藤森真一

藍空音楽祭。そしてこれから。

藍空音楽祭ありがとうございました!

長い間ともに活動してきた拓郎とのラストライブを

沢山の方に支えてもらい、見送ってもらい感謝!!

本当にありがとうございました!!

 

新たなスタートを切るにあたり、たくさんの前向きな思いがあるのだけど

少し長文になりそうだったので、一度閉じたブログに、

その思いを綴らせてもらいます。

 

~~~~少し振り返って~~~~

 

少し時間をさかのぼり今年の6月。

拓郎の藍坊主脱退を告知しました。

 

それから8月19日を迎えるまでの約2か月間、

リハーサルを何日間かに分けスタジオに入りました。

 

特に言葉にはしなかったけど、

スタジオに入るたびに、

「拓郎のドラムに合わせるのはあと3回」

「あと2回、」、、、「あと1回」と、

心の中でカウントダウンしていました。

 

「拓郎を全力で送り出し、新生藍坊主の最高のスタートにしょう!」

という思いの中に、4分の4が、4分の3なる不安。

そんなものを感じながら過ごしていました。

 

~~~~ライブについて~~~~

 

そして迎えた8月19日、豊洲ピット。藍空音楽祭。

やっぱりライブって不思議なものでスタートしたら、

ただただ単純に楽しかった。笑

 

拓郎のビートを聞き漏らさないようにしながら、

ベースの音を乗せるように一生懸命弾く。

それに被さるユウイチのギターとハジケるようなコーラス。

そして、その演奏に負けない力強いhozzyの歌。

 

そのあとに来る、相変わらずの拓郎のMC。笑

すべてが楽しい時間でした。

 

で、途中から思ったのだけど、ツタさんのキーボードもそこにはあって

この日駆け付けてくれた音響や照明やローディーや舞台監督含めた

沢山のライブスタッフがいて、バックヤードには運営スタッフがいて

配信用のカメラマンも歴代のMV監督もいて、、、。

 

画面の向こうには、配信ライブを見てくれている人が1000人以上いて。

 

俺らの分母は4ではなく、1000分の999というか、

もっと沢山の人数でこの音楽を支えてくれていると、

感じさせてもらいました。

心強いというか、皆のお陰で、希望の光が見えた日になりました。

 

~~~~ライブが終わって~~~~

 

今、藍空音楽祭が終わって半月程が経ったわけだけど、

あのライブは、拓郎の旅立ちに加え

新生藍坊主のスタートにとっても、背中を押してもらえたのだと感じます。

まだ心にその温もりを感じています。

 

そして早速、新しい3人でアー写撮影を行いました。

「頑張ろう!」という前向きな気持ちで充満しています。

やる気しかない。って感じです。

 

メールなどで関係者からも「ライブ良かったよ!」

「引き続き宜しく!」という連絡を貰うことがありましたが、

同時に「藤森はやめないよね?」という

心配の声をもらうことがありました。

 

最初に言っておきますが、やめるつもりは一切ありません。笑

 

ただ、hozzyとユウイチが半月でツアーを回ったり、音源をリリースしている中、

俺一人に目立った活動がなく、SNSなどもほとんど投稿しないので、

(SNSは投稿しろ、って話だけど。汗)、そういうコメントをもらうことに

「そりゃそうだよな」と思う節もあります。

 

それを踏まえて、ちゃんと伝えないとと思ったのも

今回ブログを更新した理由の一つです。

 

現在、一般企業に勤めて、平日月曜から金曜まで働いています。

所謂「サラリーマン」とのダブルワークを数年前からスタートしています。

ライブが土日に限られたり、日曜日の地方ライブ後は

ファンと話すことが出来なかったのも、それが理由です。

(この前の豊洲は代休消化。笑)

 

改めて、伝えますが、現在やる気に満ち溢れていて、

俺が藍坊主を脱退する予定はまったくないです。

 

そして、やる気に満ち溢れている理由の一つに

「今、務めている会社の方々が藍坊主を好きでいてくれている」ということがあります。

先日の藍空音楽祭も、社内の沢山の人がみれくれました。

 

本社の一部のデスクには「星霜、誘う」マウスパットがおかれています。笑

東京支店のショールームには武道館のDVDがおかれています。笑

なにより、社長が同世代であり、音楽やバンドが好きで、

藍坊主の活動を応援してくれています。

 

そんなわけで、心配する声がありましたが、

沢山の支えの中で「過去最高の音楽」を作っていくつもりです。

21年やりましたが、まだまだやれることだらけです。

 

~~~~これからについて~~~~

 

先週、アー写真撮影に加え、

まずは、新しい楽曲1曲をどう進めるかのやりとりもありました。

 

作詞hozzy、作曲藤森、編曲ユウイチ。

このトライアングルで、基本軸を作り、

引き続き、たくさんの人の協力を経て、世にリリースする予定です。

 

ちなみに、hozzyの作詞も、ユウイチのアレンジもとんでもなくいいものを上げてきまして、

「やっぱこいつらすげー!」と高校生のように興奮しました。

 

僕らの青春は終わりません!

期待して待っていて下さい!!

新居、そして佐々木ノットデッド。前のページ

関連記事

  1. 藤森真一

    ラジオへ

    今からALFEEの高見沢さんのラジオ番組の収録へ行ってきます。約30…

  2. 藤森真一

    思い立って5日

    おはようございます。クラシックピアノを始めて5日。1ページ目。バ…

  3. 藤森真一

    あと1週間。

    おはようございます。卒フェスに来てくれた方ありがとうございました。…

  4. 藤森真一

    ROCK IN JAPAN FES.2006

    今日、初めて野外ロックフェスティバルに行きました。こんだけバンド活…

  5. 藤森真一

    レコーディング

    今日、サウスブロウがレコーディングしてたのででベースの録りを少し見学…

  6. 藤森真一

    コーヒールンバ

    おはようございます。シンバルで目がチカチカしてます(笑)最近、…

コメント

    • oyasumi_re
    • 2021年 9月 29日

    企業戦士の傍ら、藍坊主もしっかりと活動していくと腹を決めた藤森さんの努力を想像すると言葉が出ません。
    ライブで新しい藍坊主の姿が見れることを心待ちにしてます、どうかお身体に気をつけて、頑張ってください!

    • コメダ
    • 2021年 9月 08日

    ブログの更新ありがとうございます!
    この間のライブを思い出すような胸熱な文章、変わらない情熱を感じて改めて痺れました。
    今まで素敵な音楽をありがとうございます、そしてこれからもずっと応援しております!!

    • はなこ
    • 2021年 9月 06日

    続けてくれてありがとうございます。
    17年ほど前に藍坊主に出会い、ライブは数えるほどしか行けてませんが、細々と聴いてます。忘れられない初めての彼女みたいなもので、ずっと青春を感じさせてくれます。これからもご活躍を楽しみにしてます。

    • ごん
    • 2021年 9月 04日

    今までの藍坊主の奏でてきた音楽や、忘れられないくらい楽しかったライブの時間は、全て一生ものです。
    そして新生藍坊主の奏でる音楽、楽しみに待っています!

    • From.H
    • 2021年 9月 04日

    サラリーマンとのダブルワーク!!!!!
    びっくりでしかないよ笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿者

PAGE TOP