスのその企業はやってくれるだろう。
もうガンガンお願いできることは(人情、同情、大切でうつくしいけれど、それだけじゃ汚染は止まらない)日本政府は金を積んで、子供手当とかもういいから予算回して福島をどうにかしなけりゃ、日本の差別はいつまでも先延ばしにのびていくだろうと思う。
福島の人たちを差別的扱いをしている日本人たちは気づいているのだろうか。もうすでに、世界からは日本は被爆したとして現実的に差別されているんじゃないかな。これから、もっと如実化していくんじゃないかなと思うのは俺だけかな。心から同情と、支援と、お悔やみをくださる世界の国々。でも同時に被爆のことは別次元で頭の隅にこびりつき続けていくだろうと思う当然。そうじゃない人たち、たくさんこの世界にはいることもわかっているし大半の人が、きっと慈しみの心を持って日本の強く復興してゆく姿を賞賛してくれるだろうと思うけど、同じ日本人が同じ日本人を差別している現実が情けないし、子供ならまだわかるよ、子供って子供だからさ。
けど、どうなのよ。福島を他人事のように遠ざける事象があるという現実は。世界から見たら、福島も神奈川も東京も、はっきり言って関係ねえだろ?そうとう詳しくなきゃ「JAPAN」でひとくくりよ。しかも東洋の「小さな」島国って認識よ。被爆範囲の認識も世界の方が広いのは周知の事実。現実。差別が日本国内で起きてるなら、世界でも起きてるのは必至。それがこっちに目に見えて情報としてまだ入ってないだけないんじゃないかね。とにかく早く原発をどうにかして、津波被害の町で壊滅した他の町も大変嘆かわしい状態だけれども(俺も早く大槌に直行したい)それにかぶさるように差別が付加されたら最悪でしょうが。こういう現状に敏感になっちまうよ俺は。もっと視点を広げてみたらどうか、と思ってコラム書いた。
海外旅行行って「アイムジャパニーズ」って言った時、その国の人がどんな顔をするのかわからないけど、色んな人がいるから、日本人であることで「ちかよんな」って言われるかもよ?

そしてアレバが行おうとしている汚染処理の方法が気になるところなのは、期待と、そんな魔法があるのかという懐疑が混ざっている。

海水魚の飼育をしていると自然と水の浄水処理に親しんでいくから、当然と言えば当然、その方法が気になる。

東電は「ゼオライト」という鉱物を大量に土嚢のような袋につめて海中と排水タンクに投げ込んだっていうのをニュースで読んだんだけど、この「ゼオライト」ってのが放射能の吸着にまで効くのか、吸着させる物だから、仮にセシウムなんかを吸着させたらそのあとの処理をどうするのか、完全に分解して無に帰するまさに魔法のような物質ではないので、引っ張り上げてどこにまたそれをもっていくんだろう、ってのも注目している部分です。

ゼオライトはハイドロカルチャーって園芸の方法があるのですが、これは土を使わずに、ハイドロボールってまるっこい吸水性の良い玉に観葉植物を植えて育てる園芸で、多分見たことある人はたくさんいると思います。
そのハイドロボールの底にゼオライトを入れて(水を腐らなくする効果があるという触れ込み)浄化性を高める、清潔さを保つために使われたりしてます(そもそもハイドロカルチャーの目的は土を使わず清潔に室内で植物飼育を楽しむこと)

ゼオライトは水槽系でもよく売られていて、なんかあんま注目されてないけど、アンモニアを中心に魚に有害になる物質の吸着材として使われている。俺は一回も使ったことはない。なんかうさんくさくて使ったことがない。
活性炭の方が吸着剤では有名で、ブリタなんかの飲用浄水器のカートリッジなんかは多分これですな(黒い粉おちてくんでしょ)
ちなみに活性炭は残念ながら放射性物質は吸着不可能です。

ゼオライト。

けど、なんか研究の報告書みたいのがよくネットとか業者とかの広告で表記されているんだけど、効果はあるみたいですいろいろと。
そして日本にもいっぱい埋まっているらしいです。
ゼオライトの構造まで立ち入っていくと朝になってしまうのでストップしよう。けど、不思議な構成をしていてスポンジのように多孔質な鉱石みたいです。そこにセシウムとかがはまり込んでゆけばいいんだけれど。どうなんだろう。

