藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-51,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

『魚と猫とゴムとネコ』の3。


ポチの毎日は、平和だ。首輪がない野良猫だが、不思議に誰からも愛されている。
特にこの界隈の子供達の間では人気があって、
「ポチ。ポチ。こっちにおいで。おいで。かわいいポチコロ。」と言ってみんながかわいがる。
ポチは人間が大好きだ。自分は猫だと勿論分かっているし、彼らとは違う生き物だということもちゃんと分かっている。その上で人間のことが、自分の仲間の猫たちよりもずっと好なのだ。そしてポチはとても頭がいい。子供達の大人が冗談で、
「ガッツ石松なんかよりもずっと頭がいいんじゃないかしらねぇ、ポチはねぇ。」、なんて笑って冗談を言うくらい賢い。そして尻尾が真っ白で、片目だけが緑色の眼をしている。不思議な猫なのだ。

そんなポチに、今日予想外のことが起きた。
信じられないことに大好きな人間に苛められたのだ。
ポチはショックで、今も河原でぐったりしている。
それは髪の長い女の子だった。
彼女はまずポチに優しい声をかけながら近寄ってきた。当然ポチは嬉しくなって彼女に駆け寄っていく。だんだん縮まるその距離に、ポチはヒゲをピンと立てて、にゃーと喜びの鳴き声を上げた。そして、あと一メートル位の距離に来たというときに、突然ポチの世界が、ぐるんと反転した。
蹴られたのだ。
それは痛みを全く共なわなかった。
地面に着地するまでに、青い空と、白い雲と、赤い屋根と、逆さまになった灰色の電信柱が見えた。
土ぼこりがふわふわと舞う中で、ポチは自分に何が起きたのかすぐにはわからなかった。
その場から動けないポチに向かって、女の子は次に、石を投げつけた。
ひゅんっ、と石が鼻先をかすめる。
ポチの中にやっと恐ろしさが広がり始めた。
そしてその場からすぐに逃げようとしたが、何故か足が根を張ったように動かなかった。
それは恐怖から、というより、人間に対する敬愛の念がそうさせた。
人間が自分に危害を加えるということをただただ信じたくなかったのだ。
涙を流せるならばこの町が塩水に沈んでしまうくらい、その場で大声を出しながら泣いたことだろう。しかし、猫は泣けず、鳴くことしかできない。
ポチは、自分が猫であることをその瞬間、深い悲しみの端っこで、とても恨めしく思った。
そして、目の前の、半分泣き顔をしながら自分に石を投げてつけいる女の子を、とても、とても羨ましく思った。
「ネコなんて大嫌いよ!あんたなんて消えちまえ!」
女の子は、制服の袖で涙を拭いながら、そう叫んでいた。
ポチは、崩れて泣きじゃくる彼女にゆっくり近づくと、その体を彼女の足に寄せた。
そして、その緑色の眼で優しく見つめながら、自分の気持ちを伝えようと震えた柔らかい鳴き声で静かに訴えかけた。
「なんなのよあんたは、大嫌いだって言ってるでしょ!」
彼女はもう一度ポチを蹴飛ばした。さっきより強く、今度はつま先で蹴飛ばした。
ぽーん、と猫は中に舞う。
今度は、ひどい痛みがポチを襲った。地面に転がった時、きつい草の匂いがした。
「私は猫が大嫌いなのよ。」
そういいながら、女の子はポケットから何かを取り出して、ぐすん、ぐすん、と泣きながら、転がったポチに向かい、ぴんっ、とそれを弾いた。
ポチの目の前にあった、楕円形をした石ころの横にそれは落ちた。
灰色の輪ゴムだった。
「次に出会ったときは、今日よりももっとひどいことをするから。
私を見かけたらすぐに逃げなさい。必ずそうしなさい。」
そう言うと、女の子は長い髪を一かきして、赤い目を擦り、くるっと背中をポチに向け、太陽が眩しい方向に去っていった。
ポチはズキズキと痛む体と胸の奥を抱えるように、ふらふらと立ち上がった。
目の前に落ちている灰色の輪ゴムをくわえると、舌の先が妙に苦かった。
ポチは自分が猫であることを、この時心の底から悲しく思った。

