ちからのかぎりひっぱって。

「All nEed iS lovE ~ ♪ちゃんちゃららら~ ♪ビートルズ聴くと壁が融けていくの~♪。」
(そうよね。って言いたいのに。できないね。口がないんだもの)

「Hello&44;hEllo&44;i don’T know Why you saY “GooD bye”anD i saY“Hello!”~♪」
(うん、いいわねそれ。って言って)

「電球の光って邪魔だわ。」
(私はタワシ)

「たらららったたーん!」
(もじゃもじゃたわし)

「もやし炒め完成!」
(ねぇ、あとで私で器を洗って、傷つけても洗って)

「嫌っ。」
(………。)

「ふん。さあ、ご飯できたわよ~」
(……って、部屋には誰もいないのにね。)

彼女は蛍光灯がビリビリ鳴る部屋でもやし炒めを独りほおばった。
ビートルズはこんな時も変わらずビートルズ。
すばらしい曲よビートルズ。

沈む陽に  
        私をちぎって  
                    ビートルズ
                                                             
ほら、575が生まれた。

YES.jhon/hozzy

関連記事

  1. 針。

  2. グー。

  3. 仙台、札幌。潜り抜けた暖簾と閉めたドア、雪と春の往復。

  4. チッコリーニ。

  5. Uブッシュ阿印とシット。

  6. チヌキ。

  7. 蝉の抜け出し。

  8. だけどなんで歩き出すと。

2006年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

昔の記事

PAGE TOP