透明な色彩。

先日三年ぶりに連絡がなかなかつかなかった友達と会った。

久しぶりな感じが全然しなかったのが不思議だった。先月会ったような気がするぐらい。

ただすごい考え方が深化してて、同意できる考えもできない意見も、全部が刺激的だった。

胸の奥がざわざわした。

言葉だけじゃなくて、作り出してるものも見せてもらったんだけど、目が覚めるくらい前より洗練されてて、またギクッとした。

身近だった人間ほど、その跳躍を見せられたりすると、まあ目が眩んでしまいそうになるよな。眩んだな。

また言葉に溺れるくらい本を読んでみよう。

暗闇で線が浮かぶくらい絵を描いてみよう。

脳内再生を途切れさせないくらい音楽を聴いてみよう。

って、出来る限りやってみようって、次の日から

思って、今日も過ごしていたけど、

あきちゃったー。

ストイックっぽいことやるとダメね笑。

ちょっとスピード感をゆるめて再出発してみよう。

新鮮な感覚、しんせんなかんかく。

YES.m.u/hozzy

 

 

関連記事

  1. エノキ。

  2. マイナスの陰。

  3. リロードを繰り返す時間帯

  4. 起きている人の寝言を聴いた。

  5. 時計の針がさぼってる。

  6. 空は深い。

  7. 終わらない歌をうたおう。

  8. ブルーメリー。

2014年10月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

昔の記事

PAGE TOP