YES.jostein/hozzy

『魚と猫とゴムとネコ』の2。

「ネコちゃーん、今日は牛乳にお砂糖を入れてもいいのかしらぁ?」
台所の向こうから母の声が聞こえる。
グツグツグツ、と何かを煮ている音が、それと一緒にくぐもって聞こえた。
彼女は私のことを「ネコ」と呼ぶ。
「寧々子」という祖父が名づけた名前では、どうしてか母は私を呼ぶことはない。
ある日、「ネコ」と母が私のことを呼ぶのを、近所の友人がふと耳にしてから、友人内でも私の呼び名は「ネコ」になった。動物と一緒にされているようで始めは正直気に入らなかったが、いつからか慣れてしまって、いまでは「ネコ」と呼ばれたらすぐに振り返ってしまう。習慣の魔術はおそろしい。
「ねぇ、聞いてるぅー?お砂糖入れてもいいかしらぁー?」
彼女の少し間延びした喋り方に、私は相変わらず少し苦笑いをしながら、今日もあえて優しい声で答える。
「そうね、入れといて。でも少しでいいからね。」
母は鼻歌を歌いながら、カチャカチャと食器の音を響かせている。
「るーるるるーるるーるるーるるるー」
ゆっくりと私の息は熱くなる。
いつからだろう、彼女に対してこんなにイライラするようになったのは。
耳を切り取ってしまいたい衝動に駆られる位じりじりしてしまう。
「もう少し待ってねぇ、もうすぐピザトーストできるからねぇ。」
母の明るい声がキッチンから響いてくる。頭の奥が重い。
そもそも私は牛乳が大嫌いだ。
バターもチーズもヨーグルトも生クリームも、牛が関わるものは全て駄目だ。
母は私が、まさか乳製品が苦手だなんてミジンコの卵ほども思っていないだろう。
彼女は平和な人なのだ。人の憎しみを買ってしまうほどに。

ふと私はあることを思い出し、椅子から立ち上がると工具や新聞紙が置いてある棚に向かって、パタパタとスリッパを響かせた。
パンとチーズの匂いをかぎながら、背伸びをして棚の上に手を伸ばす。すぐに目当ての箱に指先が触れた。
輪ゴムの小箱。
今日、学校の美術の授業で使うのだ。
爪先立ちのまま、手探りで箱に人差し指と親指を入れると、三つほど輪ゴムをつまみ上げた。止めていた息を吐いて、ゆっくり視線を指先に落とす。すると目に映ったのは、カラフルな色。
「なによこれ。」
紫、青、灰色のカラー輪ゴムだった。きっと母が買って補充したのだ。前に箱から取り出したときは、それは普通の輪ゴムだった。
「こんなの授業で使えないわよ・・・。」
苛立ちを通り越して、ぎゅーん、と体の力が抜けた。
リビングに戻っても、母はまだキッチンで鼻歌を歌っていた。
私は椅子に腰掛けるとすっと右腕を伸ばし、紫と青の輪ゴムを、エアーガンを打つように母に向かって弾いた。けれどそれは全く届かずに床に落ちた。
残った一つの灰色を仕方なくポケットに入れる。
母の痩せたうしろ姿を、私はため息をつきながら眺めていた。

YES.nekonote/hozzy

『魚と猫とゴムとネコ』の1。

「あいつが帰ってきた。」
僕たちの間に大歓声が起きた。
今にも擦り切れそうな姿で僕らのコミュニティに戻ってきたのは、あの弱虫のニクモだった。僕らは滅多に感情を表に表さない。けれど、みんな大声で彼の名前を呼び、英雄を迎えるような、少し正気を失った歓声を一晩中上げ続けた。
ニクモは疲れきった顔で、少し怯えるように弱々しく笑っていた。そんな彼の姿が、僕らをより熱狂的にさせた。
「まさか、またここに戻ってこれるなんてねぇ。」
ピンク色のヘルメが言うと、その場に居るみんなは一様に、うんうん、と頷く。
「あいつはなんだか随分たくましくなったな。何があったのか、是非旅の話を聞いてみたいものだね。」
ミドリ色のガータが言うとまた、その場に居るみんなは、うんうん、と頷くのだった。

僕らが住む場所には光があまり差し込まない。暗い壁が四方八方を埋めていて、唯一色が灯る景色を見ることができるのは天井に開いた丸い穴、そこからだけだ。その穴からは光の切れ端が薄く、とても細くだけど、ひらひらと舞ってくる。それは愛しくもあり、少し哀しくもあった。そしてその光の向こうには、確実にこの場所とは違う世界が広がっている。しかし僕らにはそこがどんな世界なのかは全く以ってわからない。このコミュニティを出て行ってから、戻ってきたものが誰一人いないからだ。それが何を意味するのか、僕らには何となく分かっていたけど、誰一人としてそれを口にするものはいなかった。
何の脈絡もなく突然、今まで多くの仲間達が外の世界に引っ張られていった。
巨大なクレーンが彼らの体をつまみ上げ、光の中へと連れて行く。
そしてそれから、二度と消えていった彼らに出会うことはなかった。
ニクモ以外には。

