ブルンッ、とやってきて。

ブルンッ、とやってきて。

おいおい、何やってんだよ。そこで立小便するんじゃない。
さっきそこで俺は星と月を眺めていたんだ。あぐらをかいて神聖な雰囲気に浸っていたんだ。何やってんだよ。いちいちそこでするこたねーだろーが。おいおい。1メートルはずれれば原っぱじゃねーかよ。なんてこった。胸が痛いし気分わりーよバカヤローが。ダッシュで突っ込んで跳び蹴りをかました方がいいだろうか。もしくは奇声を発しながら狂人さながら威嚇して追っ払うべきだろうか。警察に通報してさらし者にしつつ俺も一緒に説教かましてやるべきだろうか。つーか今携帯持ってねーし。電話しても警官来る頃には奴はとんずら万歳だぜファッキンジーザスクライスト。どうしよう。悩んでる暇はねぇぞホジ山ー。
ブーンと小便男は車に乗ってそのまま消えていきました。
あー。
つーか、あり、え、ない。
奴が小便かけたのは「道祖神」なんです。
道祖神ですぜ!?
道祖神てのはお地蔵さんみたいなものです。ありえないだろ?
月光の下残された俺は、彼の不運を強く強く強く強く祈りました。万死に値するぜあのバカは。
そしてまた、びびって何もできなかった自分にも(アウチ…)すっごい嫌悪感を抱いたので、その後ジョウロに水を入れて道祖神様を洗わせていただきました。
つーか神様に小便かける奴には俺はかかわれん。恐すぎる。話しかけた瞬間にブスっといかれそうで非常に恐ろしいであります。
男子諸君ー。立小便は、相応の場所でしよう。そうしよう。
YES.september/HOZZY

hozzy