おれは巨額を投じてでも、巨大な逆浸透膜濾過装置を作って、浄化した後のフィルターを宇宙に無人ロケットでぶっ飛ばしてしまえば(よく拓郎がロケットの話をしている)いいのに、っておもっている(空中爆発、落下時のリスクが高すぎるか、、、、)

吸着させたものを土にうめたらどうなんのかだれもわからないし、実際廃棄物をそうしているのだろうけど、そこんとこって見て見ぬ振りした方が精神衛生上いいんだろうか。

俺たちは、長くても生きて死ねば骨になって土に還るだけだが(それは核廃棄物といつか細かい原子の流れに乗ってお隣さんのごとく近くまで接触することになることがあるかもしれない)、未来の人間たちはさあ困った困ったって、本当に困りきるんじゃないか。

今現在も、我々関東地方もそのうちでっかい地震が来るのは確定だといわれているのだけれど、とりあえず俺の子供のそのまた子供の世界ぐらいまではせめて触れられるかわからないけれど責任があるんじゃないかと思うんだ。もっと遠い未来まで、責任はもちろんあるけれど、俺も現在リアルすぎる東海大地震に超びびってるし、今回の東北関東大震災も自分自身へに課題、責務(勝手なものだけれど)で遠すぎる未来までなんて正直今は見えない。

けどせめて子供の子供ぐらいまでの世界は、美しい風景と心象を見せてあげたいと切に思う。

どんな方法かはわからないけど、アレバに期待する。
ゼオライトなんか使うのかな。
イオン交換樹脂フィルター、これは最後の最後に仕上げに使う浄化装置。
これが登場する瞬間を、俺は待っている。

そして、早く大本の原発の暴走を止めていただかなければね。
こちらの方はさっぱり一市民には情報も知識もなくわからない。
決死の覚悟で現場対応されている作業員の方々に最大限の敬意を込めて。

感謝します。



そして、差別は恥ずかしい。

特に今回の件に関しては最低だ。

武道館、福島の方、来れたら是非、堂々と胸を張って俺たちの演奏を聴きにきてください。

音楽が物質を超えられるよう、俺らはとにかくやったります。

忘れないで!

YES.Fukushima in Japan!!/hozzy

原発、水。

水道水から放射性物質が検出されたということで、また大変なニュースになっていますが、子供がいる家庭は特に心配が募る事態になってると思います。
家庭についている浄水器ではまず除去不可能、煮沸をしてもヨウ素セシウム共に水よりも沸点が高いため効果なし、活性炭には不純物を吸着してブリタなどの家庭用浄水器にもよく使われていますが、効果は0ではないにしても完全除去にはいたらないのが現状のようです。
子供にはミネラルウォーターを(この買い占め問題現象の最中、さらにそれを加速させるような原因になることは子を持つ親にとってはいたしかたないことでしょうが、、、)あたえるのがやはり一番のようです。
あと放射能を除去する可能性が高いものとしてはRO逆浸透膜濾過水というものがあります。
これは、自分は水槽をやってるものですからよくしっているのですが、水道水に含まれる塩素、リン酸塩、ケイ酸、硝酸塩、など極力水道水に含まれている不純物をほぼ100パーセント除去するための装置です。

これと似たようなものがよくスーパーに設置してあるのをご存置でしょうか?「ぴゅあウォーター」とかいう名前で、例えばイオンなんかの大型量販店なんかでも容器さえ買えば無料配布しているところも多いです。
小さいスーパーでもたまに「おいしい水」のふれこみで販売or無料配布しているところも見かけます。ただ「ミネラル添加」「どこどこの自然天然水のような」のふれこみがあるようなものは、ROであるのかどうか疑わしいので純水(ほぼ100パーセントただの水)として求めるならばさけた方が良いです。
「ぴゅあウォーター」なんかは水道水やブリタや家庭用浄水器に比べたらずっと強力に放射性物質に対しての除去率は高いと思われますので、「ミネラルウォーターなんかそんな大量にかえねえよ!」とか「売り切れてまたねえよ!」って場合は意外とRO水って一般的ではないと思いますので、1情報として書きました。
ただ、塩素等、すべてを除去した水ですので(ミネラルも)、決して「おいしい」くはないですし、塩素がないので日持ちしません。
冷蔵保存で短期間使用という制約がつきますが、一回でがんばれば8リットルぐらいは(両手にタンクを持って)持ってかえれるので、いざというとき穴場だと思うのでちょっと覚えておくと得かもしれません。

