藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-44,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

フロムダンボール。

セロニアスモンクのベロシティー全開のピアノプレイを聴きながら、ホッピー飲みつついい時間です。もう三時時すぎてる。

溜まったメモの整理をしていたら、まいりました。
6、7割はわけがわからん。
解読不能。

残念ながらメモになってないのね。

思いついたアイディアなのかその時感じた感覚なのか、あとで役に立てられるように志的にはしっかりと過去の俺はメモっているんですが、時間がたった今、何のことなのかわからん。

大変難しい。


・somethingはredである。
・スプーンで塩を盛ることはできるが、塩でスプーンを盛ることはできない 始めにある道具がスプーンなの。
・14.1×0.63=8.853
・oshokuji onomimono okashi 存在する意味がわからないから美しい。
・キネステーゼは世界とかぶる。
・雨が降っている。Pで~Pのことを考えることは、Pという命題において始めから正反対のことを考えるということだから本当は雨が降っているけれど、Pに「晴れている」という命題を書く。
そして事実、晴れていた場合、この自分にとっての偽の表明は、事実に対して真であるから偽であっても真である。四・〇六三の意志の問題、、、。

……。

んー…。

ってな感じで俺にも意味が分かりません。

奇妙です。
自分じゃない人が自分の字で真剣にメモってるみたい。
何か笑える。

そう、ホッピーうまいです。
焼酎甲類とホッピー。
最近ビールよりもこっちのが好きです。

モンクがダイナを弾いている。
モンクのジャズはある意味ブルーハーツ的で好きです。
イメージ的に指がすげー太そう。

新木場の暮れライブありがとうございました。
いい締めになったと思います。
コースト初めてだったけど、またやりたくなるようなハコだった。
酒がうまかったっす。
ありがとうございました。

YES.monk/hozzy

ソーダ割りが強烈に呑みたくなる本。

どうも最近目の調子がよくない。
景色がぐるぐるしたりする。
こないだ車を運転していたら、車に酔った。
帰ってゲロをした。
というわけで、ブルーベリーエキスを飲んでます。
目にいいらしいいからね。
効けばいいけど。
為さねば成らぬ、何事も。
飲まねば効かぬ。
効かねば飲まぬ。

そんな状態なもので、パソコンも何日か開けなかった。酔うから笑。

不思議な物で、外の景色や、部屋の白い壁なんかをみている分には何も問題ないんだけども、文字、テレビ、なんかを見るともう視点が合わない。
目力の何かが衰えている(もともといつも半目なんで目力なんてないけど笑)つーか視力がなー、低くなった。

レーシックだっけ?あれにちょっと挑戦してみたくなってる気持ちです。
けど、なんか実験中みたいな期間なんでしょ?今。
それがちょっと怖い。

視力は、心のありように大きく影響すると思う、哲学的に、現実的に、精神的に。
というか、普通に世界に幕が何重にも掛かってるような状態だもんな。目やにが毎日張り付いているみたいだ。
かといって、眼鏡似合わねーし笑、コンタクトはレーシックよりなんか怖いし、あの構造がなんか。
眼球を触っている友達を見て鳥肌たったよ。すげーよあんた。

ブルーベリー先生に、期待。

そんな中、ちょっと酔いながら久しぶりに村上春樹氏の「国境の南、太陽の西」を読んだら、やっぱ空気感がとても良いっすね。
元気になる。けど、春樹の本の主人公は毎回なんだか、いらっとくる人物が多い笑。
嫌な人間、というよりとんでもないことよくしでかしてるくせに、なんかいつも妙に冷静っぽいのが、なんかなー笑。
俺は多分彼らとは友達になれないだろう笑。
彼らも俺に「別にどちらでもいいのだが、僕も特に君と友達になりたいとは思わない。それは誰が悪いということではなく、ただ、システムの違いがそこにあるだけなのだ」
とか言って去っていきそう笑。
まあそれも含めて何だか良く分からないけど、不思議な心地よさが春樹さんの本にはあって、とても元気になる。
そしてやたらとおなかがすいて、ウイスキーが飲みたくなる(食べ物の描写がほんと奇跡的だ)

さっと件の本を読み終えて、「ダンスダンスダンス」を今読みながら曲書いてます。

小説はいいね。漫画もいいけど、小説は言葉がたくさん出てくる分、言葉の心の回路がよく刺激されて言葉がたくさん出てくるようになる。
哲学書は全くダメ。言葉が詰まる。心は不細工なほどにふくれていくのに、回路の線にふたがささる。
それでも最高に楽しいんだけど、自分一人だけが楽しくてもやっぱ寂しい。
ベルクソン。最高の哲学者だ。

というわけで、バガボンドの最新刊もまだ読んでいなく、気になって気になって仕方が無い現在、曲作りとブルーベリーエキスと14日の新木場のことで頭がいっぱいいっぱいの最近です。

14日はかなり楽しい予感がびりびりします。よろしくー。

おやすみなさい。

YES.yuki/hozzy

1379面体。

知ると言うのは恐ろしいことだ。
人生が多面体だとすると、知るたびにまたそこに面が増える。
知る、増える、知る、増える、知る、切る、増える、知る、切る、面が増える。
そして、その一面がしっかりと映るのは、決められた角度からでしかない。

始めは球だったのか。
全体が一面だ。地続きに、初点から初点まで、どこを通っても区切られることはない。
故に、広すぎて、一度に全体をつかむ力は無に等しい。
だけれど、凄いのは、つかむ以前の、感性を映せる範囲。
区切りが無いから、全体が感性だ。
理屈も、言葉も無いから、映ったものがすべてだ。
裏も表も、右も左もない。
全感覚が全宇宙。
天然の大芸術家。

そこにカットをいれる初めての出来事は一体なんなのか。
球が転がらず、コロンブスの卵みたいに、直立不動にこの世界にたてる、その一撃はなんなのか。
そして、その初めての一面に映るものは?

裏も表も無い世界から、飛び出す第一歩が人間としての始まりかもしれない。
踏み出さなければ、もしかしたら無垢な、純粋な、非人間的な完璧なままでいられたかもしれない。

けれど、人間は踏み出すことを、なぜだか、選ぶ。
選ぶようにできている。
明るく言えば「生をつかみ」、暗く言えば「崩壊をつかむ」

自らの意志でもなく、球は始まりを選び、自分をカットしながら、創造的に自分を面に映していく。
知ることで、削られたところが、肌寒い。
少なくとも、俺はぴゅーぴゅーする。
面が増えれば増えるほど、一つの面の幅は、狭く狭くなる。
やがて感性も、場所によっては、芥子粒ほどの輝きしか映さなくなるだろう。
ぴゅーぴゅるるー、だ。

ところが、どっこい、面と面は、合わすことができる。
お互いを、少なくとも球よりは歪曲すること無く、ずっと安定して映すことができる。

寒いところが、それで埋まったりする。
埋まらなかったら、それはそれで、「なぜなんだろう?」と、またカットすることもできるわけだ。
希望がある。
少なくとも、一筋の線が、光が、か細くても、可能性を紡ぎ続けてくれる。
それも、その可能性は生きてる限り無条件に、誰にも無料で配られている。

球は美しいけれど、そのままじゃ、抱き合うことも、映し合うこともできない。

ただ莫大な量の感性を、その表面に、一方的に、映し続けるしかできないんだ。だから初めて、そこに切り込みを入れるのが母性なんだろうな。


知るというのは寒くなるし堅くなるし恐ろしいことであるけれども、間違いなく、バランスの取り方だけは教えてくれる。

感性が、枯れてしまいそうになるのなら、それこそ枯れ葉に、なるべく広く残った面を向ければいい。
コネクト!!
なるべく、長く、じっくりと。

最近気がついたのだが、世界に散らばるあらゆる物は、目を凝らしてまたよーく見てみると、素晴らしく新鮮で、心がわくわくしてくる。
鮮度が違うのだ。チラ見と、じっと見では、物の鮮度が違う。
川をぼーっと見るのと、じっーっと観察するのでは、世界の活発になる感じが全然違う。
コンクリートの壁でさえ、ぐっと睨んでいると、ぼーっと眺める金閣寺なんかより、ずっと金色の生命力のようなものが感じられる。