ローズレッド色のハルマがニクモに話しかけた。僕の仲間内ではニクモに話しかけたのは彼女が初めてだった。
「こんにちは。調子はどう?ってあまりよさそうじゃないわね。ひどい顔してるわよあなた。まぁ色々あっただろうから無理もないだろうけどね。ほんと体が切れちゃわないように気をつけるのよ。それでね、もうさんざん色んな奴から聞かれたことだろうけど、教えて欲しいのよ。外の世界のこと。そしてあなたがどうやってここにまた戻ってこれたのかもね。もう今はうんざりっていうのならまた今度会った時でもいいの。それでもいいから話してくれないかしら?」
ハルマがそう言うと、ニクモは少しの間目を瞑ってからゆっくり息を吸って吐き、静かに口を開いた。
「ありがとう。切れてしまわないように気をつけるよ。
話、少し長くなってしまうけどいいかな?」
ニクモの灰色の体に光が反射して、微笑んだ顔の左半分は、眩しくて見えなかった。


YES.greenlabel/hozzy

○から●へ。

隣にあなたは立っていて、ずっと向こうでが犬が鳴いている。
森とは言えないけれど、林より大きい、樹々が群れる場所。
「綺麗な赤だ。」
わたしがマッチを放ったとき、枯れ草ではバッタが跳ねていた。
「これが私からの気持ちよ。」
空を埋め尽くす闇が、ぱりぱり、と剥がれ落ちて、黒い雪になって落ちてくる。
「こんなプレゼントは始めてだよ。」
彼は闇を手に掴み、青黒く染まった手のひらを私に見せて笑う。
視線を外してわたしは呟いた。

「ハッピーバースデイ。」

YES.blackcoffe/hozzy

しらたき、コドモ、バイオレンス。

置き去りにされて、孤独は自分のためにしかないと思い込んで、伝わらない音符の上下と感情の散乱を言葉に変えたもの(美しく言えば「詩」)をつかみ所の無い人生に叩きつけてミュージシャンぶる。苦しいにもほどがある。俺はまだミュージシャンじゃないし、ましてやアーティストには到底及ばない。
捕われるな。世界は輝きに欠けている。くすんだ白い納豆、飼いならされたブルドッグ、輝き続けたオードーリーヘップバーン。
:ラKッDLG;B;ッL;SDKFKGBDVMSL;DBLDFS:F:あLSらBあDVML;:B;:あSF:;あSLがSD:;G;:あSDGLMFD:L場S;:あSGL:;あFL:;F;あ、;:あFKB;:あFLK;:さうぇP@とP@あWGLSV:;あD!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

自滅、再生、回復、ファック、


藍坊主は唯一無二のバンドになる。
俺はそう信じています。

「ハナミドリ」最高傑作。
何度も客観視した結果、これ最高。
周りの雑音を排除してなるべくフラットになって聴いてほしいな。
ジャンルというものがいかに日本人に安心をあたえるものか。
俺は地球人で、地球を愛している。
YES&44;
俺たちはどこまでもいける。
YES.hanamidor/hozzy

イグノフォン。

イグノフォンについて説明します。
重要なことなのでタイトル青にしました。

イグノフォンとは、藍坊主VO&44;hozzyが扱う言語。
YES&44;俺が人に伝えるべきことを伝えるための表現方法です。

ヘイ、首を一瞬でもかしげたそこのあなた、俺の頭の機能はまだまだ正常ですよ笑。

順を追って説明していくととても長くなり、かつ、理解できない人には全くもって笑いのネタになってしまう話(もしくは眠くなる話)なんですが、
俺には見えないものが見えます。

