8月 2005

ゆーらゆら。

夏が残像になっていく。

風鈴が寂寥を帯びていく。

虫の声が透明さを増していく。

 

寂しいですな。

 

「まだまだ明日にでもなればまた暑さを取り戻すさ」みたいな白い歯と太陽が似合う好青年風な思考(俺の偏屈なイメージによる)にもしすがったとしてもその実現の後にはまたより確実になっていく夏の老衰、臨終、分解、消滅。その流れが寂しく待ってるだけ。とわかってる。

だったらこのまま夏を見送ったほうがいい、と思いました。

 

もうこのまま暑さも俺の気分も盛り返さないで秋にバトンタッチしてくれると気持ちいいんだけどな。

夏がとても好きなので。

 

名古屋台風平気だろうか。

 

YES.spoon/HOZZY