静岡そして名古屋で。リバーサイドは、どこまでも。

そして今回のツアー最後の遠征、静岡と名古屋。

残念ながらここでツアーは一時中断となってしまったけど、

続きはまただ!

2/23 静岡 LIVE HOUSE UHU

1,スプーン
2,雨の強い日に
3,バタフライ
4,チョコレート
5,魚の骨
6,Esto
7,リバーサイドホテル(井上陽水 カバー)hozzy
8,JAM(THE YELLOW MONKEY カバー)田中
9,日曜日よりの使者(THE HIGH-LOWS カバー)hozzy&田中
10,アメーバ
11,夜はひらめく
12,テールランプ
13,アンドロメダ

EN:魔法以上が宿ってゆく(アンプラグド)

2/24 名古屋K.D ハポン -空き地-

1,天国からの手紙
2,あさやけのうた
3,スプーン
4,かさぶた
5,ベルガモット
6,オレンジテトラポット
7,Sweet Days(BLANKEY JET CITY カバー)hozzy
8,スーダラ節(植木等カバー)田中
9,デイドリームビリーバー(The Timers カバー)hozzy&田中
10,僕らしさ君らしさ
11,いわし雲
12,星霜、誘う  and  リバーサイドホテル
13,アンドロメダ

EN: Love&Peace (アンプラグド)


この二箇所はこれまでの中でもかなり自由にやった記憶!

セトリも当初用意していったものと変わった部分が多かった。ライブ中に。

曲をノリで変えてしまえるのは、半月酒場の面白いところかもしれない。

バンドでやったらPAとかテックにおっきな迷惑がかかる。照明さんにも。

静岡久しぶりなライブでした。

めっちゃ久しぶりすぎて、静岡駅のまっすぐ先、そこに広がる海辺で、高校生の頃野宿したことがあった事も忘れていた。

夏休みの旅の途中、静岡駅で夜中まで弾き語り、浜に半分埋まったテトラポットで眠ったのだった。

「夜の盗賊団」を聴きながらだ。あの頃はMDだったか、カセットテープだったか。

そんな鮮やかなはずの風景も忘れてしまえるのだから、加齢とは恐ろしい。

カレーはたくさん食べたんだけどね。このツアーで。

そんな久しぶりの静岡。

俺はカバー曲に井上陽水さんの「リバーサイドホテル」を選ばせてもらいました。

この曲は歌詞が神がかっている。

「ホテルはリバーサイド 川沿いリバーサイド」

川沿いリバーサイドて。

他にも

「部屋のドアは金属のメタルで」

とか。

同じ意味の単語を容赦なく並べ、最高のメロディーと声で歌い上げる。

そして人を食ったような歌詞なのに、ひどく妖艶で奥深い世界が横たわっている(ような気がする)

最強である。

大阪と仙台で二人でカバーした「アジアの純真」もだけど、井上陽水さんの歌詞はすげえ。

そういえば昔、マネージャーやってもらっていた坂田さんも陽水について熱く語っていた気がする。

「魚の骨」も初めて半月酒場でやったけど、めっちゃよかったな。

なんでやってなかったんだろう笑。

そして名古屋。

箱が今まで見たことないような不思議な場所。

2階まで席があるのに、距離感は近いという秘密基地のような空間だった。

そして漂うカレーの匂い。

またカレーである。

本番中もあまりにカレーがいい匂いだったから、ユウイチが「スプーン」をやろうと言い出す。

んでやりました笑。

ベルガモットも久々でしたね。僕の脳内に現れた妖精の歌。

名古屋で久々に世界に触れられて喜んでいたと思います。

ユウイチがカバーしたスーダラ節、めっちゃよかったな。

シンパシーしか感じなかった。

来場していたお子さん二人にも大ウケで笑。

面白いよね〜

僕らのような大人になっちゃダメだよ。

そしてライブが終わり、なんとなく頭に浮かぶ「ここでツアーが終わりかも」な予感。

この日の朝からニュースでも事態が大きくなってきている様子を流していた。

来場してくれたお客さんには「最後までライブやってください」と直接言われていたけど。

やっぱり難しくなってしまいました。改めて申し訳ないです。

遠くから来てくれる方も少なくないので、ライブが延期になることで取りもどせない旅費があったり、

せっかくとってくれた休みが水の泡になるということも承知の上です。

それでも「延期」の判断。

俺たちもできることなら、最後までやりたかった!

でもごめんなさい。

この続きは、また世の中が落ち着いて安全になってからにしよう。

お互い元気でいられたら、また一緒に楽しめるチャンスはたくさんあるはずなので!

半月酒場の楽しみ方も、今回でさらにわかって来た。

次はどこへ行こうかね。

もちろん、まだツアーは終わっていないけど。

その先もまた楽しみになっている。

しかし、とりあえずバンドでライブをしたい。

早くやリテーナー。

YES.anzendaiichi/hozzy

関連記事

  1. 再臨増幅器。

  2. 鼻にティシューを詰めながら。

  3. 3月の山羊。

  4. 電気の味。

  5. ドロップ。

  6. 僕の両指をかすめて。

  7. 36と夏。

  8. 耳。

2020年3月
« 2月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

昔の記事

PAGE TOP