藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-37,eltd-core-1.0.3,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

マナヅルンドリーム。

前回は乱れました笑。

失礼しました。

なんせネコ飼ったものだから空気清浄機どうしようか考えていたもんでね。
ネコの毛でアレルギーとかシャレになんねーからね。
除菌より集塵重視で選ばなきゃね。
したらフィルターの謎で悩んじゃったのでした。
そして実験とは何なのか頭が痛くなったのでした。

水槽上部の水耕栽培が以外に調子良く行っちゃってるから、逆にがっかりしてるのかもしれない。
もっと予測不能を求めているのかもしれない。
ナメクジとか大量発生とかしてほしいのかもしれない。


クラゲの夢を見た。

真鶴の港にクラゲを探しにいく夢だ。
網ですくっちゃいけないのに(傷つくから柄杓的なものですくうのがセオリー)
網を抱えてバケツも持たず探していた。

結局沖の方に大量に浮かんでるのがみえたけど(多分ミズクラゲ)、こっちにいないのよ。

やきもきしてたら日が暮れて、大波に最後港が沈むという夢だった。

まだまだクラゲが遠いということだ。

クラゲ飼うようの水槽を自分で作ろうと思う。
何ヶ月かかけて作ろうと思う。

これから今日は岡山に向けて出発です。
あしたからまたツアーの続きよろしくね~。

YES.manaduru/hozzy

無重力を愛する生活。

空気清浄機とかの

「フィルター交換10年不要!」

とかってどういう根拠なんだろう。

いつも不思議に思うんだ。

缶詰とかの賞味期限も長ければ長いほど不思議に思う。
そう思わないかい笑?
本当にその期間放置してチェックしたならもの凄い忍耐力だ。
というより修行だ。
そんなことしてる間に製品自体が時代遅れになってしまわないのかな。
豆撒いて数年後に芽が出ない可能性だってあるのに。

だとしたら今あるサバ缶とか奇跡じゃん。

けどさ、そんなやり方でやってるはずねえよな。

今はやってる空気清浄機が10年以上前から現代に向けて企画されていたとしたら、しかもその時点からフィルター交換の不要性を売りに計算されていたとしたら、既にその会社は世界を支配してるって言えんじゃねえか。
完全にコントロールに成功している。

しかし、

そんなはずねえよな。

じゃあどうやってその年月を割り出してんだ?

耐荷実験みたいのときどきテレビで見るけど(イスとかを機械で何回も押したり揺らしたりしてるやつ)あれで年月を割り出してやしねえよな?

だってあれで時間の経過を計れる分けねえよな??

10年間でこんくらいの圧力を受けるだろうから短時間で同じ圧力をかけてテストするってことならば、とんだくそテクノロジーだ。

圧力鍋使ったシチューみたいだ。
電子レンジであっためたご飯みたいだ。
ステロイドで作った筋肉みたいだ。
なんでも除菌の現代的思考のようだ。
10回に1回ぐらい笑えるコントみたいだ。
効きゃあしねえサプリメントみたいだ。

全部曖昧だ。

それらしいけど、どれも空気を含んでるみたいに軽い。
深イイとか、実に軽い。
文章になった俺も実に軽い。
何もかもが軽い。
重いのも敬遠したくなるような「まあまあまあ」的精神に冒されている己の立ち位置も実に軽い。
軽さに迎合している一歩引いた感じがしっくりきはじめている今が、正に、実に軽い。

ほんとのことなんてなんもわかんねえよ。

深かろうが軽かろうが馬鹿みてえだ。
俺はそんなんじゃ涙なんか一滴も流れない。
流れていくのは悲しきパッションだけだ。
いく当ての無いパッションだけだ。

文句垂れたいだけなのかな笑。

だってここは俺のコラムだからな!

