aobozu

Next

MOENAI KASEKI

2019.07.10 Release!!

「燃えない化石」

<収録曲>
1.アンドロメダ
2.ランドリー
3.レタス(桜美林大学 TVCMソング)
4.マザーツリー
5.伝説的トリップ
6.魚の骨
7.胸を打つのは


【初回限定盤:CD+リリックブック】
【通常盤:CD only】


アンドロメダ
「燃えない化石」の中で一番最後に作った曲です。

2011年に制作した「星のすみか」と歌詞の面でリンクするところもあり、8年が経って世界観が繋がる音楽が作れたりするのだなあ、と今回感慨深いものがありました。
「星のすみか」では星の欠けら集まって地球ができて、そこから我々の命が生まれたというくだりから曲が始まるんだけど、「アンドロメダ」は我々の命が終わった後、、、、この先を書くとオチになるので書きませんが、命が終わった後の遠い遠い未来、その先どうなるのか?という部分がオチになって詞が収束して行きます。
風景や匂いが浮かんでくるような描写にもこだわりました。
ぜひ歌詞も見つつ、聴いて欲しいです!

とても藍坊主らしい、ずっと昔から我々が辿って来た線の上にバーン!と、やっと登場して来てくれた曲。
ずっと君を待っていた!
前から知っていたはずだけど、なかなか会えなかった。
「まっすぐ帰っておいでよ 月の向こうから」って、
昔『彼女を修理』で歌っていたことは、例えばアンドロメダみたいな曲を作る“感覚“のことだったのかもしれない。
なんて今思ったりしている、2019年梅雨。
夏になったら小田原に広がる田んぼの真ん中でこの曲を聴いてみようと思います笑。
アンドロメダも見えたはず。

ランドリー
誰かを助けているつもりが本当は助けられている。
そんなことありません?

ランドリーという僕の大好きな邦画があって
テーマはきっとそういうことなんだと解釈してます。

そんなイメージで書きました。

滲んだ感じ、湿気を帯びている感じ。
でも最後は雨が上がって、乾く方向にいくけど、乾ききらない。笑

歌詞については、hozzyが書いてくれました。
不思議とリンクしたけど、打ち合わせしてないんです。

ただ、歌詞を書く為にコインランドリーを改めて見てきたそう。
靴下のくだりとか、寒気がするくらいリアルで流石だなと思ってます。

ちなみに、映画の主人公のセリフにこんなのがあります。
「愛だよ。こういうの地球では愛って言うんだよ。宇宙じゃ知らないけどね。」

自分はこの言い回しが大好きです。

実は、マザーツリーでかなり近い表現を使ってます。
探してみて下さい。

レタス
「燃えない化石」の前に、配信したシングル曲。
私hozzyが今回作った曲の中では一番古い曲です。

曲のアイディアというか発想の元は、ファミリーマートの「シャキシャキレタス」というサンドイッチを初めて食べた時の、感動です。
2015年『魔法以上が宿ってゆく』の原曲を藤森と作っていた頃。
作業をするためのスタジオに行く道すがら、ファミマでサンドイッチとコーヒーを買った。
いつもはレタスサンドイッチなんてクリーンなものは買わないんだけど(ファミチキばっか)、前日に飲みすぎてひどい二日酔いだったため、さすがにさっぱりしたくて初めて「シャキシャキレタス」を買ったのだった。
そしてパッケージを破り、口に含み、前歯を立てた時、、、頭蓋骨に炸裂したのだった、驚きが。
めっちゃめちゃシャキシャキだった。世界が直方体の列に変わった。
こんなレタスあるのかい笑?ってくらい、この時のサンドイッチ体験は、長らく感動として記憶の中に残っていたのでした。
すごい“当たり“の個体を引いたのかもしれない。

そしてその感動を曲にしてみたら、こうなった笑。

全員で「レータース!!」ってコーラスするところがすごく好き。

マザーツリー
この曲のテーマは「自分が存在することの奇跡」です。

このことは、藍坊主として何度も表現してきましたし
自分でも既発音源を聴いて感動することもあります。

裏を返すと「自分が存在することの奇跡」を
【つい忘れちゃってる】ということの表れだと思ってます。

自分で書いておいて感動するということは
恐らくそういうことじゃないかと。笑

当たり前に生まれてきた命は、世界中に1人もいなくて、
僕自身にも、ご先祖様が命をかけて生きてきた軌跡があり、
最近は、仏壇に線香をあげるたびに
「感謝と尊敬の気持ち」を捧げるようになりました。

自分がクリエイティブな作業に没頭するのも
大工だった、大好きな祖父の影響もあると思います。

「尊敬する人のDNAや血が通っている。」と認識できると
力が漲ってくるんです。

タイトルは、テーマの意味合い的に
ファザーツリーでもグランドマザーツリーでもよかったんだけど
やはり「マザーツリー」がしっくり来ました。
母は偉大だよね、笑

伝説的トリップ
hozzyからもらったデモ音源を聴いたとき、「映画観てるみたいだな」と感じたので、その感覚を崩さないようにしながらアレンジを完成させた曲。

自分はタランティーノのレザボア・ドッグスってギャング映画が好きで、この映画は互いに銃を向け合いながら会話するっていうシーンがやたらと出てくるんだけど、特に後半、3人のギャングがそれぞれに銃口を向けあったまま膠着するいわゆる三つ巴の状態になりながら早口で言い合いするシーンの緊迫感、ヒリヒリ感、時間の流れや価値観が伸びたり縮んだりするあの感じ、雰囲気をこの曲に反映させたいと思いとりあえず一回レザボア・ドッグス観て、そのあとパルプ・フィクション観て、そのあと観たくなったからドラえもんのび太の魔界大冒険観て、キレッキレな気持ちで作業に取り組んだのだった。