「逆浸透膜」

これが銘売ってあれば、家庭用浄水器よりも放射能物質の除去率は確実に高いと思われます。

なにより
ミネラルウォーターですべてをまかなえれば一番良いんですけれどね、、、。

こういう情報もどこまで確実かというと検証も追いつかない状況ですから、、「完璧です!」とはいえないけれど、この先このような機械の製造量が被爆された地域の水補給現場で増えていけばなあと漠然に思っています(ただ本体の水を生成するのにその3~4倍の排水が出てしまうという大問題があるのですけれど、、、)

ただ、うちにある水槽用のRO浄水器から水を飲むなら俺は水道水を飲みますし、子供にはミネラルウォーターを与えます。
うちにあるのは年数たっているのでフィルターの中に雑菌が爆殖していそうでおそろしい。

なのでお店にあるほぼ無料なRO水提供している場所においては、現状不安な方はもらって使ってみるのもいいかもしれません。

特にこの方面で有名なマーフィードというRO機器製造会社も今回の件でコメントを判子付きでだしていますので↓

http://marfied.com/images/20110323kenkai.pdf

特に近所のスーパーにマーフィード製のものがあったらつかってみるのにも安全性は高いと思います。

親戚たちは、無事一家族は岩手から避難し、一家族はなんとか残って復興に向けて頑張っているようです。

俺も諸々自分がやるべきことが落ち着き、おれのような役立たずでもできそうなことができるような状況になったら大槌町に行こうと思っています。

地震3。

とうとう昨日の夕方に親戚の一人から連絡があり、ほぼ皆一緒に固まって避難しているということがわかりました。ただ大槌から直接ではなく、盛岡までの往復分だけのガソリンで、盛岡からの連絡だったそうです。
本当に物資がどこにもないらしく、ガソリンももうないためどうにか物資を届けてほしいという話だったようです。盛岡でも当然あまり手に入らなかったのではないかと思います。TVはだんだんと感動物語風や、緩和しているような雰囲気、更に原発に関してはどうみても報道規制がかかっているとしか思えないぬるいあいまいさに、現状がどうなっているのか不安でたまらない。生きてる皆がこのままちゃんと生き残れるのか本当に焦る。
狂ったような温度差に、この世界の現実を改めて見る。
これが現実ならばこれが世界なのだろう。
しょうがないと受け入れると同時に、自分自身も戒め、強く個人として貫かなくてはいけない部分を確認しなくてはならない。
調和は必要だが、そもそも調和とはなんなんだろうか。
節電と、募金くらいしか、今できない自分が悔しい。
頑張ってください、頑張ろうしか書けないけど、本当被災現場にいる、救助現場にいる方々、どうにか耐え忍んで頑張ってください。

地震。

title=,wright=hozzy,update_date=2011/03/14 (月),article=地震で被害を被った皆様、心よりお見舞いと共にお悔やみ申し上げます。
特に東北地方の方々、きっとこんなコラムを読む余裕など無いと思いますが、頑張って下さい。俺も親戚たちと祖父母の墓が岩手の大槌町に居り、まだ連絡もつかない状態で非常に不安です。
今日の明け方からはもっと細かい報道等が増える事を期待してます。
地震で皆さん不安が募ると思いますが乗り切りましょう。
頑張ろう。
俺も出来る事はせいいっぱいやります。
行方不明のたくさんの人がどこかで無事だと俺は信じてます。
余震にも十分気をつけて。
頑張ろう。
これしか言えない。
頑張ろう。

