藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-37,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

春の匂い。

ああ、大変だ。
またノルウェイの森が読みたくなってきてしまった。
なんでなんだろう。
春になると、もしくは旅に出るといつも読みたくなってしまう。
もう読まないって、もう読んだってしょうがないって自分で思ってたのに。

ワタナベ君の客観的具合と、直子の純粋であるが故のモンスター具合に、しかも透明感マックスで描かれていてそれが始めなんて綺麗なんだろうって思って「君はなんて純粋で美しいんだ」って思ってたら、やはり彼女は深く根を張ったモンスターだったじゃん的具合に(俺には彼女がどんどんやはり遠くなっていく、一回目、二回、三回目、、、読むたびに第一印象から離れてく)ミドリのディオニュソス的な性質、なのに一番まともな人間性を備えているあたりに、マシンのようなナガサワさんの「それはシステムの違いであるからだ」の発言に、ハツミさんの服装のきらめきに、レイコさんの最後のワタナベ君との性交渉との謎に、突撃隊の安心感に、油絵を書いていたイケメンの彼に、レコード屋の店長に、アミ寮のテニスコートの弾力をはかるようにボールを打つ人たちに、レイコさんを破壊した巨乳の美人中学生に、キズキに、新宿の広場で朝までワタナベ君と酒を飲んで片割れが彼と寝たあとの朝の倦怠に、屋上から放った蛍に、吉祥寺の大家に、ワタナベ君が殴り合った上級生に、学生運動をしていた偽物の男たちに、ドイツの空港に着く前にワタナベ君に話かけたフライトアテンダントに、突撃隊とデートした女の子に、神戸の彼女に、ミドリの学校の焼却炉に、小林書店に、ヘルマンヘッセに、水仙の花に、京都の山奥の井戸に、寒さに逃げ出したヒッピーたちに、ベランダから眺めた火事に、ミドリの父親に、キュウリに、ロバのウンコに、あげたらきりがないお話に。

ワタナベ君は、何者だったんだろう。
ギリシャ悲劇を専攻していた。
エウリピデス、ソフォクレス、アイスキュロス。
名前しかきいたことがない。
ワタナベ君も、特に興味があるわけではなかった。
だってどエロだもん彼ほんとは、性欲がほとばしってるもん。
感情を控えめにしてる分、言わないところでぶちやぶってくるもん。
面倒くさい割にはすぐ寝てしまうもん女の子と。

なんて青春。

これで、自分が嫌になるなんて、なんて贅沢な輩でしょう。

ワタナベ君は決してかっこ良くはないらしいのに、流れでよく女の子と寝てしまうんです。
それも実にうまく彼寄りで文章構成されているため綺麗になってるんです。
駄目なのに、駄目ってこっちにも伝わってくるのに、なんか空気感がさわやか、もしくはセンチメンタルなんだよ。
現実なめてるよ。
でもこれが不思議と腹が立たないんだよ。
なんかまあいっかってなっちゃうんだよ。
時代の空気感が文章にこびりついてんのかな。
今じゃただのプレイボーイだよ。
しかもセンチメンタルジャーニーな。

そんなワタナベ君、映画になるってことで松山ケンイチが演じるってなんかどんななのか楽しみです。
俺的には、加瀬亮とか年齢関係なかったら、ワタナベ君ぽかったんだけどな。
直子が菊池凛子ってありえなさそうで、でもなんか最近納得してしまう。
あの菊池さんの悪魔的な感じが、直子の闇を解放してくれるんじゃないかって思っちゃう。
映画いつ公開なんだろう。
あせらずじっくりかましてほしいな。

なんたっていくら突っ込んでも、サイコウの小説はずっとサイコウなままですから。
俺はノルウェイの森がやっぱサイコウすぎるんだわ。
文字のフォントも丸くていい。
これ重要だと思う。

そしてうちのドラマーもワタナベです。
ご安心ください。
彼はプレイボーイではありません笑。

YES.nagasawasan/hozzy

サイヤマン。

あれはなんだろう。
オレンジのアレはなんだろう。
ヘドロがオレンジになるには、何が必要なんだろう。
銅とか鉄とか、さびた感じのやつがいそう。
配水管のサビが原因かい。
でもなんであんなにトロリとしているんだい。
学校の廊下にかけるワックスみたいじゃないか。
油分はなんだい。
石けんとか洗剤とかそれが洗い落とした脂肪とかの類いかい。
それよりももっと根本的な水質汚染の結晶かい。
なにもかも、直接はわからないことばかり。
なんとなくでいいことばかり。
ヘドロをつぶさに調査する勇気も、筋合いも無い。
なのに気になることは気になるのよ。
何が積み重なったんだろう。
人々の年数の倦怠。
それにともなうあきらめの色。
太陽がぎりぎり色揚げする残骸。
こびりつく生活。
馬鹿がまたそれを撮る。
わざわざ疑問に思ったりする。
迷惑なことにまたそれを書いたりする。
読んでくれてありがとう。

できることなら何の色かしりたいけど、ヘドロ博士は友達にはいない。
シャンプーとか、リンスとか、ドメストで溶けた髪の毛とか、サビとか、
そんなところにしときましょう。

アルバムもうすぐです。
みなさんに早く聴いてもらいたい。

YES.hedoro/hozzy

ヤサイジン。

決してベジタリアンではないが(一時期ビーガン目指して頑張ったけれども基本わたしは肉が喰いたい)、野菜ってとってもおいしいのね。

頑張って炭で焼いたら、あるまじきクオリティー。

ロハスってる感覚がアルヨ!

