藍坊主 | Column
14
blog,paged,paged-2,eltd-core-1.0.3,,borderland-ver-1.4, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,paspartu_on_bottom_fixed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
 

藍坊主

Column

さよなら、ザ、タイム。

「木造の瞬間」発売から1週間少し経ちましたが、YOUTUBEのMVもいつも以上に観てもらっているようでとても嬉しい、、、です!

 

親戚の中学生の子が「嘘みたいな奇跡を」をエンドレスで口ずさんでるっていう情報を聴いて、これもなんだか嬉しいなあ、と素直に胸にくる。

 

たくさんの人に聴いてもらいたい!

そして藍坊主のことを少しでも好きになってもらいたい!

 

と、こんな素直な気持ちになれる日が来るなんて!

大人になったのかな、これは

 

とりあえず、噂によると、僕は今日を以って、3年間?だか続いていた大殺界を抜けるらしいので、めちゃくちゃ本日は大人しくしていました。

 

まだあと5時間くらい残ってるけど。

 

大殺界、、、、笑!

 

とんでもねー名前してるべコレ。

怖すぎだろ

 

占いとか、おみくじとか、悪いことはあまり信じないようにしてるけど、良い情報だけはしっかり信じる35歳。

 

これを3年前に知らされていたら、まじで音楽から逃げてたかもしれん笑。耐えられんだろ、だって大殺界だぞ!?なんかすげーやばそうじゃね?

 

僕がこれを抜けるらしいことを、この終わるタイミングで教えてくれた友人には、感謝しかない。

今まで黙っていてくれてありがとう笑。

 

朝のニュースの星座占いとかも極力聞きたくない派だからね、助かったヨ。

 

朝から占いを強制的にぶち込んで来るのはほんと勘弁してほしい、、、。

 

良くても大して嬉しくないし、、、、悪かったらめっちゃ凹むやん。

 

やん?

 

あれは誰得なんだろうと、いつも公表される瞬間に立ち会うたびに、耳と目を塞ぎます。

 

ということで、明日の節分から、また気持ちを新たに、しかし謙虚に、、、調子にすぐ乗るから俺は、大殺界さんの及ばぬ領域を進ませていただこうかと思いますぅううううう!!!

 

、、、、ツーか、本当に抜けるんですよね?情報元さん。

これ、間違ってたらまじで凹むよ、もうその気になっちゃってるからね、、、?

 

人は、必要な物事だけを必要な分だけ信じていられれば、幸せなのですby「藍坊主の瞬間」

 

ということで、

 

あばよ!大殺界!!

 

 

、、、、とか言って、調子こいたら、戻って来るとか、なしにしてね。まじで。

 

さよなら、さよなら、、、、ぼくら。

 

Yes.daisakkaisama/hozzy

木で造ったような5年。

さあ昨日発売しました、「木造の瞬間」!

 

この作品に藍坊主が至るまで、個人的には5年費やしたと言っても過言じゃないと思ってます。

 

インタビューや、初回盤のブックレットにもそんなことが記載されているので、どんなことがあったのかはここでは割愛させてもらいますが、すげーキツイ登山のようだった笑。

 

そしてこの登山にはまだ終わりがない!続くぞ!

考えないようにしているけど、そのうちまた崖があって、下まで飛び降りないと先に進めない時も来るに違いない。

音楽制作に限らず、物を作るって、とても理不尽な体験を繰り返さないといけないみたいなんだな。

 

積み重ねても、積み重ねても、一瞬で0になってしまう理不尽さ。

時間をかけても、情熱をいくらかけても、それが結果に反映される保証は全くない理不尽さ。

本気になればなるほど、まともな神経じゃいられない。

物を作る人間に変人(変態)が多いのは、みんなどこか途中でぶっ壊れていってんだろうと思う笑。

 

 

でも、その中で、本当に自分たちで納得できる物ができて、そしてそれを受け取ってくれた人が喜ぶ姿がみられると、もう最高だ。

人に喜ばれて嫌な気分になる人間はいない、どんなに変態でもそうじゃない?

