藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-36,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

ホイミ。

呪文が使えたらなー。
肩こりなんてすぐなおるのになあ。
ずっと座って作業してると肩が持ち上がってくる。
へんな力が加わってくる。
重力は下なんだから、抵抗しなきゃいいのに肩はパンクなんだな。
鋲ついてんじゃねえかこの堅さ。

来月になったらまた鍛えねえとな。
野音楽しみだな。

やっと歌詞がまとまってきた。
俺に何が言えんだろうってよくよく悩んじゃったよナハハ。

ぐるぐるぐるぐるグルこさみーん。

YES.slime/hozzy

月より遠い場所。

ああそうです。
迷ってるってことは、君が今目を泳がせてるってことは、少なくとも今に疑問を抱いているからだ。
ほんとにくだらねえ奴らはそんな疑問さえ抱かない。
うみを出すことはきたないことか?
うみが出るって何だ。
傷口に対する抵抗だ。
はっきり言ってうみはきたねえよ。
ぐちゅぐちゅしていてみてらんねえ。
でもうみを「出すこと」は汚くねえだろ。
うみがなかったら、そこは腐って死んじまうだろう?
かさぶたにもなんねえでごまかしてたら自分の一部が外れちまうだろう?
だからうみを出して綺麗になるんだ。
再生するんだ。

なんてぺらぺらな回答!!!

しかし悩むってことはそう言うことだ。
かましてやれよ、傷口によ。
だから俺はきたねえもんが大好きだよ。
綺麗なふりしてるもっときたねえもんよりよ。
傷は消えないかもしれないけどよ、
少なくとも責任は果たせるよ。
自分自身によ。
だから自信を持って膿みをぐちゅぐちゅしちまえよ。
消毒ばっかしちゃだめだよ。
ってテレビでもやってたよ。
なおりにくくなるんだって今の医学の常識だと。
俺らは傷つくから再生する能力が体に備わっているんだ。
傷つかない完璧な存在ならばそんな機能いらねえんだろうからよ。
体も俺や君が知りえない自分自身の存在も、そうやって想定されてできているんだよ。
君は君の何を知ってる?
俺はぜんぜんわかんねえよ。
頭で考えて言葉で喋ってるからにはわかんねえよ。
その土台のこの俺の存在は、なにも言わずに再生と消滅を絶妙なバランスで繰り返していてくれているんだよ。
そっちの方が自分自身だろう。
脳みそが何だ。
体の一部だろう。
もっと全部が自分自身だろう。
心はそこの全部に宿っているに決まってるだろう。
思考じゃ当然追いつかないものだろう。

鼻水出るたんびに思うんだよ(まだ花粉がある気がする)
俺たちが絶望や愛を問題にする時、結局ほんの一部分でしか物事を考えられないようになっているって滑稽さ。
脳みそで考えてるんだったら、ほんと全体の一部分の神経の集まりでしか捉えようとしていないってことだろうがよ。
うみは勝手に出るんだよ。
とめさえしなけりゃでるんだよ。
脳みそがそれを阻害するんだよ。
だから不純になっていくんだよ。
間違った気になってきてしまうんだよ。

歌詞考えてたらこんな気分だよ。
結局脳みそ経由の言葉の操りには、全部をとらえる機能が足りないんだよ。
でも知ってる。
体は知ってる。
それは魂と置き換えても良いかもしれない。
それを脳みそは魂と呼ぶか否かについてまた判断を下していくんだよ。
時勢として変に宗教的じゃないかどうか、問題ないかどうか、判断していくんだよ。
まったく面倒くせえよ。

酒呑むとさ、
とまんねえんだよパッションが。

ずっと闘っているんだよ。
心が破壊されないように理屈をこねているんだよ。
脳みそでさ。
だからもっと全部を使わなきゃって思うんだよ。
これはどっち。
心?脳みそ?

