踊り子の亡霊。,

浮遊する二色の温度。

それを縫いあわせるスピーカからのファルセット。

染みる沁みる滲みるしみる。

左手中指の第一関節が笑った。

「ハロー、素晴らしき世界!!」

 

ピアノがマイナーに下っていく。

漂うローズムスクが悲しそう。

バイオリンがひしゃげて月をギザギザにしたような音を出し始める。チェロは光る雨雲のように目の裏を鈍く痛めつけはじめた。

 

スイッチオフ。

 

雨音、鉛筆の転がる音、イエア。

 

YES.wateryellow!/HOZZY

関連記事

  1. 災害派遣ボランティア2。

  2. 耳も深い。

  3. エキバ。

  4. しみこむ水質。

  5. オレンジドロップ0.222。

  6. 春がくるまえに。

  7. 答えの塔。

  8. つぎはクラゲさ。

2005年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

昔の記事

PAGE TOP