緩んだ頬で見上げる。

めまぐるしい寒暖差。

天気の変わりよう。

さっきから急に足の先に冷気が這ってきて窓が開いてんのかと思ったくらい。

文鳥君のヒーターをまたつけてやらにゃ深夜に凍えてしまいそうだな。

 

リハーサルに行く道すがら、突然ビニール傘に差し込んできた光に空を見上げたら真上にぽっかり青空が。周りを見るとその天気雨に思わずみなさん空に目を細めてて、ちょっと和んだ。

すぐにまた降り出して一気に寒くなったから駅までダッシュしたよ。それなのに遅刻した笑。すみませんでした。

 

蟻がもう地中から現れて活動してますね!

公園の木にワラワラと行列を作っていて、それが愛おしくってなんか腹の奥が落ち着かなくなって、いっそ踏みつぶしてしまおうかって衝動がぬるっとわいてきたけど、可哀想だから見るだけにしておいた。

クロアリのけつが酸っぱいって、小学4年生の時担任の先生が言っていたから試しに舐めてみた事があるけど、本当にすっぱいのね。

今じゃまずやってみようと思わないけど、すっぱかったなあ。

 

もしよかったらどうぞ。

 

モーリー誕生日おめでとう!

 

YES.plastic umbrella/hozzy

関連記事

  1. 歯から浮かび上がるものたち。

  2. かえるのうたが。

  3. 35億。

  4. 綿毛、それは塩分濃度の均一化のように。

  5. アイスコーヒーもういつまでおいしいかな。

  6. たまに家に帰れば、こうなる。

  7. 地震3。

  8. 理由。

2015年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

昔の記事

PAGE TOP