月と森小人の踊り。

ブログに書いてあったforestoneって文字を改めてじーっと眺めてみたらforest+tone以外に更なる単語の組み合わせを発見!

for rest tone

for esto tone

for esto one

合いそうなやつでこんだけありました。Estoはエスペラント語で「存在」という意味です。Lumo(ひかり)やLuno(つき、羽化の月の主人公の名前)と一緒の言語です。

forest stone

for rest stone

あんま企画に関係なさそうな組み合わせでこんなのも発見。

つーか、やっぱアルファベット系の言葉は響きが綺麗ですね。くやしいけど、日本語にはない流れがある。ひゅるひゅるしてる (くやしいので擬音語で対抗)

なんだか「森」とか「存在」が最近俺の中でもぶくぶく膨れ上がってきていたような気がするので、くるべくしてきた言葉みたいに感じられてきてますゾ笑。それは言葉への意識の投影だ、とユウイチは言うかもしれないけど笑。

これをぽん、と出したタクロウ(だった気がする)、ナイスぽんっ。

「燃えよ藤森」からこうきたとは。

ちなみになんか「ロハスな感じだね!」と思った方がいたら、ロハスって言わないでおくんなさいまし。
俺、ロハスって言葉嫌いやねん笑。

YES,forestone/hozzy

関連記事

  1. 『魚と猫とゴムとネコ』の5。

  2. 母と娘がつなぐその手と手。

  3. 素晴らしいビルヂング。

  4. 水の匂い。

  5. 踊り子の亡霊。,

  6. キュウユウ。

  7. コラム、、、なのか。

  8. 鼻にティシューを詰めながら。

2007年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

昔の記事

PAGE TOP