こぼれる水質。

そして、あえて近所の浄水場ではなくちょっと遠出をしてバスに乗り、川崎市潮見台浄水場の周辺をぐるりと回ってみた。
休日なので人の気配は全くなし。
花粉だけが本日も張り切って存在感だしまくり。
そして妙なテンションの上がり方をしてしまう自分がなんだか怖かった。
だってこんな施設見て喜ぶのなんてちょっとオタクじゃん!!
つーかオタクになってんのかな。
マジで中を見学したい。
どうやったら見れんだろう。
そして濾過装置について語ってほしい職員さんよ。

YES.siomidai/hozzy

関連記事

  1. 夜の滑らかな放物線。

  2. マイクロフォンのなっかから。

  3. 再臨増幅器。

  4. 小声でねこ。

  5. 海を越える。

  6. 歩く

  7. 流れる瞬間の泳ぎ方。

  8. 椅子のマジック。

2010年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

昔の記事

PAGE TOP