っていうか俺は変態じゃない。

 

 

何が言いたいのかっていうと、今回の作品がとても最高だといってくれる声をたくさん聞けて、ものすごく嬉しいということです。

 

これぞ、Luno Recordsを立ち上げてから俺たちが一番欲しかった、最高の報酬だ。

 

このために音楽をやってきたんだ。

 

この感覚は、この後の作品にも必ずフィードバックされていくはず。

 

こっから数年は、崖が現れないことを祈りながら笑、真剣に音楽と付き合っていけたら、ありがてえなあ、、、。

 

 

ツアーきて今の藍坊主を見てくれよ。

悩んでたらきて欲しい。

フルスイングで悩みを撃ち抜いて見せよう。

そのくらい今藍坊主は加速しているよ。

 

 

そして、特設サイト先ほどオープンしました!

メンバー全員のライナーノーツや、みんなに参加して欲しい企画もあるので、のぞいて見てね。

 

https://aobozu.com/kidukuri/

 

 

昨日公開されたインタビューも。

 

CINRA

https://www.cinra.net/interview/201801-aobozu

 

Skream!

http://skream.jp/interview/2018/01/aobozu.php

 

今日も夕方、夜に拓郎とラジオ出演をさせてもらうので、お時間あったら聴いてください!

 

・1/25(木)NACK5「キラスタ」(18:00~20:00)
JR大宮駅前・大宮アルシェ5階・HMV大宮アルシェ内「スタジオアルシェ」からの公開生放送
※19:10〜19:30頃の出演予定

・1/25(木) 21:00〜22:56 ゲスト出演 (22:00ごろ出演予定)
FM-FUJI「PrismaX presents EBi-Dunk!!」

 

んでは。

 

YES.rifujin/hozzy

MV。

こんちは。

 

「嘘みたいな奇跡を」をMVが公開されました!

 

 

監督はハヤシサトルさん。

初めて一緒にやらせてもらいました。

若くてイケメン高身長。

 

俺らの誰よりもバンドマンっぽい感じの人でした笑。

素晴らしい作品にしてくれてありがとうございました!

 

制作をまとめてくれたのはesaku(いーさく)さん。

知っている人もいるかな?

「星のすみか」に出てくる謎の旅人や、「虫の勾配」の危険なぐるぐる巻き人間の役も演ってくれてたりするノリが最高なプロデューサー。

今回もお世話になりました、ありがとうざいました!

 

年明け早々からの撮影だったので、この日はいきなりエンジン入った感じだった笑。

おかげで次の日から一気に通常モードに切り替われました。

 

「木造の瞬間」7曲中、もうすでに3曲手の内を明かしてしまいましたが笑、他の曲も負けてないからお楽しみに。

本気の木造。

 

本気の木造。

 

ってなんか字面がいいな。

 

響き的には、赤坂サカスみたい。

 

本気の木造赤坂サカス。

 

うむ。

 

今日もありがたいことに映像の収録があります。これから行ってくる。

またNewsで告知しますので、チェックしてくり。

 

YES.fuyunoame/hozzy

「嘘みたいな奇跡を」の音源がEGGSで先行公開中!!

昨日から音楽配信サイト、EGGSのHPで「嘘みたいな奇跡を」の音源が公開されました!

スマホからだとアプリをダウンロードするのかな?

Google play 

app store 

アルバムについてのインタビューも掲載してもらっているので、ぜひ読んでください。

 

嘘みたいな奇跡を」ええ曲やねん。

この歌詞作るのに、一ヶ月以上向き合ってん。

ストリングスも素晴らしい。ミズカネフィルハーモニーに弾いてもらってます。

 

そして、昨日、このタイミングで藍坊主さんがインスタを!始めたようです。

 


 

なぜに今インスタ、、、、というツッコミは、おおいに有りだと思います。

うん。

SNSが未だに得意ではないですが、俺もたまになんか投稿させてもらいます。

この写真は先日撮ったMVの模様ですね。映像もすごくよくなりそう。

 

また少しづつ「木造りの瞬間」のリリース日が近づいて参りました。

楽しみだねえ。

 

さあ、今日も曲作りだ。

 

YES.usomitainakiseki/hozzy

ハロー、2018年!

