塔。

ひさびさドビュッシー聴くと、やっぱ半端ね。

もうどんな感覚してんのかわかんない。

こっちもどうしていいのかわからなくなる。

泣きたくなる。

いつ聴いても良いと思うってことは、やっぱり根本的にこの人のつくった音楽がすきなんだろう。

全然曲調違うのにブルーハーツがいつ聴いても届いてくるのも、俺ん中にそれを繋ぐ理屈を超えたルートが出来上がってるんだろうな。

もっと感覚を大事にしなきゃな。
申し訳ない。
ドビュッシーとブルーハーツを求めている自分のコアに。

しかしなんという完成度。

ウイスキーを呑まねばなるまい。

YES.pagodes/hozzy

関連記事

  1. 残骸たち。

  2. 収納上手な皮膚の中。

  3. 不在による存在感の妙。

  4. 明けまして。

  5. 針。

  6. あの圧倒的本の壁。

  7. インストアのぐるり。

  8. 銀河系の外へ。

2013年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

昔の記事

PAGE TOP