1≦。

ある男が鐘をならす。

ある少女がパンを焼く。

ある野良犬が足を失う。

ある煙突が役目を終える。

鐘、パン、足、役目。

水たまりに映る雲が呑み込んだもの。

気宇、空、球、今日。

メーラメラと焚き木を駆らせ、火の粉を呼んでみる。

「やってきたけどすぐ消える。やってきたからすぐ消える。」

消えるからやってくる。消えるからここにいる。

瞬間じゃない、あなたは瞬間じゃない。

だけど瞬間があなた。

あなたは誰ですか。

誰って誰ですか。

 

 

0だと困る。

 

ゼロの存在に感謝。感謝できることに感謝。

 

在ることに「○○○○!!!」

 

YES.kerakarakira/HOZZY

関連記事

  1. 冷えきった公園のくろつちが浮かぶ。

  2. エンジンダウン。

  3. 去ったものたち。

  4. 二人からの話を聞いて。

  5. むしあつくなってきた。

  6. ああ、時の流れのように。

  7. 沈む無重力。

  8. ぬるいコンソメ。

2005年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

昔の記事

PAGE TOP