まだまだ思考を深められるスタミナを鍛え続けて溜め込んでいるのよ。
まだ表面だよ。
脈絡あるもの。
言語になっているもの。
伝えようとしているもの。

ディープブルーって映画さっきみた。
すげえ良かったッス。
海の中は半端じゃねえな。
コククジラのこどもの体色が気になった。
お母さんはフジツボだらけ。
シャチはグルメ。
イワシタワーは餌。
人間も放り込まれたらただの餌。

あんなにすごい映像を人間は撮れるのに、餌にもなっちまうのよね。
人間以外は全部地球の役に立っている気がしてしまった。
餌になったり、浄化したり、生物多様性を深めたり。
人間は何を与えてるんだろう。

思いつかなかった。

奪い続けてなんで人間がこんなことなっているんだろうね。

だれにも、他の生き物にも文句も言われず、王様道まっしぐら。

だって!

にんげんだもの!!!!

よくわかんねーけど、よくこの生存競争の頂点に登り詰めたよな。
すげーよ。
なにがあったんだろう。
人間がこんなに自由になったきっかけって。

俺の部屋に新たにサイフォン式オーバーフロー水槽を設置した。
危険を伴う装置だ。
でもかっこいい。
ザコ水槽はたたむ。
海水水槽だ。
丘の上で海。
恐ろしい人間パワー。
サンゴを飼うんだぞ。

それを見て、ビール飲んで、人間をして、愛について考えるのだ。

海神様、私を許して下さい。

YES,leviathan/hozzy

ニャーダルピナコ。

ピニャコラーダ。
南の島のカクテル。

カクテルなんて普段絶対飲まないけど、たまにバーとか行くと頼んでしまう。
ココナツとパインとあとなんか酒。ヨーグルトみたいな乳製品系も入ってるような味わい。
はいってねえのかな。
ココナッツかな。
よくわからんが、日本の夏にはまずあんまあわねえ飲み物。
しかし、風を感じたいとき。
さわやかになりたいとき。
青い空と海を想像したいとき。
むなしくなったとき。

冬にだってのみたくなってしまうのです。

きっかけは村上春樹の「ダンスダンスダンス」

うまそうに主人公がハワイで飲んでいるんだもの。
ハワイなんていったことないけど、
俺も飲んでみたかったんだもの。
のんだらうまかったんだもの。

おれにはにあわないかな。

おれもそうおもう。

けど夏大好きなのよ。
一番すき。

南の島にいきてえなー。
心からパーになりてえなー。
口開けてカモメとかに目を細めてえなー。
イルカ触りたいなー。
クジラのフジツボとってあげたいなー。

仕方が無いから、鏡月飲んで曲つくって水槽見て南に隠れた月を眺めるぜ。

曲作りは行き詰まるとどうしようもねえな。
何作ってんのかわかんなくなってくるぜ。
もう空が明るくなってきてるよ。
朝が早くなってきてる。
日が沈む方向も随分北側に上がってきてる。
住宅街の明かりがすっかり消えてる。
なのにさびしいってか、むずがゆい感じ。
また地面から顔を出す小動物みたいなむずがゆさ。
こんなにたくさんの生活がベランダから見える。
なんか変な気分。
大津波が起きてもここら辺は沈まないな。
海抜高いだろうしな。
つーか南の島にいきてえ。
ビーチでピニャコラーダのみてえ。
平和ボケっつーか人生ボケしてえ。
かっくらってねむりてえ。
まあそれはこれからするぜ。

