藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-30,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

コライ。

けつの穴が二個あったなら、かたいっぽには風船をねじこもう。
ぼくのおならがヘリウムだったなら、それを青いそらへと解き放とう。
髪が一生伸びなかったのなら、抜けるたびにお墓をたてよう。
三輪の野草の花と、蟻の歩幅の献辞をそえて。

このおよそ四方各15センチほどの薄弱なわが意識においては、世界の革命も、言葉とLED粒の可変にすぎずのっぺらぼう。

それよりも腹が減った。
はらがへった。
はらがえった、
はらがへった、
はらがへった
はらがへった
えらがはった
えらいはった
はらがへった
腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った腹が減った

こんだけ書いてんのに、はらが減っても、この腹が減った感じは、画面のLED粒以下に、直接的にさえ作用せず、なんらかによって腹もふくれず、一番腹立たしいのが、夕方6時くらいのTVの食い物のニュースの展開の仕方である。

どんなに腹をすかせて、こっちは一生懸命自分なり家族なり恋人なりが愛情を込めてこの時間に飯をつくっているとおもっているんだ。

できたてのコロッケが食卓に並んだ瞬間、テレビでうまそうにじゅーじゅーしたステーキ肉とか、笑顔でうつしてんじゃねーぞこら。

「こんなに良いお肉で298円!なんとまあ信じられませんねー、おいしいですぅー」

食卓のコロッケの前で、うまそうな、しかもうまそうにテレビ的にわざわざ「じゅわっとろける感」満載で箸でつまんでるだけの映像とか、よくやりますが、湯気がほんと憎らしいほどうまそうでゆるせねえ。

うまそうなステーキの映像みながらコロッケなんて食いたくねえんだよこっちは。

コロッケおいしいのに、30パーセント減しちゃうでしょうが広がり感が。

その時間に台所に立っている作り手に、敬意などないのだろう。

だからけつの穴が二個あったら、そこに風船をつけて、
ヘリウムのおならで各テレビ局にとばしてやれたらいいのになって。

マジックでゴムの表面に「夕方にはまっずそうな食いもんばっか映し続けてください、けど嫌悪感を抱かないようなレベルで。例えば給食に出たパッサパさのコッペパンみたいな無力感たっぷりなやつを希望します」って書いてとばすのだ。

けつの穴が三個あったら、「穴があったら入りたい」って極限の羞恥を覚えたときにその第三の穴に丸まるはいっちゃえば良いんじゃないか?

岩場にいるイソギンチャクを指でぐりぐりしたときみたいに、人の形もああやって丸くなって内蔵の方に引っ込めば良い。
そうしたら、「あの人は今とても羞恥の真っ最中にいるんだわ。ならば見て見ぬ振りをして、放っといて通り過ぎましょう」って一般常識人あたりならやさしく「言わない優しさ」を発現させてスルーしてくれるかもしれないし、ジェントルマンなら自らのコートをさりげなくその球体にかけて目立たなくしてくれるかもしれない。

中にはキレたやつもいるからボールみたいにその「羞恥の形態」を面白がって蹴りとばすやつも出てくるかもしれないが、そこはどの世界も同じで、常識が非常識人をバッシングするごとく冷たい視線を投げかけるであろう。
蹴るやつは、いわゆる羞恥を知らない恥さらしであって、けつの穴があっても2こ止まりのガキなのである。
3つめがないから、蹴ってごまかすのである。

そんなとき、常識的なジェントルマンは言うであろう「君よ、彼をけるのなら、私を蹴りなさい。さきほどの3つめの肛門に収まっていた羞恥状態の男性を蹴ったように、わたしを蹴りなさい。さあ、どうだい、わたしのこの4番目のけつの穴を蹴ってはみないか少年よ」

4つめのけつの穴とは、高貴なるものにしか発芽しない(第2から4までの肛門は発芽という過程を経て内部に腸への道筋を作るのである)いわゆる「目覚めた穴」と呼ばれる神聖のあかしである。