バンプの歌にもあったけど、見えないものを見ようとしなくても
子供の頃からたびたび見えてました。

この世界は、人間だけの世界じゃないぜ笑。

そんな生活が昔から通常だった、というのを前提に話していきます。


去年の終わりあたり、近所を走っていたら、降りてきたんです。
俺の中で生まれるわけのわかんない言葉の存在理由。

『イグノフォン』

そう俺の中に響いた。

俺がその振動に質問を投げかけると(それはどういう意味ですか?って)、それは「お前が扱う響き。意味が込められた形。」と、返事が返ってきたのです。
前作、シングルの「スプーン」でも、Lumoで俺語全開で歌っていたけど、それにも大きな意味があったんだ。
ニュアンスとしてでしか伝えることはできなかったんだけど、あのフレーズに俺はメッセージをたくさん込めたつもりです。
つーか、そもそも言葉はとても不完全だ。
伝えたいことをどれだけ伝えられるのかもよくわかんねー。
俺は日本人だから、やっぱり母国語で基本は歌いたいと思ってます。
けど何よりそれ以上にもっと伝えたいことを伝えたいし、何より自分の感覚で歌いたいと強く思ってる。
そういうことで、前回のシングルから造語で歌ったりしていたんだけど、それにもちゃんと意味があったって教えられた。

それが『イグノフォン』ね。

俺が提示する言語的な表現方法の一つです。
ローウィンもそう。
光が揺れる音を俺の方法で表しました(ローウィン→左ゆれ、ローウォン→右ゆれ)。

次回のアルバムにもこれを使ってる曲もあるので、先に説明しときました。
疑問に思う人がいたら言ってやってください。
「それはイグノフォンだよ。」って。

俺はイグノフォニア。
イグノフォ二アだ。

特典のリストバンドいいよ。
かわいくもなくかっこよすぎもなくいい感じに良い。
藍坊主のグッズの中で過去一番いいかも笑。
普通にライブとかでつけたい感じです。

YES.sakuranoashiato/hozzy

指先に食い込む赤外線。

鋭く、速く、硬く、ドイツラスクを噛み砕く。
宙に浮くホコリのような破片。
風もないこの部屋で、パンの粒子はどこへ消えるのだ。
目ではとらえきれない小さい世界やとてつもなく大きな世界。
疑いようもなくそれはそこには存在しているのに、自分にはまるで無関係かのように時間を食いつぶしていく俺。
何度となくそれを悔い、悔しがり、瞳を広げて宙を端からめくっていこうとするのだけれど、気づけば寝転がって俗な妄想、考え事ばかりしている。
人間の脳、もしくは心には、ストッパーが用意されていて、知ろうとするとシャッターが下りてしまう領域があるらしい。
自分の存在の意味さえもその領域なのかと、14の頃から何度もその意味について考えてはいるものの、辿り着くのは結局、聞きたくもない使い古された道徳的観念、耳の穴に突っ込んだらたちまち発狂してしまいそうになる安楽的思想、そんなものがふりかけのように俺の頭の上にぱらつき続けていただけでした。
そういうことじゃないんだよ求めているのは。
つまりは愛や、平和や、自由、以前の重要問題なんです。
俺がくたばったら俺においての、愛も、自由も、平和もない。
愛も自由も世界の基準にあるものはそこでちゃんと存在していればいい。
けれどそれは決して俺の基準じゃない。
それは俺の感覚でしか存在しないに決まっているから。

つーか、愛、自由、平和、って文字にして並べるとすげー陳腐だな笑。
ちょっと多用すると吐き気がしてくるね。
何故だろうその意味はとても素敵なことなのに。

哲学、宗教、青春時代に色々と手を出してみたけれど、結局よく明確な答えはよくわかんなかったし、途中からそれを探る意味もよくわかんなくなってきて、一年近く堕落に時間を費やしたりもした。
今でこそ一応ミュージシャンやっているけれど、中身は今でもストレンジャー、浮浪旅人であると自覚しています。
つーか、悟りでも開かない限り、俺の欲しい答えは死ぬまでわかんねーな、と随分前から気づいてもいるんですけど、もしかしたら、とまだまだあきらめきれないんだよね。

認識できないことを理解する。
これは最高に生きていて幸せなことなんじゃなかろうかと俺は思っています。

ラスクの破片がどこに消えていくのかも、目に見ることがもしできたなら、もっと広い世界も構えることなく理解することができるような気がする。
人間ってつくづく可哀相な生き物だな。
可能性を見ることは出来るのに、それ以上の絶望的な現実が間違いなく目の前には存在している。
ゴキブリが羨ましくなることさえあります。

YES.rusk/hozzy

ウレタン。

最近映画観てます。
近所の映画館にもようやく足が向くようになりました。
とりあえず忙しさの山場が一段落し、自由な時間も増えたので、手当たり次第がんがんインプットしています。