あけましておめでとうございます!

 

始まりましたね、2018年。戌年。

藤森以外は、我々全員年男です。

ワンワン

 

初詣は、勝又監督と一緒に地元の神社へ行きました。

南足柄の道了尊というところ。

俺も生まれは小田原だけど、小学校上がるまでは南足柄で過ごしていたので、馴染みが深い場所。

懐かしかった。

 

おみくじ引いたら、監督は大吉!

俺は、、、、吉。

まあ、今年も地道に頑張ろうと思います。

 

今年はじめに作る一曲はどんなだろう。

そこからまた道筋が出来上がっていくので、ワクワクしながら制作の方も、そろそろ開始しようと思います。

 

また色々な場所で、たくさんの人と面白いこと、感動できる瞬間の創造を目指して行こうと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いします!

音楽サイコーな年にしましょう!

 

それではまた。

 

YES.inu/hozzy

さらば、2017年。

2017年も、あと数時間で終わり!

 

みなさんのおかげで今年も、とても濃密な時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

 

いろんなことがあったなー、、、。忘れられない一年。

 

ルノレコーズ立ち上げから、もう丸三年経つんだな。

そしてこれから4年目が始まろうとしている。はえーなあ、、、。

 

新しい、最高の音源も、早速1月に出ます!

聴いてくれよー。

 

ツアーも2月から。

もうすぐだ。

 

来年も活動的に、音楽を鳴らしていけたらと思っていますので、みなさんこれからもよろしくお願いします。

このバンドがまた変化していくのを楽しみにしていてください。

やってやるぜー!

 

それでは、みなさん良いお年を!

 

 

yes.2017/hozzy

かっかっかっ、こかっか。

12/9。今年最後のバンドライブ”現像’17”お越し下さった皆さん、本当にどうもありがとうございました!

とても良い一日だったね!丸3時間、大変ボリューミーなライブでした。おつかれさんでした。

 

今回はいつもの忘年会的な内容と違い、再現ライブというコンセプトで臨みましたが、ミズカネin日比谷の現像はできていたかな。雨を降らす事はできなかったけど、今思い出しても興奮するから、皆さんの中にもきっと良い色をした記憶がまた出来上がってくれたのではないかと思っています!

個人的には、ミズカネフィルハーモニーの皆さんと一緒に演奏した「低迷球の月」が一番演やってて無敵感に包まれたわ。あれはやばかった。マジでライブじゃないと鳴らせない空間だった。歌いながら鳥肌がたった。

藍坊主は弦が合うなーと、ありがたいことに、ライブが終わった後関係者の方からも言って頂いたけど、俺もそう思った。やりたいっつってなかなかできるもんじゃないけど、また一緒に弦隊の皆さんとライブできたらいいなあ。ああ楽しかった。

来年からまたバンドとしてたくさん動いていけたらいいなと思っているので、1/24に出るミニアルバムのツアーにも是非遊びに来てください。たぶんすっげえいいぞ次回のツアーは。そんな予感しかしていないです。

 

そして、このミニアルバムの初回盤に付くブックレット、ライブのMCでも言いましたが、3万文字書きましたよ。

ライブの次の日から2日間でばーっと書きなぐるように書いた。なんで勢いがある。そしてとても良い内容になっていると思う。藍坊主のここ数年の色々なナゾがこれで解けるはず。やっと話せる事も書いてある。それもこれもミニアルバムが最高のできになってくれたからだ。ここまでこれなければ何も語る事などできなかった。本当に色々と繋がっているのです。是非読んでみてほしい。

