スリーピン。

君は夜中に台所でリンゴをむいた。うすく切ってそれを窓辺にさしこむ街灯にすかした。そして食べた。電気はつけなかった。くらやみは静けさと手をつないでいた。ふと頭のなかにブランコが浮かんだ。口のなかがリンゴできしきししている。たばこを吸った。吐いた。ブランコがゆれた。天井から水を流す音がきこえる。とたとたとた。窓の鍵に手をかけた。ブランコが止まる。ソロソロと窓を横に滑らせた。なまあたたかい風が鼻先をなでる。外にはなにもなかった。月も見えなかった。冷蔵庫が背中で低くうなった。それから君はなにも期待しないで寝床に戻ることにした。ブランコがねじれた。鼻をかんだ。もう一本たばこを吸った。今日読んだ本の中身を思い出そうとした。宇宙の端っこのほうで星が一つ壊れた。そして気づかぬうちに、君は君の眠りの中にしずんでいった。

YES.3mm/hozzy

関連記事

  1. 膜の中にいる感じ。

  2. 冬のミルクは純粋すぎるから。

  3. 押入れ解凍。

  4. 計測器が4台壊れた日。

  5. ホイミ。

  6. Tonight。

  7. ステラ行きたかった。

  8. くすんだつまみの愛しさよ。

2006年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

昔の記事

PAGE TOP