猫は眠るやっぱり丸くなって。

ジャンクで叩き売ってたアッテネーターって機械の部品を手に入れた。
そしたら刻印されてた製造年月日が昭和24年だった。

西暦にすると1949年。

戦後からたった4年めに生まれた。

自分の父親よりも年上の部品。

思わず匂いを深くかぐ。

たんなる鉄の匂いがする。

けどこの「たんなる」がすごい。

まだ鉄の匂いがする。

いいガラクタを手に入れた。

もちろん、こいつを組み込んでアンプの音量調整に使う。

音楽作業部屋の、機械の部品たちと生き物たちの対比感が奇妙で笑える。

この感じをもっと表現に融合したい。

無機有機。

どっちも人間の側面で、反発し合うことなんてほんとはないはず。

現に、屋久島と秋葉原が同じくらい今好きだ。

それでいいんだ。って。
理由は後で考えれば良い。

人間万歳!neko万歳!

YES.koon/hozzy,image1=/file/diary/1410.jpg,image1m=/file/diary/1410_mobile.jpg

関連記事

  1. イギリス海岸の途中から。

  2. さそう、。

  3. ホタル堤燈。

  4. 或る羽群。

  5. 滑空する転調。

  6. 鍵と鍵穴。

  7. どうやら固体派じゃなかったようだ。

  8. だからまた飲んでしまうのさ。

2012年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

昔の記事

PAGE TOP