少年はたじろぐであろう。

「あなたの聖門を蹴ることによって、私は、肛門イソギンチャクに変態できるのでしょうか?!」

「さよう、君も立派な羞恥の人と成長できるであろう」

「ありがとうございます!!!」

「では先に、50000円よこしたまえ」

「50000円ですか?今3000円しかないのですが、、、、」

「なら、そこらへんのイソギンチャクから奪ってきなさいよ。じゃなきゃ君はいつまでたっても2つめのままだよ情けない」

「ですよね、、、では!言って参ります!」

少年は羞恥の肉壁に包み込まれている3つめの肛門をもつ人々を次々に暴行し、一日かけて47437円をかつあげした。

よって、彼は警察につかまり警棒でしこたま殴られて絶命した。

そんな時代がきっとこの世界の歴史にはあったのだと思う。

それはもう遠い過去すぎて、ラスコーの壁画あたりにちょっと描かれているくらいだ。

しかもその絵の牛の角あたりを顕微鏡でよおくみないとみれないくらい小さい文字の伝記であるから、知っているのは漂い続ける黴びた空気と私の直観だけだ。

こんな悲劇が、われわれのけつの穴を排便にだけ使用させるように「ただ1つ」へと退化させたのである。

穴があったら入りたい。

その衝動は、何十万年前の我々の身体構造の名残である。

便秘気味の人は、その方法で、まさにこの時代に抵抗しているのかもしれない。

ピジンよ。我に力を。

YES.lascaux/hozzy

コユイ。

酒の代わりに、

コーヒーのむ量がたっぷり増えた、、。

ブラックオンリーなんでそんなに体に悪くない気がするんだけど、、。

こんな時間にまだ手元にある。

ゴールドブレンドさいこー。

家で飲むんだったら、凝ったコーヒーパックみたいなのよりインスタントコーヒーの方が好き。

なかでもゴールドブレンドは、なんか香りがたまらん気がする。

もう何年もうちでこれ飲んでるけど飽きんね。

他のとたくさん飲み比べたわけじゃないけど、もう一番でいいやって感じでも十分一番の役割を果たしてくれる。

あの新しい封を開けた瞬間の芳香は、ほんと毎度おいしい。

スタバとか行くと、なんかやっぱどうせだからっつって、コーヒー本体から遥かにかけ離れたリスとか飛び出てきそうな甘いやつ頼んじゃう。

本日のコーヒーなんて、通ぶって(※個人的見解です)頼んだの初めだけだったな。

すごいうまいけど、なんか豆挽いてしっかりしたブラックって、黒い液体感が強くないですか?

わたしだけですか。

コーヒーがそういうもんならそういうもんなんだろうが、さらりとした黒い液体感が、私の場合変な空気を体内に発生させるんです。

とてもおいしいのに、なんかゲップがでそうで出ない感じになる。

失礼。

そんでなぜか缶コーヒーだと出ない感じなのよ。

だったら缶コーヒーでいいじゃねかよこの貧乏舌が!!

って、やっぱなるじゃないすか。

なので、スタバとかで買うならとことんコーヒーみたいじゃないメルヘンな魔法がかかったやつじゃなきゃいやなのよん。

滅多にのまないけど笑。

もはやカフェインで目が冴えることなどなく、たんまりのんでも、眠くなる視界。

なんかひさびさすっげー甘いやつのみたくなってきた。

あしたリハ前に買って飲もう。

そうしよう。

YES.goldblend/hozzy

コユビ。

ネコを飼って初めて知ったんだけど、ネコの指って前足と後ろ足の数が違かったのですね。

前が5本で、後ろが4本。

はじめ気づいたとき、後ろの指が一本足んないからマジ焦った。

しかしどうやらそういうもんだったらしく、それならそれでよしと安心した。

さすがネコ。

やってくれる。

実は犬もおんなじで、後ろ足は4本指だったらしい。

実家では何年も一緒だったのにまったく気づかんかったわい。

お手するときは、いつも前足だからなあ。

つっても前足に何本指がついていたのかも、お手させてたくせに、ぶっちゃけよくわかってなかったな。

肉球までが存在を感じる限界!