地震2。

あいかわらず大槌町の情報はこっちのTVでは全然流れないのですが、mixiやTwitterを使って情報を家族で収集していたら(メンバーもいろいろありがとう)、探していたほぼ全員の安否がリスト上や航空写真の状況からわかってきました。無事な可能性がかなり高いです。。。よかった。まだ連絡は向こうからはないのですが、支援状況がだいぶまだ悪いのだと思います。TVではまだまだ届かない場所で、救援を待っている人たちが「行方不明」の状態でがんばっている現実があると深く動揺しています。友人や親類とまだ連絡が取れない方も日本全国にたくさんいると思いますが、可能性はまだ十分あります。TVも重要ですがまだまだ報道さえしっかりされていない場所も少なくないと思いますので、希望を持ち、情報収集してみてください。
明日には、TVでもそういう手の届いていない場所での報道が増えていくことを期待しています。
原発も大変な事態ですが、引き続きできることを頑張っていこう。
残されてるたくさんの人たちどうか頑張ってください。

コライ。

けつの穴が二個あったなら、かたいっぽには風船をねじこもう。
ぼくのおならがヘリウムだったなら、それを青いそらへと解き放とう。
髪が一生伸びなかったのなら、抜けるたびにお墓をたてよう。
三輪の野草の花と、蟻の歩幅の献辞をそえて。

このおよそ四方各15センチほどの薄弱なわが意識においては、世界の革命も、言葉とLED粒の可変にすぎずのっぺらぼう。

それよりも腹が減った。
はらがへった。
はらがえった、
はらがへった、
はらがへった
はらがへった
えらがはった
えらいはった
はらがへった
腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った

こんだけ書いてんのに、はらが減っても、この腹が減った感じは、画面のLED粒以下に、直接的にさえ作用せず、なんらかによって腹もふくれず、一番腹立たしいのが、夕方6時くらいのTVの食い物のニュースの展開の仕方である。

どんなに腹をすかせて、こっちは一生懸命自分なり家族なり恋人なりが愛情を込めてこの時間に飯をつくっているとおもっているんだ。

できたてのコロッケが食卓に並んだ瞬間、テレビでうまそうにじゅーじゅーしたステーキ肉とか、笑顔でうつしてんじゃねーぞこら。

「こんなに良いお肉で298円!なんとまあ信じられませんねー、おいしいですぅー」

食卓のコロッケの前で、うまそうな、しかもうまそうにテレビ的にわざわざ「じゅわっとろける感」満載で箸でつまんでるだけの映像とか、よくやりますが、湯気がほんと憎らしいほどうまそうでゆるせねえ。

うまそうなステーキの映像みながらコロッケなんて食いたくねえんだよこっちは。

コロッケおいしいのに、30パーセント減しちゃうでしょうが広がり感が。

その時間に台所に立っている作り手に、敬意などないのだろう。

だからけつの穴が二個あったら、そこに風船をつけて、
ヘリウムのおならで各テレビ局にとばしてやれたらいいのになって。

マジックでゴムの表面に「夕方にはまっずそうな食いもんばっか映し続けてください、けど嫌悪感を抱かないようなレベルで。例えば給食に出たパッサパさのコッペパンみたいな無力感たっぷりなやつを希望します」って書いてとばすのだ。

けつの穴が三個あったら、「穴があったら入りたい」って極限の羞恥を覚えたときにその第三の穴に丸まるはいっちゃえば良いんじゃないか?

岩場にいるイソギンチャクを指でぐりぐりしたときみたいに、人の形もああやって丸くなって内蔵の方に引っ込めば良い。
そうしたら、「あの人は今とても羞恥の真っ最中にいるんだわ。ならば見て見ぬ振りをして、放っといて通り過ぎましょう」って一般常識人あたりならやさしく「言わない優しさ」を発現させてスルーしてくれるかもしれないし、ジェントルマンなら自らのコートをさりげなくその球体にかけて目立たなくしてくれるかもしれない。

中にはキレたやつもいるからボールみたいにその「羞恥の形態」を面白がって蹴りとばすやつも出てくるかもしれないが、そこはどの世界も同じで、常識が非常識人をバッシングするごとく冷たい視線を投げかけるであろう。
蹴るやつは、いわゆる羞恥を知らない恥さらしであって、けつの穴があっても2こ止まりのガキなのである。
3つめがないから、蹴ってごまかすのである。