そもそもそっから書き始めて5年間、何書いてんだか未だに良くわかんねえ。
筋とおるように書くのが難しい。

だって大抵酔っぱらって書いてんだもん5年間ずっと。

吞んでねえときに文章なんて書きてえなんてちっとも思わねえよ。
なにも言いたくねえしよ。
自分に言いたいことだけがたんまりあるにすぎねえんだよ。
誰に言ったってよ、結局「10年間フィルター交換不要!」のパッセージ以下なんだよ。
なんだか疲れちゃった。
真面目に文章書いてるっすいつも。

一応真面目なんだぜ笑。
これでも社交的にしようとしてるんだぜ。
こんな態度だから誰も雇ってくれなかったんだぜ。
未だにトラウマだぜ面接とか。

何話すんだよ嘘を。
おべんちゃらを。
くそみてえな世間話を。
やりたくねえことやりたくねえって言っちゃわりいかよ。
それでも働きてえっていっちゃわりいのかよ。
おれは真面目だぜ。
物覚え死ぬほど悪いけどな。
真面目に対面してるつもりだぜ。

「まあまあまあ」

そうやってわかんなくなっていくんだぜ。

根っこなんてはれやしねえ、パッションはここにあるのに。

やさしさと、「まあまあまあ」は遠く違う。

おれやさしくなりたい。
本当そうなりたい。
どうやったらなれんのかな。

「10年間交換~…………」に疑問を持たなくなったら優しくなったことになるのかな?

ゲロはきそうだぜ。
吞み過ぎたぜ。

世界の「すべて」を愛するより「1%」を強く愛せる方がいい。
なんで全部愛せるのか。
それが素晴らしい「感じ」がするのはよくわかる。
だって解りやすいし「全部」ってすげえもんな。

でもよ、ちょっと待ってくれよ、1%って実はすげえんだぜ。
地球の総面積が509,949,000km²らしいのだが(もうよくわかんねえ)、この1%ってすげえだろ。
人間の数にしてもだいたい6800万人だぜ。日本の人口の半分以上だぜ。そんだけ愛したらすげえ人間だろうがよ。

きやすく1%とか言ってんじゃんーヨな。
無理でしょ1%なんか。
それ以下でしょわたしのスケールなんか。

「まあまあまあ」

うざってえな。

実験なんて、その結果なんて、どうでもいいんだよ。
その瞬間心が安心する紙切れのインクの現実的表現。
それが力強い形を取っていてくれてればそれでいいんだよ(クソみてえだな)
10年後には、10年前の細かいことなんて忘れてるし、新しい雰囲気に満ちあふれているし、文句言うより買い替えた方がテンション上がるしなあきっとさあ、ファック。

気分がいい方が良い。
酔っぱらって麻痺させて死ぬように眠ろう。
もう何年目だろうこのパターン。

昨日がいつだかわからない。

YES.1%/hozzy

重力を愛するフィギュア。

猫の名前を決めた。

画像の絵を見てその絵が誰か分かったなら、あなたはかなり絵画好きであると思う。
画家の中で特徴的と言えばそうだけど、絵がうまい中学生がこれ描いたっていったらそう見えてしまわないかいコレ笑?

キャンバスに水彩画的色彩を描くこの絵の作者は誰だ。


パウルクレー!

大好きなのよこの人の絵。

なんか水みたいに親しげで。

この人のブロックみたいな抽象画も好きだけど、幻想的なイマジネーション画も好き。
鳥が落下してるみたいな、もしくはロボットがゆったり魂をもってしまったような奇妙に肯定的な感じがする絵も好き。

シャガールもとても好き。

柔らかさとかわいさとその奥に潜むひっそりとした残虐さが共通して嘘くさく感じなくて好き。

リアル的フィクション。

というよりフィクション的リアリティー。

クリムトよりもシャガール。

この感覚がおれの音楽に対する姿勢につきまとっているパッションだ!

ゴッホよりモネ。

ダリよりもマグリット。

その間になにがある。

影みたいな好みの線がある。

その感じを抱えながら歌っていてえいつまでも。

だって震えるか震えないかなんてちょっとの差じゃねえか。
だからこそそのちょっとが偉大なんじゃねえか。
俺はそのちょっとが大好きだ。
俺もちょっとを手に入れたい笑!