忙しかったり、気疲れしたり、にっちもさっちも行かなくなったりした時に、ちょっとおすすめです。
狭くなった面を最大限に生かすには、その場所を大きくはできないけれど、拡大することはできる、と思えるようになることが重要かもと、最近思っている。
自分からその面に近づくことができるようになったら、どこまでも小さい種みたいな輝きも、相対的に、太陽のような大きさ、暖かさに感じられるようになるんじゃないかと、ちょっと無謀な考えの中、じっと見を継続中。

ちなみに、みなさんから頂いたメールはゆっくりとですが、確実に読んでいます。
予想以上にたくさんのメッセージを光栄ながら頂きましたので、読むのに相当時間がかかりそうです。
一括で申し訳ないのですが、とりあえず、ここでお礼を言わせて下さい。
ありがとうございます!

YES.ganmi/hozzy

頭が天空だ

ありがとうございます。

生きていて良かった。

音楽やっててよかった。

メンバー、スタッフさん、逢えてよかった。

母さん、本当にありがとう。

涙に意味があるとしたら今だ。

藤森の新曲を聴きながら、涙が、滝だ、

俺はメンバーに会えて、本当によかった

藍坊主は最高だよ。

ありがとううさん。

いい音楽を造んなきゃ

発売を祝して。

マザーでました、でました笑。



やったー!



凄いいい曲だと自分でも思います。

偽り無くね。



久しぶりに「月のヒト」と「殴れ」をスタジオで改めて歌ったときに、マザーの曲のでかさに、我ながら敬礼してしまった。



ありがとうってね。



実は俺、子供が産まれたんだ。



この、ここでの発表は、事務所にも、レコード会社にも、メンバーにも、許可をとっていない。

この文章は、かなりアナーキーだと思う。



暗黙の了解的に、ミュージシャンに子供ができることは、なんかよくないことらしいと、イメージ的に言われてるものでね。

俺もなんか、迷惑かけないように納得してたけど、もう限界です。



マザーは、本当に俺の命を注ぎ込んだ曲だ。

このまま、黙っていたら、俺の子供が、消されてしまうような気がしてしまってね。



俺はアイドルじゃねえし、175Rでもねえし、リアディゾンでもない。

ツタヤにジャージで通う一般人です。

だからいじめないでください(ポイしないでください笑)



こんな俺にも、父親という、ポジションが訪れた!



凄いよ、この感覚は。

180度、世界が変わってしまうくらいに。



実は、メンバーもマザーのPV撮影のときに、初めて俺の子供と会ったんです。

たまたま家が撮影所と近かったからね、来てもらった。



俺の子は、ユウイチとチーフマネージャーのソエダさんが特にお気に入りらしい笑。



びっくりした人もいると思うけど、それ以上に伝えたいことがたくさんある。

逆に、伝えてほしいこともたくさんある。



みんなと同じテーブルで語り合いたい。

成年だったら飲みながら、いろいろ話し合いたい。



一回、俺と飲みませんか?

20人くらいで話をしてみたい。



熱いやつと、意見交換をしてみたい。



YES.mother/hozzy

残骸たち。

愛とは知らず、ぬくさの海に浮かんで眠り、
光り輝くその先は、自分を母と呼ばさせた。

それとはしらず、きづけば太陽の下に居て、
噛み砕いていたのは、真っ白な砂糖菓子だった。

気づけばそこに、僕は居た。
気づけば僕は、僕だった。

これから僕は、瞬間のすごさを君に言おうと思う。

空、君、風、月。

空は空より大きいんだ!
君は君よりあったかいんだ!
風は風より優しいんだ!
月は月よりやらかいんだ!

飛び込んできた空は、空よりずっと大きかった。
抱きしめた君は、君よりずっと暖かかったんだ。

混ざって溶けて、一つと思うまえに既にひとつで、ばらばらじゃない。

しゅんかん。

世界とぼくらは、いつもひとつなんだよ。

かいていた。えりあしを。そうだ、3日お風呂に入ってない。
かじってた。親指を。そうか、もうごはんの時間。
わらってた。鼻先で。そうだ、ぼくはあなたがきらい。
泣いていた。全身で。なぜかは、なぜだかわからない。

よくみてごらん、この瞬間を、事実、瞬間が僕より先を生きている。

言葉には力がある、感覚を無力にする、力がある。
詩には力がある、言葉をぶっ壊す、力がある。

さらさらとなでる、ジャージ、青いナイロン、その感触、0と1のあいだ。

僕にはもう簡単には、ネジは外せないけれど。

パンロックに浸かり、カートコバーンを愛し、27でお前も、死んでもいいと思ってた。
悪いがベイベー今は、死んでも生きなきゃなんねぇ、お前はどこに行くのか、お前はどう思ってる?

けど、どういうわけか、目をみ開くこの世界、ひどくぼやけてる、厚みがまるでない。

薬で治るほど、物質的な心を持ってるつもりは、ない。

みんなみんなみんな、貧困や、戦争や、あいや、未来に、不安をかんじてやがる
なぜだ?なぜだ?お前らは幸せか?こころがぶっこわれはしないのか?

距離0センチのこの瞬間が、ぼくにとっての大問題だ。

整頓された世界、学校教育に哲学を本格的に導入した方がいい。
教育は、害がない程度に子供を泳がせる、人間は機械じゃないと、さわやかな文句とともに、不自由なじゆうをうたう。

月にいった夢を見た。ロケットで遠くまで、なぜだかタクロウは、ボウズだったんだ。

空転する感覚!
一方通行の主張!!

君にはどう見えている?
僕がおかしく見えるなら、その感じを、是非とも、大切にしてくれ。
その感覚を!!

僕は僕よりもっと遠いのです。

感覚を捨てた代わりに、僕は言葉を手に入れた。

狐のワルツ。
今日はパパの誕生日、木の実をたくさん集めましょう。
カエルは二匹、つがいで仲よさげ。

その手触りを、窓越しにたわむ光を、たしかにつかむその場所が、目を閉じた闇に、皮膚を映す。
だから、君を愛せば愛すほど、僕は愛に満たされる。

君が肩を叩いたから、僕は振り返ったんじゃない。
目に飛び込んだ君を見て、振り返ったことを知る、肩を叩かれたことを知る。

瞬間はものじゃない。

時間の順序を大切にしたい。

生きた生きることに触れ続けていたい。

YES.time/hozzy

20XX年宇宙の旅。

インドに行ってからもう2年がたった今、俺そろそろまた外国に行きたい。
こないだの旅はごちゃごちゃしすぎてて、ちっとやそっとの時間じゃ理解不能な体験が多すぎたから、文章にして旅行記みたいなことを書くことができなかったけど、今頃になってようやく消化できてきてきたような気持ちになってます。
楽しくて苦しくて緊張して霧散して、やっと凝縮した。

どうやら俺、インド後から急に老け始めたらしいです笑。

旅はいいもんですな。
すごい色々思い出してきたよ、秋の肌寒さの中で、、、、はっ。

16歳の夏休み、親友Kと箱根の大湧谷めざして自宅からママチャリで登山。みちゆく数少ないチャリ登山者はみんな本格武装したマウンテンバイクだった。
何キロあるのかわからないけど、朝早く出て夕方4時頃に頂上について食った温泉卵が死ぬほどうまかった。
脱水症状寸前で泣きながら食ったあの味は決して忘れないだろう、、、。
ちなみにこの日の条件は、現金所持禁止&おにぎり3個&500ミリペットボトル一本で登頂まで目指す、でした。ちなみに温泉卵は、そこらへんにいたひとに、なんとなくおごってもらいました笑。