そんなとき、常識的なジェントルマンは言うであろう「君よ、彼をけるのなら、私を蹴りなさい。さきほどの3つめの肛門に収まっていた羞恥状態の男性を蹴ったように、わたしを蹴りなさい。さあ、どうだい、わたしのこの4番目のけつの穴を蹴ってはみないか少年よ」

4つめのけつの穴とは、高貴なるものにしか発芽しない(第2から4までの肛門は発芽という過程を経て内部に腸への道筋を作るのである)いわゆる「目覚めた穴」と呼ばれる神聖のあかしである。

少年はたじろぐであろう。

「あなたの聖門を蹴ることによって、私は、肛門イソギンチャクに変態できるのでしょうか?!」

「さよう、君も立派な羞恥の人と成長できるであろう」

「ありがとうございます!!!」

「では先に、50000円よこしたまえ」

「50000円ですか?今3000円しかないのですが、、、、」

「なら、そこらへんのイソギンチャクから奪ってきなさいよ。じゃなきゃ君はいつまでたっても2つめのままだよ情けない」

「ですよね、、、では!言って参ります!」

少年は羞恥の肉壁に包み込まれている3つめの肛門をもつ人々を次々に暴行し、一日かけて47437円をかつあげした。

よって、彼は警察につかまり警棒でしこたま殴られて絶命した。

そんな時代がきっとこの世界の歴史にはあったのだと思う。

それはもう遠い過去すぎて、ラスコーの壁画あたりにちょっと描かれているくらいだ。

しかもその絵の牛の角あたりを顕微鏡でよおくみないとみれないくらい小さい文字の伝記であるから、知っているのは漂い続ける黴びた空気と私の直観だけだ。

こんな悲劇が、われわれのけつの穴を排便にだけ使用させるように「ただ1つ」へと退化させたのである。

穴があったら入りたい。

その衝動は、何十万年前の我々の身体構造の名残である。

便秘気味の人は、その方法で、まさにこの時代に抵抗しているのかもしれない。

ピジンよ。我に力を。

YES.lascaux/hozzy

コユイ。

酒の代わりに、

コーヒーのむ量がたっぷり増えた、、。

ブラックオンリーなんでそんなに体に悪くない気がするんだけど、、。

こんな時間にまだ手元にある。

ゴールドブレンドさいこー。

家で飲むんだったら、凝ったコーヒーパックみたいなのよりインスタントコーヒーの方が好き。

なかでもゴールドブレンドは、なんか香りがたまらん気がする。

もう何年もうちでこれ飲んでるけど飽きんね。

他のとたくさん飲み比べたわけじゃないけど、もう一番でいいやって感じでも十分一番の役割を果たしてくれる。

あの新しい封を開けた瞬間の芳香は、ほんと毎度おいしい。

スタバとか行くと、なんかやっぱどうせだからっつって、コーヒー本体から遥かにかけ離れたリスとか飛び出てきそうな甘いやつ頼んじゃう。

本日のコーヒーなんて、通ぶって(※個人的見解です)頼んだの初めだけだったな。

すごいうまいけど、なんか豆挽いてしっかりしたブラックって、黒い液体感が強くないですか?

わたしだけですか。

コーヒーがそういうもんならそういうもんなんだろうが、さらりとした黒い液体感が、私の場合変な空気を体内に発生させるんです。

とてもおいしいのに、なんかゲップがでそうで出ない感じになる。

失礼。

そんでなぜか缶コーヒーだと出ない感じなのよ。

だったら缶コーヒーでいいじゃねかよこの貧乏舌が!!

って、やっぱなるじゃないすか。

なので、スタバとかで買うならとことんコーヒーみたいじゃないメルヘンな魔法がかかったやつじゃなきゃいやなのよん。

滅多にのまないけど笑。

もはやカフェインで目が冴えることなどなく、たんまりのんでも、眠くなる視界。

なんかひさびさすっげー甘いやつのみたくなってきた。

あしたリハ前に買って飲もう。

そうしよう。

YES.goldblend/hozzy

コユビ。

ネコを飼って初めて知ったんだけど、ネコの指って前足と後ろ足の数が違かったのですね。

前が5本で、後ろが4本。

はじめ気づいたとき、後ろの指が一本足んないからマジ焦った。

しかしどうやらそういうもんだったらしく、それならそれでよしと安心した。

さすがネコ。

やってくれる。

実は犬もおんなじで、後ろ足は4本指だったらしい。

実家では何年も一緒だったのにまったく気づかんかったわい。

お手するときは、いつも前足だからなあ。

つっても前足に何本指がついていたのかも、お手させてたくせに、ぶっちゃけよくわかってなかったな。

肉球までが存在を感じる限界!

