藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-41,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

あおにさい。

表現とはなんぞや、、、、。

また面倒くさいテーマではありますが、こういうのおじさん大好きなの。
ビールによく合うの。
まだおじさんって呼ばないでね。
27歳って小学生からしたらおじさんだよね。
けど心はまだ君たちとおんなじつもりだよ、、、、、、、、、無理だね、、、。
汚れてしまったね。
色々知ってしまったね。
けど僕の中の少年は永遠さ!
うふふ。
あはは。
アハハハは。

作曲作詞を始めてから12年。
干支が一周した。
小学校、中学校、高校の時間が終わった。
あと3周くらいしたらもっと明確な「表現論」的ながっちりしたものが出来上がるのかもしれないけど、

しらねえよそんなもん。

いやしかし、俺は前より進めた気がする。
表現がうまくなったとかそういうことではなくて、表現て何なのかが精神的な部分で前より明確に見えるようになった気がする。

俺ってとっても馬鹿だからさ。
自分で体感して納得できなければ誰が何言おうと心の底では完璧にそう思えないんだよね。思ってるんだけどモヤっと空虚な感じがしちゃうかんじ。
もちろん人の意見も聞く耳は持とうと思っているし、吸収できるものはたくさん取り入れる事ができるように常に心がけてはいるつもりなんだけど、
芯ってさ、なかなか変えられないじゃないですか。
特に自己愛が強い人間においては笑。

たとえどんなに感動する言葉や音楽を聴いたとしても、それでチェンジするのは結局表面に近いところだと思うんだよ。
それが芯に、本当に自分のパーソナリティに届く所まで押し進めるのはやっぱり自分自身にしかできない。
誰もが素晴らしい出来事に出会って、感動して、それで自分を心から変えられることができるんだったら、犯罪なんて起きないじゃん。
人を傷つけてしまうことなんてなくなるじゃん。
みんなハッピーに暮らせるじゃん。

実際そうじゃないじゃん。

感動や感銘って、凄い人間にとって大事な事なんだけど、やっぱりそのままじゃ弱いと思う。
感動しっぱなしの人間が素晴らしい人間かって言ったら違うやんか。

俺はそこんところの微妙な感覚に生まれてこのかた悩まされ続けてるわけです(おおげさねぇ)
でもそういうひと実はいっぱいいるんじゃない?
よくわかんないけどサ。

要は利巧じゃないんですよ。
だから素直にまっすぐ生きる事ができないんだと思うんです。
そして月を大好きになったりクラゲを愛したりするようになっちゃったりするんだよ(素直な人で両方好きな人、ゴメンナサイ)

こんな風に言葉にできるようになったって、たいした進歩だなー我ながら笑。ヘーイ!


「言わなくても解る」

大切な人や友達に、何も言わなくても大事な所は伝わってるでしょ、っておれずっと思って生きてきたの。
伝わってないのならそれは俺の思いがただ弱いだけ、芯にあるものがまだ薄いだけ、それをもっと濃厚に強く持つ事ができたのならきっと俺のこの思いは空気を越えて相手に伝わっていくはずだ80%くらいは。

ってずっと思ってたの。

それ、間違いじゃないけど、正しくもなかったんだなー。たはは。


言わなきゃ、わかんねーよ笑。
わからんのよ、人間だからさ俺たちは。

ちゃんと言わなきゃ、態度でしっかり表現しなきゃ、80%なんて高い比率、伝わるわけがないのね。
これが、表現だね。
そして俺は表現不足だね。
とんだ思い込み。
そして、それが納得できるとこまでわかるようになるのに随分の月日が経ったよ。

まあ、納得したからといってこれがすぐに俺の表現力に反映すると言ったら難しいとこではありますけれども。
俺も頑張っているんであります(しくしく)

こんな話、簡単に言ってしまえば、とっても当たり前のことなんだよね。
俺だってそんなこたあ解ってる。
何が正しいと言われ、何が大切だと言われているかは耳にタコができるくらい聞いてるしタコヤキが目に乗っちゃうくらい目にもしてる。
テレビや小説でもこの手のテーマは垂れ流し状態でんがな。
ただそんな言葉じゃ感動もしないし、感動したとしても、俺の芯には届かねーんだよ。
綺麗ごとにはもううんざりなんだよ、って思ってしまったりもするんだよ、、、、、だから嫌だね。