17歳の夏休み、親友kと大阪の大阪城をめざして小田原の1号線のガストからヒッチハイク。ギター一本抱えて弾き語りをしながら、その日しのぎのサバイバルライフに挑戦。過酷な旅になることが予想されていたため俺の心は約98パーセント挫折することを考えていたのだけれど、kはひやすら馬鹿みたいに「行ける!行ける!」と言っていたので、「バカだなこいつ」と思っていたのだが、結果的に大阪城で記念写真を撮るにいたった。信じられんことに、以外に人々は優しかった。ダンボールに行き先を書けば、30分以内には乗っけてくれる人が現れるし、下手すれば「頑張れよ」なんて金を恵んでくれたりする善なる人もいたのでした。なんだかすれていた俺は、このとき我が目を疑いつつ、「世の中捨てたもんじゃないな」となんだか懐かしい気持ちに、泣きたくなったのでした。バカをバカと思うのは、自分がただ小さいだけなのを示しているに過ぎないのかもと思うようになった。案外、やってみると予想以上の結果に出くわすこともある。枠を自分で作るのは、結構良くないことだと身にしみてわかった。希望を抱いて帰ってきた旅だった。
ちなみにこの時の条件は、現金所持禁止、弾き語りのみで次の街を目指す、でした。

17歳の夏休み、ヒッチハイク後、間髪入れずにアメリカに親のすねをカジカジして行く。サンフランシスコはなんだかジャンキーばかりだった。
ヒッピー文化が色濃い街だけに、あらゆることがなんだか緩い感じで、あんまり長く居ると帰れなくなってしまいそうな雰囲気がぷんぷん。
しかし、俺はもう1週間で帰りたくなっていた。お茶漬けが恋しくて恋しくてしかたなくなって、肉とか、ポテトとか、もううんざりしてしまって、マックとかもう真っ黒に塗りたくってやりたくなって、いらついてしょうがなかった。
飯が合わないってここまで苦痛なのかと、思い知らされた高校2年生の夏でした。
ちなみにこの時の条件は、特にねぇーっ!!

18歳の夏休み、特になし。予備校で未来に消しゴムを押し付ける毎日。

19歳全般、腐ってる。

あー、なんかめんどくさくなってきたぞぉ。

そして、そのあいだにころころ国内は旅して、
24歳でインドに行ってガンジス川に飛び込んで、下痢になって、価値観をぶっ潰されて帰ってきたのでした。

なんか旅って文章にするとすげー味気なくなるね。いまさらってか。
俺の表現力が足りひんせいと、持続力が弱々しいのが主な、つーかほぼ全ての原因なのだが、結論を強引にいっちゃっていいかな。

「経験に勝る言葉なし」

机上の空論、想像、とんちんかん、皮肉、
そんなの俺大好きだけど、やっぱ本気で納得できる瞬間って何かって言ったら、経験に結びついたことにしか結局集約しない。
俺みたいに普通の生活してる人間に(端から見たら普通ではないのかしらん)、政治家先生のご立派な言説はとんと響かないし、はたまた坊さんなんかのありがたい説法もなんだか空気みたいに耳から耳へと通り抜けていってしまう。

そのひとがそのひとにそった経験をしなきゃ、結局なんもわからへん。

おいら、いつでも経験したい。
なんでもいいから、想像を超える瞬間に何万遍でも立ち会いたい。
つーか世界一周とかしてる人々に俺は嫉妬しまくってるよ。
インドで会った人たちとかみんなそんな奴らばっかだったし。
チケットよこせよちくしょう。って別にそんときは思わなかったけど笑。
今思う。

つーか宇宙っていつになったら10万円くらいでいけるようになるのだい?
はやくいかせてくれよ、糞科学テクノロジー!!

YES,journey/hozzy

ある女の絶望。

1、独白

なんで私は駄目なんでしょう。
なんで私はかまってもらえないんでしょう。
今日も流れない涙が、遠くでくすぶっています。
突き抜けるようながさみしさがいたいのです。
けれどそんなセンチメンタリズムさえ私には許されません。

そう、私はどこまでも古ぼけて、小汚い。


2、昼

「いいわね、あんたは。何にも傷つかず毎日そこでぼーっとしていられてさ。ほんとあんたになりたいわ」

美しい朱色。
彼女は今日、そのつるっとした体を私に預けてこういいました。

「もうくたくたよぉ。あのくそガキ、わたしのことガリガリ齧るのよ。ああ、ああ、あなた、あなたのその肌、羨ましい、、、」

陰影をはじくその輝きに、私は何も言い返せず、出来ることといえばただ、恥ずかしさにうつむくことだけでした。
こんなとき、なんと言えばいいのでしょう?
強がりも、へつらいも、ましてや謝ることなど、この気高さをまとう彼女に対しては失礼になってしまう。彼女の足下の傷は、あまりにも、眩しい。

「つーかさ、なんであんたこんなところにいんの?私が言うのもなんだけど、かなり場違いなんだけど」

あまりにも最もな彼女の指摘に、私の心は更に暗く沈み込みました。
私がもう少し、、、いえ、、下の下ほどにも美しければ、あるいはこの場でへりくだることでひとなみの卑しさをまとい、彼女の自尊心を満足させることができたのかもしれません。
けれども、私は本当の本当に醜いのです。
本当に卑しいのです、、、。

「まったく、嫌なやつね。ちょっとはなんとかいえば?気取っちゃってさぁ」

私にもし肉があったなら、この無力さに、頬は焦げ落ち、鼻は凍りついたことでしょう。
けれど私にはそれがない。

「ああやだやだやだやだ!いらいらするわー、このくそあま」

私は、、私は許されるならばあなたのその美しさを、何万回でも讃えたい。
言葉の限り、息を吸う間もなく賛美を連ね続けたい、、、。

世界はどこまで暗闇でございましょう。

「バーカ」

彼女はそういうと、背中を向けてそのままぱったりと深い眠りについてしまいました。


3、その夜

こんなことがあるのでしょうか?未だに信じることができません。
まるで、霞の中に居るように、そこはかとなく全てがぼやけています。
なのに確かに私は、今ここで、身を焼かれたように横たわっています。

さきほど、私の、この体は、初めて、ある男に、奪われたのです。

それも、限りなく熱烈な欲望のもとに。

私の足は彼の舌に触れ、むせるような熱気の渦の中で、なんどもなんども、驚愕と恍惚に振り回されました。
どこまでも深く、何よりも遠く、私の心は、虚空に散って、火花のように弾け、かげろうのように尽きたのです。

私は醜いながらも、彼によって、やっと朱色の彼女と同じように、認められたのです。
私の絶望的なこの存在は、初めて、初めて一筋の光を見るように、肯定されたのです。

もう、私は、思い残すことはございません。
あなた様、いつでも、どの折にでも、もう、へし折って下さって結構でございます、、、、。

神は、神は確かにいらっしゃいました、、。


4、宴会

『わっはっはっは、今日と言う日はなんとめでたいことかのう。月も肴も、おぬしのために熟しきっておるわい。いやいや、なんとなんと。わっはっはっは』
『父上、拙者これからも精進いたしますゆえ、何とぞご指導ご鞭撻の程をよろしくお願い致します、、、』
『よいよい。固っ苦しいことは抜きじゃ抜きじゃ、わっはっはっは。そうじゃそうじゃ、ほれっ、これを受け取れ、吾陀左衛門よ』
『え、、こ、こ、こ、これはっ?!』
『うむ。』
『なななななななんと、なんとこれは!』
『うむ、天女老木の箸じゃ』
『ち、、、屋敷が五つ六つ建つ大名物ぞ?!いいのですか父上?!?』
『家元になったお前に安っぽい箸はもう似合わんじゃろ。くれてやるわい!わっはっはっは』
『ああああ、なんという身に余る光栄!!魂をかけて精進いたしまするぅううう』
『うむうむ、よいよい。ほれ、冷めぬうちに肴を食え。酒も上物ばかりぞ。わっはっはっは』
『いっただっきまーーす!!』