数は、その限界の先に鎮座していた、触れさえできぬ問いであった、、、。

にくきゅう。

齧りたい響きだ。

そしてとうとう、うちのクレーというメス猫は、ドアを自分で開けられるようになってしまった。

しかもドアノブをおろして、押して開くドアではなく引いて開くドアを二枚突破することに成功。

人間のやることを実によく観察しているものだなと、感心した。

この猫は性格も犬のようにウェットで全然サバサバしていない。

そしてよくしゃべる。

ネコの言葉はもちろんよくわからないけど、こっちに向かってほんとしゃべってる。

ロシアンブルーという種類はボイスレスキャットって言われてるくらいあんま鳴かない静かなタイプって話だったんだけど、クレーは全然だまってない。

言いたいことがたくさんあるんだろう。

ネコ語が解ったら、逆にわかんなくなる気がするよ君のことが。

だって犬だもん動向が。

だからなんとなく理解できる感じで勘弁しておくんなさいまし。

実にウイ。

あの、お掃除ロボット「ルンバ」がすごい気になる。

すげえ「未来」みたい。

ドラえもん。

ドラえもんの手のあの丸は、何指だろう。

YES.nicucue/hozzy

コユキ。

なんかしんないけど酒を飲まなくなって一週間経った。

別に禁酒しようとか思っていたわけでもないんだけど、

なんとなくでどんくらいのまないでいられるのか、ここまできたら試してみようか。

なんか、タバコも今もうあんま吸ってない。ってかほとんど吸わなくなった。

メンバーにあった時に、タクロウとかモーリーにくださいっつって、吹かすくらい。

ああ、なんか、ちょっと自由な気分だ。寂しいな。

背のびねえかな今更。

関節が痛かった成長期になんか胸が締め付けられるよ。

おもしろ半分に自販機でビール買ったりして、風呂場でこっそりのんだりして、なにがうまいのかさっぱりわからなかったのに。

なんだい、あれは、ビールのおいしさってのは。

チェリオのライフガード。

これを超える飲み物が未来に存在するなんて、

昔の私には想像さえ出来なかった。

だってその飲み物は、苦いし甘くねえし、なによりくせぇ!

大人になった今でも、ビールの何があんなにおいしいのか、正直解らない。

酒臭い、酔った自分の顔を鏡で観るたびに、「なにやってんすか」って、、、、全然、思わない。

ぜんぜん思わない。

思わないのだ。

はずかしげも無く、我々成人は、のんで、酔う。

なあんにも、悪くない。

今や、矢張り、ライフガードよりも、うまい。

苦いとか、甘くないとか、臭いとか、だらしなくなるとか、

その効果全てが、おいしいのであろう。

とか言っても、やっぱなんでうまいのか、よく解らない。

うまいからうまいでしょう、ってことでいいで賞、を与えましょうってことでいいでしょうか。

眠いでしょう。

「つまり、お酒をいつ飲むかは、いつだって自己責任で、自由ってことでいいでしょうか」

「いいでしょう!」

つーことで、なんか飲まないでいられる今が、どのくらい続くのか、試してみよう。

「いいですか?!」

「いいでしょう!」

こんな話はそもそもどうでもよかったでしょう。

ねむーい。

BECK観た。

YES.beer/hozzy

サユキ。

雪がうっすら積もっている。

硬くて冷たそうな夜の雪。

昨日は一歩も外に出なかったけど、雪の日の寒さは、匂いがする。

部屋の中にいて、机の前でカレーパン齧ってても、雪の寒さの匂いがする。

普段は、別に匂いなんてしない。

寒いだけ。

カレーの匂いとは別の場所から、混じり合う事が無い別の角度から、石油ストーブの匂いのきつさに更に浮き立つような匂いがくる。

香りはしない、なのに匂いがする。

雪が降ると、実際外はずいぶん静かになるけど、それが関係しているのかな。

こんな日は、いつもうるさい鳥たちはどこに身を潜めているんだ。

ベンチで偉そうに寝そべっていた野良ネコは、身の引き締まった野生っぽい山鳩風のハトは、俺のミカンをちぎって食ったカラスは、最近あんまみない小さいスズメたちは、どこで静かに固まっているんだろう。

