藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-57,eltd-core-1.0.3,ajax_fade,page_not_loaded,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

創って壊してまた創って愛でて、壊す。

とうとう今日ソーダが店頭に並びますね。

発売日よりも一日早くCDが並ぶこの現象の意味が未だによくわからないのですが笑。17日発売って言っちまえばいいのに。ってそういうもんじゃないのかな。よくわからん。

しかしなにはともあれ一年ぶりではあるけれどこうやってアルバムを出せたことに、数え切れない人たちに感謝すると同時に自分たちに拍手したい。よくがんばったみんな。

元を作っていく俺とフジモリは曲がなかなかできなくて随分長い間死ぬほど悩んだし、それを待ってるユウイチとタクロウ(基本的なアレンジチーム)もいつになったら前に進めるのか不安でしょうがなかったと思う。

「ヒロシゲブルーを越えなきゃ意味がねー。」が合言葉でした。

勿論俺らは、今まで捨て曲を一曲でもCDに入れたつもりはないから「ヒロシゲブルー」は今聴いても良いと思ってます。

けど「ソーダ」は絶対ヒロシゲを越えたと胸張って言える!<br>だろう笑?藍坊主メンバー諸君&スタッフ様方!?

俺らがこれからどうしていくかもわかったし、これから先の可能性も、まだまだ藍坊主を開発できる余地も見えるアルバムになりましたよね?

まぁ俺らだけが盛り上がってもしょがない。

聴いてくださった皆さんがどう思ってくれるかが一番大きいので今日の発売が不安でありまた楽しみです。

俺らの音がうまく届くでしょうか。。。うー、少し怖い。

 

あと、ジャケットと中身のデザイン。製作中はほとんど眠る時間もないなか期限ギリギリまで粘って頑張ってくれたマイケルに多大なる感謝をします。ありがとう。材料を買いに走った日々が随分遠くに感じるよ笑。とりあえずお疲れだ。

 

さーて、ソーダが出ちまったらまた悩める日々が始まるぞ笑。

今度はソーダを越えなきゃなんねーからなー。

藍坊主はどこまでもいきますのでこれからも応援よろしくお願いします。何卒。

YES.soda!!!!/HOZZY

運賃よこせ。

今、相棒マイケルから俺がこないだ彼の家に遊びに行ってから何だか部屋の様子が変だ、と電話がかかってきた。

俺は無能な運び屋だ。

どいつもこいつも勝手に俺に乗っかって、勝手に降りていく。

たまにこんな風に仲良い奴の家なんかで降りられるととても悲しくなってくる。

俺の中にたまっていくならいくらでも面倒みてやるっつーのによ。

自分じゃ選べないのが痛い。バスの運転手が客の行き先を決められないようにね。

みんなどっかに行きたいんだ。

すまんマイケル笑。疫病神に俺はなれるぞ。

どうすんべー。

YES.NO.YES.NO/HOZZY

赤が点滅しすぎ。

アロマオイルをガンガン気化させまくってたら、少々気分が悪くなってきました。。。

今換気しているけどまだ随分と空気は冷えてますね。

さむ。

「喪失感」と言う言葉、いいなぁ。

繊細で儚くて痛くて浮遊してる。

本当の意味はもっと重いものなんだろうけど、響きと雰囲気がどうしようもないくらい骨の髄に染みる。

一体どこの誰が作った言葉なんだろか。

日本語って素敵だ。

文字を書く時にボールペンを使って書くのが一番気持ちいいです。あの滑らかさがたまらん。

もっと字がうまくなりたい。

藍坊主の書く字は全員汚すぎるよ笑。

「よめねーよ。なんだこれ。」と言うクレームがバンド内でよく飛び交うし、周りからも文句を言われることが多々あります。

「字は形じゃねぇ、心だ。」と凄んで言いたいけれど、形もまた心だ。と思う。

俺たちは間違いなく字が汚い。

ひどいもんですよほんと笑。

YES.lavender/HOZZY

ソフィー、影が消えてるよ。

アコースティックギターの一弦が勢い良く切れた。

気持ちいい位ぱちーんと。

いっつも思うんだけど、ギターの弦張るのってめんどくせー。

なんか弦を張る用の小人の召使いが欲しくなってくる。

自給30円くらいの俺に従順な小人。

妖精とかいいなぁ。

「ジュース買って来い。」

「イエッサー!HOZZY!」

とか最高ね。

ああ、くだらねー。

YES.allstar/HOZZY

俺の勘だと今、北海道あたり。

宮崎先生。あなたは今どこにいるんでしょうか。

突然音信不通になった恩師。

中学の時(最近中学の時の話多いな笑。すいません笑。)の塾の先生だった彼は俺にとって特別な存在でした。

ブランキージェットシティが大好きで、宗教に詳しくて、芸術家で、俺のことをとても理解しようとしてくれた当時唯一の大人。

基本的に中坊の話なんて大人はまともに聞いちゃくれない。

どんだけこっちが本気で話しても上辺だけなのが普通だわ、な。

だけど彼だけは違いました。

塾の時間が終わった後も、何時間も俺の話を聞いてくれた。

一度も笑ってごまかすことなんてなかったなぁ。

生きてる意味だとか、音楽の事だとか、当時ひどかった霊現象のことだとか(これはいつか書こうと思います)、ずいぶん俺は救われました。

彼自体かなり放浪癖のある人だったから突然消えるのはなんとなく理解できるけどやっぱもう一度会いたい。

高校にあがったあと、久々に塾に顔を出したら同僚の先生にも行き先も言わず急に居なくなってしまったらしいのです。

その話を聞いたとき、

「ああ、とうとう行っちまった。」って寂しく思った反面、何かすげー納得してしまった。

どこにいるんだ宮崎先生笑!

