ホタル堤燈。

田んぼに舟を浮かべて宴会をする小柄な和服たち。

月も見えない真っ暗な夜に、青白い光をまとって彼らは祭りをしておりました。

酒を呑み、歌をうたい、舟の上で踊り、何故か釣りをする人物も。

中には白無垢に角隠しの花嫁もいて、今思えばあれは彼ら流の結婚式だったのかな。

陽気な音頭が田んぼの水底から響いてので目を凝らすとCDラジカセが沈んでいました。

笑い声や会話(日本語じゃなかった)から漂う「間」がもう異世界臭ぷんぷんだ。

ふむふむふむ、これは人間が見てはいけない光景だ。

すげえラッキー。

と思った瞬間、目が覚めちまった。

 

しかし、鮮明だったな。

 

YES.ciocai/HOZZY

関連記事

  1. アナログエナメル。

  2. 原因不明は未来の笑い話。

  3. 東京の牛肉。

  4. 人物がチャーミー。

  5. 終わらない歌をうたおう。

  6. やっと明けた夜に。

  7. 東北へ。

  8. 何が見えるだろう。

2005年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

昔の記事

PAGE TOP