ああめんどくせえべ、こんなのね。

めんどくせえ笑。

そう、この感覚のうやむやさを払拭するべく、ここ数年いろいろトライしてみたりしたのです。

表現って何なのよ?
それは表現である。

こうね。

ピカソもモディリアーニもゴッホもモネも、表現をしてるわけで、それは芸術と呼ばれているわけだけれども、
それぞれの心のうちにある純粋100%をほんと100%絵に落とし込んでいるわけではない。
その心にある100%は空気に触れることができないんだから(絶対。だって心はものじゃないだろう?)
その100%と、空気に触れる部分の差を限りなく0に縮める事がこの人たちはできた人たちなんだ。
間違ってもパーソナリティー全てを世界に投射したわけではない。
そんなものは誰にも理解されるはずは無いんだからな(自分に言い聞かす)。
というかできるはずがない、理論上も。
俺そういうのやろうと躍起になりまくっていたんだけれども笑。
解釈がずれていたのかもなーなんて。
間違ってはいないと思うんだけど、正しくもなかったのかなーなんて。
自分を突き通すのは楽なんだけど、俺もっと先に行きたいんだよ。

哲学はその厳密で、とても繊細な部分を俺に痛いほど叩き込んでくれた、と思っている。
そして俺も少ないながらも自分にとって濃密な出来事を経験した。
すごい絵は、なんで凄いのかがよくわかったんだ。
それがなんなのか言わないよ。
凄い苦労したんだから笑。

歴史的な芸術家を例に出すのはとても気の引ける事だけれども、まがりなりにもおれも表現というものに向き合って飯を食わせてもらっている身であるからには、彼らとある意味勝負をしなければいけないとも思って日々音楽を作っている(こわーい)。
すげえプレッシャー。
殺されちまうよほんと笑。
すごいんだもん。

表現はどこまでいっても表現。
世界との接点だ。

ありがとうってちゃんと(本当にちゃんとだよ)言えるようになりたい。
表現する。

ここまで理屈でわかってしまうと後は実行力の問題になってくる笑。
怠けていればいるほど俺は、情けない人間になっていく。
もう十分情けないんだけどね。
力の足りなさをそれでも少しずつ埋めていけるように、頑張るしか無いわい。

伝えられる歌うたいてぇー!!
伝えられる曲作りてぇー!!

こないだタクロウとこんな話してたから文章にしてみました。
つーかこんな話だったっけっか笑。

YES.utautai/hozzy

18リタル。

海水魚飼育用のための小型水槽を今日ホームセンターで購入した。
つってもその水槽の商品名は「金魚のお部屋」、、、笑。
2000円弱で色々セットがついていてお手頃な水槽(ネットで買ったらもっと安い)

それを来るべき未来の本格海水魚飼育の実験水槽として、これから色々研究していこうと思っております。

好気性バクテリアと嫌気性バクテリアの違いとか、、、、、。
軽石の多孔質性利用の可能性だとか、、、、、。
コケの繁殖とアンモニア濃度の関係だとか、、、、。

、、、、なーんて、
かっこつけて無理に小難しそうに言ってみたけれど、
要は面倒無く魚を飼育するにはどうしたらいいのかが体感したいだけ笑。
うまくいくと凄い綺麗な水槽になるらしいんだよ。
生命のサイクルをこの目で確かめたいねー。

で、とんでもないのは昨今においては「海水のもと」なんてのがホームセンターでも売ってんのですよ。
水に溶かせばハイ海水の出来上がり。
すごいでしょコレ。
海なんて四方見渡してもケツの影もちらつかないような丘の上で、海の生き物がゆらゆらできてしまうなんて本当狂ってますね。
正しくないね。