もう朝だ。

寝てまた頑張ろうかな。

きたぜ5/28。
歴史上一回こっきりの一日。
毎日の単なる一部。
なんも特別じゃないけど、夜は明ける。
だけど今日は、オンリーワン。
夜が明ける。
明けてるね。

YES.beach/hozzy

蛍の光。

すきな魚。それはアフリカンランプアイ。
これまで何種類かの魚どもを飼ってきたけど、No.わんわんはランプアイ。

一体これまで何匹の魚を殺してきたのだろう。
食った総数も合わせれば計り知れない命をわたしは奪ってきた。

そのうち何百匹かは好奇心のために死なせてきた。

何千匹かを嗜好のためにこの先も、幸福のために食べていくのだろう。

マグロ大好き、アジまあまあ好き、ブリの子供から大人まで良く食うわな魚民で、シラスを食う、ししゃもをあぶり食う。

命とは何かを人に示す時、子供に示す時、その線引きは非常に重要になってくる。

食卓に並ぶものを命とは思わないし、思いながら食いたくねえし(まずくなる)、意識したところで俺は(君は)食い続けなくてはならない。
それは必要最低限の栄養素を得るとかそんなことじゃない。
おいしものを、好きな人と、もしくは一人で穏やかに、リラックスできる空間で、食べる現代的文明文化!
良い食事とは、そう言うもんだろうって世界の先輩たちは言うのである。
ジャパンも、半歩遅れてそう気取るのである。

なのに、エコとかうだうだ言うのも先進国である。
リラックス云々言ってたと思うと、今度は贅沢が極まって、早々摂生だ。
なんて贅沢の裾の甘噛みだ。
eco!
エコ!


なんでこんなにこの響きにむかつくんだろう。

いいことなのになんでこんなにいらいらしちまうんだろう。

地球が美しく、正常に、清浄に、保たれることには大賛成だし俺も頑張りたい。
なのに、ECOとか言われるとぶっ壊したくなるんだよ。
どうでもいいかから破壊したくなるんだよ。
しったこっちゃねえ馬鹿野郎ってなっちまうんだよ。
洗剤どばどば流してえよほんとに。
もったいねえからやらねえだけだよ。
庶民の生活だよ。
税金たけえんだよちくしょう。
ああ、なんて俺は、いち市民!
破壊力がないよね。
みず流しっぱなしは良くないよね。
冷蔵庫はすぐしめよう!
くそみてええだぜ!
あははははん!
なにがれいぞうこだばかやろう!!!
俺の支払いが多くなるだけだろうが馬鹿やろう!!!!
払ってやるよくそやろう!!!!!!
けどもったいないのはもったいないんだよこのやろう!!!
それが生活なんだよばかやろう、
おれが保証してやるよ。
生きるってのは贅沢しながら文句を言うことなんだよ。
対峙できそうも無い問題ばかりがまきあげられて、それを見据える脳みそも無くて「頭ぽんぽんでーーーーーーーーーーーす!」て自覚しねえでテレビ見ながらテレビに文句言ってる歯並びの悪さ、その照明に反射する光、そんなリアリティーなんだよ。
でもそれが現実なんだよ。
いくらおべんちゃらたてても!
きぼうをたてても!!
うめえこといおうとしてても(おれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!いままさに!!!それでーーーーーーーーーーーーーーーーーーす!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)
この空気感を切り裂けるのはおまえしかいねえんだよ。
なあ、きりさいてくれよ。
そこから良い風をながしてくれよ。

アフリカンランプアイが俺は好きだな。
だってな、目だけが青いんだもん。
他はくっそ地味なのに。
目以外はただのメダカだぜ。

目が青いから熱帯魚市場に出回ってるだけなんだぜ。
それを俺はインターネットで買ってるんだぜ。
お手軽にポイント値引きしてもらったりしているんだぜ。

生き物をそうしてるのに、わくわくしてるんだよ。
商品だからね。
それさえ認識してないし、考えようともしてないからね。
だから到着までわくわくしちゃうね。
喜んで振り込んじゃうね。
サンゴも買っちゃうね。
海がどうなるとかかんがえもしねえで買っちゃうね。
水槽のことばかり考えちゃうね。