震えているんだろうか。

耐えているんだろうか。

それとも匂いに化けて、人間の鼻の奥へ入っていき、そこで暖をとっているのだろうか。

少なくとも俺は彼らの事を思い浮かべてしまった。

ならばきっと今頃、脳の中で暖をとっているのだろう。

ゆっくりしていって欲しいものだが、そろそろ俺も眠らなくては今日がこないのである。

脳の中に、雪の匂いの答えがあるのだろうか。

五感神経の電子刺激によって変換された感覚的イメージが、不完全なまま、分類不可能な地点で、不可分なまま、分離失敗、停滞したまま溶けては消え、やってきては不思議になり、溶けては、消えていっているだけなのだろうか。

この頭蓋骨の中に在るぶよぶよしたぶっとい神経の集まりに、すべては収斂されているのだろうか。

この雪の日の匂いも、寂しさも、愛情も、山鳩たちも。

硫黄の匂いを思い出す。

温泉が恋しい。

しかし俺は、脳の中になどいない。

脳の中に、そんな匂いが在るわけも無い。

俺の中に脳があり、ただ匂いが在るだけだからだ。

脳の中に、俺がいるのならば、一体誰の中にこの脳が、あるっていうんだよ。

この体は?

この意識は?

俺の体の中に脳があって、その脳の中に俺がいる。

完全に狂っている!

「おれのからだのなかにのうがあって、そののうのなかにおれがいる」

あたまいたい。

でもこれが現代の常識なんじゃないのか。

だから脳死問題が重要な論点になっているんじゃないのか。

「俺の体の中に脳があって、その脳の中に俺がいる」

「俺の体の中に」って、その「俺」ってじゃあ、一体誰なのよ?

ってなんないほうがおかしくない?

破綻、この雪の匂いも、真っ白な感覚も、破綻させて、いったんはたーーん、させて、いいのかなこりゃあ。

つまり俺は思うのである。

私は、この世界のどこにもいない。

故に、ここに、意識として、私という存在を投影できるのである。と。

どうにも物質面だけみていては、匂いの感じもよくわからないまま。

匂いを感じる鼻の中の神経。

その神経を刺激させる匂いの粒子。

嗅覚発動。

わかる。

じゃあ、このカレーパンにも負けなくらいのすーんとくる雪の日の匂いはどうなって匂いになっているんだっつうの。

匂いじゃねえんだよ。

なのに匂いみたいなんだよ。

目をつぶされねえよおれは、納得なんていたしませんわよヨ!

脳の中に俺がいる訳ねえだろバカタレが、科学者ども。

焼き肉のタレの中に俺はいるんだよ。

それをうめえってやってるところにわたしはおるんだよ。

想いとか、そういうのってやっぱ物質じゃないじゃないよ。

絶対わかりっこねえし、わかられてたまるかってよ、脳みそいじくっただけでカレーパンの味とかがさ。

物質還元主義には、辟易。

かといって、安直に、神様仏様ってのも、こっちのが嫌いじゃないけど、焼きにくくってうめえって、やっぱそういうことじゃないじゃんよ。

だから生きてるって、ものすげえんだよやっぱ。って、思えるんだ俺は。

焼き肉が「うめえ」ってなること、この感じが、どこがどうなってこうなるのか、その秘密さえ解けない深遠さが、よほど垂直に俺たちには横たわっている。

のうみそ眺めたって、脳波記録したって、絶対解らない、「うめえ」って感触、感動、質感。

だから俺は安心して俺をやってられる。

ちゃんと個別性を守られている気がするのだ。何かに。

雪の日は、神奈川出身者にとっては、やっぱりうきうきする出来事。

まだ外に一回も出てないけど。

YES.umai/hozzy