 

藍坊主は本当に多くの人に助けてもらっているし、助けてもらってきた。次回作は特に、人とのつながりがちゃんとなければできないものだった。今年は再会が多い年でもあった。そして新しい出会いも多かった。ありがとうございました。

 

というわけで、あとは26日の熊谷モルタルレコードでユウイチと2人で弾き語りをやるのみです。たるーん、とまったりやる予定。俺は笑。ユウイチも歌うっぽいぞ。楽しそうだ。

 

先月大阪でドラマストアと一緒にライブをやらせてもらった。今年最後の大阪もとても良かったな。2017は大阪よくいったわ。来年もたくさんいきてーわ。たこ焼き食ってねーわ。

ドラマストアが藍坊主を凄い好きだって数年前に出会った時から言ってくれていて、ライブにも何回も遊びにきてくれていた。コピーもしてくれていたようだ。

ここ数年、対バン相手に実は昔藍坊主をよく聴いていたという話をされる機会が多くなってきた。ライブハウスの人とかにも。活動年数を重ねるとこういう風にもなれるのかと、素直に嬉しいと思うと共に、「昔」の人に完全にならないようにまた「今」も聴いてもらえるよう頑張ろうと思う。

 

ちなみにドラマストアのボーカル海くんがバンドをやるきっかけになったのは、藍坊主ではなかった。なんとうちのスタッフ丸山が昔やってたバンドを見た時だったらしい。丸はこないだのライブの物販にも立っていた軽く髪がもじゃってて、藍坊主のグッズを着こなすのがなぜかめっちゃうまいお洒落さんだ。彼はかつてLOTOというバンドでベースを弾いていた。

 

だから海くんは、めっちゃびっくりしたらしい。うちのスタッフに、自分の音楽人生のさらにルーツだったバンドのメンバーがいたもんだからね。ライブで何度も見ていたんだって。

それを最後の乾杯の時に言われて、全部丸山にもっていかれた気分になった。とりあえずケツは蹴っておいた。くそう。

 

丸は下北沢のろくでもない夜でもスタッフで働いているから、お近くに行った際は是非遊びに行ってあげてください。話しかけたら喜ぶはず。

 

先日初めてEGGSと、久しぶりにCINRAに新しい音源の取材をしてもらいました。公開は来年になってくると思うけど。

これからまた音源についても話させてもらう機会を、別でもいただこうと思っているので、是非情報チェックしてくださいね。

とりあえず今日完パケした大川のジャケットデザインがめっちゃ良かった。きてるな。

 

 

YES.genzou/hozzy

わすれもの。

先週までぐわっとLIVEが詰まっていたせいか、気が抜けて風邪を引くという、、、情けない数日を過ごしていましたhozzyです。

 

いやー、拓郎はさらに今別現場のサポートをしていると思うと鬼のようにドラム叩いてるね笑。マジひくわ。すげえ。

 

というわけで、細かくLIVEのことを書くこともできずすみませんが、ブギージャック、10FEET先輩、そしてスキップカウズ大先輩にはとても楽しい時間を味わわせていただきました。こんなにぐわっと来るLIVEができたのが本当に嬉しかったです。まさに生きているって感じだ。これがライブなんだな。今更なんだな笑。またどこかの街にいきたい。すぐいきたい。ツアーが待ち遠しいね。

 

そして群静’17も東京、大阪と、アコースティックってこれまたなんて気持ちがいいんだろうと。ちょっくら病み付きになってきてます。

映画の上映もできました。どうだったかな?

もうすぐDVDをお届けできると思うから、もう一回、いや2回は見直してほしいです。絶対に何かがわき起こるはず。群青がにじみ出てくるはず。

改めて無事プロジェクト完了させてもらったことにありがとうを。ありがとうござました!

