教えて水牛くん。

旅行に行ったら、水牛がいた。

水牛がいたら、たくさんの睡蓮が池に咲いていた。

「水牛の祭り」のイメージがそこにあった笑。

まああるわな、感覚がこの世界に存在しているんだもの。

俺は感覚よりも後だもの、実際は世界もその後だもの、

ならば、感覚だけの場所だもの。

場所でもないここだもの。

ここでもない瞬間だもの。

瞬間でもない「」だもの。

「」の中に水牛がいる場所があっただけだもの、俺も曲書いただけだものね。

だけだけだけ。

不思議なんてない気がした時間。

水牛は優しそうでした。

YES.suigyusama/hozzy

 

関連記事

  1. 不在による存在感の妙。

  2. 焦げ臭い起動音。

  3. ウォーターヘッドバッド。

  4. あたりまえという。

  5. あかいめだまのさそり

  6. ぬるいコンソメ。

  7. 残骸たち。

  8. MV。

2014年10月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

昔の記事

PAGE TOP