そしてオカムラたかしの沖縄の映画とか見て、安易に反省とかしないようにしなくちゃね。
ある意味罪を請け負って楽しまなくてはね。
罪悪感を背負わなくてはね。

クジラはまずいから食いたくない。
だから別にシーシェパードとか頑張ってって感じでBSE以下に、危機感も無い。
安い牛丼なら喜んで食べちゃうし、気取った有機野菜なんかは買いたいとも思わねえ精神だぜ。
クジラは友達。
YES友達。
イルカはかわいい。
だから殺さないでね。

マグロはおいしい。
だから黒マグロの水揚げ禁止になんてしないで下さい。
ていうか黒マグロなんて意識して食ったことないからよくわからないんだけど(高級らしいね)マグロはおいしいから規制しないで下さい。
多分食ったことなんてないんだろうけど、地中海よジャパンに肉を与えたまえ。

だっておいしいんだろう。

クジラとかは別に良いです。
食べてもおいしくないし、ほ乳類で仲間なのだから!!

うまかったら別だけどな。

要はそう言うことだろう。

言い方は悪いけど。
そういうことだろう。

YES.poropanchax normaniaplocheilichthys normani/hozzy

ブーストウォーター。

やはり水は素晴らしい。
萎れて朽ちかけていた植物を大きい鉢に植え替えて、コツコツ少しずつ水与えてたらしっかり復活して元気になった。
鉢が狭くて根腐れ起こしかけていた。
もうあきらめてた分、この復活は実に感動的であります。
落ちた花も、別の茎からまた咲き始めている。

水ってすげえな。
かっこいいな。

音楽も植物に影響するって聞いたことありませんか?

クラシックなんか聴かせると聴かせていない状態に比べてよく成長するそうです。
音が鳴ってるスピーカーの方に蔓が伸びていったなんてのも聞いたことがあります。

ロックは駄目なのだそうです笑。
成長がゆっくりになってしまうのだそう。

植物たちはやはり植物らしく保守的な性格をしているのだな。
けどなんか雑草とかはロック聴いたらぐんぐん伸びそうな気もするけどな。
うるさいとこにもいっぱい生えてるしな。
反骨精神にびりびり刺激与えそう。
たぶん音楽と植物の実験は、有意義な植物を相手にやってるだろうから、雑草で実験した人はいないだろうな。
それやったら新発見があるかもな。
けど俺もそんな暇じゃねんだな。
音楽作んなきゃな。

部屋にざっと8種類の地上の植物がある。
彼ら(彼女らは)は俺はやわには育てないぜ。
ロック聴かせながら育てるぜ。
クラシックはたまのおやつ程度だぜ。
つーか音楽作りながら、一緒に成長していくぜ。
俺の音楽なんてなくても彼らは成長していくのだろうけど(さみしいね!)、水をしっかり与えていれば大きくなっていくのだろうけど(水最高!)、いつか心の交流をかわしたいものだね。
植物と話していたらちょっとヤバいけど、なんか魚よりかは会話ができそうな気がしないかい?
オーラがある気がする。
特に復活したスパティフィラム。
植物をあまりかわいいとか思わないけど、映画の「レオン」でジャンレノが植物を友達のように扱っていたあの感じが昔より解ったような気がする。
友達までは行けないだろうけど笑、なんか親密にはなれそうだ。

植物に「心」はあるのかな。

心は脳みその中にあるって、近頃はそれが定説みたいになってるけど、植物に心があるってたくさんの人が思っているのなら(感じているのなら)、心は脳みそには無いってことになる。

だって植物には脳みそないもん!

やっぱり植物には心はないのかな。

どうなんだろう。

とりあえず、俺にパワーをくれ。なんでもいいから曲作りのパワーをくれ。
ちゃんと水をあげるから、生命力をちっと分けてくれ。
オラに元気を分けてくれ。
でっかい元気玉をうたせてくれ。

そしてロックで乾杯しよう!
脳みそのいらないわたしたちの空間で乾杯しようじゃないか!!
なあ、友人たちよ笑!