勝又さんもありがとう。

 

アコースティックが病み付きってことで、12/26日にユウイチと2人、熊谷のモルタルレコードでアコースティックライブやらせてもらいます!

めっちゃ病みついてるよ笑。

モルタルレコードの山崎さんには、それこそブギージャックとやってた頃辺り、本当によくしてもらっていた。

なのにちゃんと飲んだりする事もなく、ここまできてしまった。

忘れ物が多いな俺たちは。つーか俺か。

次はゆっくり飲みたいな。

モルタルで宇宙ケ丘イエロー試聴したわそういや。クレーターストーリー。

ちなみに山崎さんと久々話したのはこないだ熊谷でパンと対バンさせてもらった時でした。わかりやすく、そういうことなので熊谷にまた行かせてもらいます笑。ノリが半分、面白さを求めるのが半分。12/26、暇な熊谷市民はモルタルに遊びにきておくれ。

 

そして10FEET兄さんたちと対バンしたんだよな俺たち。まるで夢のようだった。

っていうのは10FEETがビッグなバンドだからってことだけじゃなくて、おれらにとってやっぱり特別な存在だったからなのですよ。

少しだったけど一緒に過ごさせてもらった同じ事務所時代、マジでね色々見習わせてもらったし、バンドのことについて雰囲気で教えてくれた人たちでした。

そして今もそれをやり続けているってのが、本当に嬉しいし、すげえ。

こないだの対バンはまじで嬉しかったなー。打ち上げもたのしかったなあ。

マネージャーのマサさんにもまた会えて嬉しかった。

嬉しい、嬉しい、嬉しい、の連続。

タクマさん、ナオキさん、コウイチさん、またよろしくお願いします!

 

そんでこないだの日曜日、もう風邪が爆発しそうだった日曜日、、、なんでこんな日に、スキップカウズとの対バンだったんだああああ!

スキップカウズとも対バンしたぞ。宮崎先生、スキップカウズですよ!とうとう対バンしてしまいました。

 

宮崎先生って、俺の中学の時の塾の先生ね。

俺はこの先生が大好きで、当時唯一大人の中で心を開いていた人物だった。この頃は親にも反抗的になるけど、宮崎先生だけはめっちゃ信用してたな。

なんか変な人でね。

たしかどっか地方の芸大出てて、東洋哲学を専攻してたって言ってたな。すごく鮮烈だったのは、ある冬の日に塾仲間の一人と先生の家に遊びに行った事があって、確か泊めてもらったような記憶が、、、まあどうでもいいんだけど、そんとき、いきなり訳のわからない絵を見せられたのよ。

先生が描いた油絵でした。

っていうか、油絵が描いてあるキャンバスに大量の石ころが貼付けられていた謎のオブジェ、、、、結構怖い。

で、「これ僕が作ったんだけどどうかな、、?」って聞かれてすごく困った、あれは鮮烈だった。

 

、、、、まるで、今の俺がこうあるのは、この人の影響なんじゃないか、、?と思えるくらい、これ書いてて今ぞっとしてる、、、、。

 

という、いつも上下真っ黒なパンツとコートに黒いハットをかぶった人。たまに頭を丸めてたから、見た目が宗教家のようでもあった人。

部活の帰り道に友達と一緒にいて、宮崎先生とすれ違ったことがあった。

笑いながら俺に手を振ってきた彼を見て友達が「あれオ○ム信者じゃねえ、、?」と言った一言が忘れられない人。

そんな、俺が中学の時に最も尊敬し大好きだった人が大好きだったバンドが、スキップカウズだったんだ。

「ボーカルのイマヤスってやつが、めっちゃ良い歌詞かくんだよ〜。いつかケンちゃん(俺)一緒にライブやる事あったら先生絶対いくよ〜」って言ってた。

先生よ、来なかったのは知ってるけど、とりあえず一緒にライブできちゃいましたよ!と、心と文章で描いておく。

スキップカウズとブランキーが大好きだった先生、

 

あなたは今どこで何をしているんでしょう?