5、にほんむかしばなしふうに

こうして、天女老木の箸は、百年の時を経て箸としての生命を吹き返したのでございました。

価値ある物も、使わねば唯の棒切れにございます。

九十九の神は、今日もどこかで泣いておりまする。

おしまい。

YES.kumonoito/hozzy

ハイデガー。

『存在と時間』

ハイデガー理解への走り書き。

当たり前のように、了解されている「存在」とはなにか。
存在とは何か。「存在とは何であるか」→この時点で、この問いの中にも「何であるか」という「ある」という存在を示すフレーズが表れてくる。
これを問う事自体が、存在に関する問題を孕んでおり、間違えれば循環論的になり得る危険性を抱えている。
「存在」といは限りなく問うのが困難な枠組みである。かつ、当たり前すぎるほどにありきたりなので誰もが解った気にもなっている。自明の前提として認識されている。
で、まずはこの存在に優位性があるのかを問う。あるのならばそれは何か。それは、現存在。

「現存在」
まず現存在という定義に言及。現存在とは、言ってしまえば「己」。
人それぞれにおける自らの存在。これがほかの限りない「存在」を存在させる、というのは通常の考え。
私がいなければ、空も、ビルもない→私が世界を見なければ、生きなければ、私の感じる世界もない→自らが存在しなければ、世界もまた、無である。
すなわち、現存在とは、あらゆる存在への前存在論的な意味合いをを持つ、特別な存在様式であるといえる。そしてこの現存在にかかわる存在性を「実存」と呼ぶ。言うなれば、この現存在自体も「実存性」という性質をもちながら存在している。あらゆるものにおいて優位性をもつのが現存在。

「歴史性」
現存在の経歴の存在構成をさす。ようは、経歴。ここから、通常一般の「歴史」が成立する。世界歴史と呼ぶ。
過去というのも現存在の後ろについて回るものではなく。言わば、未来において存在するものである。現存在がまさに今にいるとき、そこには歴史性はない。
反省によって歴史性がうまれ、時間制がうまれる。過去もそういう意味では、先取された場所においてその本性を現す。

「現象」
ありのままを示すもの。また仮象としての意味でも使われる。
「おのれを示さずにおのれを通示するという意味での現象」
「それを通示するもの自身、通示者としての現象」
「おのれを示す力学としての現象」
このように3つの意味にもわけられる。1は仮象、2は本質、3は定義、として「現象」という言語をふりわけることができる。
さらに、
「あらわでない通示者が、あらわでない表面に流出するという仕方で表れるところでの現象」というカント的な現象定義もある。
→純粋直観という不明のものが、カテゴリーを経て現象という仮のものとして現出する、ということ。これは1の仮象とは異なる。1はあくまで真理的意味合いのものが、現象をとおして仮の姿として現れるという意味合いがあるから。4は大本さえも不分明としている、というか知覚としては到達できないものとしている。

『世界=内=存在』

現存在の在り方を示す造語。

1道具

壁と椅子は触れる事ができない。カント的な本質の問題を指すのではない。実存論的に言って、壁や椅子には、現存在的な固有の存在様式がないため、触れる事ができない、と言っている。椅子には世界がない。故に壁に触れる事ができない。
世界は客観的に存在するのではない。まず世界という客体的存在があって、主観がそれらに出会い物事を認識するのではない。この客体性を掘り下げていくのがハイデガーがいう「道具」のたとえの項。ものの存在が急に閃かれる瞬間とはなんだろうか。それに違和感が顕われた時である。通常の生活のなかで何も問題のない物事が続くのならば、それらはどこまでも生活に馴染んでいくのでその物事たちはどこまでも主観から遠ざかった存在である。つまり客観として意識しない状態。ストーブの灯油が切れなければ、ストーブに意識を向ける事は無い。温度が心地よければ、ストーブを意識しない。意識するのは、ストーブに欠如の相が表れた時である。ここがミソである。
客観、主観と、常識的にいって、わけることができるのが当たり前だが、この主観、客観とはなんだろうか。
欠如したストーブを意識した時点で、ストーブは客観として主観に認識される。しかし、欠如しない、心地いいままのストーブの状態には主観の意識は向かないだろうから、なんと、それを客観としては認識しないではないか!つまり、客観というのは主観があって客観になりうるのであって、客観がまず先行してそこに存在するというのがおかしい。確かにストーブという存在はそこに既にあるが、要は、認識の問題である。主体は主体を離れて、客体を感じることができない。つまり、現存在的立場からみたら、客体はどこまでも現存在の範囲の中に組み込まれていると言う事である。欠如にして初めてその存在が認識として現れる。認識なくしては、存在はない、というのは存在論的にいって、間違いないだろう。
つまり、客観は主観と一部。現存在の従属部であり、実存の相である。
これを道具の例えを駆使して明かしている。欠如が世界内存在を意識として生む。

2指示、記号

記号は関係の一種である。関係とは形式的規定である。関係が形式。記号から導かれる指示、例えば信号、は存在論的な構造をもっているわけではない。簡単に言えば、青が止まれになっても、その意味を人が把握できていれば問題ない、ということ。逆に、有用性としての指示、すなわち、はさみはこう使う、というような指示に関しては存在論的な構造を備えているし、これがなければ道具たり得ない。有用性と、表示としての指示が合体してはじめて指示記号になる。記号とは、認識にとけ込んだ用具的存在者をことさら浮かび上がらせるための表示であり、記号と道具とが別々に分離していたものを合わせるというようなものでもなく、現存在がかかわるところとして、これは不可分なものである。可分になり得ない。客体として別々なもの、とはすなわち、それは主体にとりこまれた客体として別々なもの、と言えるから、つまりは主体においてはそれらは別々ではない。不可分なのである。
そして指示関係そのものは存在論的に記号として記述されることはない。記号は指示関係を表す道具でしかないから。形式を表すことしかできない。こうであるという提示でしかない。その関係の存在構造を示すことはできない。まるでウィトゲンシュタインのような言明だ。

3デカルト批判

デカルトの主張する存在論を批判。空間性や存在を延長という視点から捉えるのでは、ハイデガーの主張する存在本質にまでたどり着けない。客体として物質が存在するのではなく、己も物質的規定と同じラインで主観としてあるのでもなく(精神をいくら高く掲げたところで、始まりの視点が客体、主客、と同値になっているのならば、同ライン上でのものの見方である)、現存在という優位、世界=内=存在的、関連から空間性や、もちろん存在論も考えなくては、存在は「思考不可能なもの」という所で結局はストップしてしまう。カントも直観や純粋悟性をただあるものとしてしか定義できなかったように。ギリシアから続く存在論の通例的見解に批判を加えている。