けど俺人間だシー。
己の欲望のために自然じゃないことどんどんやっちゃいまーす。

ああ、楽しみだ。
とりあえず水が落ち着いたらベタだけどニモを飼おう。

そして今日、多分良い歌詞が書けたかも。
海水魚のビジョンが夢をくれた笑。

だけど歌ったらどうなんだろう。
試したら駄目だったりして、、、、

早く明日にならんかな。

YES.seasalt/hozzy

クラゲフォーエバー。

永遠と永久の違いについて考えていたら、まず思いついたのが、
永遠はロマンチックでわりと肯定的。
永久はクールで荘厳な感じ。

って思って検索してみたら、やっぱり似たような感覚を訴える人たちがたくさんおりました。

永久は機械的、物質的、空間的。
永遠は精神的、感情的、時間的。

曲のアレンジ作業ってのは、この違いを分けようとする感覚に似ている。

俺ってば今まであんまり真剣にアレンジやってなかったのかな笑。
詞曲作る事ばっかり考えてたからなぁ。

いつか海水魚飼いたいなー。
クラゲはとても難しいらしい。
が、いつか飼ってやる。

水族館にいきたい。

YES.rider/hozzy

あちょー!

きた、、、。
ついに俺の中のど真ん中の曲がきた、、、、。

便通はいい方だが、曲的便通においては3年ぶりにうんこがでた感じ、、、。

そんな曲ができたよ。

やっと次の段階に進めそうです。
いっぱい曲つくった。
人生で一番作ったかも集中して。

すげえ作品つくってやるぜ。
あぱぱぱぱーーーー!

YES.music/hozzy

水泡の影に隠れたグラスキャット的感覚。

終わりました沖縄も。
百景ツアー終了です。
皆さまありがとうございました。
オストアンデルありがとうございました。
オリオンビールもありがとう。
海ぶどうもありがとう。
ウコンさいこー。

休む暇無く、今日も曲つくり。

皆既日食なんて関係ねぇ、俺には。

そんなもんすぐにみんな忘れてしまうんだよ。

ニュースも新聞も、俺の気持ちなんて知りゃしないだろ。

そんなの当たり前だよ、って言ってたら俺は俺じゃなくていいジャン。

君は君じゃん、俺は俺じゃん、トウバンジャンは辛いじゃん。

やっぱ横浜じゃん?

じゃんじゃんじゃんじゃんうるせーな。

太陽が月に隠れるよりも恐ろしくってロマンチックで劇的な事ってさ、日常に腐るほどあるって。

俺はビビるよいつだって。

曲ができるたび感動するよ。

じぶんのきょくだいすきだもん。

太陽よりも好き。
月よりもかは迷うかな。
クラゲ的発想が関わってくる感じ。
水泡の中心がこわいって感じ。

沖縄でピンと来たフレーズが、そろそろまた一曲うまく形になりそうだ是。

これいい曲になったらいいなー。

って想いながら今日も明日も過ごすことにするよ。


ほんとは日食、見れるもんなら見てみたかったんだよ。

だってすごいじゃん、日食て笑!

YES.orion/hozzy

60cm。

昼から公園でビールをいただき、夕方にベランダでビールを嗜み、夜中にパソコンの前で鏡月に舌鼓を打つ。
アルコール中毒ではないと思うけど、、、、、、すっかり酒の友。
けれどもちゃんとやることはやってます(いちおうアピール)。
逃げてません!
向かってます!!
そう信じてます自分!!!

また曲のアイデぃーアが浮かんできた。
変なのばっかだけど、、、。

この「へん」なのをどうにか「まとも」に近づけれるように変換するのが一番苦労するところかもしれない。
同時に一番楽しいところでもあるけど。

ふざけた曲選手権がもしあったら6位くらいに入賞する自信はあるんだけどなー。
そんな大会でどうにかこうにか賞金をもらって元気よく南の島にでもいきたいなー。
船とかでいきたいなー。

ああ、どうしてこの世にはいい曲がいっぱいあふれているんだろう。
くそ。
俺にも出番をくれよーン、、、、。

だからそんな文句が浮かぶ前にギターに向かうのだ。

ベースも弾くのだ。

キーボードでドラムも叩くのだ。

まともな曲選手権に出場してみターイ!!
鯛が食いターイ!
タイヤキたいたーい!

