煙草を10本吸ってしまった。

煙草を10本吸ってしまった。

セミがこんな夜中でも、狂ったようにむしり泣いている。
網戸にとまった奴に、耳を塞ぎたくなるほど聴き入ってしまう。

何がそんなに掻き立てる。
何がそんなに気に入らない。

夏の夜はどこにいった。
裸の皮膚さえ脱ぎたくなる。

扇風機だけじゃ間に合わない。
睡魔だけじゃ眠れない。

詩は棄てた、なのに言葉を探してしまう。

駄文執行!!


君は存在している。

その存在を問う前に、存在している。

既にして、瞬きをし、セミを聴き、哀しみを呑んでいる。

慰めに聞こえるか?

それならば即刻心を閉ざせ。



俺は命を賭して君に謂う。

生きる「意味」など本当はない。

意味が意味を帯びるのは、思考が回った時、そのときのみだ。

思考はどこにある?

この、ここ、「脳」さえ超えた、この、瞬間だ。

瞬間はどこにある?

この生の、形無き器の、一瞬に、だ。

生きることは、すでに意味を超えている。

言葉、感性、時間、死、

全てを超えている。

愛がほしいか?

答えがほしいか?

真実をみたいか?

ならば、生を肯定しろ。

そこから、始まるんだ意味が。

命は無条件に、全てを包んでいる。

俺はそう思うのだ。

確実にそう思う。


この暑さに、気がジュレル。

失礼した。

YES,anata/hozzy

hozzy