来月公開になる「ラストデイズ」と「変態村」すげー楽しみだ。

今日は「ミュンヘン」観て来ました。
昨日は「サイレン」観て来ました。
一昨日は「ジャーヘッド」観て来ました。
どれもいまいちでした。

「チャーリーとチョコレート工場」借りて見たけど、コレとても面白かったです!突き抜けていかれててメルヘン笑。もっとながく観ていたかった。ウンバルンバ。

「チェゲバラとカストロのうんたら」、「エクスペリメント」、「ノロイ」、「レス」、あとよくわかんないラブコメディー、うん、ありがとう、って感じ。

「有頂天ホテル」香取しんごの持っていたギターがずっと気になって仕方なかった。

「拘束のドローイング9」ビョークの音楽ってやっぱりヤバイですね。映像と合ってんだかどうなんだかよく分からないくらい存在感があってずっと聞き耳立てていました。サントラ買ってしまった笑。映画自体は芸術的すぎて10回近く眠りそうでした笑。

「トニー滝谷」さっき借りてきたので、明日あたり観ようと思います。雰囲気が素敵そう。

今月中にあと10本は無理やりにでも観てやろうと思っています。

本もごっそり買いだめしたし、CDも何枚か買ったので当分一人きりでも飽きないでしょう。
何より「マザー1+2」を手に入れてしまったからヤバイ。
マザー2、スーパーファミコンでやりまくってました。
飲み込まれないように注意しなければ笑。

YES.mother/hozzy

かなぶんがとんでいた。

コードが6本。
黒、灰、しろ。
ゆびさきと、きかいをつなぐ1,3,2。
アルミカップ。スジャータ。タンザニアんコーヒー。
画面にあらわれる文字のかたちに、キリキリした光に、やさしいイメージを加える、ゆーげ。
水のつぶが窓を滑ってる。
そのあとに残る切り取られた木のえだ、しろい空、レンガの図書館。
まつげが湿るころには、鼻のおく、かたつむり型のうねり、ぬくい氷は溶けてひろがっていきました。

ok、今夜はよくねむれそう。
まくらの硬さもちょうどいい気がする。

つきぬけたスパゲティーナ、したのうえで踊るとうがらし。

かなぶぶぶぶん。

yes.musi/hozzy

シープスアーダンシン。

遅くなりました。ごめんなさい。

カレンダー発送しました!(ほんと遅いな、と反省してます)

メール時間があるとき読み返して、完全俺様主観で選ばせていただきました。
そう、俺様な感じで、えらそうに、ゆったりと、すまん、笑。
マジで、結構悩んだんです。
みんな素敵な文章を書いてくれたのでね。

届いた方は使ってみてください(説明書がついているので安心)。
一月分はもう過ぎてしまったけど、破り捨てるタイプのカレンダーじゃなく、役目を終えた後でもその月に意味があるように作ってあるので、大きい心で、俺のノロマさを受け入れてくださいな。よろしく。

はい。

では次に、今度でるシングル『桜の足あと』のデザイーンについてかかせていただくことにします。
今回もまた素晴らしい仕上がりになっちゃいましたよ。いい。
とくにジャケのイラストが最高です。
那須香おりさん、というイラストレイターの方に今回書いていただきました。
彼女の描く画を、うちのデザイナーのマイケル君が好きで「今回どうだろう」ってことで絵を見せてもらったら、俺らも打ーン!と全員ノックアウト。
マイケル同様、俺も一ファンになってしまいました笑。
色使いや絵全体の雰囲気はとても柔らかいのに、どっか固い感じもして、なんだか不思議な画を描かれる方です(俺の持ったイメージ)。
そう、何だか不思議なんだ笑。
俺はその何だか不思議にズレてる感じがすごい好きです。
何に対してずれてるのかは素人の俺にはわかんないけど、そのズレをとてもナチュラルに心地よく感じさせてくれるところに、俺は良い匂いをぷんぷん感じます。
一筋縄のかわいらしさじゃないぜ、那須さんの描いた羊は笑。
ほんといい。
だから那須さんのホームページも是非覗いてみてほしいです。
http://www.jprf.view21.net/~nasukao-pink/
がアドレスです。
さあさあいってらっしゃいませ。

そして、中身もチームパーキングが搾り出した良いアイデアがガツンと詰まっているんで、音とデザイン、トータルでお楽しみにしててください。

ではまた。

YES.nasusan/hozzy