神様おねがいdeath。

そしてピタゴラスイッチってやっぱ凄いね。
アルゴリズム体操の忍者版はマジでため息が出る。

ようはそういうことだ。

YES.akahire/hozzy

チョッピングライト。

東京でのライブが終わり、4ヶ月半弱ぶりに酒呑みましたー笑。
ビール4杯で吐きましたー。

で、今はゆっくり馴らしていってるところであります笑。

いやあ、一口目は稲妻のような味がしたよ。
稲妻を食った事はもちろん無いけれど、ぶちぶち弾けて涙腺がしびれましたわ。
数秒目を開けられなかったよ笑。
二口目からは酔っぱらってきてもう普通にうまいビールって感じね。
吐いたのも久しぶりだったわい。
ゲロって気持ち悪いね。

あと1本残っているのでもちろん気持ちを切らさず百景を完結させたいと思っていますが、沖縄たのしみダス。

一昨日のゼップも勿論そうだけど、ここまでの34カ所本当に皆様ありがとうございました。
俺は今燃えまくっているよ。
とりあえずかつてないほどに制作意欲がほとばしっているよ。
絶対半端ねえもんつくってみせるよ。

今回のツアーは、ってゆうか去年の新木場コーストからこの流れは続いているんだけど、「再確認」っていうのがここまで随分芯になって展開していたんじゃないかなとおもうんです。
デビュー前から現在までの曲を一つのライブの中に詰め込んで体現する。
これって正直なところ1、2年位前とかだと俺には考えられなかったことでした。
常に「前へ前へ」しか頭になかったし、新しいもの事にしか興味なかったし、昔と今って絶対心の有り様が違うからそれで歌えない曲もあったりしたし(下手したら嘘を歌うことになりかねないから)、そして何よりよくわからん敗北感を味わう気がしてならなかったのです(これはわたし個人にしか解りづらいことだと思う)。

それがフォレストーンを作ったあと辺りからゆっくりと溶けていった。
去年のツアー中とか随分心持ちが変わっていった気がする。

やっぱいいアルバムができたし(あのとき自分が抱えてたテーマにかなり忠実に曲を作れたと思う)ツアーも辛かったけど充実してたから、なんか開けたんだろうな。

去年末のイベントのコンセプトも今回のツアーのテーマもなるべくしてなったんだなって思うやっぱ。

おかげで新たなビジョン見えまくりよ笑。

なんかこの勢いを借りてほんとすんごい良いアルバムができる気がする。
毎回そう思って作っているけど、今回はちょっと様子が違うゾォ。
絶対つくるゾォフォフォフォフぉ。
まだまとまった曲全然ないけどね笑。
俺はやっぱアルバムつくんのが好きだなあ。

上下左右に膨張したいわ。

百景で何回も嫌というほど藍坊主のフォルムを再々再々再確認してきたから、今では目をつぶってでも打てるよ。
鴨川会長のかまえるミットがさ。

本物のフリッカージャブを見てみたい。

YES.aoki/hozzy

にじゆうなな。

遅れましたが、誕生日のお祝いの言葉ありがとうございました。
大阪では大勢の皆さんによる歌もくだすってありがとうございました。
あの人数の人たちにハッピーバースデイ歌われるのは初めてでした。
かなり不思議で素敵な気分でした。
27か。

27ですよ。
ふぉう。

高校卒業してからもう8年も経ってる。信じらんねー。
小学校の時間まるまるぶち込んでも足りないんだよ。
本当にそんなに経ってんだろうかね?
ってしっかり経っているんだけども笑、どうも本当に信じらんねース。

なんでどんどん時間が経つのが早くなるんざましょ。
小学校の時の6年間と、最近までに経った6年間は絶対に平等じゃないでしょ。
なのに常識ではこれを平等と見なすでしょ。
おかしくなってるのは俺たちの感覚の方だと。

あいまいであります。実に、あいまいだ。

実は以前から密かにこのテーマに挑み続けているんですが、ぐりぐりこねくり回されたロジックのもと常識のロックを一個一個外していってみると(ある意味自分を洗脳するに等しい)なんとなくわかってきたような気がしてます。


『時間はどんどん早くなる』


そう、時間は経つにつれて早くなるのがどうもほんとうっぽい。

小学生の頃の24時間と、今の24時間は数字で見ると同じ24だけど、小学生の頃の24の方が質的におおきい。

24>24

数学の構造が完全に破壊されてますな。

でっかいケーキもちいさいケーキも両方24分割できる。

両方数は同じ24個だけど一個の大きさが違う。

それとおんなじで、時計で示せるのは24の数字だけだから、俺たちはすっかり時間に騙されてるんじゃないかな、、、。

じゃあ、なんで大きかった時間が小さい時間に変わってしまうのか?ってのは、人間個人個人の記憶に関係してくる、、、、ってちょっとオカルトチック、、、

、、、、、、、って27になったそばからまた馬鹿な事をいってら、、、、、って思っていただいても結構でございマス。

俺は馬鹿です。

つまり強引に言っちゃえば、時間は一定に流れる「わけがない」って事ですな。
スタートラインからして時間に関する科学の常識は役立たズ!ってことになる、と俺も思っている。
本当かどうかは示しようが無いけれど、実際その考えの方が非常にリアルだ。
「そうだ」って感覚が重要なんだ。
俺はリアルにそう思っている。
彼も思っている。