 

俺が中学卒業後、先生は突然失踪するかのように塾をやめ、同僚にも行き先を告げず消えたらしい、、、、。全く嘘みたいな人物だ。

でも、どうやら俺は宮崎イズムを受け継いできたらしい。彼の特徴を思い出してみると、全く全部じゃないが、俺の一部には確実に染み付いている。笑える。

そしてスキップカウズとのライブは、藍坊主が今まで味わった事のないような空気となりました笑。

あんなにステージ上でいじられたのは初めてだったぜ。さすがイマヤスさんだ。

忘れられない一日だった。

 

文字を書き始めたら指がすべるすべるで、余計な事も書いてしまいましたが、さあまだまだ今年ライブがありますよ。

特に毎年恒例の年末ライブ、皆さんの投票の結果「こぼれるシルバー」再現に決定しました!

さあ。どんな再現になるんだろうね!楽しみだね!!

たぶん明日あたりに、年末ライブに関するニュースがまたでると思うので要チェックや!!

 

つーわけで風邪が跋扈し始めているから、皆さんもお気をつけ下さい。

冬の風邪、すげえしつこくて頭来るよ、、、。寝よう。

 

YES.Liveippai/hozzy

 

 

『太陽の夜』完成と、群静’17小田原編。

 

22日。

 

台風接近の中小田原まで足を運んでくれた皆様本当にありがとうございました!

 

群静’17、そして俺も初めてスクリーンで観た映画「太陽の夜」

 

映画製作に関わること。

 

全く初めてのことでやり方やルールもよくわからず、勝又監督にも迷惑かけながら取り組始めたこの企画が、目の前で実現した時間は、一生忘れられない経験になりました。ありがとうございました!

 

とにかく映画が良かった。

うーん勝又監督、最高ですよ本当に。思春期がいてえよ。

 

ストーリーは勿論の事、撮影の現場も見させてもらっていたいたし、途中の仮編集の映像も見ていたけど、自分も観客になって「作品」としてちゃんと観れたのは22日が初めてでした。

 

一回目の昼、そして二回目の夜、繰り返して観るとまた違った印象で「ああ、ここはこういう風にも捉えられるのか」とか「この瞬間の恵美子の表情マジでいいなあ」とか、より深く太陽の夜に入り込むことができた。

なので、一回観た人もできることならもう一回は観て欲しいです。DVDでも。

 

なんかね、残るんだよ。端っこの方にさ。今もまだ消えない。

忘れちゃいそうなことを思い出すよね。

 

そのくらいいい作品だなと、自分も関わってるから当然いい風に感じられるのは当たり前なんだけどね、でも素晴らしい映画作品だとやはり思うな。本当にみなさんのおかげです!!あざす!!

 

ああ、夏の朝にロケハン行ったのとか思い出すと少し寂しくなっちゃいますね。

なんかよくわかんないけどさ。

魚屋で食った刺身の味とかね、思い浮かべるとノスタルジックな気分。

映画完成!

 

そしてアコースティックセットでのバンドライブもやはり良かったっすな。

いい曲多すぎーーー笑!

当日も自画自賛していましたが、今度の東京公演でも同じように悦に浸ることでしょう。

すごく楽しみです。

 

次は雨が降らないように笑、天に祈りを込めて。

 

改めて、群青映画化プロジェクト関わってくれた皆様ありがとうございました!

 

YES.taiyounoyoru/hozzy

 

本日マスタリング終了!ブラッド、サントラ完成!

新曲ブラッドオレンジと、群青、そして映画「太陽の夜」のサントラ音源を合わせた、WIZY限定販売アルバムのマスタリングが今日終わりました !

 

前回の群青に引続き、Bernieの山崎さんに今回も素敵な音に仕上げていただきました!

あざす!

