マイナスの陰。

前回のコラムの中の「マイナスかけるマイナスがどうしてプラスになるのか?」という疑問に対して、とうとう納得できるレベルの根拠を手に入れました。+-の無機的なイメージに全くリアルさを感じないために納得できなかったこともこれに有機的なイメージを与えることによってぐっと現実感が湧いて理解できるようになったように思われます(この+-に与えるイメージの選別にひどく難航しました笑)。俺が定めたイメージは『+は前方に進むこと、-はその反対に進むこと』つまり自分の前進とその反対への前進(表記がながいので『反進』と呼ぶことにします、あくまで『後進』ではありません)でイメージします。これを+と-は“反対同士”だから、「左と右」や「白と黒」や「東と西」や「肯定と否定」などに設定すると俺には全く理解不能になってしまいます(これについては後で説明します)。あくまで+は前進-は反進で。で、「マイナスかけるマイナス=プラス」の解明にさけては通れなかったのが実は足し算引き算でありました。これもなぜかは順々に明らかになっていきます。ので、では足し算引き算から行ってみます。
①1+(+3)
②1+(-3)
③1-(+3)
④1-(-3)
これが加減(足し算引き算)の全基本パターンです(1の部分への-導入はあまり意味がないので割愛します)。①は1+3を、②③は1-3を細かく表記しています。実はこの表記にでっかい秘密が隠れているので笑、こう表記します。
ではまず、①を例にとってこれが現実世界においてどういうことなのかをリアルに感じられるようにhozzy流に意味付けしていきます。では。
1+(+3)。この1は自分が今立っている位置(0をスタート地点にして一歩進んだ場所)、一つ目の+は「前進する」という行為、二つ目の+は「素直」という姿勢、3は歩数。つまり文章にすると「私は、1という位置から前進するということに対して素直に3歩進む」ということになります。結果、4が導かれ、0から4歩進んだ場所に私はいますということになる。同じように②③に適用すると、②「私は、1という位置から前進するということに対して反対に3歩進む」③「私は、1という位置から反進するということに対して素直に3歩進む」という形で表せます。こうやっとけば難解そうな④も(-を引くってどういうことなんだよ笑)なんなくリアルに感じることが出来ます。「私は、1という位置から反進するということに対して反対に3歩進む」、つまり①に等しくなります。これで「-を引く」っていうわけわからん観念から逃れられました。ははははファック!
では、ここで後回しにしておいた「前進反進」に設定した理由を説明します。先に例に挙げた「左と右」や「白と黒」や「東と西」は確かに「前進反進」のようにお互い反対側にいるし、プラスマイナスの性質にも合っていてどれでも適用できるような気がしますが、けれどどれもこれもまずかった。なぜか。それは、初期設定として+の方向に向かっていなければならない必然性がそれらにはなかったからです(俺の考えだと数式は始めはプラスに向かっていなければならない)。つまり「左と右」や「白と黒」や「東と西」はお互いが平等すぎてどちらかを始めに指定していなければならない必然性がなかったんです。「前進反進」にはそれがあります。なぜなら、俺は必ず前を向いて生きているからです(気持ちが前向きということではありません)。前進する時は必ず前を向き、かつ前は「前」でしかありません。ここに「前進」に対する+と同じ初期設定としての必然性があります。結論すると、+と-って俺の考えによると完全に平等ではない。始めに必ずプラスの方向にベクトルが向かっている思われます。+の方向に向かう力が初めにありきで数式は成り立っている。そうでなければ、とりあえず俺は1+(+3)と1-(-3)をリアリティを込めて感じることができませんでした(この式を「左と右」で考えてごらんください、+と-の力が俺には理解できなくなる。どうでしょうか?)。そういうことで、「前進反進」がぴったりの設定でした!(他にもなんかあるかもしれないけれど。)あ、あと+-を「肯定否定」で考えてみてもダメでした。つーかとんでもないことになる。肯定はまだいいとして、+3→「3である」、否定は範囲が無限になってしまう、-3→「3ではない」(4でも100でもよくなってしまう。)ということでがっつり却下であります。
では、もう一度加減の式を示してみます。
①1+(+3)
②1+(-3)
③1-(+3)
④1-(-3)
これ、実はもうこの中に「マイナスかけるマイナス=プラス」の秘密が表れています。ちなみにひとつ俺が気づいたことなんですが、全式通して、一つ目のプラスマイナスと二つ目のプラスマイナスは全く性質が違う。つまり、①1+(+3)のふたつのプラスは別のことを表していると思われます。俺のリアリティ獲得式に即すなら、ひとつめは行為(前進反進)、二つ目は姿勢(素直、反対)。つまり1+(+3)は『1△(+3)』にした方がむしろ理解の混乱が省けていいじゃないかと思ったりしてしまったり。まあ、普通に計算するだけならそんなことしなくて良いんだけど。
で、とうとう本題に入ります。いきます。
a①(+2)×(+3)
a②(+2)×(-3)
a③(-2)×(+3)
a④(-2)×(-3)
とうとうでました。大ボスのa④!この野郎、ぶっとばす。比較として、
①1+(+3)
②1+(-3)
③1-(+3)
④1-(-3)
これもだしときます。俺はこの二つをじっくり眺めてかけ算ってそもそもどういうポジションでどんな働きを持つのかをリアリティをこめて考えていきました。初めこの二つの加減と乗の表をみても何も気づかずにあれこれ考えていました。が、気づいてしまったのです。もう気づかれた方も、もしく始めから気づいていたかたもいるかも知れませんが、これ!
(+2)×(+3)って1+(+3)の+(+3)の部分にプラスの働き方がそっくり!同じように(-2)×(-3)と1-(-3)の-(-3)も!!
んんんんん!!
こ、これは、とうとう見つけたか真実?落ち着け、落ち着いて、落ち着け。こんなふうにじっくり考えていきました。
今上に上げた(+2)×(+3)と1+(+3)の類似部分。一体どういうことかと考えてなんどかリアリティ獲得式に当てはめていたら、とうとう浮かび上がってきました、意外な真実。つーか、もうめんどいんでいきます。