YES.spathi/hozzy

マナヅルンドリーム。

前回は乱れました笑。

失礼しました。

なんせネコ飼ったものだから空気清浄機どうしようか考えていたもんでね。
ネコの毛でアレルギーとかシャレになんねーからね。
除菌より集塵重視で選ばなきゃね。
したらフィルターの謎で悩んじゃったのでした。
そして実験とは何なのか頭が痛くなったのでした。

水槽上部の水耕栽培が以外に調子良く行っちゃってるから、逆にがっかりしてるのかもしれない。
もっと予測不能を求めているのかもしれない。
ナメクジとか大量発生とかしてほしいのかもしれない。


クラゲの夢を見た。

真鶴の港にクラゲを探しにいく夢だ。
網ですくっちゃいけないのに(傷つくから柄杓的なものですくうのがセオリー)
網を抱えてバケツも持たず探していた。

結局沖の方に大量に浮かんでるのがみえたけど(多分ミズクラゲ)、こっちにいないのよ。

やきもきしてたら日が暮れて、大波に最後港が沈むという夢だった。

まだまだクラゲが遠いということだ。

クラゲ飼うようの水槽を自分で作ろうと思う。
何ヶ月かかけて作ろうと思う。

これから今日は岡山に向けて出発です。
あしたからまたツアーの続きよろしくね~。

YES.manaduru/hozzy

無重力を愛する生活。

空気清浄機とかの

「フィルター交換10年不要!」

とかってどういう根拠なんだろう。

いつも不思議に思うんだ。

缶詰とかの賞味期限も長ければ長いほど不思議に思う。
そう思わないかい笑?
本当にその期間放置してチェックしたならもの凄い忍耐力だ。
というより修行だ。
そんなことしてる間に製品自体が時代遅れになってしまわないのかな。
豆撒いて数年後に芽が出ない可能性だってあるのに。

だとしたら今あるサバ缶とか奇跡じゃん。

けどさ、そんなやり方でやってるはずねえよな。

今はやってる空気清浄機が10年以上前から現代に向けて企画されていたとしたら、しかもその時点からフィルター交換の不要性を売りに計算されていたとしたら、既にその会社は世界を支配してるって言えんじゃねえか。
完全にコントロールに成功している。

しかし、

そんなはずねえよな。

じゃあどうやってその年月を割り出してんだ?

耐荷実験みたいのときどきテレビで見るけど(イスとかを機械で何回も押したり揺らしたりしてるやつ)あれで年月を割り出してやしねえよな?

だってあれで時間の経過を計れる分けねえよな??

10年間でこんくらいの圧力を受けるだろうから短時間で同じ圧力をかけてテストするってことならば、とんだくそテクノロジーだ。

圧力鍋使ったシチューみたいだ。
電子レンジであっためたご飯みたいだ。
ステロイドで作った筋肉みたいだ。
なんでも除菌の現代的思考のようだ。
10回に1回ぐらい笑えるコントみたいだ。
効きゃあしねえサプリメントみたいだ。

全部曖昧だ。

それらしいけど、どれも空気を含んでるみたいに軽い。
深イイとか、実に軽い。
文章になった俺も実に軽い。
何もかもが軽い。
重いのも敬遠したくなるような「まあまあまあ」的精神に冒されている己の立ち位置も実に軽い。
軽さに迎合している一歩引いた感じがしっくりきはじめている今が、正に、実に軽い。

ほんとのことなんてなんもわかんねえよ。

深かろうが軽かろうが馬鹿みてえだ。
俺はそんなんじゃ涙なんか一滴も流れない。
流れていくのは悲しきパッションだけだ。
いく当ての無いパッションだけだ。

文句垂れたいだけなのかな笑。

だってここは俺のコラムだからな!