4開離

開離が起きることによって、世界内部の存在に現存在は近づく。開離とは離れる事だが、現存在の範囲が拡大することを指すのか、用具的存在者がその目たたなさを捨て、浮き上がってくることを開離とさすのか、沈んで目立たなくなることをそう呼ぶのか。恐らく3を指すのだろう。用具的存在者に開離が起きる、とういうのはつまるところ現存在に乖離が起きる事に等しいから。うん。
開離。意識が離れる、すなわち、他者に意識が向うその事をさしているのではないか→違う。開離とは、存在がどれだけ現存在に馴染むかと言う事。眼鏡は意識されない事にこそその存在価値があるように(眼鏡として存在できるように)その意識の遠さをこそ開離と呼ぶのである。眼鏡よりも、遠くにある山の方が現存在にとっては近いのであるように。
距離についての考察。この乖離によって空間性が生まれる。空間がまず客観的にあるのではない。現存在の開離が空間を生むのである。
道具はそこに安置され、手元や目先に配置されている。そこにこそ空間が付随的に生まれている。現存在が意識しないところにはこの立場から見たときの空間は無い。宇宙的空間もないに等しい。現存在が恣意すればこその宇宙空間である。近い、遠い、も,計測的、数学的な遠近には当てはまらない。遠くのでかい山、近くの小さいやま、どちらが遠いのかは、わからない。現存在の空間性とはこんなものである。そしてこれこそが世界空間の厳密的な本性である。山と山に距離は無い。現存在が距離を作るのである。

5共同現存在

現存在そのものとは一体誰なのか?という問い。今までの流れでは、現存在はこの私というポジションで表されてきたが、ではこの私の私とはなんであるか。本当に現存在は私自身であるのか。幾分厳密に掘り下げていく。
共同現存在、共同世界、共同存在。これらは全て現存在そのものである。主観と客観のように、まず主観があり、客観が存在するとしたら、これらの弐項はともに遭う事、接触する事ができないだろう。なぜならば始めからそれらは違うものだから。ではなくて、もともと同じものに対して事後的に弐項の関係を「与える」からこそ主観と客観が表れうるのであり、前に上述したように客観は主観の一部である。このことからも現存在とは主観であり客観であるもの「共同的」なものである。もとの「共同的」なものがそこから派生することで「共同的客体」が生まれうるのである。共同でありつつも現存在を可能にしているこの「存在根源」に関してはなお優位性があるにしても(だからこれを「主観」と呼んではならない)、同時に共同的な現存在がなければ「この」現存在もない。「この」とは「あの」から導かれうるものだからである。「ここ」は「あそこ」があって、そこを目安にできるからこそ「ここ」がありうるように。つまり、ここにいる、という現存在の優位性も共同のなかに、共同そのものの属性を持たぬ限り、実現しないということ。ここは、どこまでも、あそこ、から導かれる、相対的なものである。

6世間

日常的自己存在、つまり通常的な自分とは、いかにも自分らしく振る舞っているが、己とは到底呼べないものである。
共同存在としての自分、共同現存在としての日常的現存在。現存在が向う存在安定に、疎隔性、均等化、平均性、というのがある。社会がこれらがこれらを形成し、またこれらが社会を共同世界として形成していく。そして社会が事実現存在を可能にする。まず疎隔性とは、己を失うということである。失えば失うほど社会性は向上し、共同存在として完成していく。一所懸命に生に没頭すればするほどに己は社会化し共同化し隠されていく。均等化、平均生、とは呼んで字のごとく、社会性そのもである。規律、規制、等の共同としての存在は円滑に機能するようなシステムルール。これに則せば則すほど共同存在としては好評される。ともかく自己存在とは、社会性において初めて自己を獲得する、というのは現存在が共同現存在を含み込んで初めて存在となっている事実に則しても、反しない事になるだろう。厳密ではないかもしてないけれど。そしてこれらの疎隔性、均等性をもたらすのはなんであるか、と言えば、「世間」というもマッドモンスターである。
世間とはある個体的な対象ではなく、実態もなく、誰かが操っているということもなく、ただ、明らかに強力な権限をもって存在する無人の巨大存在である。現存在もこの世間の一部を作り、他者からしてみれば己も他者である。コントールされつつコントロール機能の強化の一旦を同時に現存在も担っている。世間とはこの意味で無人であり、存在的である。共同存在の代表であるとも言える。真の芸術を孤高の個別的光明だとするならば、そんなものは「芸術」になり得ない。均等化、平均性の網を抜けた物でなければ、その表現も存在しえないのだ。それをふるいにかけるのが世間である。誰ともない存在である。日常的自己存在とは存在忘却をした自己であり、価値観の首輪をつけた奴隷であり、誰ともない他人である。社会性を身にまとった自己は他者同様である。唯一他者に抜きん出ている点は、このように、巧妙な罠を抜けようとする努力を、それが微力な抵抗だとしても、奮起させることができる意志を持ちあわせているという点である。この日常からの脱却をもって、狂人となることも可能であるということだ。それは極端になると統合失調症という社会的レッテルを付与されることにもなるのだけれど。

7被投性

共同現存在としての己を引き合いにだしたけれど、なお一層、根源的な存在様相に焦点を当てると、「現にこのありさまでこの存在を存在ている」という現存在の独自性が表れてくる。共同性よりももっと根源的であり、また現存在の殊特性を閃かす性質である。
世界=内=存在というありかたで、この存在を現に存在として存在している。これを被投性とハイデガーはいう。そしてこれをまず始めに可能にしているのが「心境」である。
心境とは気分のことである。客観、主観、云々のあとにこのような曖昧なものがテーマになってくると、首を傾げたくなるが、この「気分」というのを客観的に眺めてはならない。
あくまでも現存在のみている世界に則して理解する必要がある。気分とはなんであるか、現存在が世界を見やるとき、もっと言えば、世界を生きるときに、必ず伴う現象である。
山を見るとき、景色を見ずに思考に耽る時、思考しながら歩く時、音楽を制作するとき。常に気分はこれらの状況に帯同してやまない。そして、この「気分」が現存在の行動している世界を面白いくらいに変動させてゆく。ふさぎ込んだ時に見る海と、高揚している時に見る海とでは、まったくその映り方が変わる、と言う事があるように。現に生きる現存在には常に気分と言うものが先行的に眼鏡のように付随している。気分というレンズを覗いて世界を眺めている。被投性という性質を持ちながら、常に開示されている世界に対して、心境によって現存在は、その世界を明るみにだしたり暗がりに引っ込めたりしながら、開示と連結をとり(その開示を存在させ)存在している。

8了解

世界が「現に」存在しており、その世界が現=存することは、内=存在である。実存する世界=内=存在がこのように開示されており、この開示態のことを「了解」と呼ぶ。
つまり、世界がこのような有様で現存し、それを認識にまで押し上げる事ができるのはこの「開示」に対しての根本的な「了解」があるからである、ということ。カントの純粋直観から純粋悟性への構想力を指すような言明であるが、切り込み方における立ち位置が違う。この了解とは現存在の在り方そのものを指す。純粋直観や、純粋悟性というような、すでに客体化された概念、すなわち、主観という観念から導出された概念と同じラインにあるものではなく、その主客にわける客観的視点が分け入る以前の現存在の世界=内=存在という有り様にそなわる性質を指すのであり、根源的な存在様相にともなう性質を指しているのである。非常に文章にすると解りにくい。つまるところは、カントの思索とハイデガーの思索のスタートラインが違うように、表現も変えなくては混同する、というような意味で、「了解」とはカントでいう「構想力」と同じ思想表明の言語に過ぎない、と言語的には言ってしまってかまわないのではないか。ニュアンスの違いはこの本を読み進めて獲得していくしかない。

9解意

了解を認識に押し上げた状態の了解。つまり開示からの根源的了解が、心境のフィルターを経過し、目立たなさから気遣いに至り、内世界的存在、意味を伴った状態になった了解の表面的形状。

