焦げ臭い起動音。

焦げ臭い起動音。

むむ。

WINDOWS、やっぱり操作性がいい。

昨日、ちょっとディスったことを反省する。

しかもなんか逆にあの文字のドット丸出し感が、久々に見るとレトロに見える。

いいじゃないか。

しかも起動速度もえらい早い。アプリケーションの立ち上がりが今使ってるMacと大差ない。

メモリは今のPCに比べるとくっそ貧弱なままだけど(メモリ増設してみようかな)

ユウイチ相当スペック高いCPU入れてくれてたっぽい笑、当時はよくわかってなかったけど。

そんな感じで、Macに入ってないWORDもWINDOWSの方には入れてたから、文字まとめて打つときとかはこっちのpc使おうかなって思ってしまった。

いまだにMACじゃ起動しないアプリもあるからなあ。


、、、、、、、って、今日はやたらと横文字を文に突っ込んでみた。

ぽいだろ、知ってる奴っぽいだろ。

けど言ってることはたいしたことない笑。

ちなみにこのwinのPCのは、当時暇だったときにペンキで外装を塗ってる。

モニターもアイボリーに塗ってる。

そんなことpcにしてもいいもんなのかよくわからないけど、数年後もこうして使えてるってことはやってもいいんだね。

気に入らない外装のものは自分で塗ってしまえばいいよ。

楽しいし。

そして今日も最終的に思うことは、

「心」と呼ばれるものは、演繹なのか総合なのかということ。

「いやいや、どっちでもあるんじゃね?」

という矛盾の意味を考えなくてならない。

「発生源」というには、あまりにも「名詞」的すぎる。

日本語の範疇に収めるならば、最低でも「動詞」に置かなくてはならない。

心は動詞。

名詞ではない。

YES.tina/hozzy

hozzy