ロハス笑!

まじファック的音響。

しかし、なんて言ったっていいくらいうまかった。

安売りで300円で買ったコンロ。

炭も一箱500円くらいだったかな。

とてもうまくて感動した、ナス。

YES.nasu/hozzy

ぐわっぐわっぐわっぐわ。

とうとうカクレクマノミ(ニモ)投入に成功。

海水魚水槽はゆっくり小さな海を形成しています。

バクテリアもうまく増えている気がする。

YES.liverock/hozzy

かえるのうたが。

前回のコラムの話をこないだなんとなくユウイチとうちのスタッフとしていたら、

「その文章、事務所にスクラップしてたぶん保管してあるよ」

と、マネージャーがポロッと、、、。

「では」

とそのブツを写真に撮って送ってもらいました。

微妙にシュールだね。

雑誌名のところだけ意図的にフォトショで線引いときました。
一応なんかさ、笑。

YES.gero/hozzy

きこえてくるよ。

そして俺がフェードアウトになった記事も発見された。

どうやら同じ雑誌で展開していたようでした笑。

イイネ。

横隣や、上の方にはまともな美しい文章がある。
その中に並ぶこの現象の対比感!!

そしてさいごの下のほう、編集部注のところを是非見て欲しい。

なんともまあ「クラゲ」につながっちゃってましたあ。

ドン、シンク、フィール。

まさに絶望的。

故に

開放的。

YES.think/hozzy

成長なのか喪失なのか。

PCの自動配信のメールを削除しようとフォルダの中身を整理をしていたら、昔のメールがよくよく目について気になってしまった。
どんなメールのやり取りをしていたんだろうって、
始めのほうの送信欄をみてみた。

したら、

どうやら当時俺はずいぶん必死に攻めたかったらしい笑。



『こんにゃく、にんにく、筋肉痛。ニョッキを片手にフリーズドライ。月の影からこんにちは。イエス!ブロークンフラワー(映画)。あたたかい風に吹かれて、湿った空気を吸い込んで、去年の今頃は何やってたっけ(五月頃)?って、さっき思い出そうとしたら、目の前で星が弾けた。体の芯に重力×3くらいの負荷が加わって、鼻の奥では鋭い嫌な匂いが広がった。暗黒魔人に首輪でつながれて、四つん這いにされてた記憶がフラッシュバック。額にできた擦り傷から木の芽が生えて、空に向かわず自分の中に伸び続ける感触。ドラッグなんかやってない。なのに体がバラバラになっていく夜明け前。おいおい、世界はなんて嘘つきなんだ、って何度も手のひらで顔を覆った夜明け後。はっはっはっはっ、茹でたばかりの卵みたいな部分はどろどろに溶けて腐ってしまったぜトンビさん。ろうそくの炎がただただ愛しく思えるのは、マリブリキュールのココナッツ臭がサンオイルなんかよりもずっと自分を守るのに役立つように思えたからだ。緑色のフィールドには枯れ草が混じってて、茶色のスタジアムには緑色の帽子が風に舞って飛んでいた。菜の花に戯れる蝶、春と一緒に死んでいく綿毛。 小さな小さな渦に頭を突っ込んで、窒息しそうになっていた一年前、その位からまた何本か音楽の糸を拾いました。「ハナミドリ」聴いてください、最新アルバムです。』

って、2006の5/2に当時のマネージャーに送っていた。

これ多分フリーペーパーか雑誌の原稿依頼の文章です。

ううん、
プロモーションでこれは随分かましてるな、今思うと。

どなたか見た方いますでしょうか笑?
多分問題ありで載らなかったと思うけど笑。

メールのタイトルも、
「これで問題なければよろしくお願いします」ってなってたから、多分突っ込まれるっておもってたんだろうな。

実際、これじゃないけど、以前某雑誌でコラムを書かせてもらっていたのだけど、ある原稿を強引に相手方に突っ込んだ結果、次から俺のコーナーなくなってたからね笑。なんか最近お声がかからないなーと思っていたら、消えてましたあ笑。多分上の文章書いたのとおんなじくらいの時期だった気がするなぁ。

難しいですね。
自由にやろうとするとカドがたつし、しっかりやろうとするとだったらやんないほうがいいんじゃないかって気になっちゃうし。

他にも意味不明なメールがいっぱいあって、なかなか楽しませてくれました。
結局誰の目にも触れることはなかったおもしろグッズの構想を友達のデザイナーと練っていたメールとか。
キャッチーじゃなくて受けないこと必至なアイデア満載。
楽しそうでした。

意外に色々忘れてゆくもんです。

世界はあまりにも未来にむき出しすぎる。
精一杯生きようとすると、忘れることも多くなるみたい。
なにがいいのか、わからなくなるときがありますよね。

大人ってなんだろう。

YES.mail/hozzy

雪の日。

は ふへほ
 しすせそ
さ すせそ
ばび べぼ
ら るれろ
な ぬねの

やい えよ
か くけこ
 ぎぐげご
はひ へほ
らり れろ
やいゆえ 
らり れろ
だぢづ ど
さし せそ
なにぬ の


あい えお
らりる ろ
さ すせそ
あ うえお
 にぬねの

ぱぴぷ ぽ
た つてと
 きくけこ

 ぎぐげご

はひふへ 
さ すせそ
あ うえお

YES.snow/hozzy