やっと明けた夜に。

あけましておめでとうございます!!

、、、、、って、とっくに過ぎてますね。

いやあ、まだ2011年になりたくないなあ。
すごい慌ただしい新年突入に、心も体もまだ’10年な感じ、、、。

なんて言ってたら、色んな人に怒られそう、、。

そんなにだらけて生きてる訳じゃないよ(むしろいつも眠い)、目標はいつも届きそうも無い雲の彼方に設定しているのだけども(近づいてるのか遠ざかっているのか、、、それは永遠のテーマ)、ここ最近時間の流れがはやいよーー。時代もどんどん急ピッチになって生き急いでいないかい人類よ!ロハスはどうしたんだよー(つーか、いい加減「ロハス」発言は禁止します)

世界中がみんな、もっと働かなければ、もっと遊びや余裕に真剣になれば、時間はもっとゆっくり流れるはずなのに。

なーんて、夢みたいな事言ってる時間があるなら、せっせと自分の夢のために、がんばらにゃ、あくせくやってなきゃいかんのですね。

楽になるのってすごいいいことだけど、その瞬間、夢ってなんだかとても希薄になるのかな。
全部を投げ捨てたら、ぶっちゃけ勝つ瞬間のほうが多い気がするけど、夢ってのはやっかいで、夢に限ってはやっぱなんだか負けちゃう気がする。
いいよね、この感じがさ。
少年よ、大志を抱け!って。

それにしても時間がたつの異常にはええ。
まだ2010の感じだよ。

そう、『ノルウェイの森』の映画だいぶ前だけど見たっす。
なんか不思議な気分になった。
良いのか悪いのか、そんときは正直よく解んなかった。
途中5回くらい眠くなって落ちちゃってたんだけど笑、全部見終わった時席からすぐ立ち上がりたくなかったんだよ。
そんなこと今まで一回もなかったんだけど、なんかスンッと残っているものが確実にあった。
次の日はもっとその感触が大きくなっていた。
そこで気づいたのです。
「ああ、とても良い映画だったなあ」って。
特に後半の映像の具合がまだ、年明けても残ってる。
眠くなるのに、良い映画って笑。
原作が好きすぎてとち狂ってしまったんだろうか。
けど映像はすごいきれいだったし、それ以上に役者さんたちの気合いが伝わってきた。
ところどころの吸引力が半端なかった。
なのに、ところどころの浮遊感も半端無かった。
そしてそこで寝てしまった。。。
なのに、すげえ残るって!!
よくわかんねえけど、これが監督の技なんだろうか。
トランアンユンさんの映画は他のを見た事がないんだけども、この引き離れ感が(場所場所の吸引力となんとなく感)映画に立体性を吹き込むのだろうか。
なんて、語ってみたところで、僕には映画の技はよくわからないから、いらつく。
ただ、やっぱ、よかったよ「ノルウェイの森」、大好き。
DVD買ってまた見たい。

今年もよろしくお願いします!

YES.usagikun/hozzy

関連記事

  1. 「宇宙の端とも本気で繋がっているかもしれないと思った瞬間を今も感じるか…

  2. ミスターシマ。

  3. 激チッタ。

  4. 赤が点滅しすぎ。

  5. ウルタシュタイン。

  6. 南相馬市小高区ボランティア。

  7. かかとがつぶれた。

  8. 去ったものたち。

2011年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

昔の記事

PAGE TOP