数は、その限界の先に鎮座していた、触れさえできぬ問いであった、、、。

にくきゅう。

齧りたい響きだ。

そしてとうとう、うちのクレーというメス猫は、ドアを自分で開けられるようになってしまった。

しかもドアノブをおろして、押して開くドアではなく引いて開くドアを二枚突破することに成功。

人間のやることを実によく観察しているものだなと、感心した。

この猫は性格も犬のようにウェットで全然サバサバしていない。

そしてよくしゃべる。

ネコの言葉はもちろんよくわからないけど、こっちに向かってほんとしゃべってる。

ロシアンブルーという種類はボイスレスキャットって言われてるくらいあんま鳴かない静かなタイプって話だったんだけど、クレーは全然だまってない。

言いたいことがたくさんあるんだろう。

ネコ語が解ったら、逆にわかんなくなる気がするよ君のことが。

だって犬だもん動向が。

だからなんとなく理解できる感じで勘弁しておくんなさいまし。

実にウイ。

あの、お掃除ロボット「ルンバ」がすごい気になる。

すげえ「未来」みたい。

ドラえもん。

ドラえもんの手のあの丸は、何指だろう。

YES.nicucue/hozzy

コユキ。

なんかしんないけど酒を飲まなくなって一週間経った。

別に禁酒しようとか思っていたわけでもないんだけど、

なんとなくでどんくらいのまないでいられるのか、ここまできたら試してみようか。

なんか、タバコも今もうあんま吸ってない。ってかほとんど吸わなくなった。

メンバーにあった時に、タクロウとかモーリーにくださいっつって、吹かすくらい。

ああ、なんか、ちょっと自由な気分だ。寂しいな。

背のびねえかな今更。

関節が痛かった成長期になんか胸が締め付けられるよ。

おもしろ半分に自販機でビール買ったりして、風呂場でこっそりのんだりして、なにがうまいのかさっぱりわからなかったのに。

なんだい、あれは、ビールのおいしさってのは。

チェリオのライフガード。

これを超える飲み物が未来に存在するなんて、

昔の私には想像さえ出来なかった。

だってその飲み物は、苦いし甘くねえし、なによりくせぇ!

大人になった今でも、ビールの何があんなにおいしいのか、正直解らない。

酒臭い、酔った自分の顔を鏡で観るたびに、「なにやってんすか」って、、、、全然、思わない。

ぜんぜん思わない。

思わないのだ。

はずかしげも無く、我々成人は、のんで、酔う。

なあんにも、悪くない。

今や、矢張り、ライフガードよりも、うまい。

苦いとか、甘くないとか、臭いとか、だらしなくなるとか、

その効果全てが、おいしいのであろう。

とか言っても、やっぱなんでうまいのか、よく解らない。

うまいからうまいでしょう、ってことでいいで賞、を与えましょうってことでいいでしょうか。

眠いでしょう。

「つまり、お酒をいつ飲むかは、いつだって自己責任で、自由ってことでいいでしょうか」

「いいでしょう!」

つーことで、なんか飲まないでいられる今が、どのくらい続くのか、試してみよう。

「いいですか?!」

「いいでしょう!」

こんな話はそもそもどうでもよかったでしょう。

ねむーい。

BECK観た。

YES.beer/hozzy

サユキ。

雪がうっすら積もっている。

硬くて冷たそうな夜の雪。

昨日は一歩も外に出なかったけど、雪の日の寒さは、匂いがする。

部屋の中にいて、机の前でカレーパン齧ってても、雪の寒さの匂いがする。

普段は、別に匂いなんてしない。

寒いだけ。

カレーの匂いとは別の場所から、混じり合う事が無い別の角度から、石油ストーブの匂いのきつさに更に浮き立つような匂いがくる。

香りはしない、なのに匂いがする。

雪が降ると、実際外はずいぶん静かになるけど、それが関係しているのかな。

こんな日は、いつもうるさい鳥たちはどこに身を潜めているんだ。

ベンチで偉そうに寝そべっていた野良ネコは、身の引き締まった野生っぽい山鳩風のハトは、俺のミカンをちぎって食ったカラスは、最近あんまみない小さいスズメたちは、どこで静かに固まっているんだろう。

震えているんだろうか。

耐えているんだろうか。

それとも匂いに化けて、人間の鼻の奥へ入っていき、そこで暖をとっているのだろうか。

少なくとも俺は彼らの事を思い浮かべてしまった。

ならばきっと今頃、脳の中で暖をとっているのだろう。

ゆっくりしていって欲しいものだが、そろそろ俺も眠らなくては今日がこないのである。

脳の中に、雪の匂いの答えがあるのだろうか。

五感神経の電子刺激によって変換された感覚的イメージが、不完全なまま、分類不可能な地点で、不可分なまま、分離失敗、停滞したまま溶けては消え、やってきては不思議になり、溶けては、消えていっているだけなのだろうか。

この頭蓋骨の中に在るぶよぶよしたぶっとい神経の集まりに、すべては収斂されているのだろうか。

この雪の日の匂いも、寂しさも、愛情も、山鳩たちも。

硫黄の匂いを思い出す。

温泉が恋しい。

しかし俺は、脳の中になどいない。

脳の中に、そんな匂いが在るわけも無い。

俺の中に脳があり、ただ匂いが在るだけだからだ。

脳の中に、俺がいるのならば、一体誰の中にこの脳が、あるっていうんだよ。

この体は?

この意識は?

俺の体の中に脳があって、その脳の中に俺がいる。

完全に狂っている!

