むらさき。

石を思いっきり遠くへ投げる。

意外と遠くまで飛んだ。

成長していた。

たったったっ

たーん。

自然と軽やかになる足取りに。

ポケットに手なんて突っ込みつつ。

鼻歌ったりしたけれど。

感じてしまった。

粘る地面の感触。

 

踏まれたゆるいガム。

市民権のない可哀想なゴム底。

 

ハロー。

 

NO.poisute/HOZZY

関連記事

  1. 感電しない、咽せるだけ。

  2. ゆげあえぐ。

  3. 桜。

  4. ミルクを入れてくるっと半回転で止めたコーヒーの模様

  5. 63円の幸せ。

  6. 印刷の匂いはないけど。

  7. 空と空の向こうには。

  8. 去ったものたち。

2005年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

昔の記事

PAGE TOP