10言明

言明とは解意の一派生体であるとする。ウィトゲンシュタインの思想とは逆転的であるが、そういわれればそのような気にもなってくる、というか、この考え方の方がまともに思える。
言明とは、解意した内世界的存在を言語に当てはめて表明することである。解意は了解的な世界内存在の存在に対する前ーカテゴライズ的なカテゴライズのようである。カントの純粋悟性概念のような思索的ポジショニングである(角度的、段階的には指し示すポジションは全く違うけど)。この前ーカテゴライズに言語を当てはめたものが言明。そしてそれが客体として均等化された平面的な場所へ押し出され、属性やら、類やら、種やらに振り分けされテゴライズ的ポジションを得ると言っている。だから、言明をしなくても、その解意した存在に関してはもはや表面的了解が備わっているとする。りんごを食べたいとする、りんごを目立たなさから解放する心境、気分、がりんごをその存在として存在させる、ということか。いや、これだと「りんご」という言語問題が関わってくるからいけない。目の前の椅子が邪魔だからどけると言う場合にはどうか。これでも椅子というのを「椅子」という言語的了解なしに解意してどかすことができるだろうか。じゃまだからどける場合、まだ解意は成立していないのではないか。目たたなさの中にあって、「椅子」という言語的了解に至らない状態で椅子をどけることにきっとなるだろう。ストーブの欠如状態が明らかになる時は、寒いという状況把握が必要になる。寒いとは何か、そしてストーブに火を点しに行く時の「ストーブ」とは何か、これはプレ段階でその「何か」を言語的に把握していなければ(つまりカテゴライズ的に客体化の属性の中で把握していなければ)成立しないのではないか。この解意と言明に関しては、やはりウィトゲンシュタイン的な思想の方が優位である気がする。すでに言語というものに馴染んでいなければ、解意もおきないに違いない。と、思いきや、突然目の前に訳の分からないオブジェが表れたとして、それは勿論「言語」的には当てはめられないものである。そのときでも当然目立ちから解意が起きる。その後でこのオブジェに言明を加える事にもなりうるなぁ。どっちが先だ。解意か言語か。意味の分からないものでも存在確認する事はできる。しかし、このオブジェも「オブジェ」とする限り言語の枠に収まっている。「わけのわからないもの」も抽象的であるが「形」として言語の中に収まっている。屋根の上にぶよぶよしたものが這っているときにでも「ぶよぶよしたもの」という述語的言語が関わってきている。言語に収まらないものを果たして現存在はそれを存在させることができるだろうか。それを解意した瞬間に「物体」や「色」という「小さい赤い空中に浮かんだもの」のような言語化が起きているのではないか。世界は言語の総体である。というような世界なのではないか。現存在の根源的存在を抜かしては。世界=内=存在とは言い換えれば言語的世界であると言えるかもしれない。世界内存在としての現存在の根源、了解的な「現に」ここにこう存在しているということ、その言語の到達できない場所。それをウィトゲンシュタインが安住する場所としたように。ハイデガーの「世間」「世界」の項目はウィトゲンシュタインの「言語ゲーム」と共通項を持っている。切り込み方が違うだけのような気がする。ちなみに「論理学的な論理」とは、数学的なものも含めてであるが、上述のカテゴライズに属する、最も「客体化された」仕方で存在するものである。科学や宗教や芸術的批評もそうである。そこには共同世界の息が多分にかかっている。「言語」「存在」は最も、根源的に人間の根底に関わってくる問題である、と思う。だからといってカテゴライズ後のものを格下げするつもりはない。音楽はまた別の次元でピンク色に気楽に存在するものであると思う。だから楽しい。


『時間性』

現存在の本来的自己としての形態は「関心」である。了解に先立ち、なによりも先に現存在を成り立たせるのが関心である。では関心は何によって可能であるか。
「時間性」によってである。この時間性という観念は、通常の時間概念とは異なっている。過去、未来、現在、をさすのではない。これらはひいては、日常的=世間的時間である。
本来的な時間性とは、将来することでおきる「関心」そのものの動きに伴う発動性質を指す。つまり、「関心」とは時間性である。これが時熟することで(これを将来に向うと呼ぶ、これに向う働きの性質を先駆と呼ぶ)、関心が動き伴い、本来的自己の基盤が形成される。時間性とは、存在ではない。時間に存在はない。存在を置く空間が時間である。空間は時間である。
時間性に立ち入って、未来や過去をみると面白い。
「過去は、現在より時間的に先にある」し「未来(予測、すなわち記憶)は、現在より時間的に後ろにある」ことになる。あくまで時間性に則して日常的時間を眺めたとき。

冬の研究ノート。

『存在と時間』

ハイデガー理解への走り書き。

当たり前のように、了解されている「存在」とはなにか。
存在とは何か。「存在とは何であるか」→この時点で、この問いの中にも「何であるか」という「ある」という存在を示すフレーズが表れてくる。
これを問う事自体が、存在に関する問題を孕んでおり、間違えれば循環論的になり得る危険性を抱えている。
「存在」といは限りなく問うのが困難な枠組みである。かつ、当たり前すぎるほどにありきたりなので誰もが解った気にもなっている。自明の前提として認識されている。
で、まずはこの存在に優位性があるのかを問う。あるのならばそれは何か。それは、現存在。

「現存在」
まず現存在という定義に言及。現存在とは、言ってしまえば「己」。
人それぞれにおける自らの存在。これがほかの限りない「存在」を存在させる、というのは通常の考え。
私がいなければ、空も、ビルもない→私が世界を見なければ、生きなければ、私の感じる世界もない→自らが存在しなければ、世界もまた、無である。
すなわち、現存在とは、あらゆる存在への前存在論的な意味合いをを持つ、特別な存在様式であるといえる。そしてこの現存在にかかわる存在性を「実存」と呼ぶ。言うなれば、この現存在自体も「実存性」という性質をもちながら存在している。あらゆるものにおいて優位性をもつのが現存在。

「歴史性」
現存在の経歴の存在構成をさす。ようは、経歴。ここから、通常一般の「歴史」が成立する。世界歴史と呼ぶ。
過去というのも現存在の後ろについて回るものではなく。言わば、未来において存在するものである。現存在がまさに今にいるとき、そこには歴史性はない。
反省によって歴史性がうまれ、時間制がうまれる。過去もそういう意味では、先取された場所においてその本性を現す。

「現象」
ありのままを示すもの。また仮象としての意味でも使われる。
「おのれを示さずにおのれを通示するという意味での現象」
「それを通示するもの自身、通示者としての現象」
「おのれを示す力学としての現象」
このように3つの意味にもわけられる。1は仮象、2は本質、3は定義、として「現象」という言語をふりわけることができる。
さらに、
「あらわでない通示者が、あらわでない表面に流出するという仕方で表れるところでの現象」というカント的な現象定義もある。
→純粋直観という不明のものが、カテゴリーを経て現象という仮のものとして現出する、ということ。これは1の仮象とは異なる。1はあくまで真理的意味合いのものが、現象をとおして仮の姿として現れるという意味合いがあるから。4は大本さえも不分明としている、というか知覚としては到達できないものとしている。