「おれのからだのなかにのうがあって、そののうのなかにおれがいる」

あたまいたい。

でもこれが現代の常識なんじゃないのか。

だから脳死問題が重要な論点になっているんじゃないのか。

「俺の体の中に脳があって、その脳の中に俺がいる」

「俺の体の中に」って、その「俺」ってじゃあ、一体誰なのよ?

ってなんないほうがおかしくない?

破綻、この雪の匂いも、真っ白な感覚も、破綻させて、いったんはたーーん、させて、いいのかなこりゃあ。

つまり俺は思うのである。

私は、この世界のどこにもいない。

故に、ここに、意識として、私という存在を投影できるのである。と。

どうにも物質面だけみていては、匂いの感じもよくわからないまま。

匂いを感じる鼻の中の神経。

その神経を刺激させる匂いの粒子。

嗅覚発動。

わかる。

じゃあ、このカレーパンにも負けなくらいのすーんとくる雪の日の匂いはどうなって匂いになっているんだっつうの。

匂いじゃねえんだよ。

なのに匂いみたいなんだよ。

目をつぶされねえよおれは、納得なんていたしませんわよヨ!

脳の中に俺がいる訳ねえだろバカタレが、科学者ども。

焼き肉のタレの中に俺はいるんだよ。

それをうめえってやってるところにわたしはおるんだよ。

想いとか、そういうのってやっぱ物質じゃないじゃないよ。

絶対わかりっこねえし、わかられてたまるかってよ、脳みそいじくっただけでカレーパンの味とかがさ。

物質還元主義には、辟易。

かといって、安直に、神様仏様ってのも、こっちのが嫌いじゃないけど、焼きにくくってうめえって、やっぱそういうことじゃないじゃんよ。

だから生きてるって、ものすげえんだよやっぱ。って、思えるんだ俺は。

焼き肉が「うめえ」ってなること、この感じが、どこがどうなってこうなるのか、その秘密さえ解けない深遠さが、よほど垂直に俺たちには横たわっている。

のうみそ眺めたって、脳波記録したって、絶対解らない、「うめえ」って感触、感動、質感。

だから俺は安心して俺をやってられる。

ちゃんと個別性を守られている気がするのだ。何かに。

雪の日は、神奈川出身者にとっては、やっぱりうきうきする出来事。

まだ外に一回も出てないけど。

YES.umai/hozzy

チヌキ。

さっき「冷たい熱帯魚」という映画を見てきた。

テレビじゃ絶対放送できない内容に、映画って形はやっぱ必要なんだなと思った。

人間はよくわからん。

自分の心もよくわからん。

ひどく残虐な映像も、行き過ぎると、笑いに変わってしまう。

真面目に、凄惨な映像を見せられると、なんでかおかしくなって吹き出してしまう。

この映画はR18で、痛くて怖くてエロくてグロかったんだけれども、2回くらい僕は笑ってしまった。

その3倍くらい痛かったのに。

全体通してすごい見応えがあった。

当分レバー食いたくねえ。

気迫入ってました。

怖いし気持ち悪いので皆さん全員にはおすすめはできませんが、そう言うの好きな人にはずいぶんダメージ与えてくれるかもです。

デートなんかで行っては絶対ダメよ。

一人でネ。

YES.cold fish/hozzy

サヌキ。

げんきがあればなんでもできる。

なんでもできる。

わけもなく。

げんきなのに。

豆が嫌い。


そろそろ節分の季節ですが、あのマメ食って喜んだ記憶が無い。
投げるのはそら、気持ちいいですが、食ってもおいしいですかな。

マメ作ってる方には申し訳ないですが、マメ嫌い。

酒のつまみの枝豆。

全然、お通しで出ても、食わない。

予定調和的に誰かが頼むでしょ店で。

絶対自らむいたりしない。

たまにしょうがなくつまんでみたりするけどモサモサする。

大豆を畑の肉とか言ってるけど、だったら俺は本物の肉を食いたい。

肉が食いたい。

にせ肉などいらん。

たいして健康具合なんて変わりゃあしねえだろ。

ガムかんで間違えて飲んじゃったぐらいの差でしかないだろ。

動物性か、植物性か。

いっとくけど、サンゴは、動物だよ。

光合成するけど、動物なんだよ。

やつら、死んだら、ちゃんとすげえ匂いなんだよ。

野菜みたいに上品ではないんだよ。

俺は牛をぶっ殺して食う方が良い。

大豆でタンパク質とってなんか「いいことした」みたいなゲップ抑えて屁が出そうなクソイデオローグ小脇に抱えてウンコ便器におとしたくねえ。

肉食った方が気持ちいい。

