頭よりも下の場所からきてほしいぐいんぐいん。

今日は、歌詞書くのにずっと悩んでました。

うーーーん。

歌詞って、歌詞だよね。

詩でもないし、文でもないし。

響きと意味って、この相反する(別に相反しないけど笑、お互い決して根っから調和はしていないって意味です)言葉の並びと、どんだけ音楽がどんだけー、同じ軸にこれるのかって。

、、、こっち側のそんなのはどうでもいいってのにね。悩むワー

うおおおお。

いい曲にしたい。

いい曲に、絶対したいぞぉ!!

 

何年経っても悩むなあ、たまにくるわ。僕なりにくるわ。パッションはぼげえええ、って溢れ出してくるんだけど、それじゃあただの罵詈雑言にしかならないから(怒ってるからねいつも)、それを形にするのが難しいです!やっぱり。

 

最近もまた思ったんですが、俺は怒りでものをつくるタイプなんだな笑。

安らぎじゃあできないし、幸せじゃあもうそれで終わり。そこから先は音楽じゃないし、言葉じゃなくていいもんね。全てが真っ青な南の島で「青」坊主になってりゃもういいんだもんなあ(、、、いみわからんね)

 

いつでも壁があって嬉しいってことです。

 

まだ作れるし、まだ作ってやる!って気概が生まれ続けるコレ。この感じ。

 

くっそー、やってやるぞお。

 

明日も継続です。

 

YES.toki/hozzy

関連記事

  1. 泡を繋ぐ、その儚さと、その先の。

  2. 管をすする。

  3. あおにさい。

  4. 煙突と塔の間にある『空』は?

  5. 意外にあったりするものだ。

  6. 冷えきった公園のくろつちが浮かぶ。

  7. あの日からの未来は、

  8. 靴がびしょぬれに。

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

昔の記事

PAGE TOP