5月 2006

『魚と猫とゴムとネコ』のラスト。

ハルマはだんだんと、ニクモの様子に不安を抱き始めていた。
『こうして、僕はまたここに戻ってこれたんだ。』
と、彼がそう言ってからもうかれこれ二時間は経っている。
旅の話はもうとうに終わったはずなのに、彼はまだ話すのをやめようとしない。
狂った音声機械のように同じような事を何度もノンストップでえんえんと喋り続けている。
ハルマは、自分の方から話を聞きたいとねだったものだから、余計に彼のただならぬ様子に、焦りに似た感情を募らせていた。
「ねぇ、ニクモ、一旦休憩しましょうよ。ほら、あなた喉がガラガラになってきてるわよ。ねぇねぇ、聞こえてる?私まだまだあなたの話を聞きたいけれど、少し休みましょう、ね?あなた、どんどん顔色も悪くなってきてるわよ。」
「朝日はそりゃぁもう美しくて、僕の肩に乗っていた悲しみも飛んでいっていましそうで、」
「ニクモ、ちょっと私の話をきいて。」
「その時僕は思ったんだ、虹ってものの意味は、」
「ニクモ!聞いてちょうだい!」
「鳥になりたいって、彼らはいっていたんだ。でね、僕もいつかは、」

ぱちんっ。


ニクモは、弾けるように引きちぎれて、その場にぺたん、と横たわった。
時間が、冬の水たまりのように、パリッと、音もなく、固まった。
「ニクモ!」
ハルマの叫び声がコミュニティを駆け巡った。
その反響音は、僕の背中の右上を貫いて、カーブしながら、光のない空に散っていった。
遠くのほうで誰かの笑い声が、弾けるように空気を揺らして、砕けた。

YES.lowlowlow/hozzy