『世界=内=存在』

現存在の在り方を示す造語。

1道具

壁と椅子は触れる事ができない。カント的な本質の問題を指すのではない。実存論的に言って、壁や椅子には、現存在的な固有の存在様式がないため、触れる事ができない、と言っている。椅子には世界がない。故に壁に触れる事ができない。
世界は客観的に存在するのではない。まず世界という客体的存在があって、主観がそれらに出会い物事を認識するのではない。この客体性を掘り下げていくのがハイデガーがいう「道具」のたとえの項。ものの存在が急に閃かれる瞬間とはなんだろうか。それに違和感が顕われた時である。通常の生活のなかで何も問題のない物事が続くのならば、それらはどこまでも生活に馴染んでいくのでその物事たちはどこまでも主観から遠ざかった存在である。つまり客観として意識しない状態。ストーブの灯油が切れなければ、ストーブに意識を向ける事は無い。温度が心地よければ、ストーブを意識しない。意識するのは、ストーブに欠如の相が表れた時である。ここがミソである。
客観、主観と、常識的にいって、わけることができるのが当たり前だが、この主観、客観とはなんだろうか。
欠如したストーブを意識した時点で、ストーブは客観として主観に認識される。しかし、欠如しない、心地いいままのストーブの状態には主観の意識は向かないだろうから、なんと、それを客観としては認識しないではないか!つまり、客観というのは主観があって客観になりうるのであって、客観がまず先行してそこに存在するというのがおかしい。確かにストーブという存在はそこに既にあるが、要は、認識の問題である。主体は主体を離れて、客体を感じることができない。つまり、現存在的立場からみたら、客体はどこまでも現存在の範囲の中に組み込まれていると言う事である。欠如にして初めてその存在が認識として現れる。認識なくしては、存在はない、というのは存在論的にいって、間違いないだろう。
つまり、客観は主観と一部。現存在の従属部であり、実存の相である。
これを道具の例えを駆使して明かしている。欠如が世界内存在を意識として生む。

2指示、記号

記号は関係の一種である。関係とは形式的規定である。関係が形式。記号から導かれる指示、例えば信号、は存在論的な構造をもっているわけではない。簡単に言えば、青が止まれになっても、その意味を人が把握できていれば問題ない、ということ。逆に、有用性としての指示、すなわち、はさみはこう使う、というような指示に関しては存在論的な構造を備えているし、これがなければ道具たり得ない。有用性と、表示としての指示が合体してはじめて指示記号になる。記号とは、認識にとけ込んだ用具的存在者をことさら浮かび上がらせるための表示であり、記号と道具とが別々に分離していたものを合わせるというようなものでもなく、現存在がかかわるところとして、これは不可分なものである。可分になり得ない。客体として別々なもの、とはすなわち、それは主体にとりこまれた客体として別々なもの、と言えるから、つまりは主体においてはそれらは別々ではない。不可分なのである。
そして指示関係そのものは存在論的に記号として記述されることはない。記号は指示関係を表す道具でしかないから。形式を表すことしかできない。こうであるという提示でしかない。その関係の存在構造を示すことはできない。まるでウィトゲンシュタインのような言明だ。

3デカルト批判

デカルトの主張する存在論を批判。空間性や存在を延長という視点から捉えるのでは、ハイデガーの主張する存在本質にまでたどり着けない。客体として物質が存在するのではなく、己も物質的規定と同じラインで主観としてあるのでもなく(精神をいくら高く掲げたところで、始まりの視点が客体、主客、と同値になっているのならば、同ライン上でのものの見方である)、現存在という優位、世界=内=存在的、関連から空間性や、もちろん存在論も考えなくては、存在は「思考不可能なもの」という所で結局はストップしてしまう。カントも直観や純粋悟性をただあるものとしてしか定義できなかったように。ギリシアから続く存在論の通例的見解に批判を加えている。

4開離

開離が起きることによって、世界内部の存在に現存在は近づく。開離とは離れる事だが、現存在の範囲が拡大することを指すのか、用具的存在者がその目たたなさを捨て、浮き上がってくることを開離とさすのか、沈んで目立たなくなることをそう呼ぶのか。恐らく3を指すのだろう。用具的存在者に開離が起きる、とういうのはつまるところ現存在に乖離が起きる事に等しいから。うん。
開離。意識が離れる、すなわち、他者に意識が向うその事をさしているのではないか→違う。開離とは、存在がどれだけ現存在に馴染むかと言う事。眼鏡は意識されない事にこそその存在価値があるように(眼鏡として存在できるように)その意識の遠さをこそ開離と呼ぶのである。眼鏡よりも、遠くにある山の方が現存在にとっては近いのであるように。
距離についての考察。この乖離によって空間性が生まれる。空間がまず客観的にあるのではない。現存在の開離が空間を生むのである。
道具はそこに安置され、手元や目先に配置されている。そこにこそ空間が付随的に生まれている。現存在が意識しないところにはこの立場から見たときの空間は無い。宇宙的空間もないに等しい。現存在が恣意すればこその宇宙空間である。近い、遠い、も,計測的、数学的な遠近には当てはまらない。遠くのでかい山、近くの小さいやま、どちらが遠いのかは、わからない。現存在の空間性とはこんなものである。そしてこれこそが世界空間の厳密的な本性である。山と山に距離は無い。現存在が距離を作るのである。

5共同現存在

現存在そのものとは一体誰なのか?という問い。今までの流れでは、現存在はこの私というポジションで表されてきたが、ではこの私の私とはなんであるか。本当に現存在は私自身であるのか。幾分厳密に掘り下げていく。
共同現存在、共同世界、共同存在。これらは全て現存在そのものである。主観と客観のように、まず主観があり、客観が存在するとしたら、これらの弐項はともに遭う事、接触する事ができないだろう。なぜならば始めからそれらは違うものだから。ではなくて、もともと同じものに対して事後的に弐項の関係を「与える」からこそ主観と客観が表れうるのであり、前に上述したように客観は主観の一部である。このことからも現存在とは主観であり客観であるもの「共同的」なものである。もとの「共同的」なものがそこから派生することで「共同的客体」が生まれうるのである。共同でありつつも現存在を可能にしているこの「存在根源」に関してはなお優位性があるにしても(だからこれを「主観」と呼んではならない)、同時に共同的な現存在がなければ「この」現存在もない。「この」とは「あの」から導かれうるものだからである。「ここ」は「あそこ」があって、そこを目安にできるからこそ「ここ」がありうるように。つまり、ここにいる、という現存在の優位性も共同のなかに、共同そのものの属性を持たぬ限り、実現しないということ。ここは、どこまでも、あそこ、から導かれる、相対的なものである。

6世間

日常的自己存在、つまり通常的な自分とは、いかにも自分らしく振る舞っているが、己とは到底呼べないものである。
共同存在としての自分、共同現存在としての日常的現存在。現存在が向う存在安定に、疎隔性、均等化、平均性、というのがある。社会がこれらがこれらを形成し、またこれらが社会を共同世界として形成していく。そして社会が事実現存在を可能にする。まず疎隔性とは、己を失うということである。失えば失うほど社会性は向上し、共同存在として完成していく。一所懸命に生に没頭すればするほどに己は社会化し共同化し隠されていく。均等化、平均生、とは呼んで字のごとく、社会性そのもである。規律、規制、等の共同としての存在は円滑に機能するようなシステムルール。これに則せば則すほど共同存在としては好評される。ともかく自己存在とは、社会性において初めて自己を獲得する、というのは現存在が共同現存在を含み込んで初めて存在となっている事実に則しても、反しない事になるだろう。厳密ではないかもしてないけれど。そしてこれらの疎隔性、均等性をもたらすのはなんであるか、と言えば、「世間」というもマッドモンスターである。
世間とはある個体的な対象ではなく、実態もなく、誰かが操っているということもなく、ただ、明らかに強力な権限をもって存在する無人の巨大存在である。現存在もこの世間の一部を作り、他者からしてみれば己も他者である。コントールされつつコントロール機能の強化の一旦を同時に現存在も担っている。世間とはこの意味で無人であり、存在的である。共同存在の代表であるとも言える。真の芸術を孤高の個別的光明だとするならば、そんなものは「芸術」になり得ない。均等化、平均性の網を抜けた物でなければ、その表現も存在しえないのだ。それをふるいにかけるのが世間である。誰ともない存在である。日常的自己存在とは存在忘却をした自己であり、価値観の首輪をつけた奴隷であり、誰ともない他人である。社会性を身にまとった自己は他者同様である。唯一他者に抜きん出ている点は、このように、巧妙な罠を抜けようとする努力を、それが微力な抵抗だとしても、奮起させることができる意志を持ちあわせているという点である。この日常からの脱却をもって、狂人となることも可能であるということだ。それは極端になると精神異常者という社会的レッテルを付与されることにもなるのだけれど。