そもそもそっから書き始めて5年間、何書いてんだか未だに良くわかんねえ。
筋とおるように書くのが難しい。

だって大抵酔っぱらって書いてんだもん5年間ずっと。

吞んでねえときに文章なんて書きてえなんてちっとも思わねえよ。
なにも言いたくねえしよ。
自分に言いたいことだけがたんまりあるにすぎねえんだよ。
誰に言ったってよ、結局「10年間フィルター交換不要!」のパッセージ以下なんだよ。
なんだか疲れちゃった。
真面目に文章書いてるっすいつも。

一応真面目なんだぜ笑。
これでも社交的にしようとしてるんだぜ。
こんな態度だから誰も雇ってくれなかったんだぜ。
未だにトラウマだぜ面接とか。

何話すんだよ嘘を。
おべんちゃらを。
くそみてえな世間話を。
やりたくねえことやりたくねえって言っちゃわりいかよ。
それでも働きてえっていっちゃわりいのかよ。
おれは真面目だぜ。
物覚え死ぬほど悪いけどな。
真面目に対面してるつもりだぜ。

「まあまあまあ」

そうやってわかんなくなっていくんだぜ。

根っこなんてはれやしねえ、パッションはここにあるのに。

やさしさと、「まあまあまあ」は遠く違う。

おれやさしくなりたい。
本当そうなりたい。
どうやったらなれんのかな。

「10年間交換~…………」に疑問を持たなくなったら優しくなったことになるのかな?

ゲロはきそうだぜ。
吞み過ぎたぜ。

世界の「すべて」を愛するより「1%」を強く愛せる方がいい。
なんで全部愛せるのか。
それが素晴らしい「感じ」がするのはよくわかる。
だって解りやすいし「全部」ってすげえもんな。

でもよ、ちょっと待ってくれよ、1%って実はすげえんだぜ。
地球の総面積が509,949,000km²らしいのだが(もうよくわかんねえ)、この1%ってすげえだろ。
人間の数にしてもだいたい6800万人だぜ。日本の人口の半分以上だぜ。そんだけ愛したらすげえ人間だろうがよ。

きやすく1%とか言ってんじゃんーヨな。
無理でしょ1%なんか。
それ以下でしょわたしのスケールなんか。

「まあまあまあ」

うざってえな。

実験なんて、その結果なんて、どうでもいいんだよ。
その瞬間心が安心する紙切れのインクの現実的表現。
それが力強い形を取っていてくれてればそれでいいんだよ(クソみてえだな)
10年後には、10年前の細かいことなんて忘れてるし、新しい雰囲気に満ちあふれているし、文句言うより買い替えた方がテンション上がるしなあきっとさあ、ファック。

気分がいい方が良い。
酔っぱらって麻痺させて死ぬように眠ろう。
もう何年目だろうこのパターン。

昨日がいつだかわからない。

YES.1%/hozzy

重力を愛するフィギュア。

猫の名前を決めた。

画像の絵を見てその絵が誰か分かったなら、あなたはかなり絵画好きであると思う。
画家の中で特徴的と言えばそうだけど、絵がうまい中学生がこれ描いたっていったらそう見えてしまわないかいコレ笑?

キャンバスに水彩画的色彩を描くこの絵の作者は誰だ。


パウルクレー!

大好きなのよこの人の絵。

なんか水みたいに親しげで。

この人のブロックみたいな抽象画も好きだけど、幻想的なイマジネーション画も好き。
鳥が落下してるみたいな、もしくはロボットがゆったり魂をもってしまったような奇妙に肯定的な感じがする絵も好き。

シャガールもとても好き。

柔らかさとかわいさとその奥に潜むひっそりとした残虐さが共通して嘘くさく感じなくて好き。

リアル的フィクション。

というよりフィクション的リアリティー。

クリムトよりもシャガール。

この感覚がおれの音楽に対する姿勢につきまとっているパッションだ!

ゴッホよりモネ。

ダリよりもマグリット。

その間になにがある。

影みたいな好みの線がある。

その感じを抱えながら歌っていてえいつまでも。

だって震えるか震えないかなんてちょっとの差じゃねえか。
だからこそそのちょっとが偉大なんじゃねえか。
俺はそのちょっとが大好きだ。
俺もちょっとを手に入れたい笑!