ネコの名前は「クレー」に決めた笑。
毛の色もグレーよりも淡く「クレー」って感じ。

YES.klee/hozzy

猫とサカナと植物とわたし。

小田原のアジのたたき。
うめえ。
久々食ったらじわじわきた。
アジ一尾50円だって。
うちの水槽で泳いでる小指の先くらいの小魚と値が拮抗している。
大量繁殖させた光に当たると体が青く光るだけのちいさい雑魚も50円。

食うと見るじゃ人間様は価値の置き方がだいぶ違うようである。
見るより食べるほうがずっと大事だからね。
需要が圧倒的に違うからね。

マガキガイって海の貝がいるんだけど、これ食べてもおいしいらしいんだけど、市場で買ったら一匹何十円くらいらしい。パック売りしてるみたいだから一匹あたりで計算すると。
けど観賞用にっつって、熱帯魚屋とかで買うと一匹1000円近くすることも
ある。コケ掃除に活躍してくれるし、見た目もおもしろいから人気あり。
ただ、見た目はパック売りのと何も変わらんのよ。水槽から取り出してパックに混ぜれば「はいパック売り」ってなっちゃうのよ。

同じ貝なのに目的によって価値がこうも変わるって笑っちゃうよな。

水族館が好きな人のその心のオアシス的空間、時間においては、魚はたべものとしては映ってない。エビも深い神秘性をもって眼前に佇んでいた。
いわしの群れ見て、腹は減らない。醤油とかほしくならない。

なのに一歩外に出たら、シーフードカレーとか平気で食ってんだよ。
うめえっつって食っちまうんだよ。
かにのクリームパスタとかさっき見たカニと何も結びつかねえでカニの話しながらカニ食ってんだよ。

これが経済ですな。

実に経済はこうして価値を振り分けながら、もしくは同じ対象物に色んな角度からライトを照射しながら俺たちの心をくすぐり続けているのだな。

家でまずポップコーンくわねえけど、映画館なら買っちゃうもんな。
雰囲気と先導。

いつでも同じものに同じ価値が備わってはいねえ。
人と心と気分がそれを選びとっていくのだ。

そしてそんな空気みたいな価値をどう信じていくかは、われわれ一人一人の判断に結局掛かっていくのであーる。

俺は食うのも好きだけど、魚は見るほうが好きである。

経済の策略にまんまとはまって手を挙げて喜んでいるのである。

いつかうちの水槽にいるマガキガイを眺めながらスーパーで買ったマガキガイを食うのが私の目標である。

YES.pinpingai/hozzy

ネコと魚と植物とわたし。

飼っちゃった。

ネコ。

おととい店で見かけてなんか気になって、次の日また行ってみたらもう初めてあった気がしないのよね。
そりゃ前の日会ってるからそうなんだけど笑。
でもなんか待ってたんだってずっと。
うちに来たかったんだって。
いつまでもガラスケースん中じゃ退屈なんだって。
生まれてもう4ヶ月なんだって。
売りネコにしてはでけえ。
もう赤ん坊じゃない。
売れなかったのね笑。
なんか店移ってきたらしいし。
でも初めてだったな、びびっときたの。
なんか初めてあった気がしない笑。

名前もまだちゃんと付けてないし、ネコなんて飼ったことも無いけど、きっと楽しく過ごせるぜ。
なぜなら、とても優しそうなお嬢ちゃんだからだ。
すでにとてもオープンにすり寄ってくる。ネコのくせに。

