かなぶんがとんでいた。

コードが6本。
黒、灰、しろ。
ゆびさきと、きかいをつなぐ1,3,2。
アルミカップ。スジャータ。タンザニアんコーヒー。
画面にあらわれる文字のかたちに、キリキリした光に、やさしいイメージを加える、ゆーげ。
水のつぶが窓を滑ってる。
そのあとに残る切り取られた木のえだ、しろい空、レンガの図書館。
まつげが湿るころには、鼻のおく、かたつむり型のうねり、ぬくい氷は溶けてひろがっていきました。

ok、今夜はよくねむれそう。
まくらの硬さもちょうどいい気がする。

つきぬけたスパゲティーナ、したのうえで踊るとうがらし。

かなぶぶぶぶん。

yes.musi/hozzy

関連記事

  1. メガロプロポリス。

  2. 群情と群青2。

  3. スノーマリー。

  4. イグノフォン。

  5. キャベツを千切ってるだけなのに。

  6. ぺステトーン。

  7. 私の骨はモアイの欠片かもしれない。

  8. クライム。

2006年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

昔の記事

PAGE TOP