ネコの名前は「クレー」に決めた笑。
毛の色もグレーよりも淡く「クレー」って感じ。

YES.klee/hozzy

猫とサカナと植物とわたし。

小田原のアジのたたき。
うめえ。
久々食ったらじわじわきた。
アジ一尾50円だって。
うちの水槽で泳いでる小指の先くらいの小魚と値が拮抗している。
大量繁殖させた光に当たると体が青く光るだけのちいさい雑魚も50円。

食うと見るじゃ人間様は価値の置き方がだいぶ違うようである。
見るより食べるほうがずっと大事だからね。
需要が圧倒的に違うからね。

マガキガイって海の貝がいるんだけど、これ食べてもおいしいらしいんだけど、市場で買ったら一匹何十円くらいらしい。パック売りしてるみたいだから一匹あたりで計算すると。
けど観賞用にっつって、熱帯魚屋とかで買うと一匹1000円近くすることも
ある。コケ掃除に活躍してくれるし、見た目もおもしろいから人気あり。
ただ、見た目はパック売りのと何も変わらんのよ。水槽から取り出してパックに混ぜれば「はいパック売り」ってなっちゃうのよ。

同じ貝なのに目的によって価値がこうも変わるって笑っちゃうよな。

水族館が好きな人のその心のオアシス的空間、時間においては、魚はたべものとしては映ってない。エビも深い神秘性をもって眼前に佇んでいた。
いわしの群れ見て、腹は減らない。醤油とかほしくならない。

なのに一歩外に出たら、シーフードカレーとか平気で食ってんだよ。
うめえっつって食っちまうんだよ。
かにのクリームパスタとかさっき見たカニと何も結びつかねえでカニの話しながらカニ食ってんだよ。

これが経済ですな。

実に経済はこうして価値を振り分けながら、もしくは同じ対象物に色んな角度からライトを照射しながら俺たちの心をくすぐり続けているのだな。

家でまずポップコーンくわねえけど、映画館なら買っちゃうもんな。
雰囲気と先導。

いつでも同じものに同じ価値が備わってはいねえ。
人と心と気分がそれを選びとっていくのだ。

そしてそんな空気みたいな価値をどう信じていくかは、われわれ一人一人の判断に結局掛かっていくのであーる。

俺は食うのも好きだけど、魚は見るほうが好きである。

経済の策略にまんまとはまって手を挙げて喜んでいるのである。

いつかうちの水槽にいるマガキガイを眺めながらスーパーで買ったマガキガイを食うのが私の目標である。

YES.pinpingai/hozzy

ネコと魚と植物とわたし。

飼っちゃった。

ネコ。

おととい店で見かけてなんか気になって、次の日また行ってみたらもう初めてあった気がしないのよね。
そりゃ前の日会ってるからそうなんだけど笑。
でもなんか待ってたんだってずっと。
うちに来たかったんだって。
いつまでもガラスケースん中じゃ退屈なんだって。
生まれてもう4ヶ月なんだって。
売りネコにしてはでけえ。
もう赤ん坊じゃない。
売れなかったのね笑。
なんか店移ってきたらしいし。
でも初めてだったな、びびっときたの。
なんか初めてあった気がしない笑。

名前もまだちゃんと付けてないし、ネコなんて飼ったことも無いけど、きっと楽しく過ごせるぜ。
なぜなら、とても優しそうなお嬢ちゃんだからだ。
すでにとてもオープンにすり寄ってくる。ネコのくせに。

そしてうちには魚とネコという危険な組み合わせの生き物たちが住むことになったのでした(マジ素敵)
ネコ好きのタクロウさん。
うらやましいだろう笑。

こんなに生き物に囲まれて生活することになるとは数年前までは想像もしなかったな。
生きてるって凄いね。
本とは違うね。
生きとるね。

ほんと綺麗な猫だから絵に描きたい。

YES.neko/hozzy