7被投性

共同現存在としての己を引き合いにだしたけれど、なお一層、根源的な存在様相に焦点を当てると、「現にこのありさまでこの存在を存在ている」という現存在の独自性が表れてくる。共同性よりももっと根源的であり、また現存在の殊特性を閃かす性質である。
世界=内=存在というありかたで、この存在を現に存在として存在している。これを被投性とハイデガーはいう。そしてこれをまず始めに可能にしているのが「心境」である。
心境とは気分のことである。客観、主観、云々のあとにこのような曖昧なものがテーマになってくると、首を傾げたくなるが、この「気分」というのを客観的に眺めてはならない。
あくまでも現存在のみている世界に則して理解する必要がある。気分とはなんであるか、現存在が世界を見やるとき、もっと言えば、世界を生きるときに、必ず伴う現象である。
山を見るとき、景色を見ずに思考に耽る時、思考しながら歩く時、音楽を制作するとき。常に気分はこれらの状況に帯同してやまない。そして、この「気分」が現存在の行動している世界を面白いくらいに変動させてゆく。ふさぎ込んだ時に見る海と、高揚している時に見る海とでは、まったくその映り方が変わる、と言う事があるように。現に生きる現存在には常に気分と言うものが先行的に眼鏡のように付随している。気分というレンズを覗いて世界を眺めている。被投性という性質を持ちながら、常に開示されている世界に対して、心境によって現存在は、その世界を明るみにだしたり暗がりに引っ込めたりしながら、開示と連結をとり(その開示を存在させ)存在している。

8了解

世界が「現に」存在しており、その世界が現=存することは、内=存在である。実存する世界=内=存在がこのように開示されており、この開示態のことを「了解」と呼ぶ。
つまり、世界がこのような有様で現存し、それを認識にまで押し上げる事ができるのはこの「開示」に対しての根本的な「了解」があるからである、ということ。カントの純粋直観から純粋悟性への構想力を指すような言明であるが、切り込み方における立ち位置が違う。この了解とは現存在の在り方そのものを指す。純粋直観や、純粋悟性というような、すでに客体化された概念、すなわち、主観という観念から導出された概念と同じラインにあるものではなく、その主客にわける客観的視点が分け入る以前の現存在の世界=内=存在という有り様にそなわる性質を指すのであり、根源的な存在様相にともなう性質を指しているのである。非常に文章にすると解りにくい。つまるところは、カントの思索とハイデガーの思索のスタートラインが違うように、表現も変えなくては混同する、というような意味で、「了解」とはカントでいう「構想力」と同じ思想表明の言語に過ぎない、と言語的には言ってしまってかまわないのではないか。ニュアンスの違いはこの本を読み進めて獲得していくしかない。

9解意

了解を認識に押し上げた状態の了解。つまり開示からの根源的了解が、心境のフィルターを経過し、目立たなさから気遣いに至り、内世界的存在、意味を伴った状態になった了解の表面的形状。

10言明

言明とは解意の一派生体であるとする。ウィトゲンシュタインの思想とは逆転的であるが、そういわれればそのような気にもなってくる、というか、この考え方の方がまともに思える。
言明とは、解意した内世界的存在を言語に当てはめて表明することである。解意は了解的な世界内存在の存在に対する前ーカテゴライズ的なカテゴライズのようである。カントの純粋悟性概念のような思索的ポジショニングである(角度的、段階的には指し示すポジションは全く違うけど)。この前ーカテゴライズに言語を当てはめたものが言明。そしてそれが客体として均等化された平面的な場所へ押し出され、属性やら、類やら、種やらに振り分けされテゴライズ的ポジションを得ると言っている。だから、言明をしなくても、その解意した存在に関してはもはや表面的了解が備わっているとする。りんごを食べたいとする、りんごを目立たなさから解放する心境、気分、がりんごをその存在として存在させる、ということか。いや、これだと「りんご」という言語問題が関わってくるからいけない。目の前の椅子が邪魔だからどけると言う場合にはどうか。これでも椅子というのを「椅子」という言語的了解なしに解意してどかすことができるだろうか。じゃまだからどける場合、まだ解意は成立していないのではないか。目たたなさの中にあって、「椅子」という言語的了解に至らない状態で椅子をどけることにきっとなるだろう。ストーブの欠如状態が明らかになる時は、寒いという状況把握が必要になる。寒いとは何か、そしてストーブに火を点しに行く時の「ストーブ」とは何か、これはプレ段階でその「何か」を言語的に把握していなければ(つまりカテゴライズ的に客体化の属性の中で把握していなければ)成立しないのではないか。この解意と言明に関しては、やはりウィトゲンシュタイン的な思想の方が優位である気がする。すでに言語というものに馴染んでいなければ、解意もおきないに違いない。と、思いきや、突然目の前に訳の分からないオブジェが表れたとして、それは勿論「言語」的には当てはめられないものである。そのときでも当然目立ちから解意が起きる。その後でこのオブジェに言明を加える事にもなりうるなぁ。どっちが先だ。解意か言語か。意味の分からないものでも存在確認する事はできる。しかし、このオブジェも「オブジェ」とする限り言語の枠に収まっている。「わけのわからないもの」も抽象的であるが「形」として言語の中に収まっている。屋根の上にぶよぶよしたものが這っているときにでも「ぶよぶよしたもの」という述語的言語が関わってきている。言語に収まらないものを果たして現存在はそれを存在させることができるだろうか。それを解意した瞬間に「物体」や「色」という「小さい赤い空中に浮かんだもの」のような言語化が起きているのではないか。世界は言語の総体である。というような世界なのではないか。現存在の根源的存在を抜かしては。世界=内=存在とは言い換えれば言語的世界であると言えるかもしれない。世界内存在としての現存在の根源、了解的な「現に」ここにこう存在しているということ、その言語の到達できない場所。それをウィトゲンシュタインが安住する場所としたように。ハイデガーの「世間」「世界」の項目はウィトゲンシュタインの「言語ゲーム」と共通項を持っている。切り込み方が違うだけのような気がする。ちなみに「論理学的な論理」とは、数学的なものも含めてであるが、上述のカテゴライズに属する、最も「客体化された」仕方で存在するものである。科学や宗教や芸術的批評もそうである。そこには共同世界の息が多分にかかっている。「言語」「存在」は最も、根源的に人間の根底に関わってくる問題である、と思う。だからといってカテゴライズ後のものを格下げするつもりはない。音楽はまた別の次元でピンク色に気楽に存在するものであると思う。だから楽しい。


『時間性』

現存在の本来的自己としての形態は「関心」である。了解に先立ち、なによりも先に現存在を成り立たせるのが関心である。では関心は何によって可能であるか。
「時間性」によってである。この時間性という観念は、通常の時間概念とは異なっている。過去、未来、現在、をさすのではない。これらはひいては、日常的=世間的時間である。
本来的な時間性とは、将来することでおきる「関心」そのものの動きに伴う発動性質を指す。つまり、「関心」とは時間性である。これが時熟することで(これを将来に向うと呼ぶ、これに向う働きの性質を先駆と呼ぶ)、関心が動き伴い、本来的自己の基盤が形成される。時間性とは、存在ではない。時間に存在はない。存在を置く空間が時間である。空間は時間である。
時間性に立ち入って、未来や過去をみると面白い。
「過去は、現在より時間的に先にある」し「未来(予測、すなわち記憶)は、現在より時間的に後ろにある」ことになる。あくまで時間性に則して日常的時間を眺めたとき。

YES.sein und zeit/hozzy