○から●へ。

隣にあなたは立っていて、ずっと向こうでが犬が鳴いている。
森とは言えないけれど、林より大きい、樹々が群れる場所。
「綺麗な赤だ。」
わたしがマッチを放ったとき、枯れ草ではバッタが跳ねていた。
「これが私からの気持ちよ。」
空を埋め尽くす闇が、ぱりぱり、と剥がれ落ちて、黒い雪になって落ちてくる。
「こんなプレゼントは始めてだよ。」
彼は闇を手に掴み、青黒く染まった手のひらを私に見せて笑う。
視線を外してわたしは呟いた。

「ハッピーバースデイ。」

YES.blackcoffe/hozzy

関連記事

  1. 答えの塔。

  2. 南相馬市3。

  3. 揚羽の糞。

  4. 食事中は回避求む。

  5. マナヅルンドリーム。

  6. 世界に打ち抜かれた、その瞬間、

  7. 泳げば尊し。

  8. エノキ。

2006年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

昔の記事

PAGE TOP