 

全10曲。うち藤森とユウイチ制作の映画イメージ音楽が8曲。

 

通しで聞いてみて、とても新鮮でしたよ笑。

初めての経験がここでも訪れた。

藍坊主としてこんな音楽のアプローチの仕方ができる日が来るとは、、、と。

音楽的幅が広いCDになりましたぜー!

 

俺も一曲ぐらい作りたかったなあ笑。

 

ユウイチと藤森、2人の、作りたい!っていうパッションに圧倒されて、お譲りしてしまいました。

けど結果として2人の個性がドカン!と出つつ、藍坊主としてはかなり新しい雰囲気がでている曲もありで、

彼らにお願いして良かった。俺なんかがやらなくてよかった笑。

 

いやー、感動しました。

 

これが映画シーンはまった時、更にぐっとくるんだろうな。

 

 

そして群青は勿論、新曲のブラッドオレンジもこれでようやくフルバージョンを聴いてもらえるので、とてもワクワクしております!

俺たちのカラーってやつが、自分でもよくわかるくらい笑、藍坊主っぽい曲だ。

 

 

群青もだけどさ、こういう曲がやりたくて俺は藍坊主を10代の頃始めたことを改めて思い出すんだよ。

今年に作った曲たちのおかげで、ほとんど忘れていたような事も、蛇口ひねったみたいに色々とびだしてくる。

 

パンクやってたぐらい前の時、ずっと思い描いていた「こんなのできたらいいな」って漠然としたイメージ。

それがきっと今やってる音楽なんだろうと思う。そうだった気がする。

 

俺らがパンクバンドから今みたいな感じに変わって行ったのも、当然だった(これはすごく覚えてる)

ブルーハーツはやっぱり神だし、今でも最高のバイブルだけど、あくまで俺も藤森も、自分の音楽をやりたかっただけだからな。

 

それがなんか、今になって自覚しながら自分たちができる音楽、やりたい、感動出来る曲を、演奏できるようになってきたよ(”自覚しながら”って思った以上に難しいのよ。特に僕の場合)

 

これはただの環境的な問題とかってことよりも、環境がもたらしてくれるその先だ。

新しいなんだかよくわからない環境が構築されて、それが僕らに語りかけるのよ、

「こんなんできまっせ」って。

無言だけど親切な暖かさで。

よくわかんないかもしれなくて申し訳ないけれど、俺はすごくわかっているこの感じ。

 

現時点で、すんげー良い曲ができまくっている。

群青、ブラッドオレンジ、に最低でも並んでる曲の良ささだ。

超楽しみだよ次の作品発表するのがよおおおおお。

 

そして俺個人としては、もう1段階作詞作曲でこえていきたいと思ってるんだけど、むずい。

今年中になー。いきたいなあ。

 

予感だけはめっちゃあるんだよなー、、、。

 

 

全然関係ないけど、「彼女を修理」って『ブルーメーリー』に入っている曲。

昨日から改めてドはまりしてしまって、僕の今のトレンド、、、。自分の曲にはまるって笑!

 

彼女を修理ええな。

なんだい、俺のことじゃないこれさ。

あがったわ。

 

弾き語りで練習しよう笑。

 

 

そして!

 

60日に渡る映画制作プロジェクトが先日無事終了することができました!

参加してくれた皆様、本当にどうもありがとうございました!

この経験は必ず藍坊主の音楽に還元されていくので、改めて感謝します!

こんなスペシャルな事ができてしまう日がくるとは、10年前は想像もできなかった。

WIZYさん、関係者のみなさんにも、この企画を実現させてくれて、本当にありがとうございましたとしか言えない。

 

本編おたのしみにね。まだまだ絶賛映像編集中なので、俺も最終形が楽しみで仕方がないです。

 

そして群静も公演が近づいてきたので、メンバー一同とても楽しみしています!

 

さあ、俺はとにかく歌詞を書くことに力を注ぐ月になりそうです10月いっぱいは。

 

んだらばまた。

 

YES.kanojowo/hozzy