{俺の結論}かけ算とは、加減の式の中にあらかじめ組み込まれているシステム。つまり加減と乗は同系統に並べるべきものではない。除(割り算)はちょっとまた変わったシステム。まだこっちの方は完璧に理解できていません(正直に)

どういうことかっていうと、1-(-3)って引き算の中にはすでにかけ算のための椅子が用意されていてその気になればすぐに顔をあらわすことができます。
1-(-3)は1-1×(-3)ということ。1+(-3)は1+1×(-3)ということ。つまり俺がかけ算と呼んでいるものは、この1-(-3)って引き算だったら、この-(-3)の部分の働きのことを指しているわけです。だから文章で1-1×(-3)を表すと「私は、1という位置から反進するということに対して反対に3歩の1倍進む」というなんともリアリティ溢れる表現で示すことができます。ぎこちない文だけれども笑。
つーわけで、?(-2)×(-3)は「反進するということに対して反対に3歩の2倍進むという結果の歩数」という文で表せます。あくまで最後に「結果の歩数」をつけます。俺の文章表記方法ではかけ算は行為と姿勢しか表していないからです。これに例えば0+(-2)×(-3)という0が加われば、「私は、0という位置から反進するということに対して反対に3歩の2倍進む」となり、完全に理解の着地点に降り立つことができます。

ずいぶん、ながく変に理屈っぽく書いてきましたが、こうでもしなきゃ-かける-もましてや引き算とかけ算の意味もその働きの仕方も全くわからないままぐちゃぐちゃになっていたまま何も進まなかったので長々と申し訳ないですが、自分にも再度理解をさせるために書き連ねてしまいました。俺は、まだ存在していない出来事や明らかに感じることしかできない物後(物事ですらない気がする)に関しては無条件に論理的な考え方を放棄して、寄り添いたいと思っていますが、現存している事実に関してはわかりそうな物事からひとつずつ解決していきたいと思っています。むずむずしてしょうがねー。いやー、しかし俺はもうすっきり。新たな問題にチャレンジする勇気がわいてきました笑。音楽ももちろん頑張りますとも。ではまた。

YES.yasaisan/hozzy

関連記事

  1. 染みるという事は実は目の方がもっと白いのかもしれない。

  2. ミスターシマ。

  3. ツイキャスでペラペラとじゃかじゃかをフォレスト。

  4. 夜行船。

  5. 不滅のイデア。

  6. ポメラニアン、ダースで下さい。

  7. 見ろよ町の排気ガスの向こうで。

  8. 虹色の屑。

2007年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

昔の記事

PAGE TOP