重りゆくタイヤ。

絵を描いたり、金属を削ったり、電気を弄んだり、風邪引いたり、ガス欠の原チャを手で押して長い丘を越えたり(ついさっきやってきた笑)、なかなか最近変化があって面白い。
曲も自由につくらしてもらってる。
するとどうだろう。
また色んなことが雪崩れ込んでくる。
まだまだ自分の感覚がワクワクしてるのがわかって嬉しい。
正直に音楽をつくっていくと、いつかは中心の火みたいなものが消えてしまうのが道理だろうと、やっぱ思うんだけど。
永遠に続くものはないからさ。

けどまだ、底の方からぐいぐいとエネルギーが湧いてくる。
のどちんこが乾く。
鼻水もでる。

「なんとなく」が自分の半分以上を覆ったとき、もう表現は終了してるようなもんなんだろうな、、、。
リアルすぎてこわいわあ。

パッション。

アクリルじゃなくて、本物の油絵の具で絵を描いてみたいなあ。やったことないけど。
なんかやり方があるんだよな。

ど素人すぎてきっと楽しいだろうな。

YES.hude/hozzy

関連記事

  1. むしあつくなってきた。

  2. 網戸な季節。

  3. 刻印があるならば。

  4. しじみ。

  5. こぼれた熱燗の模様に飛ぶ。

  6. 沈む無重力。

  7. 向日葵。

  8. 凄い雷で思い出したこと。

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

昔の記事

PAGE TOP