俺がもっと有名になりゃあ気づいてくれんのかなぁ。

俺はもう酒が呑めるぞー。

再会してボロい居酒屋で日本酒を一緒に呑みたい。

ないと思うけどもしこの文を読んでたら事務所に連絡下さい笑。

ちくしょうー、会いたいっす。

ブランキーカッコいいな。

聴いてたらあなたを思い出しちまいました。

YES.miyazaki!/HOZZY

ダイワリ焚く。

人間の体ほどの大きさの真っ白い円柱が3本。のしのし歩く夢を見ました。足もないのに何故かニュアンスは「のしのし」

広い草原に佇んで俺はいったい何をしていたんだろう。

夢診断とかよくあるけど、これは一体何の心理状況だ。

つーか一度催眠術にかかってみたい。

多分俺とフジモリはかかりやすい気がする。

ユウイチは絶対かかんねー笑。

タクロウは「へ?」って感じで催眠術にかかるとかそういう事以前で終わりそうだな笑。あああ大変、コワイコワイ。

AB(リーダー)、B×2(ボーカル、ギター)、O(大飯食らい)。

スタッフ方に「お前らホントめんどくせーよ。」とよく言われる。よくわかるよ。

ほんとすいません笑

THANKYOU.aobozustuffs!/HOZZY

クオンタイズ。

きゅるるるる。

どっかでエンジンが目を覚ます。

雲がもの凄い勢いで形も変えず飛んでいく。

硬い雲。

落下してきたらスッとそれを間一髪でよけなければならない。

雲がドスンと地面を揺らして、コンクリートの破片がひゅっと飛び散る。雲は申し訳なさそうにうつむいてまた空に昇ってく。

車は遠くに行ってしまった。

もう戻ってくることはない気がする。

夜明けの空気を深呼吸して眠ります。

びたーびたーっびたー。

YES.pesteritec!/HOZZY

月光/ベートーベン

世界と自分との差異。

斜め上方30°。

デジタルとアナログの人。

0+0=00。

今日タクロウと友人のミュージカルを見に行った。

会話が全部英語だったのにびっくりした。

内容は英語のせいで所どころ分からなかったけど、とても素敵でした。

yes。

窓ガラスが柔らかく感じる。

YES.pest!/HOZZY

17

①路上に転がるシケモクを拾い、ハイライトだったら大歓喜。

②よく酔っ払って猪木の物まねをしながら停まってる車に蹴りを入れる。

③自転車で2ケツしていたら俺の頭の上にわざと涎を垂らす。

④軽くアル中。

⑤理解不能な響きのコード(ほとんど不協和音)を多用する。

⑥ガソリンを口に含む。

⑦ヤンキーが大嫌い。

⑧全裸で木に登りながら携帯で好きな子に告白する(成功した)。

⑨顔はカッコイイ。

⑩歌詞を書かせたらこいつの右にでるやつを俺は知らない。

スマートのコラムにも書いたけど、俺が最も憧れた男、友人K。

中学の時に一緒にバンドをやり始めてから付き合いが生まれたのだけれど(マイケルともこの頃知り合いました)こいつのベースは下手くそだった笑。

だけどアコギを持って彼が作った曲を初めて聴かされた時、鳥肌が心臓にも立つくらい衝撃的でした。歌も上手くないしコードも滅茶苦茶だったけど(かなりオルタナな奇抜さ)、歌詞が最高にやばかった。<br>メロディーも「どっからでてくんだそれ笑!」って感じの音楽理論完全無視の超個性派。あれを素でやりのけられるのがカッコよすぎた。

しかし何よりも歌詞なんだよな。

あの頃は悔しくて何も言えなかったけど、今思い返しても俺はあいつには勝てない気がする。

もっと形が変わるくらい磨いていかないといけないな。

俺は俺のやり方でお前に勝つぞ。

部屋を掃除していたら、Kと大阪に弾き語りしに行った時の写真がでてきて思わずネタにしてしまった。

二人とも日に焼けてるのと風呂に入ってないせいで顔、っつーか体全体(服も)が真っ黒だった笑。

でも良い顔して笑ってたから何だか思い出してセンチメンタルになってしまいましたよ。

俺は良い友人達にだけは恵まれている自信があります。

YES.k!/HOZZY

ミラクルショット。

「なんだこの味は!?」

グレイシー柔術で関節技をきめられた人間の顔に近い表情をしたと思う。そして同時になぜか頭の中でプリティーウーマンが流れた。

(プリティ~ウ~マンッ♪ヲ~キンダンザッッストゥリ~♪)

 

キッチンにはハイライトとウイスキーグラスと俺の口からでた残骸。つーかプリティーウーマンなんて聴きたか、ねぇ。

なんでこういう時にハナレグミが流れないんだろう。

プリティーウーマンのせいで余計口の中が混乱した。

「カオスを食っちまったよ、トトロ君。」

自宅の犬に語りかけたら、しっぽを振って餌をねだられた。

うむ、それでいいんだよ君は。

歯を磨いてうがいをしてもまだ残ってやがる。

タバコを吸うと頭の芯がずーんと固まる。。

何食ってんだ俺はーーー。

最悪は最悪としてはやってこない。気がした。

おえぇ。

NO.NO.NO!/HOZZY