そしてうちには魚とネコという危険な組み合わせの生き物たちが住むことになったのでした(マジ素敵)
ネコ好きのタクロウさん。
うらやましいだろう笑。

こんなに生き物に囲まれて生活することになるとは数年前までは想像もしなかったな。
生きてるって凄いね。
本とは違うね。
生きとるね。

ほんと綺麗な猫だから絵に描きたい。

YES.neko/hozzy

猫と魚とショクブツとわたし。

そして栽培をやった。
水槽上部におわします植物隊のみなさん。
水槽空きスペースに見事栽培装置の設置実現。
水槽の水をくみ上げて植物の根っこ辺りに通し、それをまた水槽内へ落下させる。
植物は水を綺麗にできるか。
ナウシカが家の地下で栽培していた腐界の森の植物たち。
綺麗な水だと毒を含んだ胞子を飛ばさないが、汚れた環境だと毒を飛ばす。
うちでそこまでいかれたら困るけど笑、環境を正常にしていく植物たちの感じ、水槽なんて偽物の箱庭だけど、見てみたい。
アニメみたいに劇的じゃなくていいから。

残念な結果にだけはなってほしくないなあ(枯れたり黴びたり魚死んだり大地震がきたり)

この植物とハイドロコーンって土みたいなやつ買い行った時に、ネコと出会ったのでした。

YES.hukai/hozzy

食事中は回避求む。

大阪、名古屋、熱かったねえ。
視界がスモークだか湯気だかわからんかったよ笑。
こぼれまくってたよシルバーが。

シルバーシルバーシルバニア。

シルバニアって「森の土地」って意味らしいよ。
シルバニアファミリーっておもちゃあるよね。

森の土地だって。
フォレストーンとも繋がってら。

良くあることだけど、よくよく色んな物事は繋がっている。
そこに関係を見いだす視点も繋がりの賜物。
単なる偶然ではない。
そこに偶然を生む精神が、モードが、必然的に、偶然を生むのにも必要なのである。
何も無いところには何も生まれない。
だって何も無いんだから!

ははは!

家に帰ってきて、その日の昼に新江ノ島水族館に行って参りました。
そしたらまさか大王具足虫がいるとは!
ダイオウグソクムシ。
深海の掃除屋。
海の底が生物の死骸で埋まらないのは彼らのおかげだとかなんとかどっかで見たぞ。
世界最大のダンゴムシの仲間なのだそうな。
こんなのに喰われたくねえな。
海に沈んだら、わらわら集まっておれの身体なんぞ泥のように糞になって降り積もってくことでしょう。
そしてその海底の泥として馴染んだ俺の上に新しく喰った死骸を糞として上塗っていくのでしょう。
わらわらわらわら、、、、、。

鳥肌たってきますわい。

しかしでけえダンゴムシだったな。

クラゲとイワシがやっぱり一番綺麗だったです。

YES.daiousama/hozzy

水耕栽培。

この上の空いた隙間で、球根ヒヤシンスとか育てたらどうだろう。

エレモフィラニベアとか生きられるんだろうか。

エレモフィラって綺麗だよ。

白い茎に紫の花を咲かせるよ。


いつもここの上に乗ってた器具を撤去したらぽっかり開いたこの空間。
色んな可能性に見えてきてしまう。

水耕栽培って植物の育て方があるみたい。
土を使わずにやるみたい。
水槽なんて過剰な栄養の宝庫だから、ここに水上の植物生やしたらとてもいいんじゃないかと思って調べてみたら実際例がたくさんあった。
水も綺麗になるし、植物もよく育つし、生命の流れを存分に回転させられるかも、いいことづくめじゃない。

たいていこういうのには落とし穴があるんだけど笑、やってみなくちゃわからんね。

音楽も作ってます笑。

水ばっかいじってるわけじゃあないよ一応。

なんとか回転させたいんだよ。
人間だから俺は、傲慢ながらも眼中に収まる生態系を作ってみたいんだよ。
理論を越えた現実を現象化させる。

実践。

今の俺に最も必要なこと。
もっともっと感じてえ。

たのしい。

YES.nivea/hozzy

春がくるまえに。

やり残さないように。
撮ろう。
かわべりはまだ寒い。
水質は多摩川クオリティー。

YES.tori/hozzy