自分の言う意味での映画的感覚ってのはなんだろう?場面ごとの色合いやスピードの変化とつながり、極限までズームしたところで突然暗転したり、本当のメッセージは隅に映ってるコーヒーカップが伝えてたり、死んだと思ってたあいつが実は生きてたり、そういう感じかな。
うん、そういうのしっかり詰め込めたと思う。
ぜひミートパイとバドワイザーを用意してお聴き頂きたい。

あとこの曲のギターソロめっちゃ気に入ってます。

魚の骨
個人的に「燃えない化石」というタイトルを象徴する曲です。
今回の製作では主に「魚の骨」と「レタス」を担当しました。
この2曲に共通するのはデモをもらった時に2つの完成形のイメージが同時に浮かんだということ。
先に明確になったアイデアを形にしたところでツアーの準備等が始まったため作業は一度ストップすることになった。
最初に取り掛かった日付を見たらどちらも2018年の4月。
2018年秋、そして2019年春。
再びこの曲達の作業が始まる頃、2つあったイメージのもう片方が頭の中に具体的な状態で鳴っていた。
完成した後に当時作ったデモと聴き比べて気がついた。
片方は数年前の藍坊主で片方は最近の藍坊主のイメージだったんだなと。
あくまで自分の中でね。
なのでアルバムタイトルが「燃えない化石」とhozzyが提案して、その意味を聞いた時、自分がこの曲達と向き合ってた作業とまさにぴったりだなと思い、個人的にアルバムを象徴する曲になったと思ってます。

胸を打つのは
hozzyからもらったデモ音源の段階ではこの曲は8ビートだったんだけど、何度もくり返し聴いてるうちにこの曲を通してバンド総動員で聴き手の胸を打ち鳴らしたい、いや、するべきだ!という思いがむくむくとわいてきて、結果として面舵いっぱい、演奏的にハードな今のアレンジの方向性に舵を切ったのでした。

ライブで必死こきながらこの曲を演奏している我々の姿を観て大いに胸を打たれて頂きたい。
歌詞の内容と演奏者の状況がリンクしてるというような、まさに一丸、インスタレーションみたいな曲になったかなと。

それとこの曲のコーラスラインは自分がつけたんだけど、特にアウトロの「オーオーオー」っていう全員コーラスは少しひねりが入ったお気に入りなので、ぜひライブで一緒に歌って、我々の胸も打ち鳴らしてほしいです。

Next

aobozu TOUR 2019

~ 化石 NOT DEAD ~

DATE PLACE
8/12(祝) 千葉 LOOK
8/18(日) 福岡 INSA
8/25(日) 埼玉 HEAVEN'S ROCK熊谷VJ-1
9/1(日) 北海道 札幌cube garden
9/7(土) 香川 高松 TOONICE
9/8(日) 広島 Cave-Be
9/15(日) 名古屋 CLUB QUATTRO
9/16(祝) 大阪 梅田シャングリラ
9/21(土) 東京 新宿BLAZE

一般発売:7/13(土)10:00〜
イープラス
ローチケ
チケットぴあ

Next

MOVIE

Next

「#燃えない化石」

自分の心の中にとどまり続けて化石化した想い。
捨てられない物や思い出、
忘れられない場所、風景や出来事。
今の自分を形作っている音楽、言葉、人のこと。

そんな皆さんの中の隠れたエピソードを、
写真と一緒に、
ツイッター or インスタグラムで
こっそり教えて(投稿して)ください、、、!

ハッシュタグ「#燃えない化石」をお忘れなく!

Next

メディア情報

TV
■tvk(テレビ神奈川)「関内デビル」7月のエンディングテーマに決定! 毎週月〜金23:30〜24:00
ネット局:テレビ神奈川、チバテレ、三重テレビ、サンテレビ、札幌テレビ
http://www.tvk-yokohama.com/kannaidevil/

■桜美林大学 テレビCMにて「レタス」が決定!
6月30日(日)に那覇市で行われるオープンキャンパスに合わせ、15秒バージョンが沖縄テレビ放送で放映
https://youtu.be/AkCzsax6e2c

RADIO
■NACK5 キラメキ ミュージック スター「キラスタ」
7/16(火)18:00~20:00

雑誌
■eggmanマンスリーマガジン 7月号
表紙&インタビュー掲載

■レビュー
・音楽と人 8月号
7/5(金)発売

・月刊カミオン 8月号
7/1(月)発売

USEN
■音楽と人有線番組「音楽と人チャンネル」

雑誌
■レビュー
・Skream! 7月号

WEB
■リアルサウンド
http://www.realsound.jp/2019/07/post-386627.html

SPECIAL
■HMV×藍坊主 スペシャルフリーペーパー
店舗配布中