2011/6/22釜石市鵜住居。

前日に引き続き、鵜住居の奥まった場所の民家にて作業。
強風で砂風が舞いまくっていたので、写真はないけど、ここの一帯はやっぱりどこも滞ったまま。
泥をスコップでかき出していたら、芝生が出てきた。
真っ黒だった玄関先から芝生がでてきたのには皆歓声を上げた。
植物は強い。
日差しが強かった。
水道の水が驚くほど冷たくてびっくりした。改めて、被害さえ無ければここは素敵な場所のまんまだったんだと思い知った。
この日も北九州市と名古屋のチームの方々と一緒に作業した。ありがとうございました。

関連記事

  1. 何も見たくねえ。

  2. かえるのうたが。

  3. 私の骨はモアイの欠片かもしれない。

  4. 重い、瞼の裏から。

  5. タイヤすり減らし。

  6. 虹色の屑。

  7. ソフィー、影が消えてるよ。

  8. 音の垢。

2011年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

昔の記事

PAGE TOP