ベルクソンの哲学がそれをよく教えてくれました。
哲学って馬鹿みたいだけど凄いよやっぱ。

これが好きな人は利巧じゃないね、まっすぐに生きれない人。
本人は利巧でまっすぐに生きているつもりになっているけれど。

ねじくれてる。
完全にスイッチが入っちゃってる世界にしか興味が持てない。
表には必ず裏がある。
それに触れたらもっと顔を突っ込みたくなっちゃう。
もう戻って来るつもりもない。

俺は一生哲学を好きでいると思う。
もっとぶっ壊して欲しいし、自分でもちゃんと作って行けたらと思う。

時間は平等には流れない。

これからもっと加速していくだろうな。

長生きは果たして長生きなんだろうか。

完全な一瞬の方が、一生よりも長いかもしれない。

そうやってかの伝説的ロックスターたちは皆27で死んで行ったのかもしれない。

ふぅ。

絶対に俺は死ねないな笑。

まだ何もできちゃいねえものよーン。

創るってことの本当の感覚が未だによくわからん。
最近そのことばっか気になってる。

とにかく今年はいっぱい曲を作る。
すげえのつくりてー。

YES.philosophy/hozzy

スリキュール。

ツアー残すところ、あと3本。
ゼップ終われば酒が飲める。
うおおぉおお!!

楽屋の冷蔵庫の中にジョッキをキンキンに冷やしといて、ライブ終わった瞬間に高級エビスビールをゆっくり注ぎ込み、熱くただれた喉に流し込む!!
想像しただけで失神しそうだぜ笑。
きゃーっ。
ジョッキ買ってこなきゃーん。

そんな感じで残りの百景。
モチベーションあげてぶっこんでいきます。

今回のツアーは結構まだ発表してない新曲を頻繁にやっているんだけど、
更にまたまた新しい曲がさっきほぼ全体書けた!
ノンアルコール状態で書いたにしては(ツアー中じゃないいつもはしこたま酔って曲書いてます)これいい曲かもー。

まだメンバーに聴かせてないからなんとも言えないけど、多分納得してくれると思うから笑、残りの3本のどこかで聴いてもらえたらいいなと思ってます。

つーか歌ってみたい。


夜風が、夜風って感じ。

今日デパートで買った風鈴がいい感じダス。

しかし暑いねきょうは。

YES.nannbu/hozzy

ユデタマゴ。

なんだかんだで気がつけばもう6月。
先月はコラムの更新が一回もなし。
その余裕がなかったわい。
しかし集中力と気力だけは日増しにあがっている気がする。
それに負けない体力&筋力をこのちょっとのインターバルで少しでも多く体に叩き込んでやってる最中です。
ツアーは色んなものを俺から剥ぎとりながら根拠の無い精神論を耳元で囁き続けてくれやがる。
後半にもう入っているけれど、気合い的にはもっともっと調子を上げて行きたい。
喉がつぶれてもうたえる歌をうたいたい、、、、。
、、、、、でもそれは無理なんで笑、今日一応病院にいって喉を見てもらって薬ももらってきました。
まだまだ喉の方は平気です!ポリープなんかもないようです(かといって無傷ではもちろんないけれど)
後半戦、更にぶっとばしながらラストの沖縄、そしてその先の制作まで色んな濁った余計な皮をむいて剥いでもっと純粋な状態に少しでも近づきたい。
いらないものがおおすぎる。
口先だけのくそ人間にならないように、死ぬ気でやっていくんで北海道からまたヨロシク!!

ちなみに面白い考えが浮かんだのだが、それはまたいつか!
しゃしゃしゃしゃしゃっ!!

YES.zurumuke/hozzy