野菜バー行くくらいなら、断食を本気で修行的にした方がいい。

なのに、納豆は大好きなんだよ。

水戸の納豆とか、響き聞くだけで涎でてくるんだよ。

なんで。

どうなってんだろう。

大豆と、納豆の違いって、すごい全然違うと思うんだけど、同じ「大豆」って、「マメ」っていったら一緒なのに、大豆は嫌いで納豆はすごい好きなんだよ。

理屈はくそなんだよ。

小豆なんて食いたくないけど、お汁こは大好きなんだよ。

おはぎは好きじゃないけど、赤福は大好きなんだよ。

うどんは好きじゃないけど、「さぬき」って言葉が入るとおいしそうになるんだよ。

よくわかんねーよ。

マメデザインって、水槽やってる人なら一度は聞いたことあるメーカーなんだけれども、

ここのマメオーバーフローって製品のせいで、水槽が大洪水になった経験があるのよ。

下の階まで、水がいっちゃったのよ。

ほんと階下の方にご迷惑をおかけしてしまった事があるのよ。

だから、マメが嫌い。

もうそれでいいよ。

YES.cusomame/hozzy

タヌキ。

5年前、高架線路の斜面の芝生もどきに、自殺しそうな狸を見た。

3年前、バスの帰宅経路の端っこに狸の死骸を見た。

去年、ちいさい狸が、どぶに続く側溝の隙間に入っていく姿を見た。

おととい、どんべいの狸蕎麦が食いたくなった。

そして昨日、新発売のカップ焼きそばを食べた。

狸蕎麦はかわいそう。

狐蕎麦の油揚げに対抗するような、無理矢理な強引さが感じられる。

狸と、てんかす、って。

たぬきって、どんな味なのかな。

決まってるだろう。

てんかすの味だよ。

てん。

という動物がいる。

てん、と、たぬきは、昔ながらの化け物仲間。

狐もばけもの扱いされるように。

てんは、狐も狸も上回った妖力を持っていたらしい。

だから狸は、「てんかす」なのだ。

てんの、カス。

てんかす乗っけた蕎麦がタヌキって、なんら不思議な事はないんですね。

って、こんなでっち上げ、信じちゃ駄目よ。

僕の勝手な持論。

さらに、妖力順で言うと、

キツネ→タヌキ→テン

らしい。

なんだかこれが嘘みたいに世の中にあるぼが稲荷神社ばかりなのはなぜだろう。

一番弱いキツネばかりをまつるわけは?

テンの神社なんて、少なくとも俺は知らない。

おそらく、悪かったんだろうね。

キツネはまだユーモアがあったんだね。

タヌキは、肥後で猟師にやっつけられすぎたんだね。

そして、現代では、溝においやられたりして他のなんかに化けている。

年始に小田原に帰ったら、シカに注意の看板が飯泉橋の手前にたててあったけど、あれタヌキだよ。

だって、あんなに交通量がまあまあなところにシカがなんででんだよ。

絶対下水道から変身してきたタヌキだよ。

タヌキが、怒ってシカになったんだよ。

キツネほどに信仰されず、テンほどに強いわけでもない。

内側に向かい続けたストレスが、彼をシカにしてしまったんだな。

町でシカを見たら、気をつけよう。

タヌキのおじさんだからねそれ。

YES.shimashima/hozzy

エノキ。

きのこが嫌いな人はいる。
きのこが大好物な人もいる。

寡黙な人もいれば、
おしゃべりな人もいる。

つまらんギャグを言う人もいれば、
カッコいいギャグを言う人もいる。

なにをかいわんや。

タンドリーチキンである。

俺の育った環境に置いては、インドでしか食った事ねえ、響き重視のチキン(んなこたねえよ、うまそうな言語だけど)

タンドリーってなんですか?

香辛料と、ぱりぱりって感じ?

お前がいつか吐いた、ゲロの、匂いだ。

水道に親近感を覚えた、部活動の後の、汗の、脇の、カマスの匂いだ。


首が、フォールデング。

Jかじゃかじゃかじゃか。

右目だけで、打ってるよ。

それでいいのだ。

完璧良くねえ。

左目があかない。

眠すぎる。

ううううううううううう

うさぎ

YES.totyuudeotitemoorehacolumno

アノキ。

真冬の公園で、セミの抜け殻を発見した。
なんかちょっとびっくりした。
夏からずっと雨風をしのげるものなのか。
しのげるものなのですね。
この木の上の方見たら、この抜け殻がくっついてる側の、空に対して裏側の部分に、ちらほらまだ夏かのようにひっついていました。
何回かすげえ暴風あったんだけど夏から。
すごいですね、セミの爪って。
力強し。

YES.kokage/hozzy